うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うちの娘の為ならば、俺は
もしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
ジャンル ファンタジー異世界
小説
著者 CHIROLU
イラスト トリュフ・景
出版社 ホビージャパン
掲載サイト 小説家になろう
レーベル HJノベルス
刊行期間 2014年8月1日 -
巻数 既刊8巻(2019年7月現在)
漫画
原作・原案など CHIROLU(原作)
景・トリュフ(キャラクター原案)
作画 ほた。
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ComicWalker
レーベル MFC
発表期間 2016年7月22日 - 連載中
巻数 既刊5巻(2019年6月時点)
アニメ
原作 CHIROLU
監督 柳瀬雄之
シリーズ構成 吉岡たかを
脚本 吉岡たかを
キャラクターデザイン 西田美弥子、舛舘俊秀
出口花穂
音楽 横関公太
アニメーション制作 MAHO FILM
製作 白金の妖精姫を見守る会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年7月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』(うちのこのためならばおれはもしかしたらまおうもたおせるかもしれない)は、CHIROLUによるライトノベル作品。略称は『うちの娘。』。

2014年8月1日から2017年8月12日まで『小説家になろう』にて連載。2015年からホビージャパンHJノベルスより書籍化された[1]

メディアミックスとしては、ほた。による作画のコミカライズ作品が2016年より連載中[2]。第6巻にてドラマCD付き特装版が発売され[3]、特装版付属品とは異なる内容のドラマCDが単品で2017年10月25日に発売された[4]。また、2019年7月からはテレビアニメが放送中[5]

あらすじ[編集]

魔人族の少女・ラティナは、予言によって祖国を追放され、自身が暮らしていける土地を求めて父親と隣国を目指していたが、その途中、父親は森の中で行き倒れてしまう。一人残されたラティナが彼の亡骸のそばで途方に暮れていたところ、森へやってきた冒険者・デイルと出会った。

デイルは身寄りのない彼女を見捨てられず、下宿しているケニスリタ夫妻が営んでいる酒場「踊る虎猫亭」で彼女を育てることを決意する。やがて2人は寝食を共にする中で、少しずつ親子としての絆を作り上げていく。

登場人物[編集]

声の項は特記がない限りテレビアニメ版の声優

主要人物[編集]

ラティナ
声 - 高尾奏音[5] / 日高里菜(ドラマCD)[6]
本作の主人公の一人。銀髪に灰色の目をした魔人族の少女。素直であっという間に人の言葉を覚える程賢い。「踊る虎猫亭」の客達にもその可愛らしさから人気がある。両耳の上辺りに大きくカールした黒い角が生えていたが、左側の角は追放される際に神官の手によって折られてしまったため大きく欠けている。折れた角の根元はリボンで隠している。
デイル・レキ
声 - 岡本信彦[5] / 小林裕介(ドラマCD)[6]
本作の主人公の一人。初登場時18歳の凄腕冒険者。魔物の討伐依頼を遂行中、ラティナと出会う。ラティナを実の娘のように溺愛している。ラティナとは最初、共通言語である呪文言語でつたないコミュニケーションを取っていたが、ラティナが言葉を覚えた後は人間族の言葉で会話している。

踊る虎猫亭[編集]

ケニス・クリューゲル
声 - 小山剛志[5] / 田丸篤志(ドラマCD)[6]
デイルが下宿している酒場「踊る虎猫亭」の主人。デイルの兄貴分的な面もあり、ラティナのことも自分の家族のように面倒を見る。自分から店を手伝いたいと願い出たラティナの気持ちに応えて、料理の技術や客相手の作法などを教える。
リタ・クリューゲル
声 - 沼倉愛美[5] / 松井恵理子(ドラマCD)[6]
ケニスの妻で「踊る虎猫亭」の女将。夫と同様に、ラティナをデイルの大事な娘だと認めて、彼女なりの立場からラティナの成長を見守る。
ジルヴェスター
声 - 西村知道
「踊る虎猫亭」の常連客。禿頭の無骨な初老の男で、口数は決して多くないが人柄はよく、子供たちにもやさしい。他の常連客同様にラティナの事を、愛しげに大切に見守る。ラティナは「ジルさん」と呼ぶ。
エイモス
声 - 川田紳司
「踊る虎猫亭」の常連客。
ボスコ
声 - 木島隆一
「踊る虎猫亭」の常連客。
セドリック
声 - 堂坂晃三
「踊る虎猫亭」の常連客。
ダグラス
声 - 青木強
「踊る虎猫亭」の常連客。

ラティナの友人[編集]

クロエ・シュナイダー
声 - 桑原由気[5] / 武田羅梨沙多胡(ドラマCD)[6]
ラティナの友達で、子供たちのリーダー的存在。仕立屋の娘。
シルビア・ファル
声 - 高野麻里佳[5]
ラティナの友達で、さっぱりした性格。憲兵副隊長の父親を持つ。
ルドルフ・シュミット(ルディ)
声 - 田村睦心[5]
ラティナの友達で、体格が大きい。鍛冶屋の息子。
マルセル
声 - 広瀬ゆうき[5]
ラティナの友達で、穏やかな性格。パン屋の息子。
アントニー
声 - 福原かつみ[5]
ラティナの友達で、賢い。

魔人族[編集]

スマラグディ(ラグ)
声 - 江口拓也
ラティナの父親。故人。
グラロス
声 - 久保田未夢
ラティナと同じヴァスィリオ出身。

獣人族[編集]

ヨーゼフ
声 - 井上雄貴
デイルの親戚
ウーテ
声 - 中島唯
ヨーゼフの妻
マーヤ
声 - 福緒唯
ヨーゼフの娘

ティスロウ[編集]

ヴェンデルガルド
声 - 芝原チヤコ
村の長。デイルの祖母。
ランドルフ
声 - 関俊彦
デイルの父
マクダ
声 - 中村桜
デイルの母
ヨルク
声 - 米内佑希
デイルの弟

その他[編集]

エルディシュテット公爵
声 - 宗矢樹頼
グレゴールの父。
グレゴール
声 - 斉藤壮馬
エルディシュテット公爵の末の三男
ヘルミネ 
声 - 中原麻衣
デイルの知り合いの魔法使い

七人の魔王[編集]

一の魔王
ヴァスィリオの王。唯一政治形態を持ち、統治されている。二の魔王に殺害された。
二の魔王
厄災の魔王。死と殺戮を愛する冥王。
三の魔王
海の魔王。水鱗族と共存関係を築いている。
四の魔王
厄災の魔王。疫病を運ぶ病魔の化身。
五の魔王
不明。
六の魔王
巨人の魔王。魔人族の中でも大きな体格を持つ一派。同族の者を眷属として、定住せずあちこちを放浪している。
七の魔王
厄災の魔王。戦乱の魔王。

地名[編集]

クロイツ
デイルが普段拠点にしている都市。
アオスブリク
王都
ハーゼ
宿場町。
クヴァレ
港町。
ヴァスィリオ
一の魔王の国
ラーバンド国
グレゴールの故郷
ティスロウ
デイルの故郷。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

HJノベルスホビージャパン)刊、既刊8巻。

  初版発行日 ISBN
1 2015年2月20日 ISBN 978-4-7986-0966-9
2 2015年9月19日 ISBN 978-4-7986-1033-7
3 2016年2月20日 ISBN 978-4-7986-1173-0
4 2016年6月22日 ISBN 978-4-7986-1244-7
5 2016年11月24日 ISBN 978-4-7986-1327-7
6 2017年8月23日 ISBN 978-4-7986-1501-1
ISBN 978-4-7986-1502-8(ドラマCD付き特装版)
7 2018年2月23日 ISBN 978-4-7986-1628-5
8 2019年2月22日 ISBN 978-4-7986-1867-8

漫画[編集]

ComicWalkerKADOKAWA)で2016年7月22日より連載中[7]。作画はほた。。単行本は同社のメディアファクトリーブランドより刊行。

初版発行日 ISBN
1 2017年1月23日 ISBN 978-4-04-068786-5
2 2017年8月23日 ISBN 978-4-04-069369-9
3 2018年2月22日 ISBN 978-4-04-069681-2
4 2018年8月23日 ISBN 978-4-04-065046-3
5 2019年6月22日 ISBN 978-4-04-065766-0

ドラマCD[編集]

特装版第6巻に付属するドラマCDには原作小説第1巻の前半を中心としているが、原作4巻の名シーンもボイス化されている。2017年10月25日発売のドラマCDへの次回予告やキャストフリートークも収録。

EDGE RECORDSにより、小野寺藤菜によるシナリオ、CHIROLUによる監修のもと、ビートニクスから2017年10月25日に発売された[6]。『月刊コミックアライブ』2017年10月号でも誌上通販が行われ、そちらはコミカライズ担当のほた。による描き下ろしアナザージャケットが特典として付いた[6]

テレビアニメ[編集]

ホビージャパン50周年記念アニメ化作品として、2019年7月よりTOKYO MXほかにて放送中[5]

スタッフ[編集]

  • 原作 - CHIROLU[8]
  • 監督 - 柳瀬雄之[8]
  • シリーズ構成・脚本 - 吉岡たかを[8]
  • キャラクター原案 - 景・トリュフ[8]
  • デザイン協力 - ほた。[8]
  • キャラクターデザイン - 西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂[8]
  • プロップデザイン - 大久保富彦、児玉萌、大場優子、小池瞳子[5]
  • 色彩設計 - 渡辺亜紀[5]
  • 美術監督・美術設計 - 柴田聡[5]
  • 撮影監督 - 山根裕二郎[5]
  • 編集 - 小峰博美[5]
  • 音楽 - 横関公太[5]
  • 音響監督 - 土屋雅紀[5]
  • プロデューサー - 楊國祥、笠松竜二、藤井貴大、青木美里、大和田智之、松井健太
  • アニメーションプロデューサー - ディック小鹿原
  • アニメーション制作 - MAHO FILM[8]
  • 製作 - 白金の妖精姫を見守る会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「I'm with you」[5]
作詞 - 渡部紫緒 / 作曲 - 松坂康司 / 編曲 - 佐藤清喜 / 歌 - ラティナ(高尾奏音
エンディングテーマ「This is 勇者, but 残念!?」[5]
作詞・作曲・編曲 - hisakuni / 歌 - デイル(岡本信彦

各話リスト[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督
#01青年、ちいさな娘と出会う。[9] 柳瀬雄之日下直義
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
  • 関口雅浩
  • 出口花穂
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
#02ちいさな娘、新たな生活をはじめる。[10] 大久保富彦
  • 西田美弥子
  • 出口花穂
  • 岩田芳美
  • 西田美弥子
  • 出口花穂
#03青年、留守にする。[11] M.F.K日下直義
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂
  • 児玉萌
  • 関口雅浩
  • 富沢和雄
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
#04ちいさな娘、その『事件』。[12] 大薮恭平
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂
  • 岩田芳美
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂
#05ちいさな娘、 雪に感激する。[13] 則座誠
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂
  • 関口雅浩
  • 西田美弥子
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂
#06幼き少女、旅に出る。[14] 大久保富彦
  • 大久保富彦
  • 出口花穂
  • 岩田芳美
  • 津熊健徳
#07幼き少女、港町へ行く。[15] M.F.K阿部雅司
  • 志賀道憲
  • 成松義人
  • 西田美弥子
  • 原田峰文
  • 西田美弥子
  • 出口花穂
#08青年、故郷に着く。[16] 日下直義
  • 舛舘俊秀
  • 関口雅浩
  • 岩田芳美
  • 津熊健徳
  • 舛舘俊秀
  • 出口花穂

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [18] 備考
2019年7月4日 - 木曜 23:30 - 金曜 0:00 TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 製作参加 / BS放送/ 『ANIME+』枠
2019年7月5日 - 金曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり
2019年7月6日 - 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜) 北陸放送 石川県
2019年7月7日 - 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) J:COMテレビ 日本国内[19][20] CATV
2019年7月9日 - 火曜 1:55 - 2:21(月曜深夜) 長崎文化放送 長崎県 あに。』枠[21]
2019年7月10日 - 水曜 23:00 - 23:30 とちぎテレビ 栃木県

インターネットでは、U-NEXTにて地上波最速放送と同時に独占配信される[17]

BD[編集]

発売日[22] 収録話 規格品番
1 2019年9月25日予定 第1話 - 第4話 COXC-1225
2 2019年10月30日予定 第5話 - 第8話 COXC-1226
3 2019年11月27日予定 第9話 - 第12話 COXC-1227

Web動画番組[編集]

テレビアニメ出演声優陣による、生配信のWeb動画番組『『うちの娘。』保護者観覧放送』が2019年6月30日よりYouTube Liveニコニコ生放送Periscopeにて放送開始[23]

出演者
BS11 ANIME+ 木曜 23:30 - 金曜 0:00 枠
前番組 番組名 次番組
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら
魔王も倒せるかもしれない。
-

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 | HJノベルス公式Webサイト”. hobbyjapan.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  2. ^ HJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のコミカライズ連載が本日より開始 アットホームファンタジー開幕” (日本語). ライトノベル総合情報サイト ラノベニュースオンライン. 2019年3月30日閲覧。
  3. ^ うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 6 ドラマCD付き特装版 | HJノベルス公式Webサイト”. hobbyjapan.co.jp. 2019年3月30日閲覧。
  4. ^ 【EDGE RECORDS】うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 ドラマCD”. web.archive.org (2017年10月30日). 2019年3月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t “『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』OPテーマは高尾奏音さん、EDテーマは岡本信彦さんが担当! TOKYO MX、BS11にて7月4日放送決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年5月17日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1558066555 2019年5月17日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 ドラマCD”. EDGE RECORDS. 2017年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月20日閲覧。
  7. ^ HJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のコミカライズ連載が本日より開始 アットホームファンタジー開幕 - ラノベニュースオンライン
  8. ^ a b c d e f g “『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第2弾キービジュアル&アニメ化告知PV解禁! ラティナの等身大フィギュアが制作決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年3月23日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1553306706 2019年3月23日閲覧。 
  9. ^ 青年、ちいさな娘と出会う。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年7月22日閲覧。
  10. ^ ちいさな娘、新たな生活をはじめる。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年7月22日閲覧。
  11. ^ 青年、留守にする。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年7月22日閲覧。
  12. ^ ちいさな娘、その『事件』。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年7月22日閲覧。
  13. ^ ちいさな娘、 雪に感激する。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年8月1日閲覧。
  14. ^ 幼き少女、旅に出る。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年8月8日閲覧。
  15. ^ 幼き少女、旅に出る。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年8月15日閲覧。
  16. ^ 青年、故郷に着く。”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年8月22日閲覧。
  17. ^ a b ONAIR”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年6月25日閲覧。
  18. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  19. ^ J:COMのサービスエリアを選択”. J:COM. ジュピターテレコム. 2019年6月2日閲覧。
  20. ^ J:COMテレビ 視聴方法”. MY J:COM. ジュピターテレコム. 2019年6月2日閲覧。
  21. ^ ncctvnagasakiの2019年6月25日17:01のツイート2019年6月25日閲覧。
  22. ^ パッケージ情報”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年6月30日閲覧。
  23. ^ 『うちの娘。』保護者観覧放送第1回 6月30日21:00よりスタート!”. TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』公式サイト. 2019年7月7日閲覧。
  24. ^ uchinoko_animeの2019年6月30日のツイート2019年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]