超人学園ゴウカイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超人学園ゴウカイザー』(ちょうじんがくえんゴウカイザー)は、1995年ネオジオ用として発売されたテクノスジャパン制作の対戦型格闘ゲーム

概要[編集]

SNKの『餓狼伝説』のアニメ版『バトルファイターズ餓狼伝説』を手がけたアニメーターの大張正己キャラクターデザインを担当[注 1]したことで大きな話題を呼び、新声社のアーケードゲーム専門誌『ゲーメスト』やメディアワークスのネオジオ専門誌『電撃ネオジオ』の誌面では大きく扱われ、『ゲーメスト』の関連漫画雑誌『コミックゲーメスト』では漫画版も展開される[注 2]など、メディアミックス展開も模索された。しかし、テクノスジャパンがそういった手法には不得手というところもあってか[注 3]、効果的な相互作用を及ぼさないままアーケード版およびネオジオやネオジオCDでの展開を終えた。

テクノスジャパンの倒産後、ゲーム版に必ずしも納得がいっていなかったという大張の意[1]を汲む形でアニメ化が決定。テクノスジャパンから版権を引き継いだアーバンプラントがPlayStationへの移植を決めたこともあり、「プロジェクトG」なるメディアミックス展開が行われることとなった。

アニメ版のタイトルは『超人学園ゴウカイザー THE VOLTAGE FIGHTERS』。広告代理店にはアニラジ番組に強いビックウエストが決まり、ヒロイン役を演じる櫻井智がパーソナリティーを務めるアニラジ番組でラジオドラマもアニメに先行して発表された。アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当。タキコーポレーションからOVAとしてVHSで全3巻がリリースされ、先述のラジオドラマを収録したCDやアニメ版のサウンドトラックはエアーズからの発売となった。また、徳間書店の漫画雑誌『少年キャプテン』では村正帝によるアニメ版をベースとしたコミック版も連載された。

アニメ版は大張が当時率いていたスタジオG-1を中心に、大張の人脈が最大限に活かされた作画陣が集結。キャラクターデザインもアニメ用に改めて見直され、ゲームとは一味異なるイメージとなったキャラクターも多い。脚本を担当した浅井は、当時大張の妻だった石田敦子と組んでゲーム『マネーアイドルエクスチェンジャー』もまもなく発表しており、こちらも小説(ライトノベル)やドラマCD、コミック化が実現している。また、大張と浅井は後にテレビアニメ『銀装騎攻オーディアン』でもタッグを組んだ。

アニメ版を中心としたメディアミックス展開は、大張の人気が非常に高い時期だったことやアニラジ番組でのサウンドドラマ放送からOVAのリリースにつながる形が取られたことからまずまずの結果を残し、後にOVAは海外でもリリースされた[2]。ただし、PlayStation版の発売はOVA最終巻発売から半年後となるなど、ゲームとの連動はまたも効果を及ぼさずに終わっている。

機種[編集]

登場キャラクター[編集]

ゴウカイザー(凱座勇人)
声:檜山修之
斉天大聖かりん(孫華鈴)
声:櫻井智
ヘルスティンガー(カッシュ・ギュースタン)
声:緑川光
キャプテン・アトランティス(ランディ・リッグス)
声:石川英郎
不動丸(不動鸞峰)
声:置鮎龍太郎
菱崎シャイア(シャイア・シュー・シルヴィアーヌ)
声:冬馬由美
ボールボーイ
声:幸野善之
マリオン
声:幸野善之
紫紅京介
声:置鮎龍太郎
バトルマスター神龍(凱座轟一郎)
声:屋良有作
ブライダー(立花一輝)
声:大張正己
プラトニックツインズ(朝比奈亮、朝比奈鈴)
声:石川英郎(亮)、永島由子(鈴)
絶対神王牙(王崎冰)
声:速水奨

OVA[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマ
「太陽の赤い涙〜New Generation Heroes〜」(第1巻)
作詞 - 田久保真見 / 作曲・編曲 - 須藤賢一 / 歌 - 遠藤正明
「DREAM&REVOLUTION」(第2巻)
作詞 - 田久保真見 / 作曲・編曲 - 須藤賢一&伊藤ヨシユキ / 歌 - 冬馬由美
「愛という名の痛み」(第3巻)
作詞 - 田久保真見 / 作曲 - M-Rie / 編曲 - 村上聖 / 歌 - 櫻井智

関連商品[編集]

CDアルバム[編集]

  • G.S.M.1500シリーズ 超人学園ゴウカイザー/テクノスジャパン
    • サイトロン・アンド・アート発売、ポニーキャニオン販売。アーケード(MVS)/ネオジオ版のBGMと各キャラクターのボイスなどを収録。トラック1にはゴウカイザーステージのボーカルアレンジ曲を収録(後にネオジオCD版でゴウカイザーステージのBGMとして使用された)。なお、ネオジオCD版のBGMは全てアレンジの上でCDのオーディオトラックに収録している。これを直接出力する形となっているため、ハードウェアの内部音源は使用していない。このためゴウカイザーやブライダーなど、一部のキャラクターのテーマ曲はボーカル入りとなっている。
  • 超人学園ゴウカイザー・オリジナルサウンドトラック - 1996年7月21日発売
  • 超人学園ゴウカイザー・サウンドトラック OVA Version - 1997年1月21日発売
    • 以上2つはエアーズより発売。その他、アニメ版関連としてはラジオドラマ版をまとめたドラマCDもエアーズから発売されている。
    • ゲーム版関連では、メディアワークスから「電撃CD文庫」シリーズでゲーム版設定をベースとしたドラマCD『電撃CD文庫スペシャル 超人学園ゴウカイザー』、ブロッコリーから独自制作のイメージアルバムも発売されている。なお、ブロッコリーのイメージアルバムでは大張がブライダーのイメージソングを歌っている。  

OVA[編集]

全てタキコーポレーションからVHSビデオとレーザーディスクで発売された。2002年には同社から、3本をまとめたDVD『超人学園ゴウカイザー コンプリートエディション』と、海外でリリースした再編集&新規作画追加版を収録したDVD『超人学園ゴウカイザー インターナショナルバージョン』も発売された。

漫画版[編集]

超人学園ゴウカイザー
村正帝の作画による、アニメ版をベースとした漫画版。『少年キャプテン』で連載された後、1996年12月に少年キャプテンコミックススペシャルとして単行本化。全1巻。 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実質的には、ゲームデザイン担当の浅井健吾と共に原作も担当している。
  2. ^ 作画はゲームのエンディングビジュアルも一部手がけた池上竜也。しかし、打ち切りとなっている。なお、『電撃ネオジオ』にはことぶきつかさによる予告編的な特別版コミックも掲載され、これは後に本作を特集した『電撃ムック』に再掲載された。
  3. ^ 同社最大のヒット作『ダブルドラゴン』はアメリカでアニメやコミック、実写映画化などがされており、同じく同社の代表作『熱血硬派くにおくん』シリーズもファミコン市場で低年齢層に向けたアピールや児童誌でのコミック連載が行われたが、これらはいずれも映像製作会社や出版社からの要請に版権許諾を行っただけで、テクノスジャパンは製作には関わっていなかった。

出典[編集]

  1. ^ DVD『超人学園ゴウカイザー コンプリートエディション』解説書掲載の大張のコメントによれば、「自分や反田誠二中澤一登といったアニメーターがキャラクターのパターンまで描いているのだから、カプコンの『ヴァンパイア』シリーズのようなアニメ的なビジュアルを」とテクノスジャパンに提案していたが、同社では従来のドット絵手法でキャラクターを描く方針を採ったこともあり、「ビジュアル面で満足いかないところがあった」と語っている。
  2. ^ 『コンプリートエディション』の解説書での大張の弁によると、北米ビルボードチャートでも上位に食い込んだとのこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]