鈴木有布子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 有布子
生誕 ????9月4日
日本の旗 日本北海道
職業 漫画家
活動期間 2001年 -
ジャンル 少年漫画少女漫画
テンプレートを表示

鈴木 有布子(すずき ゆふこ、9月4日 - )は、日本漫画家北海道出身・在住。血液型はB型。

2001年、『サウス』(新書館)に掲載の『落第天使』でデビュー。

犬好きで、シェルティを約20年飼っており(現在は、2代目犬・なつ)、犬との日々を描いたブログ「なつとわたし」やエッセイ漫画『犬行』(季刊誌『ウンポコ』(新書館))がある。

作風[編集]

登場人物の名前はフィーリングで決め、方針としては「難しい名前は付けない」とのこと。

殆どの単行本には、番外編として本編の後日談などを描き下ろしている。これに関し、本人は「後日談は描くのも読むのも大好き」と自身のHPで語っている。

作品リスト[編集]

コミックス[編集]

  • 旬(いまどき)(2002年9月 - 2003年12月、『Wings』、新書館)全4話、単行本全1巻。
    • 番外編『花鳥風月』(描き下ろし)
  • 罪と罰(2003年 - 2007年3月、『ハックルベリー』および『Wings』、新書館)全8話、単行本全3巻。
    • お伽話、ひとつ。(2002年5月、『サウス』6月号、新書館)1巻
    • ゆきむし(2004年1月、『Wings』3月号、新書館)1巻
    • 番外編『12年前の罪と罰』(描き下ろし)1巻
    • おもひでまくら(2002年11月、『Wings』1月号、新書館)2巻
    • 番外編『一生のお願い』(描き下ろし)2巻
    • 番外編『12年後の罪と罰』(描き下ろし)3巻
  • お振るいあそばせ!(2005年1月、『Wings』3月号、新書館)全1話、単行本全1巻。
    • 夜明けまえ(商業誌未発表)
    • キリエの場合(2004年、『小説Wings』No.44、新書館)
    • ゆうなの場合(2004年、『小説Wings』No.45、新書館)
  • 月光ゲーム(原作:有栖川有栖、2005年6月 - 2005年12月、『コミックブレイドMASAMUNE』、マッグガーデン)全4話、単行本全1巻。
    • 月光ゲーム・予告編(2005年4月、『コミックブレイドMASAMUNE』春号、マッグガーデン)
    • 殺刃の家(原案:有栖川有栖、2005年、『コミックブレイドZEBEL』Vol.2、マッグガーデン)
  • あの子の腕は虹の続き(2006年4月 - 2006年9月、『Wings』、新書館)全6話、単行本全1巻。
    • 番外編『その後の二人』(描き下ろし)2編
    • 番外編『あの人は今…?(どれみふぁメンバー8年後編)』(描き下ろし)
  • 丘の上のバンビーナ(2007年6月 - 2007年12月、Wings、新書館)全6話、単行本全1巻。
    • 番外編『センチメント』(描き下ろし)
    • 番外編『丘の上のバンビーノ』(描き下ろし)
  • 孤島パズル(原作:有栖川有栖、2007年11月 - 2008年12月、『avarus』、マッグガーデン)全13話、単行本全3巻。
    • ハードロック・ラバーズ・オンリー(原作:有栖川有栖、2006年、『コミックブレイドZEBEL』Vol.4、マッグガーデン)1巻。
    • 瑠璃荘事件(原作:有栖川有栖、2006年、『コミックブレイドZEBEL』Vol.5、マッグガーデン)2巻。
    • 壁抜け男の謎(原案:有栖川有栖、2006年、『コミックブレイドZEBEL』Vol.3、マッグガーデン)3巻。
  • 空ちゃんの恋〜お振るいあそばせ!〜(2008年3月 - 2008年5月、『Wings』、新書館)全3話、単行本全1巻。
    • 火花(2007年5月、『Wings』、新書館)
    • 二人について(2009年7月、『Wings』9月号、新書館)
  • Bino!Bino!(2008年8月 - 2009年10月、『Wings』、新書館)全6話、単行本全1巻。
  • ゆうまくんのまいにち(2009年3月 - 2009年12月、『avarus』2009年4月号 - 2010年1月号、マッグガーデン)全4話、単行本全1巻。
    • ゆうまくんのいちにち(2006年6月、『コミックブレイド』MASAMUNE初夏号、マッグガーデン)
    • 番外編『勇馬君の毎日』(描き下ろし)
  • キャンディ(『つぼみ』Vol.5、Vol.6、Vol.9 - Vol.11、芳文社)単行本全2巻。
  • 星河万山霊草紙(2010年3月 - 2012年、『ITAN』零号[1] - 9号[2]講談社)全9話、単行本全2巻。
  • 願いましては(2010年4月 - 2011年4月、『Wings』2010年6月号[3] - 2011年6月号[4]、新書館)全5話。単行本全1巻。
  • 歩くんの○○な日々(2010年6月 - 2011年9月、『月刊コミックブレイドアヴァルス』2010年7月号[5] - 2011年10月号[6]、マッグガーデン)「ゆうまくんのまいにち」の続編、単行本全2巻。
  • 反面王子(2012年1月 - 2013年8月、『月刊コミックアヴァルス』2012年7月号[7] - 2013年9月号、マッグガーデン)単行本全3巻。
  • 上條先生のお嫁さん(2013年12月 - 2014年12月、『Wings』2014年2月号[8] - 2015年2月号[9]、新書館)全5話。単行本全1巻。
  • 箱の中のいつかの海(2014年1月 - 3月、『BE・LOVE』3号[10] - 7号、講談社)単行本全1巻。
  • ひとふれ(2014年6月 - 10月、月刊コミックアヴァルス7月号[11] - コミックアヴァルス(オンラインコミック)10月15日更新分 、マッグガーデン)全5話。単行本1巻。
  • 雪隠ラプソディー(2015年2月、『Wings』4月号、新書館)全1話、単行本全1巻。
    • 厨房ラプソディー(2016年6月、『Wings』8月号、新書館)
    • 団欒ラプソディー(2016年8月、『Wings』10月号、新書館)
    • 色とりどりの石(きみ)たちへ(2015年10月 - 2016年2月、『Wings』12月号 - 4月号、新書館)全3話
  • I'm home!(2015年6月 - 10月、Beat's(オンラインコミック)6月25日 - 10月26日更新分、マッグガーデン)全5話。単行本全1巻。
  • 廻り暦(めぐりごよみ)(2016年6月 - 2017年4月、『BE・LOVE』 2016年12号 - 2017年8号、講談社)全5話、単行本全1巻。
  • ちょっと今から仕事やめてくる(原作:北川恵海、2016年11月 - 2017年4月、『コミックフラッパー』 2016年12月号[12] - 2017年5月号、KADOKAWA)単行本全1巻[13]
  • ツールボックス・コンプレックス(2017年8月 - 2018年8月、『Wings』2017年10月号[14] - 2018年10月号[15]、新書館)全7話、単行本全1巻。
  • 愛に愛らし愛しいあなた(連載初期のタイトルは「ほんとのこころ」)(2019年2月 - 12月、『Wings』2019年4月号 - 2020年2月号[16]、新書館)全6話、単行本全1巻[17]
  • ゴマ塩とぷりん(2018年7月 - 2020年6月、Webレーベル『ズレット!』2018年7月27日 - 2020年6月12日、BookLive!リイド社)全18話+番外編、単行本全3巻。
  • コインランドリー初恋白書(2020年8月 - 12月、『Wings』2020年10月号[18] - 2021年2月号[19]、新書館)単行本全1巻。

コミックス未収録作品[編集]

  • 落第天使(2001年5月、『サウス』6月号、新書館
  • ヒステリック・ペッパーズ(2004年12月、『Wings』2月号、新書館)
  • 全き世界(2005年11月、『Wings』1月号、新書館)
  • 救世主 吉田くん(2009年2月、『flowers』、小学館
  • 粉雪のツェルト(2012年2月、『ジャンプ改』Vol.8[20]集英社
  • 28歳の思春期(2012年9月、『BE・LOVE』18号[21]、講談社)
  • 青い光(2015年5月、『BE・LOVE』 11号、講談社)
  • 君と青(2016年4月、『BE・LOVE』 10号[22]、講談社)
  • 恋は異なもの美味なもの(2017年11月10日 - 12月22日(全6話)、Webレーベル『ズレット!』、BookLive!)
  • 彼は誰・誰そ彼(2018年10月 - 12月、『Wings』12月号[23]・2019年2月号(前後編)、新書館)

エッセイ[編集]

  • 犬行(2005年 - 2009年4月、『ウンポコ』、新書館)全11話。

イラスト[編集]

  • きみの処方箋(月村奎著、ディアプラス文庫)全1巻。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ITAN1号「ひみつの図書館」特集、こなみ詔子・東山和子ら参戦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年6月25日). https://natalie.mu/comic/news/33830 2021年3月25日閲覧。 
  2. ^ “ITANでサメマチオの新連載「ホテルサラマンダー」が始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年6月25日). https://natalie.mu/comic/news/71744 2021年3月25日閲覧。 
  3. ^ “鈴木有布子の新連載は、そろばんマンガ「願いましては」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年4月28日). https://natalie.mu/comic/news/31223 2021年3月25日閲覧。 
  4. ^ “ウィングスで草間さかえ新連載!峰倉かずやも10年ぶり登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年4月29日). https://natalie.mu/comic/news/48696 2021年3月25日閲覧。 
  5. ^ “鈴木有布子、ゆうまくんの次は歩くんの日々描く新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年6月15日). https://natalie.mu/comic/news/33335 2021年3月25日閲覧。 
  6. ^ “青桐ナツ「flat」描き下ろしマンガ収録小冊子がアヴァルスに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年9月15日). https://natalie.mu/comic/news/56563 2021年3月25日閲覧。 
  7. ^ “鈴木有布子、残念なイケメン描くコメディ「反面王子」始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年5月15日). https://natalie.mu/comic/news/69388 2021年3月25日閲覧。 
  8. ^ “押上美猫「ドラゴン騎士団」続編、数百年後を舞台に始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年12月30日). https://natalie.mu/comic/news/106789 2021年3月25日閲覧。 
  9. ^ “鈴木有布子の歳の差夫婦物語「上條先生のお嫁さん」が完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/134997 2021年3月25日閲覧。 
  10. ^ “鈴木有布子がBE・LOVEで新連載、四国を舞台に先祖を追う”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月15日). https://natalie.mu/comic/news/107766 2021年3月25日閲覧。 
  11. ^ “鈴木有布子、音大生と男子中学生描く新連載「ひとふれ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/118829 2021年3月25日閲覧。 
  12. ^ “「ちょっと今から仕事やめてくる」鈴木有布子がコミカライズ、フラッパーで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年11月5日). https://natalie.mu/comic/news/208166 2021年3月25日閲覧。 
  13. ^ “「ちょっと今から仕事やめてくる」コミカライズ版が発売、実写映画も5月公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年4月22日). https://natalie.mu/comic/news/229860 2021年3月25日閲覧。 
  14. ^ “女王蟻が支配する国描く、文善やよひの新連載がウィングスで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年8月28日). https://natalie.mu/comic/news/246430 2021年3月25日閲覧。 
  15. ^ “ミキマキ「少年よ耽美を描け」が約13年の連載に幕、BLを描く男子高校生4コマ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月28日). https://natalie.mu/comic/news/297309 2021年3月25日閲覧。 
  16. ^ “魔女と養い子描くファンタジーがウィングスに、付録は「百姓貴族」軍手”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年12月29日). https://natalie.mu/comic/news/361508 2021年3月25日閲覧。 
  17. ^ “普通の女子高生がワケあり美人OLのお気に入りに、鈴木有布子が描くガールズラブ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/372638 2021年3月25日閲覧。 
  18. ^ “鈴木有布子が描く、コインランドリーで始まる学級委員長×担任教師のラブストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月28日). https://natalie.mu/comic/news/394011 2021年3月25日閲覧。 
  19. ^ “雁須磨子が大家族の少女を描く「ロジックツリー」完結、単行本が上下巻で来年5月に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/410718 2021年3月25日閲覧。 
  20. ^ “えすとえむ、若き靴職人の物語「IPPO」ジャンプ改で始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年2月10日). https://natalie.mu/comic/news/64223 2021年3月25日閲覧。 
  21. ^ “BE・LOVEに鈴木有布子が登場、次号には末次×羽海野対談”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年9月1日). https://natalie.mu/comic/news/75725 2021年3月25日閲覧。 
  22. ^ “BE・LOVEで京都に出没するペンギン描く新連載、鈴木有布子の読切も登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年4月30日). https://natalie.mu/comic/news/185639 2021年3月25日閲覧。 
  23. ^ “社畜OLがゴミ捨て場で拾った女の子は…ウィングスで新連載「みーちゃんとアイリ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月26日). https://natalie.mu/comic/news/305385 2021年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]