原律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原 律子
生誕 1962年昭和37年)10月17日
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年(昭和58年) -
ジャンル 漫画
代表作 『改訂版大日本帝國萬画』
『奉仕ノ白薔薇』
『電動バナナ倶楽部』
テンプレートを表示

原 律子(はら りつこ、1962年10月17日[1] - )は、日本漫画家東京都出身。

経歴[編集]

1962年昭和37年)、東京都に生まれる。漫画家・御厨さと美いしかわじゅんアシスタントを経て(ただし、御厨のアシスタントは、いわゆるメシスタントと言われる、食事や身の回りの雑用の担当で、漫画制作に携わっていた訳ではなかった。後年いしかわじゅんがアシスタントとして雇用した際に、当然高度な作画が出来るものとして雇った後に事実が判明し愕然としたという。実質的に漫画の制作に関わるのは、いしかわじゅんのアシスタントになって以降である)[要出典]、自身も漫画家としてデビューした。デビュー作は、1983年(昭和58年)の漫画 『私達はこんなに働いてゐる』。1980年代を中心に活躍し、雑誌『朝日ジャーナル』(朝日新聞社)におけるジャーナリスト・筑紫哲也の連載「新人類の旗手たち」に取り上げられたこともあった[2]。デビュー当時は順風満帆であったが、次第に漫画が描けなくなり(そもそも当人も、仕事として漫画家としてやっていこうというほど強い意志は持ってなかったという)、原稿を頻繁に落とすようになり、活動は次第に先細りしていき、近年は漫画家としては活動はしていない(居酒屋の経営などを行っているという)[要出典]離婚歴があり(別れた夫は、いしかわじゅんの紹介で付き合うことになった、漫画家のマディ上原)、子供もある[要出典]。以上の経緯については、いしかわじゅんの漫画やエッセイ(『フロムK』など)に詳しい。

著作[編集]

  • 『改訂版大日本帝國萬画』(双葉社
  • 『ヲホホの園』(双葉社)
  • 『電動バナナ倶楽部』(スコラ
  • 『奉仕ノ白薔薇』(マガジンハウス
  • 『考へる人生』(双葉社
  • 『環境でぷん! -地球は困ったことだらけ-』(共著、ほんの木
  • 『元氣があってよろしいっ!』(小学館

脚注[編集]

  1. ^ 『漫画家人名事典』p305 日外アソシエーツ
  2. ^ 『新人類図鑑1』(朝日新聞社、1986年)