聖戦ケルベロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖戦ケルベロス
ジャンル ファンタジー
ゲーム
ゲームジャンル シミュレーションRPG
対応機種 iOSAndroid
開発・発売元 グリー
発売日 2011年4月18日
アニメ:聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ
原作 グリー
監督 近藤信宏
シリーズ構成 大野木寛
脚本 大野木寛、十川誠志
キャラクターデザイン 統月剛
音楽 木村秀彬、信澤宣明
アニメーション制作 ブリッジ
製作 聖戦ケルベロス製作委員会
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2016年4月5日 - 6月28日
話数 全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

聖戦ケルベロス』は(せいせんケルベロス)は、グリーが開発・運営するソーシャルゲーム2011年4月18日にサービスが開始。

ソーシャルゲーム[編集]

2011年4月14日オープンβテスト開始、同年4月18日正式サービス開始。ジャンル・ソーシャルストラテジーRPG。

TCG『ジーククローネ』[編集]

ジーククローネ』は、2012年6月27日から2015年12月25日まで展開していたGREE初のトレーディングカードゲーム。『聖戦ケルベロス』とは第1弾からの参戦タイトルとして実装。

コミカライズ[編集]

『聖戦ケルベロス〜もう一人の英雄〜』
原作グリー、漫画原作メーブ、漫画鳴海聖二郎。『別冊少年マガジン』2013年4月号から11月号まで連載。書籍は講談社コミックスより全2巻発売。

テレビアニメ[編集]

聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』(せいせんケルベロス りゅうこくのファタリテ、: 竜心戦記)というタイトルで、日本では2016年4月より6月までテレビ東京ほかで放送された。中国では、3月より動画サイト・iQIYIで先行配信された[1]

あらすじ[編集]

クナアーン大陸には聖アモリア王国イシルフェン王国ヴァンロディス王国という3つの王国があり、その力は互角だった。

魔導師達はその大陸を脅かす邪竜・ダガンゾートを封印するための儀式を行おうとしたところ、何者かの妨害を受け、ダガンゾートに殺されてしまった。

封印に参加していた魔導師バイロキスミテーテの子であるヒイロは、夫妻の従者であるギルーに救われ、剣の修行をした。10年後、彼は両親の敵を討つべく、養父を引き連れ旅に出る。

登場人物[編集]

主要キャラクター[編集]

ヒイロ
声 - 松岡禎丞
本作の主人公である16歳の少年。見習い剣士。両親に自身と邪竜・ダガンゾートの心臓を入れ替えられているため、首から胸にかけてダガンゾートと同じ痣を持つ。物語終盤ではさすらいの剣士を名乗る。
10年前、「バルバゴアの惨劇」で両親を喪った際、両親の従者・ギルーに救われ、以降10年間彼の許で剣の修行を受ける日々を送る。16歳を迎えた時、ダガンゾートを退治し両親の仇を取るため、一人家を飛び出した。厨二病気質で自信過剰とも言える言動・行動が見られるが、ギルー曰く剣の才能は無いため、10年修行したその力量は2話においてスライムを倒せないほど。また、店の主人の言葉を鵜呑みにして、普通は買わないであろう物を買ってしまう世間知らずな面もある。
剣の才能は無いものの身体能力は高い。また、潜在的な魔導師としての能力も高く、テオ老師も驚くほどの魔力を有している。しかし、恐怖や怒りが極限まで達すると人間としての理性がなくなり、眼前の敵を倒すことのみを目的とした竜態となる。
イインセキセでは父・バイロが所持していた「封殺の宝玉」(グラントロワ)を奪還するためナンブーコを追い求める。最終決戦ではダガンゾートと融合したナンブーコの前に劣勢となるも、彼が用済みとなったサラートを攻撃したことに激高、ナンブーコを撃破した。
サラート
声 - M・A・O
長く青い髪に青い瞳をした謎の美少女。正体はダガンゾートが放つ滅魂の炎に対抗する「盾」としてバッハロッパによって創られた魔導人形。体内に核としてダガンゾートから生成された竜結晶が組み込まれている。ヒイロ(の邪竜の心臓)に引かれ出会う。
砂ドラゴンの口の中から登場という仕方でヒイロ達の前に現れた。終盤でナンブ―コの力により彼の傀儡とされヒイロを攻撃する。ナンブ―コに竜結晶を破壊され機能が停止するが、ナンブ―コを倒したヒイロにより彼の心臓を体内に入れられる。
エリン
声 - 内田真礼
豊満な体つきをした亜人の美女。情報屋。ヒイロよりも年上。
ギルー
声 - 楠大典本城雄太郎(幼少時代)
ヒイロの養父兼執事的存在。オーガと人間の混血。かつてはバイロとキスミテーテの従者であった。バルバゴアの惨劇でヒイロを救って以降、彼を育てた。料理も出来る。ヒイロの魔導師としての才能に気付いた。
ヒイロが一人家を飛び出した際はパルパと共に探し当て同行する。
トミッテ
声 - 小笠原亜里沙
イインセキセの孤児盗賊団のリーダー。一人称は「おいら」。口は達者だが殴り合いを避ける傾向にある。
パルパ
声 - 上田燿司
バイロおつきの会計士でヒイロのもう一人の育ての親。関西弁を話すツッコミ役。会計士と言う職業柄、金銭に細かく帳簿をつけるのが好き。

ナンブ―コ一派[編集]

ナンブーコ
声 - 咲野俊介
武器商人。独自の武器で三国のパワーバランスを裏から支配している。ダガンゾートに魅せられており、バルバゴアでは封印を行うバイロに矢を射て妨害、間接的にバイロらを殺害した。
最終決戦ではダガンゾートと融合し圧倒的な力を見せるがヒイロに倒された。
シャリシャルー
声 - 伊瀬茉莉也
ナンブーコの従者である亜人の魔法使い。362歳だが外見は幼い。性格は見た目通り子供だが、怒った際はべらんめえ口調になる。ナンブーコの右腕左足を自称し、彼の命には如何なる内容であろうとも忠実に従うが、実際にはナンブーコに利用されているだけである。
ナンブーコの命令で何度となくヒイロ達の前に立ちはだかるが作戦はすべて失敗し彼の不評を買ってついには幽閉される。汚名返上を焦り、ナンブーコから示されたイエロードッグ(魔獣)との融合を受け入れる。
融合後はグラマラスな体にイエロードッグの角や尻尾を生やした女性の姿になり、その力でヒイロを拉致し、さらに救出に来たサラートをナンブーコと三人まとめてバルバゴアへと転送する。その直後ナンブーコにあっさりと切り捨てられ閉じたジャイロキアスの球体の中に取り残されてしまう。脱出のために一時的にギルー達と手を組むが、バルバゴアへ着いた後は再び彼に刃を向けナンブーコを援護する。
ナンブーコの死後は彼女を慕う副官や部下達と共に新たな人生を歩み始めた模様。
バッハロッパ
声 - 小室正幸※ナレーションも兼任
ナンブーコの命により新兵器の開発を行う老人。サラートの製作者。人間や亜人を用いた実験は躊躇せず行うが、サラートの身だけは案じており、彼女の身に危険が及ぶことを知るとナンブ―コの命でさえ平然と背く。最期はナンブ―コの攻撃からサラートを庇い死亡した。

その他[編集]

ムムー
声 - 沼倉愛美
亜人の商人。時空を曲げてどこにでも現れることが出来る。相手が困ってる時は足元を見てボッタクリ価格を提示する。ヒイロ達とはビジネスパートナーの関係。終盤ではパルパ等の依頼を受け、兵器を用いてジャイロキアスの外壁を破壊した。
魔導師バイロ、キスミテーテ
声 - 近藤孝行(バイロ)、川﨑芽衣子(キスミテーテ)
ヒイロの両親。「バルバゴアの惨劇」で命を落とした。バイロは「封殺の宝玉」、キスミテーテは「神の剣」を所持していた。
アモ
声 - 沖佳苗
ユピテ
声 - 福緒唯
ベシャテ
声 - 川﨑芽衣子
領主
声 - 坂口候一
ラグー、マリッタ
声 - 西凜太朗(ラグー)、沖佳苗(マリッタ)
ギルーの両親。オーガの村で凶事が起きた際、ギルーを逃がすも、人間(マリッタ)を村に引き入れたことを原因と考えた他の村人に縛り首にされ殺害された。
テオ老師
声 - 後藤哲夫
バイロの師。サラートとは友人関係。来訪者が土産を持参しなかった場合は事あるごとにそれに触れる。ヒイロの魔力を見抜き虚空剣を伝授した。
ダガンゾート
クナアーン大陸の各地に現れ破壊の限りを尽くした邪竜。心臓をヒイロのと入れ替えられ封印されたため、ヒイロと同じ痣を持つ。イインセキセに現れた際、飛んでくる矢からヒイロ(自身の心臓)を守った。最終決戦ではナンブ―コと融合した。

用語[編集]

クナアーン大陸
本作品の舞台。剣と魔法が支配する世界。人間の他、亜人やモンスターなどが登場する。
聖アモリア王国
三強国の一角で獅子王アルヴァレスが治める。イメージカラーは赤。
イシルフェン王国
エルフと思われる耳の尖った種族の国。三強国の一角で女王である妖精王ルーウェリンが治める。イメージカラーは緑。
ヴァンロディス王国
三強国の一角で青年王カリストが治める。イメージカラーは青。
滅魂の炎
ダガンゾートの放つ全てを消滅させる力を持つ炎。
竜結晶
ダガンゾートの血液から生成された結晶。滅魂の炎でさえ防ぐことが可能。
ジャイロキアス
魔王名及び魔王が住した本拠地の名。ナンブーコの居城がある。
ダルハルバート
魔王ジャイロキアスを倒した英雄。
竜極
ダガンゾートが完全に復活する刻。前兆として日食が起こる。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 聖戦ケルベロス(グリー
  • 監督 - 近藤信宏
  • 助監督 - 内山まな
  • シリーズ構成 - 大野木寛
  • キャラクターデザイン・プロップデザイン - 統月剛
  • 総作画監督 - 福島勇、出野喜則
  • クリーチャー・アクション作画監督 - 高瀬健一
  • 美術設定 - 藤瀬智康、佐藤正浩
  • 美術監督 - 永吉幸樹
  • 色彩設計 - 古河寿子
  • 撮影監督 - 大泉鉱
  • 編集 - 今井大介
  • 音響監督 - 原口昇
  • 音楽 - 木村秀彬、信澤宣明
  • 音楽制作 - ポニーキャニオン
  • 音楽プロデューサー - 高畑裕一郎
  • プロデューサー - 楊暁軒、宿輪浩介、菅沢正浩、Doris Ng、Ming H.chan
  • アニメーションプロデューサー - 中山浩太郎、牧野公翔
  • アニメーション制作 - ブリッジ
  • プロデュース - Children's Playground Entertainment、ジェンコ
  • 製作 - 聖戦ケルベロス製作委員会(iQIYI、グリー、テレビ東京、メディアリンク[2]

主題歌[編集]

日本語版
オープニングテーマ「Resonant Heart」
作詞 - ミズノゲンキ / 作曲 - y0c1e / 編曲 - 堀江晶太 / 歌 - 内田真礼
第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ「Xenotopia」(第2話 - )
作詞・作曲・編曲 - おぐらあすか / 歌 - 三森すずこ
中国語版
オープニングテーマ「Brightest Belief」
歌 - 小愛的媽
エンディングテーマ「Dragon Heart Wars」
歌 - ハム・ウンジョン

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 エンドカード
第1話 ロード・オブ・ダークドラゴン
The Lord of the Dark Dragons
大野木寛 近藤信宏 内山まな 福島勇、出野喜則
柳瀬譲二、角谷知美
ものこんぶ
第2話 ダーク・クリスタル
The Dark Crystal
河本昇悟 伊藤史夫 袴田裕二、山口光紀 Йoname
第3話 ヒドゥン・フォートレス
The Hidden Fortress
大野木寛
十川誠志
近藤信宏 門田英彦 權容祥、吉田肇
新宮祐介
トマル
第4話 エクスペクテッド・ジャーニー
An Expected Journey
十川誠志 田邊泰裕 竹内崇 伊藤陽祐、馬場竜一
長尾浩生
TERU by mashcomix
第5話 センス
The Sense
河本昇悟 山地光人 中野彰子、八木元喜
柳瀬譲二
キタノユースケ
第6話 ストレンジ・ラブ
Strangelove
大野木寛 山口純一 門田英彦 吉田肇、臼田美夫
權容祥
iwaki
第7話 トランスフォーム
Transform
十川誠志 井内秀治 清水一伸 遠藤省二、椎葉幹朗
丸山匡彦、Kim Ki Yeob
黒柿うにお
第8話 ダーク・シャドウ
The Dark Shadow
前沢雅彦 鈴木勇士 渡辺健一、柴田ユウジ
山口光紀、竹森由加
譚正文
第9話 サイン
Signs
西森章 佐藤真人 成松義人、袴田裕二
新宮祐介
ロボビタ
第10話 ジ・オーメン
The Omen
あきとし 大塚隆寛 八木元喜、柳瀬讓二
糸島雅彦
菅原
第11話 フューリー・ロード
Fury Road
大野木寛 河本昇悟 門田英彦 權容祥、瀬戸良兼
瀬尾康博、桜井木の実
江草天仁
第12話 リターン・オブ・ダークドラゴン
Return of the Dark Dragon
伊藤史夫 藤崎真吾 としお
第13話 ドラゴン・ハート
Dragon's Heart
近藤信宏 鈴木勇士 渡辺健一、柴田ユウジ
しんぼたくろう、竹森由加
スミスミ スミス

放送局・配信サイト[編集]

テレビ東京系列 / 放送期間および放送時間[3]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [4] 備考
2016年4月5日 - 6月28日 火曜 1:35 - 2:05(月曜深夜) テレビ東京 関東広域圏
テレビ大阪 大阪府
火曜 3:05 - 3:35(月曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2016年4月6日 - 6月29日 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット放送 / 放送期間および放送時間[3]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2016年4月6日 - 6月29日 水曜 12:00 更新 GYAO!
楽天SHOWTIME
バンダイチャンネル
ビデオマーケット
ムービーフルplus
U-NEXT
DMM.com
ニコニコ動画
PlayStation Store
Google Play
Amazonビデオ
HAPPY動画
ひかりTV
アニメ放題
dアニメストア
ふらっと動画
水曜 22:00 - LINE LIVE
水曜 23:00 - ニコニコ生放送
2016年4月8日 - 7月1日 金曜 0:00 更新(木曜深夜) ベストヒット動画
TSUTAYA TV
J:COMオンデマンド

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 「聖戦ケルベロス」のアニメ化が決定。2016年4月よりテレビ東京や中国の動画サイトで配信”. 4Gamer.net. Aetas (2016年1月25日). 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ 中国先行配信も、新作アニメ「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」で海外に挑戦するテレビ東京”. アニメ!アニメ!. イード (2016年1月26日). 2016年4月14日閲覧。
  3. ^ a b ON AIR”. 聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ 公式サイト. ポニーキャニオンテレビ東京 (2016年1月25日). 2016年3月1日閲覧。
  4. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 火曜 1:35(月曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ