鬼虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼虫
ジャンル 青年漫画時代劇サバイバル
漫画
作者 柏木ハルコ
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
巻数 全5巻
話数 全58話
テンプレート - ノート

鬼虫(おにむし)』は、柏木ハルコによる日本漫画作品。同作者の代表作の1つ。

あらすじ[編集]

平安期中ごろ、寛仁年間。文明から隔離された孤島・『鬼島』。

トラゴは姉・タナを失ったことに対して罪悪感を抱き続けたまま成人になり、幼馴染のククリと結婚した。ある日、マナメという女貴族が本州からやってくる。トラゴはマナメがタナに似ていたことから、マナメに惹かれた一方、ククリもまたマナメに興味を抱いていた。様々な出来事が起こる中、トラゴは、自分がマナメを受け入れた結果、島で異変が起きたと感じ、マナメの殺害を決意するも実行には至らなかった。やがて、マナメのもたらした文明を受け入れるか否かで、島民たちの間で対立が起き、トラゴは再びマナメを殺すことを決意した。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

トラゴ
本作の主人公。屈強な女島民。既婚者。常に気丈とした物怖じしない性格。一方、家庭的な面も覗かせ、ククリとの子作りにも積極的。
ククリ
トラゴの夫。彼女とは元々、幼馴染の間柄。プロローグから数年後、トラゴと結婚する。しかし、なかなか子供を儲けることができず、焦燥を感じている。
マナメ
本作のキーパーソン。本州から流れ着いた平安貴族。顔立ちがタナに酷似しているため、トラゴから「タナ姉」と呼ばれているものの、実年齢は彼女よりも下である。

その他[編集]

タナ
トラゴの実姉。通称「タナ姉」。プロローグで水難事故に遭い、死亡している。
クウロウ伯母
島の長である巫女。絶対的な発言力を持つ。
モモエ
クウロウの実息。

用語[編集]

鬼島(おにしま)
本作の主要舞台。本州から遠く離れた場所に浮かぶ断崖絶壁の孤島。当初は80人弱の集落を儲けていたが、マナメの上陸から約半数にまで激減した。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]