ビリーバーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビリーバーズ』は、1999年に『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載された山本直樹青年漫画。ワイド版単行本全2巻。新興宗教が巻き起こす社会問題や、セックス集団に逸脱していく描写は秀逸。

あらすじ[編集]

『ニコニコ人生センター』という宗教団体に所属している主人公の『オペレーター』は、他の仲間2人と共に『孤島のプログラム』と呼ばれる無人島での共同生活を行っていた。初めは満ち足りていた彼らの生活も、追い詰められて移住してくる『みんな』と共に崩壊へと向かっていく。ラストシーンにおける『オペレーター』と『議長』の対比、『副議長』との対話が印象的。

登場人物[編集]

『オペレーター』
主人公、丑山(うしやま)。『議長』がやってくる前は、議長をしていた。『孤島のプログラム』における『第一本部』との通信担当。
『議長』
『孤島のプログラム』の責任者。要注意人物として『副議長』に解任される。
『副議長』
菱子(ひしこ)。暴力夫のもとから逃げ落ち、『孤島のプログラム』に参加する唯一の女性。
『第三本部長』
菱子の相談者。『副議長』と駆け落ちをすすめるため新しい『議長』になりすまして後から『孤島のプログラム』に参加。
『侵入者』たち
船で孤島に迷い込んだ男たち。立ち退きを求める『議長』『オペレーター』たちに『処理』される。
『先生』
ゲーム「にゅうめん(NEW MEN)」作者。ゲームユーザーによって作られた宗教団体『ニコニコ人生センター』の主宰者。追い詰められた集団ごと孤島に誘導し、集団自決を試みるところを『第三本部長』によって殺害、阻止される。
長官
行政側の宗教集団対策責任者。

二重鉤括弧の表現について[編集]

作中における二重鉤括弧『……』で囲まれた表現は、団体内部でしか通用しない隠語が、適当な言葉に置き換えられていることを示している。

関連項目[編集]