THE BEATNIKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートニクスから転送)
移動先: 案内検索
THE BEATNIKS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ニュー・ウェーヴ
オルタナティヴ・ロック
J-POP
活動期間 1981年 - 1982年,
1987年, 1992年,
1996年, 2001年,
2011年 - 2013年
2017年 -
レーベル Vap
PONY CANYON
AGENT CON-SIPIO
EMIミュージック・ジャパン
BETTER DAYS
公式サイト http://thebeatniks.jp/
メンバー 高橋幸宏
鈴木慶一

ザ・ビートニクスTHE BEATNIKS)は高橋幸宏鈴木慶一音楽ユニット1981年に結成された後、現在まで断続的な活動が続いている。

アメリカのビート・ジェネレーション(ビートニク)が名前の由来。ザ・ビートニクス(THE BEATNIKS)名義では、単独の作品だけではなく、高橋幸宏のソロアルバム他、他のミュージシャンへの楽曲提供なども行われている。

略歴[編集]

1981年12月5日に1stシングル「No Way Out」と1stアルバム『EXITENTIALISM』をバップからリリース。1982年に2ndシングル「River In The Ocean」をリリースするも活動休止。

1987年からレーベルをポニーキャニオンのT.E.N.Tへ移し、3rdシングル「Total Recall」で活動再開。初の全国ツアー「THE BEATNIKS BEAT GENERATION '87」を開催し、6月には2ndアルバム『EXITENTIALIST』をリリースするも、再び活動休止期間へ。この時期鈴木は、「The Beatniksは怒りを強く感じたときに活動する」という主旨の発言をしており、高橋もこれに同意している。

1990年代に入ると初のリミックス・アルバムを発表。1994年にAGENT CON-SIPIO内レーベル・Consipio Recordsへ移籍。ヨウジヤマモトのコレクション用音楽集を発表するもその一枚のみに終わり、活動休止へ。

2001年に14年ぶりとなるオリジナル・アルバム『M.R.I.』をリリース。同年アルバムツアーを行うも再び活動休止。

2011年に結成30周年を迎え、4枚目のアルバム『LAST TRAIN TO EXITOWN』をVirgin RecordsEMIミュージック・ジャパン)からリリース。その後も、NO NUKES 2013[1]や、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO[2]に出演するなど、ライブ活動を継続。

2018年に5枚目のアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』をBETTER DAYSレーベルよりリリース。

メンバー[編集]

  • 高橋幸宏 (たかはし ゆきひろ、1952年6月6日 - )
東京都目黒区出身。サディスティック・ミカ・バンドイエロー・マジック・オーケストラでドラマーを務め、現在はMETAFIVEで活動中。
  • 鈴木慶一 (すずき けいいち、1951年8月28日 - )
東京都大田区出身。ムーンライダーズのボーカル。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
Vap
1st 1981年12月5日 No Way Out 10018-07 (7inch)
2nd 1982年9月1日 River In The Ocean 10053-07 (7inch)
T.E.N.T (PONY CANYON)
3rd 1987年5月21日 Total Recall 7A0735 (7inch)

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 備考
オリコン
Vap
1st 1981年12月5日 EXITENTIALISM 出口主義 30019-28 (LP) - 1985年11月21日にCD発売(80018-32)。
1991年2月21日にCD再発(VPCC-83013)。
1993年10月1日にCD再発(VPCC-81019)。
T.E.N.T (PONY CANYON)
2nd 1987年6月21日 EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう C28A0577 (LP)
D32A0295 (CD)
- 1990年10月21日にCD再発(PCCA-00131)。
1995年12月16日に「CD選書」として再発(PCCA-00597)。
2003年2月19日にCD再発(PCCA-01861)。
Consipio Records
3rd 2001年8月4日 M.R.I. Musical Resonance Imaging MXCY-80004 (CD)
ACGX-5002 (SACD)
- -
Virgin Records (Universal Music)
4th 2011年10月12日 LAST TRAIN TO EXITOWN TOCT-27097 (CD) 68位 -
BETTER DAYS
5th 2018年5月9日 EXITENTIALIST A XIE XIE COCB-54260 (CD) 27位

その他アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル
リミックス 1994年 ANOTHER HIGH EXIT VPCC-81059 (CD)
VPJC-31001 (LP)
Vap
サウンドトラック 1996年 THE SHOW vol.4 YOHJI YAMAMOTO COLLECTION MUSIC COCD-9214 (CD) Consipio Records

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 備考
オリコン
Vap
ビデオクリップ 1982年9月 出口主義 60011 (VHS)
60012 (Beta)
- -
BSフジ
ライブ 2012年11月7日 THE BEATNIKS Live 2011
“LET's GO TO BEATOWN”
XQAE-2012 (DVD) 100位 2011年11月25日に中野サンプラザで行われた
「THE BEATNIKS結成30周年アニバーサリーライブ」を収録[3]

ボックスセット[編集]

発売日 タイトル 規格品番 チャート 備考
オリコン
T.E.N.T (PONY CANYON)
2015年10月21日 T・E・N・Tレーベル30th Anniversary
THE BEATNIKS 19812001
PCBP-62173 (DVD+3CD) 25位 1982年に発売されたビデオクリップ『出口主義』の同内容と、
1987年・2001年のライブ映像を収録。
CDはオリジナル・アルバム三枚のリマスター。

参加作品[編集]

  • V.A.『ヤマアラシとその他の変種』 (1990年9月27日:「THE GREATEST SONG OF ALL」収録)
  • V.A.『大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki-』 (2013年11月27日:「LABYRINTH」収録)

著書[編集]

  • 偉人の血 (高橋幸宏、鈴木慶一名義 1985、パルコ出版)ISBN 4891940972

主なライブ出演[編集]

主な楽曲[4][編集]

  • No Way Out / 出口なし (1981年)
作詞 : THE BEATNIKS、ピーター・バラカン 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「EXITENTIALISM 出口主義」、同日発売のシングル「No Way Out」に収録。MVも作成され、高橋幸宏と鈴木慶一が一台のキーボードを二人で弾いている様子が見られるが、実際のレコーディングでも同様であった。シングルカットされたこともあり、ライヴでは定番曲として演奏されている[要出典]
  • Ark Diamant / ダイアモンドの箱舟 (1981年)
作詞 : 鈴木慶一、Peter Barakan 作曲 : 鈴木慶一
アルバム「EXITENTIALISM 出口主義」及び、翌年に発表されたシングル「River in the Ocean」に収録。インダストリアルなサウンドの中で、高橋が執拗に叩くタムの生音が印象的な楽曲。発表当時より高橋のコンサートにて、鈴木のボーカル曲として披露されており、その模様がライブビデオ「BOYS WILL BE BOYS」に収録されている。鈴木のベスト盤「謀らずも朝夕45年」にも収録[5]
  • Now And Then / 時々 (1981年)
作詞 作曲 : 高橋幸宏
アルバム「EXITENTIALISM 出口主義」に収録。高橋のコンサートの定番曲であり、ビートニクスに限らず、ソロやMETAFIVE名義でのコンサートでも披露されたことがある[要出典]
  • Inevitable / 来たるべき世界 (1981年)
作詞 作曲 : 高橋幸宏
アルバム「EXITENTIALISM 出口主義」のクロージングナンバー。作成されたMVでは、高橋と鈴木がそれぞれ削岩機とツルハシを扱う様が見られる。2001年に行われたコンサートでは前述の「No Way Out」「Ark Diamant」と共にトランスアレンジのメドレーとして披露された。
  • River in the Ocean / 洋の中の川  (1982年)
作詞 : ピーター・バラカン 作曲 : THE BEATNIKS
シングルカットされた他、後にアルバム「EXITENTIALISM 出口主義」の海外盤及び再発盤に収録。2001年に行われたコンサートではアンコールに演奏された。
作詞 : 生田朗、Giles Duke 作曲 : THE BEATNIKS
シングルカットされ、後にアルバム「EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう」にオープニングナンバーとして収録。日産のCM曲として用意され、既に映像の撮影も済んでいたが、その後につけられたタイトルが「総回収」とも読めるために当局の怒りを買い没にされた。代わりに坂本龍一の「Risky」が起用されたが、この件は「”Risky”も問題あるだろう」と定番の笑い話として語られる[6]
  • ちょっとツラインダ  (1987年)
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう」と、その先行シングル「TOTAL RECALL」のB面に収録。A面の「TOTAL RECALL」と同じく、ライブでは定番曲。1週間の合宿のうちに出来上がったわずか2曲のうちの1曲[6]
  • COMMON MAN  (1987年)
作詞 作曲 : 鈴木慶一
アルバム「EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう」に収録。鈴木のベスト盤「謀らずも朝夕45年」にも収録[5]。鈴木が単独でボーカルを執っているが、キーが非常に高く、近年のコンサートでは高橋とボーカルを分け合って演奏された[要出典]
  • 大切な言葉は一つ 「まだ君が好き」  (1987年)
作詞 作曲 : 鈴木慶一
アルバム「EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう」に収録。特にプロモーションは行われていないものの、コンサートでは定番曲の一つ[要出典]。ラヴソングだが、元は鈴木の隣に住んでいたうるさい酒飲みの存在から発展した歌詞である。
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
高橋のソロアルバム「EGO」に収録された後、1991年に鈴木のソロアルバム「SUZUKI白書」に別ヴァージョンが収録された。グロテスクで哲学的な歌詞を持つ[7]。鈴木のベスト盤「謀らずも朝夕45年」にも高橋のバージョンが収録[5]
  • 6,000,000,000の天国  (1990年)
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
高橋のソロアルバム「Broadcast From Heaven」に収録。60億とは当時の世界人口であり、近年のコンサートでは人口の増加に併せ「7,000,000,000の天国」と曲名が変更され披露されている[8]
  • The Greatest Song Of All  (1990年)
作詞 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「ヤマアラシとその他の変種」に収録され、シングルカットもされた。松尾貴史ちわきまゆみと連名。松尾貴史によるモノマネが大量に挿入されたパートと、ビートニクスのコーラスが聞こえるサビで構成されている[9]
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
高橋のソロアルバム「The Dearest Fool」に収録。中間部に非常に大胆な政府批判を含んでいる[10]
作詞 : Max Dodds 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「Musical Resonance Imaging」に収録。曲名及び収録アルバムのタイトルのイニシャルを取ると「MRI」となるが、これは核磁気共鳴画像法のMRIとの掛詞になっていて、曲の冒頭にMRI検査の際聞かれる機械音、電子音が挿入されている。音源は一般のファンから募集したものである。
  • Dohro Niwa  (2001年)
作詞 作曲 : 鈴木慶一
アルバム「Musical Resonance Imaging」に収録。鈴木が初めて作曲したワンコードの楽曲である。1998年には既に鈴木のソロツアーで披露済みであった。2001年のライヴではエレクトロニカなセットの前半部からバンドスタイルの後半部へ移る際のトップバッターを努めた。以降のコンサートでも定番曲。鈴木のベスト盤「謀らずも朝夕45年」にも収録[5]
  • Tokei Paradizo  (2001年)
作詞 : B.B.Mo-Franck 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「Musical Resonance Imaging」に収録。ビートニクスでは唯一と言える大作系の楽曲。「アフリカ系」という注文を受けた上で作曲され、ヤクルト400のCMに使用された。CMバージョンはプレゼント用の非売品シングルとして世に出、現在ではアルバムのボーナストラックとして聴ける。
作詞 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「LAST TRAIN TO EXITOWN」に収録。歌詞ではタイトルの通り、4人のビートニク作家の名前ないし愛称が連なる。ただし続いて登場する「ハリー」という名前は本曲でベースを演奏している細野晴臣のことである[11]
  • カットアップだ!我らの実存  (2011年)
作詞 作曲 : THE BEATNIKS
アルバム「LAST TRAIN TO EXITOWN」に収録。ビートニク作家ウィリアム・S・バロウズが発明したカットアップ手法を取り入れた歌詞が特徴。予め鈴木が書いていたサビ部分を元にイメージに合う言葉を用意した上で、カットアップを行い、その様子はインターネットで生配信された(ただし実際に録音された歌詞とは一部変更がある)[12]。2011年のコンサートではライブでカットアップを実践するコーナーが設けられた[13]
  • 鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章  (2017年)
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
2017年にバカ田大学音楽祭で初披露[8]され、翌年にアルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」に収録された。反戦歌である[14]
  • シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya (2017年)
作詞 : 鈴木慶一 作曲 : THE BEATNIKS
2017年にバカ田大学音楽祭で初披露され[8]、翌年にアルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」に収録された。なお、前述のライブバージョンと、アルバムバージョン及びアルバム発表後のライヴバージョンでは中間部が異なっており、前者ではリー・ドーシーの「ヤ・ヤ」からの引用が見られる[15]。MVは一般から募集した、いわゆる「踊ってみた」動画で構成されている[16]
  • Softly-Softly  (2017年)
作詞 : 鈴木慶一、LEO今井 作曲 : THE BEATNIKS
音楽番組J-MELOのオープニングに使用された[17]後、アルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」に収録。

エピソード[編集]

  • きわめて活動が断続的であるためか、ビートニクス名義で高橋・鈴木両名が共にテレビ番組に登場したのはかなり少ないが、1987年には当時のフジテレビ系看板音楽番組である「夜のヒットスタジオDELUXE」に2度(5月20日6月24日放送)、前述の「ちょっとツラインダ」を引っさげて出演している。この時のサポートメンバーは高野寛鈴木祥子、矢部浩志などそうそうたる顔ぶれであった。ちなみに両名ともこの出演が純然たる番組初登場というわけではなく、この出演より前に高橋はYMOとして、鈴木もムーンライダーズの一員として他のミュージシャンのバッグバンドとして番組に登場している。
  • 結成当初(1981年ごろ)、雑誌「ビックリハウス」誌上でさまざまな扮装(侍など)に扮してユーモラスな記事を連載。後に『偉人の血』のタイトルで単行本化された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 脱原発ライブ「NO NUKES」トリはアジカン&岡村靖幸 ナタリー (2013年3月1日)
  2. ^ <RISING SUN ROCK FESTIVAL>第五弾でコーネリアス、THE BEATNIKS、チャランポら BARKS (2017年6月21日)
  3. ^ THE BEATNIKS Live 2011 "LET'S GO TO BEATOWN" BSフジ
  4. ^ 特筆のない限り、「30th Anniversary The Beatniks 19812001」のブックレット及び映像より。
  5. ^ a b c d https://www.barks.jp/news/?id=1000121401
  6. ^ a b 2018年に行われたコンサートのMCより。
  7. ^ 高橋幸宏「EGO」 歌詞カード
  8. ^ a b c https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000489.000012949.html PRETIMES (2017年5月3日)
  9. ^ http://www10.plala.or.jp/moyoko/yamaarashi.html
  10. ^ 高橋幸宏「The Dearest Fool」 歌詞カード
  11. ^ https://www.youtube.com/watch?v=-ThYJnt63Io 本人らによる解説ビデオ
  12. ^ https://www.youtube.com/watch?v=OqbfFuemLhI 本人らによる解説ビデオ また、生配信のアーカイブは https://www.youtube.com/watch?v=4D09A52QBBA で見ることができる。
  13. ^ https://natalie.mu/music/news/60297 音楽ナタリー (2011年11月30日)
  14. ^ 「EXITENTIALIST A XIE XIE」 歌詞カード
  15. ^ https://www.youtube.com/watch?v=WitgRPRLHvo ライヴ演奏の動画
  16. ^ https://www.barks.jp/news/?id=1000154796 Barks (2018年5月8日)
  17. ^ http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55778/2 Billboard (2017年9月26日)

外部リンク[編集]