とあるおっさんのVRMMO活動記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とあるおっさんのVRMMO活動記
ジャンル ファンタジー
小説
著者 椎名ほわほわ
イラスト ヤマーダ
出版社 アルファポリス
掲載サイト 小説家になろう
アルファポリス
レーベル アルファポリス
連載期間 2013年1月7日 - 2016年8月31日
2016年8月16日 -
刊行期間 2014年1月1日 -
巻数 既刊23巻(2021年3月31日現在)
漫画
原作・原案など 椎名ほわほわ
作画 六堂秀哉
出版社 アルファポリス
掲載サイト アルファポリス
レーベル アルファポリスCOMICS
発表号 2014年6月17日 -
発表期間 2015年5月26日 -
巻数 既刊8巻(2021年3月31日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

とあるおっさんのVRMMO活動記』(とあるおっさんのブイアールエムエムオーかつどうき)は、椎名ほわほわによる日本ライトノベル。イラストはヤマーダが担当している。アルファポリスより2014年1月から刊行されている。

元々は2013年1月7日に「小説家になろう」で連載を開始した作品[1]。「第6回アルファポリスファンタジー小説大賞」読者賞受賞作[2] 。なお「小説家になろう」版は、書籍化に伴うダイジェスト化が一時行われていたが、2016年に「小説家になろう」がダイジェスト版の掲載を原則禁止する姿勢を打ち出したため(詳細は小説家になろう#ダイジェスト化問題を参照)、本作も「小説家になろう」への掲載を取りやめている。

2014年6月からはアルファポリスのWebサイト上で六堂秀哉による漫画版の連載が開始している。
2016年には本作をモデルとしたMMORPG「ワンモア・フリーライフ・オンライン」がサービスを開始していたが、2020年12月10日をもってサービスを終了している[2][3]
また、「ワンモア・フリーライフ・オンライン・モバイル」も配信されていたが、2021年1月14日にサービスを終了している [4][5]

2021年3月時点で電子版を含めた累計発行部数は127万部を突破している[6]

あらすじ[編集]

一般ユーザー向けのバーチャルリアリティゲームが発表され、第1弾といえる新型VRMMO「ワンモア・フリーライフ・オンライン」。その世界で、「アース」という名の青年として自由気ままに活動するフツーのゲーム好き会社員・田中大地(38歳/独身)の活動記。不遇スキルと敬遠される弓・蹴りに魔法や生産職まで幅広く手をだし、最強を目指さずバーチャル世界の一期一会を楽しむオンリーワンなソロプレイ。戦場の料理人・妖精たらしなど数々の称号をシステムに付加され、理不尽な人災に見舞われるも、それもまた楽しみの1つと毎日仕事(リアル)を終えたあとの余暇活動で、もう1つ(バーチャル)の人生で「アース」はのんびり彼だけの覇道を歩む。

登場人物[編集]

プレイヤー[編集]

VRシステムの仕様上の関係から、一般的なオンラインゲームで良くある「本来の性別とは逆のアバター」によるプレイは不可能となっている。

アース / 本名・田中大地
主人公。男性。38歳/独身。技術者として工場に勤務する社会人。仕事の関係上プレイ時間が限定されるため、固定のパーティには入れないだろうとソロプレイを前提とし、「料理」「木工」「遠視」「製作の指先」や、前情報でメリットが低い、使いづらいと評判の不遇スキル「弓」「蹴り」「薬剤」「風魔法」「隠蔽」「身体能力向上」を取る。しかし、突出した能力こそない物の所有者の少ないスキルや成長限界が低くなる代わりに複数のスキルが絡まり合う作業をこなせる。「鍛冶」も取得し、基本的に自分で使うアイテムは自分で作る能力がある。「盗賊」から派生した「義賊」「義賊頭」というスキルからワンモア内で起きる厄介事を裏から解決する活動も行っている。
開始間もないころに料理に挑戦し、プレイヤーに好評を得たことから「最初の料理人」と呼ばれている。作る料理はオーソドックスなものがほとんどだが凝った料理より馴染みやすくご馳走に飽きた際などにも求められることがある。妖精たちの舞踏会でクイーンを撃破・以降ベタ惚れされており、名前や顔を知っているプレイヤーからは「クイーンの旦那」扱いされている。トッププレイヤーとはまた違う強さを持つ異色な人物で運営からも一目置かれる。ワンモアでの功績では多種族との交流が多く、グリーンドラゴンを1人で倒したり、戦争では妖精国を勝利に導くほどの破格である。
高校生の時に遭った事故で身体に若干の障害を負っていて、そのため体力的にも無理が利かない。
ミリー
女性。初日に出会ったプレイヤー。プレイスタイルは魔法使い。のんびりしたしゃべり方をするが、これは仕事をするうちに身に着けたものらしい。実はワンモアの開発に出資している6人の大富豪の1人・紅一点。
ダークエルフの谷で手に入れた蘇生魔法を使える魔杖を使うようになる。
ツヴァイ
男性。ミリーに訊いてアースに会いに来たプレイヤー。プレイスタイルは両手剣を使うアタッカー。ミリーや後述のメンバーとギルド「ブルーカラー」を設立し、ギルドマスターとなる。本人はお笑い好きのどちらかと言えば三枚目な性格だが、ミリーやエリザを始めとした女性プレイヤーに非常にモテており、身内以外からはハーレム野郎呼ばわりされている。
ダークエルフの谷で手に入れた炎の魔剣(片手剣から両手剣へサイズ可変)を使うようになり、一体化したのちには両手剣の二刀流となる。
ノーラ
女性。ブルーカラーメンバー。短剣使いで回復魔法と盗賊スキルを持つ。非常にスレンダーな体型だが、それを指摘するのは地雷らしい。実はツヴァイの本命。
レイジ
男性。ブルーカラーメンバー。重鎧と楯を持つタンカーで片手斧使い。普段の狩りでは壁役として仲間を守ることを第一としているが、短剣のスキルも持っており、プレイヤー同士が戦うPvPでは上位ランカーの1人。獣人連合で開催された大会では決勝に進出してシルバーと戦い、準優勝した。
ダークエルフの谷で手に入れた自動回復機能を持つ魔重鎧を使うようになる。
カザミネ
男性。ブルーカラーメンバー。バスタードソードを使うアタッカーだが、のちに大太刀を使うようになる。リアルでは小柄な体格で剣道をしている。過去に2度続けて「チビは嫌」という理由で告白した相手に振られている。剣道は伸び悩み気味だったが、ワンモア内で身に着けた太刀筋が現実の剣道でも反映されていき、世にいう「ゾーンに入った状態」になると、恐ろしい手際でモブの首を刈っていく「首刈り侍」と呼ばれるようになるが、逆に剣道にスタイルが合わなくなっていき、カナの実家がやっている道場に出入りするようになる。
ダークエルフの谷で手に入れた氷の魔大太刀を使うようになる。
ロナ
女性。ブルーカラーメンバー。格闘家スタイルで戦うアタッカー。小柄だが豊かな胸を持つボクっ子。リアルでは進学校に通う学生。
エリザヴェート
女性。ブルーカラーメンバー。金髪縦ロールのツインテール魔法使い。高慢なところがある問題児だったがツヴァイ達によって矯正される。ギャンブルがメチャクチャ弱い。(2分の1の賭けで、悉く外した)実はワンモアに出資している大富豪の1人・ジェントルマンの娘。
カナ、コーンポタージュ
ブルーカラーメンバー。共に女性。
カナはタンカーを務める女武者。ダークエルフの谷で手に入れたサイズ可変とダメージ軽減機能を持つ魔盾を使うようになる。リアルでは実家が武術道場をしている。
コーンポタージュは魔法使いでレイジの彼女。
アヤメ
弓使いのギルド「アポロンの弓」ギルドマスター。女性だが、宝塚の役者のように凛々しく女性ファンが多い。ベータ版のころから弓を使っていたが、使いづらさから不遇スキル扱いになったことで隠れて弓を鍛えていた。
シルバー
男性。上位プレイヤー。おじいちゃんキャラでプレイしているが、実際の年齢もおじいさん。両手斧を使う戦士。
グラッド
男性。上位プレイヤー。 片手剣を使うタンカー。シルバーのパーティに所属していたが増長していたところ、イベント「妖精たちの舞踏会」で最初の契約に失敗してしまう。そのことで仲間に当たり散らすようになり、パーティから除名された。イベント後半で手に入れた闇妖精でPvPを繰り返し、最終日のトーナメントでシルバーを破るが進化したクイーンから契約を解消されてしまう。その後は新たなパーティを組み、トッププレイヤーの一角として活躍するようになる。
ガル、ゼラァ、ジャグド、ゼッド、ザッド
グラッドとパーティを組んでいるプレーヤー。ガルは全属性の魔法使い。紅一点のゼラァは格闘。ジャグドはレンジャー系の弓使い。ゼッドは槍使い。ザッドは重鎧と兜に身を固めた壁役と、ガチガチの戦闘特化。
ヒーローズ
レッド(剣士・男)・ブルー(魔法使い・男)・イエロー(斧使い・男)・グリーン(槍使い・男)・ブラック(盗賊・男)・ピンク(魔法使い・女)と色分けされたフルフェイス兜と軽鎧を纏う6人組(武器は漫画版より)。その見た目通り戦隊ヒーロープレイをしている。ピンチな者を見かけると後先考えずに飛び込んでしまう危なっかしいところもあるが、ワンモア内で起こる厄介事に首を突っ込んでおり、独自に活動を続けている。
親方
最初の街・ファストの鍛冶場に常駐している鍛冶職人。生産専門で群を抜いた技量を持つ。プレイヤーなハズだが、いつログインしても必ずいる。
ミュン
女性。ゲーム開始の町・ファストで防具店を営む生産職プレイヤー。アースの初期装備製作を請け負った。腕も良く、素材持ち込みなら高品質なものが出来ても追加料金は取らないなどのポリシーも持っており店は繁盛しているが、一時期粘着なプレイヤーたちに付きまとわれていた。
漫画版では最初は町の仕立て屋さんといった感じのスタイルだったが、段階を追ってラフな格好に移行し書籍版の様なレザーアーマーにゴーグルといったスタイルになった。

ワンモア出資者、運営開発陣[編集]

六英雄[編集]

ワンモアの出資者にして正式な持ち主。世界最大の資産家たちであり、彼らの動向一つで世界が動くと言われている。ワンモア・フリーライフ・オンラインというゲームを隠れ蓑に「もう一つの世界」の構築を依頼した理由はまさにそれで、現実世界の動向に煩わされることなく楽しむことのできる世界を欲したのが理由。開発を依頼されたチームに対しては成功報酬として冗談抜きに「三代遊んで暮らせる金額」が約束されている。

本名は明かされておらず、各人は綽名と役職名で語られている。

長老
『ご老公』とも呼ばれる老人。衰えた身体に左右されない新しい世界を望んでいて、万が一間に合わなかった時のために自身の人格データをバックアップしている。
野生児
ジェントルマン
エリザの父親
紅一点
一足早く「ミリー」というアバターでワンモアをプレイしている。漫画版ではショートカットの女性。
中世商人
ターバンを巻いたアラブ人。
指揮者
開発主任
ワンモア・フリーライフ・オンライン開発の総責任者。世界を構築するAIを「子供たち」と呼ぶほど愛しているが、逆にプレイヤーに対しては落下トラブルに際して「一緒に落ちたモンスターとのディープキス」などというハプニング要素を仕掛けて笑うなどいい性格をしている。

ワンモア世界の住人[編集]

一般的なゲームでいうNPC(ノンプレイヤーキャラクター)だが、ゲームシステムのバージョンアップに伴いひとりひとりが「人格」ともいえる感情を備えていく。プレイヤーと違って一度完全に死亡してしまうと蘇生はできない。そのため完全に死亡する前に専用の蘇生薬を使用することで救命は可能。

義賊リーダー
盗賊スキルを進化させて「義賊頭」となったアースの部下である義賊小人のリーダー。小人たちを代表してアースへの報告と命令の伝達を行う。

妖精国[編集]

過去には多種族に戦争を仕掛けたこともあったが、現在は芸術が奨励されているなど戦いから縁遠くなっている。そのため、一部の人族(プレイヤー)と契約して戦いや外の世界を学ぶイベント「妖精たちの舞踏会」が開催されている。

フェアリークイーン
イベント「妖精たちの舞踏会」でグラッドと契約した闇狐の妖精から進化して87代目の妖精国女王として即位した。トーナメント終了後にアースと戦うが敗北。その後はアースに付きまとうようになる。本人の申告によるとバストは96センチ。
自立型AIでナンバーはPN・001・EA。ワンモアが始まる前までは鉄面皮だった。
ルエット
クイーンの分身でアースの指輪に宿っている。当初は魔法「プリズム・ノヴァ」を使った際にランダムに現れる形だったが、魔剣・惑を手に入れたあたりから惑のコントロールに手を貸すようになり、クイーンと区別する意味でルエットと名付けられる。
アクア
妖精国の守護者である「ピカーシャ」の1体。風呂好き。アースの冒険に同行する。体長10メートル〜小鳥サイズまで変更可能のため、アースを騎乗させたりアースの頭に乗って移動することもできる。ゲヘナクロスとの戦争ではかなりの無理をした結果、戦傷を負う。獣人連合国でアースと再会。アースと共に様々な国を渡り歩いたため、豊富な経験値を持ち、一時妖精国へ帰還し、訓練を積んで強くなって帰ってきた。
ゼタン
熊の放浪妖精(定住せず冒険者同様の仕事をしている妖精)。「荒髪」の二つ名をもつ豪傑でアースの料理を食べたことを切っ掛けに友人となる。妖精国に攻め込んできた人族の秘密国家「ゲヘナクロス」との戦いで負った傷が元で現役を引退。放浪妖精を鍛える学校の校長となる。
ミーナ・フェンリル
妖精国の名門貴族・フェンリル家の令嬢。外出中にゴブリンの群れに襲われたところをアースとゼタンに助けられたのが縁でゼタンと結婚する。
ミミック三姉妹
上から「ミーク」「ミーツ」「クク」という名をもつミミックの姉妹。宝箱を通して移動できるというだけで、見た目は普通の女性。
ダンジョンマスターの能力を持つミークを中心に「おどろおどろしい危険なだけのダンジョンでは人は来ない」とダンジョン内をリフォームしたり、アイテムのリターン率を上げたりしている。

龍の国[編集]

ドラゴン族と並んで強い力を持つ「龍族」の国。力の制御を成し遂げて「龍人」となり多種族との交流を持った。短命でも400年は生きるなど非常に強靭な生命力を誇るがその反面、種族が本来持つ「龍」としての力は大部分が封印されている。解き放てるようになるための方法が龍神と戦う試練「龍の儀」であり、龍族なら2回。多種族なら3回だけ受けられる。龍人が受ける際には見きわめ役たる龍神の分身相手に戦い、最後まで両の脚で立っていられなければ合格とは認められない。合格して「龍」となった者は龍に変化できるようになり、最低でも50年に渡る修業を課せられるが人化した際には種族的特徴である「竜の角」を隠せるようになる。多種族の場合は常時発動する「龍の力」の加護を得る。

また、それ以外にも「黄龍の儀」「双龍の儀」といった試練が存在する。

龍姫
龍の国の姫でフェアリークイーンとは姉妹と名乗る。龍の国が実装されるまで退屈を紛らわす意味でファストの街をうろついており、アースには「龍ちゃん」と呼ばせてメシをたかっていた。
自立型AIでナンバーはPN・001・EB。ワンモアが始まる前までは姉に甘えて媚びを売る性格だった。
龍稀
龍の国の王様。豪快な人物だが少々抜けている。龍の儀はクリアしているそうだが、龍の角は隠していない。
五郎
一が武で二八そばの屋台をやっている青年。かつては「無傷のゴロウ」と呼ばれてケンカ三昧の生活だったが、「龍の儀」に失敗してからふさぎ込んでいた。一が武の宿屋の女将に依頼されたアースと立ち会ったことで再び龍の儀に挑戦し、雪辱を果たす。
火澄
二が武にある宿屋の女将。龍王様の奥方の妹で龍ちゃんの叔母にあたる。薙刀による戦闘が得意で、龍の国に出没するレイドボスすら怯まない。とても美人でカザミネが一目惚れした。
蛇巫女
二が武の北にあるダンジョン「なぶり殺しの洞窟」の奥に隠れ住む女性。先祖返りで下半身が蛇のようになっており両目は魔眼。子供のころにいじめられた結果として魔眼を解放してしまい、現在は目を合わせないように封じている。
雨龍
龍。2人一組でしか受けられない試練「双龍の儀」を司る女性。ナイスバディの美女。修行に関しては手を抜かないが、遊び好きな一面もある。双龍の儀の報酬代わりに自身を召喚する指輪をアースに与えた[注 1]。ゲヘナクロスとの戦いでは重要な局面での一助となった。有翼人との戦いに備え龍の国を出る許可を得てアースと共に情報を集める。アースの戦闘の師匠の一人。
砂龍
龍。2人一組でしか受けられない試練「双龍の儀」を司る男性。口ひげを生やしたダンディな見た目で双龍の儀の報酬を受けたゴロウが調子に乗っていたので特訓を課した。有翼人との戦いに備え龍の国を出る許可を得てアースと共に情報を集める。アースの戦闘の師匠の一人。
龍神
龍。龍の国を守る守護神的存在。
龍神の欠片
龍。龍神から分かたれた分身で「龍の儀」を監督している。戦う相手によって老女から幼女まで外見が変化する。前述の蛇巫女は彼女の子孫であり、龍神の欠片としての力の一部が発現したもの。
黄龍
龍。スキンヘッドで顔はヒゲに覆われた筋骨隆々の老人。アースに黄龍変身を授ける。
霜点
魔剣・円花によって導かれた過去の世界で出会った龍人の男性。過去の円花の持ち主で、妹の病を治す薬を作る素材を集めて医者の元に向かっていたが、近辺には存在しない魔物に襲われていたところをアースに助けられる。それは「八枚の羽根を持つ男」が仕掛けて同族との「賭けの種」にしたことだった。アースに薬の素材を託して男と戦い、八枚あった羽を一枚斬り落とすも破れて亡くなった。
アースによって素材を医者の元に届けられた妹は助かったが、これは「円花の世界」でのことであり、実際の過去では素材を奪われて妹も亡くなっている。

ドラゴン皇国[編集]

強大な力を誇るドラゴン族の国。しかし、多種族と基本的な力が違いすぎて接触・交流は限定的なものに留めている。一部のドラゴンは人化の術を使えるが、術で化けているだけなので戦闘力は低下していない上、何かを装備すると術が解けてしまう。ドラゴンの鱗や骨は加工すると非常に優れた武器防具となる。ドラゴンの種類によって長所のスキルも異なる(グリーン{機動力}、ブルー{千里眼}、イエロー{嗅覚})。

レッドドラゴン王
ドラゴンを統治する王様。各種ドラゴンの能力をすべて使える。ゲヘナクロスの戦いでは人化の術を使いグリーンドラゴンを率いて参戦した。
王女
正体不明の人族に卵の状態で盗み出されるが、何らかの事故で盗人どもが全滅。孵化したところをアースに拾われる。その際に料理を味わったことでドラゴンの主食である生肉を食べなくなる。その後、9巻では人化の術を覚えてアースに会いにファストまでやってきたりした。
ノワール
ブラックドラゴンの長老。古株だが王女様には甘々の好々爺である。20巻において、溺愛する王女に「お爺ちゃん、臭いです」と言われ、ショックの余りファスト近くの森まで来て落ち込んでいたのをアースとブール―カラーメンバーに発見される。とりあえず全身を洗ってみようと身体を検めたところ、背中の部分が病による壊疽を起こしていた事実が判明。アースやツヴァイ、カザミネたちによる患部の切除処置とノエルが持ってきたドラゴン用の治療薬によって命を拾う。
治療後に参加した全員に1人につき数百万グロー分の金塊と自身の鱗を各人に20枚ずつ払った。
ノエル
ホワイトドラゴンの長老。ドラゴンの中でも医療技術に優れる。ノワールの治療に協力したアース、ツヴァイ、カザミネの3人に自身の鱗を30枚ずつ払った。
エメル
グリーン・ドラゴンの長老。多種族との交渉を受け持っていたが、いつごろからか脅迫じみた要求をするようになり、ドラゴン王の千里眼を誤魔化す術も身に着けていた。王女に供した料理の一件からアース本人のみならず妖精国に対しても脅迫による強要を行い、戦いを挑んだアースに激闘の末倒された。
王であるレッドドラゴンからも疑念を持たれていたことから、彼の肉や皮、骨、鱗といった素材は全てアースに譲られる。

エルフの森[編集]

トイ
長老の娘。物静かだが、かなりの食いしん坊。
ジェントルマンの研究班が抱えている自立型AI。
エル
長らく森の外を旅していたが、エルフの森実装化の際に森に入るアースを案内する。その後「大討伐」でもパーティを組むが、遭遇したハイエルフとの戦闘で死亡する。
ルイ
エルの友人。エルフ流格闘術の達人でアースに蹴り技を指導する。

ダークエルフの谷[編集]

ライナ
ダークエルフ長老の娘でトイとは姉妹縁を結んでいる。吟遊詩人の真似事もできるが、戦闘スタイルは巨大なガントレットを装備し、モンスターを棍棒代わりに振り回すという豪快なもの。102センチという驚異のバストサイズを誇る。
ジェントルマンの研究班が抱えている自立型AI。
ゼイ、ザウ
ライナの兄たち。
サーナ、シーシャ、スー
ダークエルフのメイド見習い。主人からの依頼で研修と訓練を兼ねてアースとパーティを組んだ。
闇食い
谷の地下に棲む存在で「闇様」と呼ばれていて、ダークエルフたちの信仰の対象ともなっている。

獣人連合[編集]

様々な動物の意匠と能力をもつ亜人たちの混成国家。各部族から選ばれた代表者による合議制。基本的には脳筋が多いのが特徴で、日常のケンカや、カレーなどの美味い料理の奪い合いで大バトル大会になる。

ケティ
北街で占い師をしている狐耳の女性。アースに「痛風の洞窟」での修行を勧め、アース自身の装備やツヴァイ、カザミネを含めた魔剣についてのアドバイスもしてくれた。
カリーネ
獣人連合北街に常駐する隠蔽兵の一人。仕事の際には狐の面をしている。基本真面目だが、他の獣人と同じく人族のプレイヤーが提供販売を始めた料理「カレーライス」にハマっている。

魔王領[編集]

魔王
魔王領を統治する女王。一見するとクールだが、意外とドジッ子属性あり。木工が趣味で鳥の巣箱をよく作っている。
四天王
魔王様の側近4人。エキドナのマドリア、リビングアーマー、サキュバスクイーンのヘテラ、死神のデス。
エミュー
ミミック姉妹のダンジョンで知り合い、アースともパーティを組んだ魔族。ハープボウという楽器のハープとしても使用可能な弓を使う。

地底世界[編集]

クラネス
ドワーフの女鍛冶屋。腕利きながら、無茶な武器を好んで作る。アースに究極の弓を作る協力者で、鍛冶スキルの師匠。

浮遊島[編集]

パワードスーツ(本名不明)
浮遊島に住むガーディアン。かつて有翼人の1人だったが大戦の反対派で、肉体を失う前に、パワードスーツに自身の知識と意識を移植し八羽の有翼人の野望を止めるためアース達と協力する。
白羽
浮遊島に住んでいるドラゴンの娘。親ドラゴンが手を焼くほどの放浪ドラゴンで、自ら永続的「人化の術」を使い地上で強者との戦いを求めていた。ドラゴンの能力を失った代わりに大きい大太刀を振るう。

ゲヘナクロス教国[編集]

人族を至上とする宗教国家。あちこちの種族に干渉しつつ力を蓄えて妖精国に攻め入るが、プレイヤーのみならず各種族の義勇兵が加わった妖精国との戦いに敗れる。特に多くの子を奪われたドラゴン皇国の恨みは深く、本拠地が発覚した際には怒れるドラゴンによって完全に滅ぼされた。

用語[編集]

ワンモア・フリーライフ・オンライン
本格的なVRゲーム第1弾として発表されたMMORPG。スキル制が採用されている。ゲーム内では昼3時間・夜2時間で1日が経過する。ゲーム内の通貨は「グロー」。
月々利用料を払うゲームだが、金額に反して非常識なまでに個性豊かなNPCや作り込まれた世界を誇るが、その実態は世界的な大富豪6人の出資によって開発が進められている文字通りの「もう一つの世界」である。
運営から告知されている以外にも「人魚の国」や「サハギンの村」など、多くの種族が住む土地や国が存在する。
スキル
取得して育てることで戦闘職(武器・魔法)・生産職としての補正やアーツ(必殺技)を使用できるシステム。取得するスキルの種類に応じて成長限界が設定されており、繋がりのないスキルを取りすぎると器用貧乏になる。また、アーツの使い方も個々の改良で変化し別のスキルが派生したりする。開始当初は不遇と言われたスキルも成長させることで活用の場や幅が広がっている。
生産系スキルの場合、作ったものに10段階の評価が付く。同じレシピで作ったアイテムでも評価が5を超えると性能が跳ね上がる[注 2]
魔剣
ゲーム内で稀に入手できる武具の総称。名前通りの剣やそれ以外の武器、鎧・盾などの防具も存在する。大別して魔法効果を付与した「魔導剣」と、武具そのものに意志を宿す「魔剣」がある。魔剣の場合、所有者との同調が高まると一体化して体内から出し入れできるようになる。
変身スキル
文字通り、より戦闘力を高めた姿に変身できるスキル。ワーウルフ、ヒューマンビーストを基本に妖精国や龍の国にも独自の変身がある。

アースの装備・アイテム[編集]

「木工」「鍛冶」「薬剤」「料理」などで武器や防具、サポートアイテムを自らの手で生産・製作しているほか、作中で手に入れた一品ものもある。なお、アースは弓制作に関しては普通に作る分には「評価8」まで行くことが出来る(他のアイテムや武器は平均して5から6、良くて7)。

弓矢[編集]

アースのメイン武器。硬度の異なる木材・金属を組み合わせた結合型の弓や目的に合わせた鏃を組み込んだ矢を生産している。

複合X式狩弓→複合X式狩弓改→複合X式狩弓ライトメタルコート
2張りの弓をX字に組み合わせた浪漫武器。複雑な構造ゆえに評価は6。だが、素材の組み直しやライトメタルによる補強で他の職人がAtk29で精いっぱいだった時期にAtk55をマークしていたが、製作者であるアースしか使用できない特殊な弓。グリーン・ドラゴン戦において、サクリファイス・ボウの代償となり消滅した。
木材結合式長弓・ライトメタルライン
アヤメからの依頼で制作した弓。評価は7、Atkは47と当時のギルド付きの職人たちの品を上回る出来となっている。
ドラゴン・ボウ→双咆
手に入れたドラゴン・龍素材から作り出した弓。最初に完成させた時点で評価は5ながらAtkは67、3種の特殊能力を持つ規格外の弓だった。双咆(Atk77)にグレードアップしてから7割以上の力で弓を引くとすさまじい反動と轟音が鳴るデメリットが発生したがMPを注ぎ込むことで解決した。なお、これはドラゴン素材を用いたアイテムが能力を発揮する際に共通する特性。
獣人連合での義賊頭としての仕事の際にサクリファイス・ボウの代償となり消滅した。
護魂の弓
レッド・ドラゴン王から与えられた弓。当初は名称不明で装備不可能だったが、ワンモア世界の力を持つ知人の力を注がれることで進化していく。ハイエルフによってエルが殺された際にはアースの怒りと悲しみから「チグルイ」と呼ばれる姿になったが、エルの魂が宿り現在の姿となる。普段の姿では装備できず、黄龍変身の状態なら使用可能。
伏虎の弓→蒼虎の弓
獣人連合で義賊としての仕事を果たした報酬として得た弓。普段は何の変哲もない弓だが、戦闘時には虎の縞模様が現れる。人魚の里で得た素材「蒼海鋼」でグレードアップした。
八岐の月
アースとクラネスで作った究極の狩弓。ドラゴンの骨や各種ドラゴンの心鱗、龍神の鱗、蒼海鋼(弓)で作り上げた規格外でAtk333で特殊能力が8つ付き、木矢でも鋼鉄を貫くほどの威力へと変わる。雨龍の目利きでは龍の国でも国宝級になる。
重撲の矢
鏃に鈍鉄と呼ばれる比重の重い金属を使用し、貫通力よりも打撃力を重視した矢。ヒットした際にはスタン効果が追加される。
ツイスターアロー
鏃にひねりを加えることで貫通力を高めた矢。弓のアーツ「アローツイスター」と組み合わせることでタンカータイプモンスターの鎧も貫く威力を発揮する。

鞭・スネークソード[編集]

サブ武器。

ウイップブレード・トライアングル
ライトメタル製の鞭に三角型の刃を付けた武器。
刻月・惑→円花→真同化(こくげつ・まどい→まどか)
ダークエルフの谷にある地下洞穴で知り合った「闇」様から譲られたスネークソード型の魔剣。使い手であるアースと融合・同化したことで体の各部から直接刃を出せるようになる。
魔剣として多くの使い手の手を経ているが少なくない使い手が非業の死を遂げており、過去の記憶の世界へアースを誘う。そこでアースの手でトラウマを払拭することで本来の形に戻っていく。
魔剣の記憶巡りを続け、「真同化」となりスネークソードと槍の2種類の形態にすることができるようになった。

防具[編集]

ワイルドウルフレザーセット、ベアーマント、ワイルドベアーレザーセット
ミュン防具店製。ベアは素材持ち込みで依頼した。
レッグブレード→マリン・レッグセイバー
「蹴り」の補助具として製作。グレードアップして「ファング・レッグブレード」「ファング・レッグブレート・ドラゴンボーン」へ強化される。人魚の里で得た素材「蒼海鋼」でグレードアップした
シークレットライトメタルシールド
右手に装着する小盾。内部にライトメタル製のコンパウンドボウが仕込まれており、展開することで「シークレットアナザーボウ」となる。また、スネークソードを仕込んだ盾も製作している。
食らいつく者
アースの設計コンセプトでクラネスが作った小盾。スネークソードの刃で食い込み、仕込み魔法砲弾が撃てる。
ドラゴンスケイルライトアーマー一式→ネオ・ドラゴンスケイルライトアーマーフルセット
レッド・ドラゴン王から与えられたスケイルアーマー。ドワーフの手が入った逸品でスキルのあるなしに関係なく装備できる。そのあと、クラネスの強化でフルセットになると、とてつもなく頑丈になった。
外套
ドラゴンスケイルライトアーマーを手に入れた際に厄介事を避ける目的で纏うようになり、以後アースの外見的特徴としてはデフォルトの状態となる。魔王領でのトラブル解決の報酬として採算度外視で制作された特製マントを贈られる。
フェンリルの頬当て
ミーナとその母親・カレン夫人から贈られた防具。
ライトメタル製マスク
山道ダンジョンでオーガなどのモンスターと一緒に崖から落ちた際に発生したアクシデントからトラウマを負ったプレイヤー向けに製作したアイテム。防御力は毛が生えた程度だが、「口元」をしっかり守る作り。ツヴァイ、カザミネ(鬼面風のデザイン)、ロナ、ノーラから注文を受けたほか、そこそこの数を作って販売した[注 3]

ポーション類[編集]

ラビットホーンの温水ステーキ、唐揚げ、ドラゴン丼
アースが作った料理。他にもハンバーグや焼き鳥、スープや鶏の香草焼き、カレーライスなども作る。
ポーションジュース
通常のポーションを飲みやすくアレンジしたもの。
デスポーション
窒息草という毒草から作り出した毒の霧を発生させるポーション。
強化オイル
爆裂鉱石を鈍足草という薬草と合わせて加工したもの。投擲すると一定範囲内に火柱が上がる効果を持つ。試作中にできた試薬の一つで効果範囲が広すぎて狭所で使用すると自滅しかねない物は「ヘルマインオイル」と命名されている。

その他のアイテム[編集]

第87代目フェアリークイーンリング
フェアリークイーンから贈られた指輪。自分では外せないなど半ば呪いに近い品だが、妖精国での身分証に使えるほか妖精言語や特殊魔法「プリズム・ノヴァ」を使える。
クイーンが転移してくる目印としての機能もあったが、身分証としての機能と共に封印された。
ピカーシャの心羽根
風の加護による回避率や移動速度の向上とMP消費減少の効果を持つアクセサリー。
ツッコミハリセン
クイーンや龍ちゃんといった困った相手へのツッコミ用に作ったアイテム。ライトメタルにベア皮を張ってあり、「音は大きく、痛みはなく」を実現した物。のちにツヴァイ用のツッコミアイテムとしてノーラにひとつ譲られた。
ピッキングツール
ダンジョンで宝箱の罠解除用に製作したツールセット。一部はファストの鍛冶場に常駐している親方に手伝ってもらった。
雨龍の指輪
双龍の試練を果たしたアースに褒賞として与えられた指輪。破壊することで一回限りにおいて雨龍を召喚することが出来る。
魔王領が大寒波に襲われた際に攻略のために暖房用の炭を買占めしたギルドによってトラブルが起きるのを防ぐためにブルーカラーを始めとした生産職有志と協力して制作した。
アースが祖父から聞いていた窪(炭焼き窯)を使わない方法で制作する際に複数の生産スキル(木工、鍛冶、料理、薬剤の4つ)が必要であることが発覚したが、各専門職が工程を分担することで解決した。

スキル・アーツ[編集]

プリズム・ノヴァ
フェアリークイーンから贈られた指輪によって使用できる魔法。ランダムに状態異常を引き起こす効果を持つ。妖精言語を使った上位魔法「エルダー・プリズム・ノヴァ」も使えるが詠唱に時間がかかる。
七つの落星
あまりの人気の高さに特定の契約妖精を付けられなくなったアースに与えられたアーツ。かつて妖精国が多種族に戦争を仕掛けた際に開発された技を“復元”したもの。
アーツを起動させる宣誓をして30秒の間に七本の矢を射ることで射た箇所を貫く光と射た対象に向けて七つの星を落とす。
サクリファイス・ボウ
あまりの人気の高さに特定の契約妖精を付けられなくなったアースに与えられたアーツ。かつて妖精国が多種族に戦争を仕掛けた際に開発された技を“復元”したもの。
最大HPの9割と全MP、そして愛用した弓を捧げることで発動する。使い込んだ武器を犠牲にする上、使用後は数日間のバステ状態に陥る。オリジナルに至っては使用者が「消滅」したという曰く付きで、あえて完全再現はされていない。
黄龍変身
龍の国で得た変身能力。変身時間は修得時で2分と短時間だが、金色の龍人といった姿に変わり圧倒的なステータスを誇る。「虎龍脚」「雀龍炎」「龍雷」「武龍壁」などの強力な攻撃・防御技。「黄龍玉」という蘇生・回復スキルも使える。このスキルはプレイヤーのみならずワンモア世界の住人にも有効。
妖精招来
妖精とは契約できない代わりにMPを捧げることで周囲の妖精に力を貸してもらえるスキル。
偶像の魔王
魔王領にて、魔力暴走によるモンスターの狂暴化を治める際に負傷した魔王さまから力を託される形で得た変身。魔王に伝わるアーツ「デモンズジャッジ」を使える。

書誌情報[編集]

小説[編集]

巻数 日本の旗 アルファポリス
発行日 ISBN
1 2014年2月10日 978-4-434-18839-8
2 2014年6月4日 978-4-434-19309-5
3 2014年9月9日 978-4-434-19602-7
4 2014年12月28日 978-4-434-20138-7
5 2015年3月31日 978-4-434-20448-7
6 2015年7月4日 978-4-434-20760-0
7 2015年10月4日 978-4-434-21059-4
8 2016年3月1日 978-4-434-21681-7
9 2016年6月5日 978-4-434-21997-9
10 2016年10月3日 978-4-434-22427-0
11 2016年12月30日 978-4-434-22805-6
12 2017年5月3日 978-4-434-23235-0
13 2017年10月5日 978-4-434-23774-4
14 2017年12月30日 978-4-434-24119-2
15 2018年4月1日 978-4-434-24459-9
16 2018年8月1日 978-4-434-25054-5
17 2018年11月1日 978-4-434-25389-8
18 2019年3月1日 978-4-434-25790-2
19 2019年8月1日 978-4-434-26413-9
20 2019年11月1日 978-4-434-26781-9
21 2020年6月1日 978-4-434-27332-2
22 2020年11月1日 978-4-434-28005-4
23 2021年3月31日 978-4-434-28662-9
23 2021年3月31日 978-4-434-28662-9
23 2021年3月31日 978-4-434-28662-9
24 2021年10月31日 978-4-434-29119-7
25 2022年3月1日 978-4-434-29992-6
26 2022年9月5日 978-4-434-30569-6

漫画[編集]

巻数 日本の旗 アルファポリス
発行日 ISBN
1 2015年5月31日 978-4-434-20480-7
2 2016年3月31日 978-4-434-21653-4
3 2017年2月28日 978-4-434-22885-8
4 2017年11月30日 978-4-434-23867-3
5 2018年9月30日 978-4-434-25008-8
6 2019年7月31日 978-4-434-26172-5
7 2020年7月31日 978-4-434-27628-6
8 2021年3月31日 978-4-434-28669-8
9 2021年12月31日 978-4-434-29736-6

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 双龍の儀の報酬とは対象者が使っていない分の能力を削り、使っている分に上乗せするというものだったが、アースの場合「どの能力を削っても支障をきたす」ため。
  2. ^ 例として品質5のグレートソードがAtk10なら、品質8だと30まで上がる。
  3. ^ ちなみに、このエピソードが書かれたWEB版の末尾部分に書かれた文章(書籍にはなし。削除済)では、仕掛けたのは開発主任でプレイを視聴していたスタッフも大爆笑していたと記述されていた。

出典[編集]

  1. ^ 一年が経ちました。皆様ありがとうございます。 - 椎名ほわほわ(小説家になろう)・2014年1月6日
  2. ^ a b アルファポリス刊『とあるおっさんのVRMMO活動記』より生まれた『ワンモア・フリーライフ・オンライン』のオープンβテストが開始”. 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ 【PC版】ワンモア・フリーライフ・オンライン【サービス終了】 [@onemore_tw] (2020年12月10日). "本日12月10日15:00をもちまして、『ワンモア・フリーライフ・オンライン』のサービスを終了致しました。 サービス開始より楽しんでいただき、また最後までプレイしていただきましたこと、改めて運営一同厚くお礼申し上げます。" (ツイート). Twitterより2021年11月23日閲覧 |title=の54文字目に改行キャラクタが入力されています。 (説明)
  4. ^ 【公式】ワンモア・フリーライフ・オンライン・モバイル〜とあるおっさんのVRMMO活動記〜 [@onemoba_tw] (2019年7月10日). "皆の者、初めましてじゃな!今日から『ワンモア・フリーライフ・オンライン・モバイル』の公式ついったあを任された、『龍姫』じゃ!事前登録情報や、最新情報を城下の者に伝えてゆくぞ!ふぉろー、よろしく頼むのじゃ!詳しい情報を知りたい者は『プロフィール』を見るとよいぞ!" (ツイート). Twitterより2021年11月23日閲覧
  5. ^ 【公式】ワンモア・フリーライフ・オンライン・モバイル〜とあるおっさんのVRMMO活動記〜 (@onemoba_tw) - Twitter
  6. ^ とあるおっさんのVRMMO活動記 23”. アルファポリス. 2021年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]