夏原武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏原 武(なつはら たけし、1959年 - )は、ライター漫画原作者千葉県出身。

来歴[編集]

父はゼネコン系の設計コンサルタント会社で理事[1]を務めた。19歳の時に桜美林大学文学部中国文学科を1年生の途中で中退し、東京の下町にある的屋系の暴力団に加入[2]して約10年間ノミ屋、債権回収、地上げなどを行い[3]、当時はバブル経済の時代で毎月の収入は600万円から700万円であった[4]、と自称している。のちにビデオ専門雑誌編集者を経てフリーライターとなり、裏社会やアウトローに関した題材を得意として『別冊宝島』などで執筆した。

パソコン通信インターネットを黎明期から使用し、アンダーグラウンドな側面を『裏パソコン通信の本』(宝島社)、『裏インターネットの本』(三才ブックス)、『危ないミクシィ 大流行!SNSの闇』(洋泉社)など多くのムックに寄稿した。

1990年代の中期にPC-VANで「地獄の道化師」のハンドルネームで活動し、オンラインマガジン『おまんたマガジン』第1号に「アニメカンパニー/“超民主主義”のなれのはて」を発表したほか、菜摘ひかるの才能を見出した。

2003年から『週刊ヤングサンデー』で、詐欺を主題とする漫画クロサギ』の原案を担当して2007年小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、肩から腿に掛けて入れ墨を施した。2006年4月からTBSテレビドラマ化された際に、シロサギ役で特別出演した。

著書[編集]

  • 現代ヤクザシノギ方(宝島社)
  • 現代ヤクザに学ぶ最強交渉・処世術(宝島社)
  • ザ・闇金融道(宝島社)
  • サギの手口(データハウス)
  • 踏み倒しの手口(データハウス)
  • 小説クロサギ(小学館)
  • 貧乏人を喰う奴らを暴く(宝島社)
  • 震災ビジネスの闇(宝島社)
  • 反社会的勢力(洋泉社)

漫画原作[編集]

取材協力[編集]

連載[編集]

映像化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田中森一、夏原武『バブル』(宝島社、2007年)p.30
  2. ^ 自称であり在籍の確認はない。本人が名乗ったとする若頭補佐は、在籍したとする組織では現在も過去も使われておらず、在籍していた組織名も再三変えている。
  3. ^ 田中森一、夏原武『バブル』(宝島社、2007年)p.14
  4. ^ 田中森一、夏原武『バブル』(宝島社、2007年)p.38
  5. ^ グランドジャンプNo.17 大好評発売中!!「テラフォーマーズ」の橘 賢一新連載「GIGANTIS―ジャイガンティス―」表紙&巻頭カラー!甲斐谷忍 特別読切「カモのネギには毒がある」巻中カラー!”. グランドジャンプ公式サイト. 集英社. 2021年8月4日閲覧。
  6. ^ 甲斐谷忍×夏原武が変人な天才経済学者を描く経済エンタメ、GJで始動”. コミックナタリー (2022年2月2日). 2022年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]