プラネット・ウィズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プラネット・ウィズ
ジャンル ロボット
アニメ
原作 水上悟志BNAJC
監督 鈴木洋平
シリーズ構成 水上悟志
キャラクターデザイン 水上悟志(原案)、岩倉和憲
メカニックデザイン いづなよしつね、上津康義
音楽 田中公平
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 バンダイナムコアーツ
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
ジェー・シー・スタッフ、BS11
メディコス・エンタテインメント
ムービックキュー・テック
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2018年7月 -
漫画
作者 水上悟志
出版社 少年画報社
掲載誌 ヤングキングアワーズ
レーベル ヤングキングコミックス
発表号 2018年6月号 -
巻数 既刊1巻(2018年7月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

プラネット・ウィズ』は、J.C.STAFF制作による日本テレビアニメ作品。2018年7月よりTOKYO MXほかにて放送中[1]。本作は、漫画家水上悟志が描き下ろした1074ページのネームを基にしている[1]オリジナルアニメであり、水上悟志の初アニメ作品である。

ストーリー[編集]

高校生黒井宗矢は過去の記憶をなくし、気が付くと、ゴスロリ姿の黒井銀子と猫のような先生と暮らしていた。ある日、世界各地に正体不明の「ネビュラウェポン」があらわれ、7人のヒーローが変身して戦う。そして、なぜか宗矢は銀子に彼らと戦うよう指示される。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

黒井 宗矢(くろい そうや)
- 阿部敦[1]
本作の主人公。記憶喪失の少年。交通事故で昏睡状態に陥っていて、意識が回復したものの両親は事故死しており、銀子と先生が身元引受人となっていた。が全く食べられない状況に不満あり。
しかし、二人に促されるままに撃破した虎居から「力の源」を奪ってそれを視認した際に記憶が復活。何らかの事情で復讐心を漲らせており、全員の撃破を虎居に宣言する。しかし、グランドパラディンに対してはそうではなく、竜の力さえ回収できれば攻撃するようなことはしない。
詳細は不明だが、異なる世界「シリウス」から兵隊にするために連れてこられたらしいと思い込んでいる。
高天原 のぞみ(たかまがはら のぞみ)
声 - 原田彩楓[1]
本作のヒロイン。眼鏡っ娘にして宗矢のクラスの委員長。転校生である宗矢のことを気にかけている。オカルト研究会に所属。宗矢にスキがあったとはいえ、限られた情報から宗矢の状況をほとんど正確に看破してのけた才媛。
先生(せんせい)
声 - 小山力也[2]
二足歩行する人間サイズの猫のような存在。「うにゃ」としか喋らず、銀子の通訳が必要。その発言の短さに比して、結構な量を喋っている。ネビュラで唯一の武力を担当する着ぐるみ族の一人であり本名はラシャヴェラク。
宗矢と念力合体することで、グランドパラディンの念動巨神装光と戦闘を行う。昏倒した宗矢が見た夢の中では普通に喋っており、地球人の扱いをめぐって「閣下」と呼ばれる封印派の重鎮と激しく議論を交わした。「混沌の黒の穏健派」。その中で、宗矢の世界シリウスの滅亡に関わっているような発言があったが、宗矢は手元のフライドチキンに夢中で聞いていなかった。先生はシリウスの末路を自身の力不足だと思っており、罪滅ぼしとして宗矢を保護したようである。
また宗矢と念力合体することが可能であり形成される地球側からはネビュラソルジャーと言われる蛍光色のパーツを持つ猫のような意匠をもった小型の巨人。宗矢の意のままに操縦できる。
念力合体のプロセスは、宗矢の背後に先生が立つ→大口を開けて先生が宗矢を丸のみにする→そのまま前転→片足をついている状態で変形、となっている。
他の念動巨神装光に比べると小型だが、その分小回りに優れる。手足を「ギガキャットハンマー」に変形させることができ、ネビュラ・ウェポンとの戦闘後で消耗した念動巨神装光に直撃させられれば一撃で大破に持っていける。
念動巨神装光と違って自由な飛行はできないが、キャットドーピング「コスモマタンビZ(外見はワンカップ)」を摂取して強化形態に移行することで飛行が可能となる。また、この強化によって破損した腕の修復・武者鎧のような外装の追加・猫の爪のようなブレード・目にも止まらないほどの高速攻撃、といった恩恵が得られる一方、次の日には頭痛や吐き気といった症状の通称「二日酔い」に苛まれてしまう。ただし、ネビュラウェポンと竜造寺親子戦を連続でこなすなど、稼働時間には余裕がある様子。
猫型宇宙船と更に合体することが可能でありその場合、銀子や先生も操縦に参加する。姿は鎧武者の様であり「ギガキャットハンマー」は「テラキャットハンマー」に強化される。
黒井 銀子(くろい ぎんこ)
声 - 井澤詩織[1]
口元が猫のようになっているゴスロリ姿の女性。先生とともに、ネビュラの穏健派に所属している。ネビュラウェポンのデザインを絶賛している。先生の言葉を理解できるため、いつも先生の通訳をしている。
宗矢が見た夢によると元々はリエルという星で「姫」と呼ばれる存在で、シリウス人の侵略を受け窮地に陥った時先生に助けられた経緯を持ち、竜にシリウス星が滅ぼされたとき宗矢を保護した。また、リエル人は肉を食べるという風習がないため料理はいつも肉抜きのものばかりとなっている。

グランドパラディン[編集]

虎居 英雄(とらい ひでお)
声 - 梅原裕一郎[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。消防士だったが、ネビュラに対抗するために辞職した。グランドパラディンの中で最も高い実力の持ち主だったが、真っ先に撃破されてしまう。ただし、それ以降もグランドパラディンに所属している。
中学生の時に母親を火事で亡くしており、それがきっかけで消防士を志した。ネビュラ・ウェポンの内部で消防士として母親を救い出す幻影を見せられる。その際に囁かれた言葉は「お前を許す」。
因幡 美羽(いなば みう)
声 - 大和田仁美[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。柔道少女。ただし、晴海には及ばなかった模様。ネビュラ・ウェポンの内部で晴海との試合で勝利する幻影を見せられる。その際に囁かれた言葉は「弱くてもいいんだよ」。
熊代 晴海(くましろ はるみ)
声 - 渕上舞[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。美羽と同じく柔道少女。お姫様みたいな彼女のようになりたいと感じる。ネビュラ・ウェポンの内部で王子の姿をした美羽とお姫様の姿で出会う幻影を見せられる。その際に囁かれた言葉は「誰もあなたを恐れていないよ」。
親しかった美羽がやられたことでネビュラソルジャーに強い敵意を抱くようになる。両腕を破壊されるまで追い込まれた上に美羽の前で負けるわけにはいかないという一念によりサイキックが暴走し始め、破壊された両腕をはじめとして念動巨神装光が竜の姿へと変容してしまう。完全暴走状態になって敵味方無差別に攻撃をし始め、街への誤爆までする始末となる。目的の一致により協力体制となったネビュラソルジャーとグランドパラディンの抵抗を受け、銀子の協力を受けた美羽の説得によってようやく停止した。なお、この隙に力の源は銀子に取られた。
後にネビュラウェポンの侵攻の様子を美羽とテレビで見ており、精神面にも異常はないようである。
根津屋 正義(ねずや ジャッジメント)
声 - 菅原慎介[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。宗矢の学校のオカルト研究会のOBで現在でもしばしば部室に顔を出す。OBなのに常時学ランでいるのは「コスプレ」。オカ研内で得意分野は魔術系。常に文庫本を逆さに持っていたり、動きの合間にいちいちポーズを決めたりしているが、周囲からは「絶妙に格好悪い」と思われている。ただし、本人は一切気にする素振りがない。実家は町の酒屋で、今後コンビニエンスストアに業種転換予定。
宗矢にとってのぞみ以外で初めて自分を友と呼んだ地球人。晴海とともに赤ん坊のネビュラウェポンに突入するが、晴海がコアを破壊したあと、生身のまま空中に放り出されてしまう。どうやらやり直したい過去というものは特になかったらしく、ハーレム展開や宝くじ当選、血のつながらない巨乳の姉などの非常に都合のいい妄想じみた夢を見せられ、あえなく屈した。力の源がどうなったかは不明。
その後毒の抜けきった表情で宗矢と再会、「何かが死んでしまった」と評される。妹が怖がるので街を離れる、と言っていたが、なぜか両親も正義と同様の何かが死んだ目をしていた。
鷹取 紅華(たかとり べにか)
声 - 石上静香[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。柔道黒帯。敵に対して詳しすぎる白石や竜造寺に不信感を抱き始めている。熊代暴走の後、ネビュラソルジャーとネビュラに関する情報交換をしたらしく、司令官である竜造寺の目的が世界征服であることが発覚したことで力の源を返却して袂を分かつ。その後は虎居とともにネビュラとの戦いを見ていた。
返却した力の源は一時調査機関の手に渡っていたが、「突如現れたゴスロリ」によって回収された。
グランドパラディン壊滅後は羊谷と共に、地球人がシリウス人のようにならないようにする為ネビュラの封印派に付く。
羊谷 葉介(ひつじたに ようすけ)
声 - 興津和幸[1]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。鷹取とはお互い名前で呼び合う仲だが、鷹取がグランドパラディンを抜けたあとも、岳蔵を一人で戦わせられない、とグランドパラディンに残る。しかし心はすでに離れている、と岳蔵には分析されている。
グランドパラディンに残っていた理由の一つは岳蔵が敗れた時に空中でキャッチする為であり、岳蔵が敗れてその役割を果たした後は自ら宗矢に小瓶を渡している。
グランドパラディン壊滅後はネビュラの封印派につく。
竜造寺 岳蔵(りゅうぞうじ たけぞう)
声 - 清川元夢[2]
グランドパラディンのサイキッカーの一人。課長、龍造寺隆の実父。息子から大金をせびっては一晩で使ってしまったり、白石秘書にセクハラを繰り返すなど、控えめに言っても狒々ジジイ。肉が好きなようで、ステーキハウスで3万円も使ったりしている。
亀と象のネビュラウェポンに、肉、酒、女性と豪遊する幻、また亡き妻栄子の幻を見せられるが、いずれも強い精神力で克服。その際に囁かれた言葉は「何も悔いることはない」。隆自身に人望がないせいで、グランドパラディンの構成員が次々といなくなっていくが、自分だけでも息子の傍に居てあげようという親心により、たった1人でネビュラソルジャーに立ち向かう。
老人であるからなのか、他のメンツとは違って外見は名前とは関係なさそうな土偶のような外見。それまでは他の6人同様に素手で活動していたが、ネビュラソルジャーとの戦いでは本当の能力を発揮して刀を再構築。すさまじい気迫とともに刃を掲げてネビュラソルジャーを迎え撃つ。そして一騎打ちの末に敗北し、息子である隆のことを託した。
竜造寺 隆(りゅうぞうじ たかし)
声 - 乃村健次[2]
国民安全管理局特殊防衛課長。グランドパラディンの司令官。自らもサイキッカーで念動巨神装光をまとって戦い、宗矢とネビュラソルジャーを圧倒した。ネビュラウェポン、ネビュラソルジャーなどSFじみた呼称は彼のセンスに拠る。柔道黒帯。瞳がネコ科や爬虫類のように縦長になっている。
その目的は、念動巨神装光を使っての世界征服。鷹取に問い詰められたときは臆面もなく肯定しており、一切迷いがない様子。
彼は赤子の頃、空から隕石が降ってきたクレーターの中から竜造寺夫妻が見つけ、そのまま養子として引き取ったという話を岳蔵が葉介にした。話が終わった後、嘘だと言っているが、隆自身に何らかの秘密がありそうで真相は不明。
昔は兵蔵曰く優しい子供だったらしいが、今は己が正義の為に自身の超武力で地球を統一しようとしていた。実際その戦闘力はグランドパラディンでも群を抜いており、腕から強力なビームを放つことができる。
あくまでネビュラを侵略者として捉えており、閣下が町を巻き込まないように戦うのを不可解に感じるも、結局は平和を強いる彼らのやり方を傲慢と断じる。閣下と決戦をしていたものの途中で宗矢の元へ転送させられ戦闘を行うが最終的に念動巨神装光が解かれる。それでも右腕を部分変化させて生身で戦うが、下駄を手に持ったパンチを食らってダウン。岳蔵からの伝言を聞いた後は、身体が限界に来てたのか灰になり消滅した。閣下曰く、そのサイキックの波長は竜のものとあり得ないほど一致しているらしい。
白石 こがね(しらいし こがね)
声 - 後藤沙緒里[1]
竜造寺隆の秘書役。後方から念動巨神装光の部隊指揮も担当する。謎の敵であるはずのネビュラに詳しすぎる、宗矢が夢で見た穏健派と封印派の論戦の中に登場するなど謎が多く、味方の鷹取から疑われ始めている。また、姓名が銀子とは逆の色になっている。
その正体はネビュラ封印派の一員で、グランドパラディンの面々には催眠術をかけていたらしい。先生に対する銀子のような立場で閣下に仕える。正体を表す際、一瞬にしてスーツからネビュラの戦闘服に早変わりしており、裏切りにも一切動じなかった竜造寺もその点にだけは突っ込んでいた。銀子同様閣下の言葉を翻訳している。
実は、ネビュラ封印派は暴力ではないという体裁のために白石を通じてネビュラの情報を流していただけで、竜造寺の素性や竜の力の出所までは関知していなかった。
閣下(かっか)
声 - 若本規夫[2]
昏倒した宗矢の夢に登場した、ネビュラの封印派のトップであり、本名はカレルレン。宗矢の故郷、シリウスを滅ぼした「竜」の力を使い始めた地球人から戦う力をすべて取り上げ地球に封印すべしと考えている。ただし、何だかんだでお互いのことを理解はしている。「潔癖の白の封印派」として正体を表した白石とともに竜造寺の前に現れ、白石と念力合体して新たなネビュラソルジャーとなる。
白石の通訳なしでも普通に会話でき竜造寺と激闘を演じるが最終的に宗矢に押し付けた。これに関して、先生は「あいつならそういうことをするだろう」、閣下は「あいつなら勝てる」と思っていた。竜造寺の放つサイキックの波長が竜のものと同一であることに困惑しており、その際に竜の末路が語られた。
リエルが滅んだことに対して引きずっていたようであり、その悲劇を繰り返させないために地球を封印しようとしていた。
また上記の通り白石と念力合体が可能であり、合体シーケンスは宗矢と先生の場合と同様で、宗矢側は黒を主体とした色に対し此方は白を主体とした巨人となる。大きさ自体も同程度でありグランドパラディン側に比べて小型。両腕に狼状のエネルギーを纏わせた「ウプーアウトバイト」。
宗矢側と同様、ワンカップ型のアイテムでドーピングが可能であり白い騎士のような姿で、狼状のエネルギーから砲撃を放つ「ウプーアウトファング」と、両腕のクロ―「フェンリルファング」が武装で、犬型宇宙船と合体することでパイルバンカーの「グランステラブレイカー」が使用可能。

その他[編集]

オカルト研究会部長
声 - 井上ほの花
高校でのぞみが所属するオカルト研究会の部長。UMAが好き。11話で名が「岡 博子」と判明。

登場兵器[編集]

ネビュラ・ウェポン
ネビュラの封印派がけしかけている兵器。動物の置物に手足などの人体のパーツが生えて平和やSmileといった文字(微妙に間違っている)が入っている、上下逆さのまま空中を歩く赤ん坊の群れ、亀と象の上に乗せられたご飯山盛りの茶わん、と異様なデザインとなっている。ネビュラ側の呼称は「封印装置」。
世界各国に同時出現し、海上を浮遊して移動する。並みの兵器は一切効果がなく、ミサイルはまるでぬいぐるみのように変質して綿をまき散らして消滅した。
全身から小型の分身を射出して攻撃してくる。さらに、光を放つことで相手にとって幸せな(おそらくは叶うことがなかった)幻影を見せて戦意喪失させる。
接近には念動巨神装光で分身を潜り抜けて接近する必要がある。体のどこかに弱点があり、そこから内部に突入してコアを破壊することで消滅させることができる。ただし、ここでも幸せな幻影を見せられるため、あえてそれを踏み越えて破壊しなければならない。失敗した場合、戦意を喪失し眠りに落ちる。なお、その人物にとって大事な人物が登場する場合があるが、あくまでその人物像に沿った発言をして心を優しく折りにかかるだけで、決して無理に引き留めたり罵倒させたりなど能動的に止めようとはしない。
この精神介入を受けた場合、肉体的ダメージは一切ないが、希望や欲望といった心の原動力たる「火」が吹き消され、非常に「大人」な気質へと変容してしまう。
ネビュラ・ソルジャー
宗矢と先生が念力合体することで形成される巨人。宗矢の意のままに操縦できる。ネビュラ・ソルジャーとはグランドパラディン側の呼称であり、正式名称は不明。また閣下と白石も念力合体して巨人に変化できる。
念動巨神装光(ねんどうきょしんそうこう)
グランドパラディンのサイキッカーが用いる兵器。星の砂のようなものが入った小瓶に力をこめることで変身できる。最強である虎居がこの小瓶を奪われた後、新しいものが支給されなかったことから予備や交換の余地はないようである。
頭部をはじめとするデザインは各サイキッカーの名前に入っている動物をモチーフとしている。また、サイズは個体によってまちまち。現状武器を持っている個体が竜造寺親子以外に存在せず、攻撃力ではネビュラソルジャーに劣る。しかし、サイキッカーの攻撃衝動が高まりすぎると竜に酷似した形態へと変容し、攻撃力に加え再生能力までも格段に上昇する。その際、サイキッカーは竜に意識を取り込まれ、敵とみなした者を殲滅するために破壊を撒き散らす暴走状態となる。
かつてシリウスを滅ぼした力。呼称の通り、外見は西洋竜に似ている。ネビュラ由来であり正義感に駆られてシリウス星系の武闘派を滅ぼす。しかし、その際に戦闘とは無関係な一般人やその他の生物もまとめて消し飛ばした行為を悪と見なされ、ネビュラの擁する最強の感応能力者1000人と77の封印装置の力で時空追放刑に処され、死んだとされていた。
念動巨神装光軌道に使用される力の源は、この竜によってもたらされたものらしい。

用語[編集]

ネビュラ
地球外の存在。地球の進化を見守っているが、力を発展させることに関しては問題視している。これに対するアプローチとして、現在「封印派」と「穏健派」の存在が語られている。
封印派は地球人がこれ以上進化しないように地球に封印することを目的としている。植物に例えると、我欲を雑草のように見立てての「根絶」。
穏健派はあくまで地球人から力だけ奪い、見守りを再開することを目的としている。植物に例えると、我欲を植木のように見立てての「剪定」。
グランドパラディン
国民安全管理局特殊防衛課。ネビュラに対抗するための組織。なぜか敵勢力の名前が「ネビュラ」であると知っている。司令官を含め8人のサイキッカーを擁し、念動巨神装光で海上浮遊巨大兵器ネビュラ・ウェポンの排除を行っている。なお、メンバーは念動巨神装光を起動させずとも空を飛行することは可能。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「One Unit」[3]
作詞・作曲・歌 - Minami / 編曲 - 齋藤真也
エンディングテーマ「Rainbow Planet」[4]
作詞 - 坂井竜二 / 作曲 - 本多友紀 / 編曲 - 酒井拓也 / 歌 - 渕上舞

各話リスト[編集]

話数サブタイトルコンテアクション・
CGパート
コンテ
演出作画監督総作画監督
第1話光、七閃 鈴木洋平-鈴木洋平岩倉和憲
第2話ネビュラソルジャー
  • 中津環
  • 鈴木洋平
橘秀樹野上良之
  • 伊東葉子
  • 小渕陽介
  • 中西愛
  • 森七奈
  • 上田みねこ
  • 玩拓
第3話復讐者・1 鈴木洋平森義博
冨岡寛
第4話復讐者・2 佐山聖子
  • 橘秀樹
  • 木本茂樹
  • 佐藤和磨
  • 三好正人
  • 伊東葉子
  • 坂本哲也
  • 佐野はるか
  • 芝田千紗
  • 藤部生馬
  • 中西愛
野田康行
第5話パラディンブレイク・1
  • 鈴木洋平
  • 佐山聖子
-村田尚樹
  • 冷水由紀絵
  • 袴田裕二
  • 谷口繁則
  • 金正男
  • 毛応星
  • 玩拓
  • 冨岡寛
  • 野田康行
第6話パラディンブレイク・2 鈴木洋平橘秀樹野上良之
  • 長谷川眞也
  • 伊東葉子
  • 森七奈
  • 小渕陽介
  • 中西愛
  • 上田みねこ
  • 岩倉和憲
  • 冨岡寛
第7話シリウス 結城真吾森義博
  • 山内康則
  • 梶浦紳一郎
  • 猿渡聖加
  • 糸島雅彦
  • 岩倉和憲
  • 古木舞
第8話力、己にこそ宿る 鈴木洋平-藏本穂高
  • 都築裕佳子
  • 小野和美
  • 小松沙奈
  • 山本雅章
  • 角谷知美
  • 大木良一
大木良一
第9話目覚めの使者 橋本敏一橋本敏一
  • 伊東葉子
  • 芝田千紗
  • 佐野はるか
  • 坂本哲也
  • 古木舞
  • 冨岡寛
第10話カレルレンとラシャヴェラク 二瓶雄一橘秀樹野上良之
  • 長谷川眞也
  • 冷水由紀絵
  • 上田みねこ
  • 藤部生馬
  • 森七奈
  • 中西愛
長谷川眞也
第11話アズラバラクラ 倉川英楊
  • 橘秀樹
  • 結城真吾
森義博
  • 山内康則
  • 梶浦紳一郎
  • 猿渡聖加
  • 岩倉和憲
  • 古木舞

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [6] 備考
2018年7月8日 - 日曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
2018年7月11日 - 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
水曜 3:30 - 4:00(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメ特区』第3部
第10話より水曜 3:00 - 3:30
2018年7月13日 - 金曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年7月13日 - 金曜 12:00 更新

BD[編集]

発売日[7] 収録話 規格品番
BOX1 2018年11月22日予定 第1話 - 第6話 BCXA-1400
BOX2 2018年12月21日予定 第7話 - 第12話 BCXA-1401

漫画[編集]

水上本人が手がける漫画がヤングキングアワーズ少年画報社)2018年6月号より連載中[8]

  • 水上悟志『プラネット・ウィズ』少年画報社〈ヤングキングコミックス〉、既刊1巻(2018年7月30日現在)
    1. 2018年7月30日発売、ISBN 978-4-7859-6253-1

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 水上悟志の最新作がアニメ&マンガで始動!「この日をずっと待ってました」(動画あり / コメントあり)”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年3月23日). 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k STAFF/CAST”. TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト. 2018年6月8日閲覧。
  3. ^ TVアニメ『プラネット・ウィズ』OP主題歌リリース決定!”. Minami Official Website. バンダイナムコアーツ (2018年4月28日). 2018年4月28日閲覧。
  4. ^ 渕上 舞|1st シングル TVアニメ『プラネット・ウィズ』ED主題歌リリース決定!”. Lantis web site. バンダイナムコアーツ (2018年5月19日). 2018年6月8日閲覧。
  5. ^ ONAIR”. TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト. 2018年6月8日閲覧。
  6. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  7. ^ Blu-ray BOX(全2巻)”. TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト. 2018年7月8日閲覧。
  8. ^ 水上悟志の新連載「プラネット・ウィズ」始動、今夏TVアニメ放送作品のマンガ版”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年4月28日). 2018年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]

BS11 ANIME+ 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
プラネット・ウィズ