NHN JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NHN comicoから転送)
移動先: 案内検索
ネイバー (企業) > NHN Entertainment > NHN JAPAN
NHN JAPAN株式会社
NHN JAPAN Corp.
Toranomon Hills.JPG
本社が入る虎ノ門ヒルズ
種類 株式会社
略称 NHN、NHNJ
本社所在地 日本の旗 日本
105-6322
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー22階
設立 2013年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 2011001094268
事業内容 当社グループの経営戦略の立案・遂行
グループ各社の事業戦略支援・管理
動画サービス「ふらっと動画」の運営
代表者 代表取締役社長 泉忠宏
資本金 31億円
従業員数 147名(2017年6月現在)
主要株主 大韓民国の旗 韓国NHN Entertainment Corp.
主要子会社 NHN PlayArt株式会社
NHNハンゲーム株式会社
NHNテコラス株式会社
NHN comico株式会社
NHN Service Technology Corp.
NHN TAIWAN Corp.
NHN (Thailand) Ltd.
外部リンク http://www.nhn-japan.com/
テンプレートを表示

NHN JAPAN株式会社(エヌ・エイチ・エヌ・ジャパン、英語: NHN JAPAN Corp.)は、日本企業韓国最大のインターネットサービス会社「ネイバー」の子会社だったが、2013年母会社であるNHNがネイバー株式会社とNHNエンタテインメント株式会社に会社分割した後に、韓国・NHNエンタテインメントの子会社[1]になった。

沿革[編集]

ハンゲームコミュニケーション海外事業部責任者千良鉉(チョン・ヤンヒョン)が「ハンゲーム」のビジネスモデルを日本に広めるべく、2000年ハンゲームジャパン株式会社[2]を設立した。

2003年8月、ハンゲームジャパンがNHN Japan株式会社へ社名変更。2007年に千良鉉が取締役会長に退き、副社長森川亮が2代目代表取締役社長に就任し、2012年にNHN創業者李海珍が取締役会長に就任した。

2013年4月1日、旧NHN Japan株式会社がLINE株式会社へ社名変更し、ハンゲームなどのゲーム事業を新設するNHN Japan株式会社に、LINENAVERlivedoorなどのウェブサービス事業をLINE株式会社に会社分割[3][4]。同年8月1日、NHN Japanは社名をNHN PlayArt株式会社に変更[5]。同日に実施された韓国NHNのゲーム事業の分社化により、親会社がNHNからNHN Entertainmentへ異動[6][7]。同年12月、株式会社SAVAWAYを子会社化[8]

2014年9月30日、LINEから株式会社データホテルの発行済み株式を全て取得し子会社化[9]

2015年1月5日、本社を渋谷ヒカリエから虎ノ門ヒルズに移転[10]。同年10月1日、NHN PlayArtは社名をNHN comico株式会社に変更し、LINE GAMEをはじめとするスマートフォンゲーム事業を新設するNHN PlayArt株式会社へ、PCオンラインゲーム事業をNHNハンゲーム株式会社(旧PlayArt Fukuoka株式会社)へ会社分割[11]

2016年7月1日、NHN PlayArtがアニメイトとの合弁会社「anipani」(2014年11月設立)を吸収合併。なおブランドとしての「anipani」は継続して使用する。

2017年3月31日、NHN Entertainmentが同年6月1日を予定にNHN comicoの会社分割を発表。Webtoon事業を新設するNHN comicoに継承させ、NHN comicoはNHN JAPAN株式会社に社名変更[12][13]

サービス[編集]

NHN comico[編集]

comico
スマートデバイスに特化した、新しいスタイルのスマートコミックサービス。

NHN PlayArt[編集]

LINE GAME
LINE上で展開する携帯電話仕様のゲームである。
スマートフォンゲーム

終了したサービス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]