澤井健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

澤井 健(さわい けん、1965年[1] - )は、日本漫画家イラストレーター

経歴[編集]

1986年、『ガラステーブルの下の眼』で小学館ビッグコミック賞を受賞。翌年『ビッグコミックスピリッツ増刊』より『愛咬癖の女』でデビュー[2]。数作の読み切りを発表した後、『ビッグコミックスピリッツ』にて初連載作『医院じゃないの?』を発表する[2]1990年から連載した『イオナ』で注目を浴び、人気作家となる。

その後は漫画家からイラストレーターに転身。『映画秘宝』では映画女優に関するイラストエッセイを連載し、2013年に単行本としてまとめられた[3]

作品リスト[編集]

脚注[編集]