南鎌倉高校女子自転車部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南鎌倉高校女子自転車部
Minami Kamakura High School Girls Cycling Club Logo.png
ジャンル スポーツ
自転車競技サイクリング
漫画
作者 松本規之
出版社 マッグガーデン
掲載誌 月刊コミックブレイド
レーベル ブレイドコミックス
発表号 2011年8月号 - 連載中
巻数 既刊9巻(2017年1月現在)
アニメ
原作 松本規之
監督 工藤進
シリーズ構成 砂山蔵澄
キャラクターデザイン 大木良一
音楽 Arte Refact
アニメーション制作 J.C.STAFFA.C.G.T
製作 「南鎌倉高校女子自転車部」
製作委員会
放送局 AT-Xテレビ神奈川ほか
放送期間 2017年1月 - 3月、4月
話数 全13話(本編12話+特別編1話)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

南鎌倉高校女子自転車部』(みなみかまくらこうこうじょしじてんしゃぶ)は、松本規之による日本漫画作品。『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン)にて2011年8月号より連載中。2017年1月から3月まで、テレビアニメが放送された。公式略称は「みなかま[注 1]

元となった作品は、松本がCOMITIAで頒布した、神奈川県鎌倉市を舞台に「自転車」と「少女」を描いたイメージイラスト集『南鎌倉高校女子自転車部』シリーズである[1]

ストーリー[編集]

長崎市から鎌倉市に引っ越してきた舞春ひろみは、自身が通う女子校の南鎌倉高校の入学式の日に自転車に乗って登校するが、実は自転車に乗れないことを忘れてしまっており、同じく入学式に向かっていた秋月巴に衝突しそうになる。そんなひろみに対して巴は自転車の乗り方を親切に教え、どうにか自転車に乗れるようになったひろみは、自転車という乗り物に興味と楽しさを見出す。時を同じくして、ひろみと巴は比嘉夏海神倉冬音と出会い、自転車に興味を持つ1年生の仲間同士で、部活動として南鎌倉高校に自転車部を作ることを決める。そんなひろみたちが新設した自転車部に対して学校側が提示した条件は、設立から3カ月の間に部活動としての実績を作ることであった。学校側が考える「実績」が何なのか、暗中模索の状態の中でさまざまな可能性を考えながら、ひろみたちは自転車部としてレースに参加したり、遠くへ走りに行ったりし、またその中でいろんな人と出会いながら、自転車をはじめとするさまざまなことを学んでいく。

登場人物[編集]

声優は、ドラマCD版 / アニメ版の順で記載。また声優1名だけの記載の場合はアニメ版のみで、ドラマCD版には登場しなかった(または台詞がなかった)ことを示す。

南鎌倉高校女子自転車部[編集]

舞春 ひろみ(まいはる ひろみ)
声 - 工藤晴香 / 上田麗奈
本作の主人公。誕生日は10月7日。血液型はB型。南鎌倉高校の1年生。
長崎から鎌倉へ引っ越して高校生活を始めるが、乗れるつもりだった自転車に実は全く乗れないことが判明、極楽寺駅前の坂道で暴走状態に陥り、これをきっかけに巴と知り合う。見知らぬ場所や人に対して萎縮することもあるが、基本的には陽気で前向きな性格。運動は苦手だが、長崎で育ったために坂道をさほど苦にせず、基礎体力もある。また責任感が強く、物事を最後まであきらめないタイプ。自転車で勝負した東からは『ぬるぬる頑張るやつ』と評価されている。最初は通学用のママチャリに乗っていたが、後にナイタークリテリウムの優勝賞品としてブリヂストン・アンカーのRFX8(アニメ版ではRL8)のフレームを入手、これに「BAKERY FLAT」の常連客が持ち寄ったパーツを組み込んで乗っている。
秋月 巴(あきづき ともえ)
声 - 松井恵理子 / 広瀬ゆうき
眼鏡をかけた少女。誕生日は4月26日。血液型はA型。南鎌倉高校の1年生で、ひろみのクラスメイト。
ひろみとは入学式の日に彼女の慣れない自転車通学がきっかけで知り合い、彼女の自転車乗りの練習に付き合い、無事に乗りこなせるよう指導する。運動は得意な方ではないが、ナイタークリテリウムでは自転車部の勝利のために独自に作戦を立案して実行するなど、優れたリーダーシップを発揮。ナイタークリテリウム終了後に自転車部の部長となる。使用バイクはジャイアント(アニメ版ではジャイアントの女性用ブランド・Liv)のAVAIL 2。
比嘉 夏海(ひが なつみ)
声 - 林沙織(第5巻)→高槻佳奈(第6巻)[注 2] / 藤原夏海
短髪で褐色の肌を持つ少女。誕生日は2月22日。血液型はB型。南鎌倉高校の1年生。
沖縄の離島出身。写真家の両親は世界を放浪中で、現在は鎌倉市内の知り合いが経営するダイビングショップで下宿生活を送っている。実家の民宿の手伝いをしていたおかげで料理が得意。自転車部では唯一、自転車部発足前から少しだが自転車に親しんでおり、家族に贈られたロードバイクでサイクリングを楽しんでいた。渚のパン屋でパンク修理していたところで冬音と出会い、彼女がロードバイクに興味を持つきっかけとなる。水泳が得意で、水泳部の東から水泳部へ勧誘されており、これが原因でひろみは東と自転車で勝負をすることになる。使用バイクはキャノンデールのSUPERSIX。
神倉 冬音(かみくら ふゆね)
声 - 中島沙樹 / 高森奈津美
逗子市に住む令嬢。誕生日は8月1日。血液型はO型。南鎌倉高校の1年生。
移動手段として執事が運転するリムジンに乗っていたが、土地柄渋滞が起こりがちなことに業を煮やし、自転車に興味を持つ。体力はなく、少し歩いただけで足がつりそうになるほどだが、足がつるまで全力を出し切るほどの頑張り屋。また頭が良く、記憶力が非常に優れている。入院中の姉・零に見せるために、写真を撮っている。使用バイクは電動コンポーネント装備のピナレロのRAZHA。
サンディ・マクドゥガル
声 - 松田颯水 / 竹内恵美子
アメリカコロラド州出身の金髪の少女。誕生日は12月4日。血液型はO型。南鎌倉高校の1年生で交換留学生。
ナイタークリテリウムにコスプレ部の代理として熊の着ぐるみを着て参加してひろみに惜敗、その後オリエンテーションでひろみにリベンジを挑んだことが切っ掛けで自転車部に同行するようになる。しかし溶け込みが自然すぎて入部というプロセスを経ていなかったことが木崎湖遠征中に判明し、その場で正式入部となる。日本のアニメや漫画が大好きで、日本語も堪能。ナイタークリテリウムでは終始先頭を引っ張るなど、馬力が非常にある。元気で陽気で素直な少女で、父の山岳救助の手伝いをしていたためにアウトドア全般の知識が豊富で、自転車乗りで最も大事な『無事に家に帰る』ことの重要性も熟知している。だが、スピードを出すことや勝負事になるとスイッチが入ってしまい、周囲が見えなくなることがある。使用バイクはアニメ版ではスペシャライズドのROUBAIX。

南鎌倉高校の関係者[編集]

森 四季(もり しき)
声 - 生天目仁美 / 渡部紗弓
ひろみと巴が初登校時に出会った南鎌倉高校の新任教師。ひろみと巴のクラス担任で、後に自転車部の顧問にもなる。明るく気さくな性格で、ひろみたちとも親しく接する。自転車部の顧問を引き受ける際に、自分で『自転車以外のことはあまり教えられない』と言い切ってしまい、ひろみたちを不安にさせるが、その自転車については走力も含めてかなりの実力者であり、初心者ばかりの自転車部の面々にさまざまな方法で自転車の基礎を教えていく。使用バイクはトレックのMADONE。アニメ版ではニールプライドのNAZAREに乗っている。
神倉 龍子(かみくら りゅうこ)
声 - 一城みゆ希
南鎌倉高校の校長で、冬音の祖母。冬音からは『グランマ(アニメ版ではおばあさま)』と呼ばれる。自転車部の前身とも言えるサイクリング倶楽部のOGで、かつてサイクリング倶楽部の部室だった、学校裏の高台にある家を自転車部に部室として提供する。常に笑顔を絶やさないが、素人ばかりの自転車部に3カ月で「実績」を作るように指示するなど、たとえ身内といえども特別扱いはせず、規律には厳しい。
東 浩子(あずま ひろこ)
声 - 葉山いくみ
南鎌倉高校の2年生。水泳部に所属しており、全国大会2位の実績を持つ。かつては別のスポーツをしていた[注 3]が、膝を怪我したため水泳に転向した。勝負事が大好きで、ひろみに自転車での登坂勝負を仕掛ける。
日向 未可子(ひなた みかこ)
声 - 高橋未奈美
南鎌倉高校の2年生。軽水泳部の部長で浩子とは友達。

自転車部の協力者[編集]

鳳凰寺 コロネ(ほうおうじ ころね)
声 - 明坂聡美 / 久保ユリカ
自転車屋「CYCLE FLAT」とパン屋「BAKERY FLAT」の経営者。店長であり、れっきとした成人女性だが、小学生並みに小柄なうえ、普段から猫耳としっぽを付けているため、しばしば子供に間違われる。気前がよく、ママチャリしか持っていないひろみにナイタークリテリウム用にロードバイクを無料で貸し出す。
森 渚(もり なぎさ)
声 - 本多真梨子 / 鬼頭明里
四季の妹で、パン屋「BAKERY FLAT」の店員。近隣のロードバイク乗りのアイドル的存在。自転車屋「CYCLE FLAT」の副店長でもあり、自身もフォーカスのロードバイクに乗る。資格マニアで、作中では大型免許を取得し、自転車部のサポートのために大型のキャンピングカーを運転する。
寿 鶴(ことぶき つる)
声 - 浅倉杏美 / 加隈亜衣
パン屋「BAKERY FLAT」の店員。眼鏡にそばかす、おさげという出で立ち。ころねや渚が自転車部に付き添っている間は、彼女がパン屋を切り盛りしている(自転車屋は休業する)。南鎌倉高校OG。
鯖屋(さばや)
声 - 福島潤
「BAKERY FLAT」の常連客。OTOTO電機に勤務しており、電気設備関係に強い。ナイタークリテリウムでは自転車部の追跡にマルチコプターを無線操縦し、また自転車部のサイクルジャージを手配している。

他校の自転車部員[編集]

風馬 翼(かざま つばさ)
茅ヶ崎市にある、湘南台かもめ高校の1年生。ナイタークリテリウムの動画に触発され、仲間3人で女子自転車部を設立する。運動神経はとても良いが、自転車に関してはひろみたちと同じく初心者。何の策もなくひろみたちが乗るキャンピングカーにこっそり乗り込んで木崎湖まで来てしまうなど、行動は行き当たりばったりだがバイタリティはある。
強矢 あゆみ(すねや あゆみ)
福島県の北白河学園の1年生で、自転車部員。南鎌倉高校自転車部に興味を持ち、ひろみたちが体験中のバーチャルトレーニングシステムに乱入、なりゆきでスクラッチで勝負をすることになる。常に冷静で、何事にも効率を重視する。自分に追い付いてきたひろみに興味を示し、風除けに使いつつ、初めてバンクを走るひろみにバンク走行のノウハウを一から叩き込む。

「SOUND-C」メンバー[編集]

南鎌倉FM局の実業団自転車チーム。三浦半島ツーリングの際に行き会う他、「GIRLS CYCLE ADVENTURE TOUR」参加ライセンス試験の教官兼試験官として現れる。

日原 華野(ひはら かの)
声 - 日野まり
「SOUND-C」のリーダー的存在。南鎌倉高校で行われたナイタークリテリウムの主催者であり、実況を務める。各地の自転車関連イベントに参加したり、運営に関わったりしている。強矢の憧れの人であり、小学生の強矢にバンク走行のノウハウを教えている。
狩野 輪子(かの りんこ)
声 - 高倉有加
「SOUND-C」のメンバー。関西弁でしゃべる。気性は多少荒いが面倒見が良く、三浦半島で行き会った際にはひろみとサンディに自転車の乗車姿勢や漕ぎ方のイロハを教える。
忍野 リリ(おしの りり)
「SOUND-C」のメンバー。自分の会社で開発中のバーチャルトレーニングシステムのモニターを自転車部に依頼する。

その他[編集]

秋月 結花(あきづき ゆいか)
声 - 福緒唯
巴の妹で、南鎌倉高校の附属中学に通っている。入学直後のひろみが迷子になった際に一度出会っている。イラストやデザインが得意で、自転車部のサイクルジャージのデザインを手がける。活発だがしっかり者でもある。
神倉 零(かみくら れい)
声 - 浜崎奈々
冬音の姉。大学生。事故で大怪我を負って入院中で、車椅子に乗っている。一見するとおしとやかな美人だが実際は非常に活動的で、南鎌倉高校在学時にも数々の武勇伝を残している。冬音に『冬音自身の足でたどり着き、自分の目で見た景色を私に見せて欲しい』と言っており、冬音が自転車に乗る動機のひとつとなっている。
徐静媛(スー ジンユア)
声 - 藤原夏海
アニメ版の特別編に登場する、修学旅行下見のために行った台湾の現地ガイド。肌が浅黒いこと以外は夏海にそっくり。以前東京の大学に通っていたことがあり、数ヶ国語を話せる。自転車でヨーロッパ一周する夢があり、そのためアルバイトをしている。部員たちとも仲良くなり、自転車部のサイクルウェアを贈られている。

書誌情報[編集]

オリジナルソング[編集]

第2巻の発売とともにオリジナルソングが制作され、メロンブックスの第2巻購入特典CDに収録された。プロデュースは同人音楽サークル、幽閉サテライト。

テレビアニメ[編集]

2015年8月11日にアニメ化が発表され[3]、2017年1月より3月まで、AT-Xテレビ神奈川ほかにて放送された。本編全12話に加えて特別編として1エピソードが作られており、全13話構成。ストーリーはおおむね漫画と同様だが、第12話と特別編はアニメオリジナルのエピソードとなっている。特別編は、AT-Xでは同年4月に放送された(当初は同年3月31日の放送予定であった[4]が、延期された)。

キービジュアルでは江ノ電極楽寺駅前に佇むヒロインたちが描かれている。自転車については、ブリヂストンサイクルをはじめとしてミヤタサイクルジャイアントピナレロキャノンデールスペシャライズドニールプライド英語版の各日本法人の協力を得ており、実物と同名・同型の自転車が登場している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「自転車に花は舞う」
作詞・作曲 - 田中シンヤ / 編曲 - 久下真音 / 歌 - A応P
エンディングテーマ「にじゆめロード」
作詞 - 164 / 作曲 - Ryu* / 編曲 - Mitsuyasu Yanagita / 歌 - いかさん

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 エンドカード
#1 入学式ッ! 砂山蔵澄 工藤進 古澤貴文 憂姫はぐれ
#2 鎌倉探索にGo! 工藤進 岩月甚 小倉恭平 岡本倫
#3 女子自転車部、はじめます! 羽多野浩平 小倉恭平
松本文男
草壁
#4 夏海ちゃんはわたさない! 冨田頼子 工藤進 鎌仲史陽 古澤貴文 里好
#5 自転車を選ぶのってむずかしい? 岩月甚 岡辰也
#6 はじめてのレース! 砂山蔵澄 岡本英樹 永居慎平 植田羊一 ニリツ
#7 わたしにできること? 工藤進 小倉恭平 玖条イチソ
#8 みんなと一緒に! 鎌仲史陽 春夏冬ゆう
#9 クマさんからの挑戦状!? 冨田頼子 冨永恒雄 岩月甚 岡辰也 柴乃櫂人
#10 輪行で行こう! あきとし 永居慎平 大河内忍
植田羊一
アフ黒
#11 自転車って、ふしぎ 高島大輔 古澤貴文 Gユウスケ
#12 道はまだまだつづいてる 砂山蔵澄 平池芳正 冨永恒雄 松本文男 加藤アカツキ
#13
(特別編)
来たよ、台湾!! 工藤進 岩月甚 古澤貴文
小倉恭平
REI

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [5] 備考
2017年1月7日 - 3月25日
2017年4月30日
土曜 0:00 - 0:30(金曜深夜)
(特別編:日曜 19:35 - 20:00)
AT-X 日本全域 製作参加
CS放送 / リピート放送あり
2017年1月10日 - 3月28日 火曜 1:35 - 2:05(月曜深夜) テレビ大阪 大阪府
2017年1月11日 - 3月29日 水曜 1:00 - 1:30(火曜深夜) tvk 神奈川県 作品の舞台地
2017年1月12日 - 3月30日 木曜 2:35 - 3:05(水曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2017年2月12日 - 4月30日 月曜 1:50 - 2:20(日曜深夜) 熊本放送 熊本県
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[6]
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年1月10日 - 3月28日、5月15日 火曜 22:00 - 22:26
(特別編:月曜 22:00 - 22:26)
AbemaTV 新作アニメch
2017年1月10日 - 3月28日、5月18日 火曜 22:30 更新
2017年1月11日 - 3月29日、5月18日 水曜 0:00(火曜深夜) 更新 PS store
水曜 10:00 更新
水曜 12:00 更新 ムービーフルPlus
2017年1月12日 - 3月30日、5月18日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 TSUTAYA TV
2017年1月13日 - 3月31日、5月18日 金曜 12:00 更新
金曜 22:30 - 23:00
(特別編:木曜 0:30 - 1:00)
ニコニコ生放送
2017年1月14日 - 4月1日、5月18日 土曜 0:00(金曜深夜) 更新
2017年1月27日 - 4月14日、5月18日 金曜 12:00 更新 Netflix
特記がない限り第13話(特別編)は2017年5月18日(木曜)配信

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2017年4月12日 第1話 - 第3話 BSTD-09671 DSTD-09671
2 2017年5月10日 第4話 - 第6話 BSTD-09672 DSTD-09672
3 2017年6月14日 第7話 - 第9話 BSTD-09673 DSTD-09673
4 2017年7月12日 第10話 - 第12話 BSTD-09674 DSTD-09674
特別編 2017年8月9日 特別編 BSTD-09675 DSTD-09675

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式Twitterのユーザー名とテレビアニメ公式サイトのURLには、「みなかま」 (minakama) と書かれている(#外部リンクを参照)。
  2. ^ 初代声優の林が一身上の都合で活動停止したため、6巻分より担当声優が変更された。
  3. ^ テレビアニメ版ではかつてはバレーボールの選手だったという設定。

出典[編集]

  1. ^ 松本規之「南鎌倉高校女子自転車部」がブレイドでマンガ化 - コミックナタリー
  2. ^ 南鎌倉高校女子自転車部 第6巻初回限定版 特設ページ - コミックブレイド・マッグガーデン
  3. ^ 南鎌倉高校女子自転車部 マッグガーデンのウェブマンガがアニメ化 Archived 2015年9月15日, at the Wayback Machine. - マイナビニュース
  4. ^ 重要:「南鎌倉高校女子自転車部」特別編 放送休止についてのお知らせ”. AT-X (2017年3月24日). 2017年3月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月6日閲覧。
  5. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  6. ^ オンエアー”. 南鎌倉高校女子自転車部公式 (2017年1月23日). 2017年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]