ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-
ジャンル ファンタジーギャグ
ゲーム
ゲームジャンル 輪廻を断つRPG
対応機種 iOS(7.0以上)
Android(4.1以上)
開発・発売元 Happy Elements
プロデューサー 松田晃佑
キャラクターデザイン whoopin
メディア ダウンロード
発売日 Android:2016年5月10日
iOS:2016年5月11日
アニメ
原作 Happy Elements
監督 岩崎良明
シリーズ構成 白根秀樹
キャラクターデザイン 高橋みか
音楽 マニュアル・オブ・エラーズ
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 LAST PERIOD
ANIMATION PROJECT
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2018年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-』(ラストピリオド おわりなきらせんのものがたり)は、Happy Elementsによる日本スマートフォン向けRPG。略称はラスピリ[1]

登場人物[編集]

ハル
- 花江夏樹
本作の主人公である、新米ピリオド。スパイラルを浄化してアートに変える能力を持つ一族の出で、故郷アンダンテがスパイラルによって滅ぼされたことから、アーク・エンドの一員となる。
ミウ
声 - 上田麗奈[1]
ハルが最初にスパイラルをアートに転生させた存在。ちょこからは非常食として扱われている。
ちょこ
声 - 田村ゆかり
ハルの幼馴染。アニメ版は第四の壁を破るようなメタフィクション的なセリフが多い。
リーザ
声 - 菊地美香
ブラッドレルム出身の令嬢で、ハルとガジェルのチームメイト。自らにしかできないことを求め、ピリオドとなった。
ガジェル
声 - 村瀬歩
アニマルレルム出身の獣人で、ハルとリーザのチームメイト。ファミリーのボスを目指してピリオドになった。ブラッドレルムの雑誌・月刊マジョマジョの愛読者で、十輝石のサファイアが好き。
エーリカ
声 - 加隈亜衣
ハルたちの所属する、ピリオド第8支部の司令官。現役時代は「朱鬼」(アカオニ)の異名を持つピリオドとして知られていた。
カンパネルラ
声 - M・A・O
ハルたちの先輩で、よく後輩たちをからかう。
ジレッド
声 - 金城大和
ハルと同郷の兄貴分。エーリカとは同期であり、本部に所属している。
ノイン
声 - 上田麗奈
ジレッドが本部から連れてきた若手ピリオド。さぼり癖などエリートらしくないところが目立つものの、戦闘に関しては実力者。ハルからは妹のようにかわいがられている。
イオナ
声 - 茅野愛衣
コール(ガチャ)画面に登場するキャラクター。助っ人を呼び出す能力を持つ。
ワイズマン
ハルたちのライバル三人組で、ことあるごとにハルたちを妨害する。
ミザル
声 - 原田彩楓
目の描かれた帽子を目深にかぶっている。格闘術を得意とする。
キカザル
声 - 鬼頭明里
ヘッドホンをしており、声による攻撃を用いる。メガネをかけているもののワイズマンの中で唯一顔が全て見えていて、美少女として扱われることが多い。
イワザル
声 - 真野あゆみ
口元に布を巻いている。ガトリング砲を武器として用いる。言葉をしゃべることができない。
グル
声 - 井澤詩織
ワイズマンの仲間である有翼の猿。
ルルナ
声 - 田辺留依
ワイズマンと行動を共にする少女。イオナ同様助っ人を呼び出す能力を持つ。アニメ版ではリンゴをかじりながらアンドロイドが嫌いと発言した。
メルディア
声 - 佐倉綾音
ユミル
声 - 内田秀
アニマルレルムの大人気の案内人。ざっくり市長さん方面からのお達しで案内人を辞めさせられそうになるが、皆の署名と精霊王の力で撤回された。
魔女協会
ダイヤ
声 - 久野美咲
魔女協会の総帥。
十輝石
声 - 諏訪彩花(サファイア)、 赤﨑千夏(ルビー)、洲崎綾(アクアマリン)
ブラッドレルムの十人のトップモデル。総帥のダイヤの即位をきっかけにファッションブランドを立ち上げた[2]
ゲーム版に登場するのはサファイア、ルビー、パール、エメラルド、アクアマリン、ガーネット。

世界観[編集]

本作は、強い絶望をもって死んだ者がスパイラルという異形の怪物となって甦る世界を舞台としている。このため、ただ単にモンスターを倒しても根本的な問題は解決しないため、スパイラルの復活を阻止するには討伐組織アーク・エンドの団員である「ピリオド」の持つ武器「レガリア」が必要である[3]。 「ピリオド」になるためには認定試験を受ける必要がある。

本作に登場する世界は「六大国」と呼ばれる国家に分かれる。

六大国[編集]

ヒューマレルム
人口が最も多い国で、ハルが所属するアーク・エンドのピリオド支部もある。
アニマルレルム
獣人が住まう国で、ヒューマレルムに次いで人口が多い。国民は排他的な性格ではないものの、他の種族にとって住みにくい環境であるため、国民のほとんどは獣人である。
スペアレルム
機械による文明が発展した軍事国家で、人口の規模はアニマルレルムに次ぐ。スカイレルムとは敵対関係にある。
ブラッドレルム
魔女たちの国家。元々他の国との交流が乏しかったうえ、魔女に対する偏見ゆえに孤立していたが、新たに就任した総帥がファッション政策を強化した結果、開放的な国柄へと変化した。
スカイレルム
天上に位置し、翼を持つ聖なる種族「天空人」が住まう国家で、人口は5,000人ほどだが、国力は強い。聖律によって下界との交流を禁じている。
ヘルレルム
謎に満ちた国家で、優秀な学者のみが入国できるという噂から、憧れる学者が後を絶たない。

開発[編集]

本作は、「気軽に遊べる」というコンセプトと「悲しみの連鎖に終止符を打つ」というテーマで、開発が行われた[3][4]。開発の中心は『マジョカ†マジョルナ』の開発チームであり、『マジョカ†マジョルナ』からもキャラクターが登場している[4]。本作はゲーマーだけでなくアニメや漫画のファンもターゲットにしており、物語への没入感を高めるためにキャラクターのセリフは吹き出しで表示されるほか、キャラクターデザインもかわいらしさとかっこよさを両立したものが採用された[3][4]

「ラストピリオド」というタイトルは、開発の後期に決定した[3]。本作のプロデューサーである松田晃佑は、この言葉を採用した理由について、「この単語は元々バスケットボールの専門用語として使われているため、造語よりかはある程度なじみのある語感の方が頭に入りやすい」とファミ通とのインタビューの中で述べている[3]

本作はアニメ化を目標に開発され、オープニングアニメーションの制作にはEGG FIRMJ.C.STAFFが起用された[5]

キャラクター設定[編集]

本作の開発にはキャラクターを重視する方針がとられ、アニメ化しても違和感のないキャッチーでカジュアルなキャラクターデザインにするよう、キャラクタデザイナーのwhoopinに指示が出された[5]。松田は、whoopinのキャラクターデザインについて、「色気がありながらもいやらしくない」と評価しており、whoopinのデザインがキャラクターの魅力の大部分を支えていると述べている[5]。多くのスマートフォン向けRPGではプレイヤーが自己投影しやすくするために主人公の名前が設定されていないのに対し、本作では主人公に「ハル」という名前が付けられ、仲間との3人組で行動するなど、他のキャラクターとの関係性が明確化された[5]

主人公のハルやヒロインのちょこをはじめとする主要な登場人物はアニメやライトノベルのキャラクターを参考に作られた[4]。また、『マジョカ†マジョルナ』のガチャの画面に登場するガチャコは無機質だったのに対し、本作のガチャの画面に登場するイオナは明るい性格のキャラクターとして作られた[4]

キャストのうち、ミウ役の声優は伏せられており、2018年2月4日に行われたファン感謝祭にて、ノイン役の上田麗奈が兼任していたことが明かされた[1]

反響[編集]

本作は配信開始から間もなく、ダウンロード数が100万回を突破した[4]。また、配信直後にあたる2015年5月20日の時点でプロモーションが行われなかったのにも関わらず、Happy Elementsの他タイトルをプレイするユーザーからの人気もあり、口コミによるユーザー層の拡大にも成功した[4]。本作のプロデューサーの松田は、キャラクターの魅力と「六大国」の個性の強さが人気の理由ではないかとGameBizとのインタビューの中で推測している[4]

テレビアニメ[編集]

スタッフ
原作 Happy Elements[1]
キャラクターデザイン whoopin[1]
監督 岩崎良明[1]
シリーズ構成 白根秀樹[1]
アニメーションキャラクター
デザイン・総作画監督
高橋みか[1]
美術監督 岩瀬栄治[1]
美術設定 大平司[1]
色彩設計 安藤智美[1]
撮影監督 廣瀬唯希[1]
編集 新見元希[1]
音楽 マニュアル・オブ・エラーズ[注 1]
音響監督 岩浪美和[1]
音響効果 小山恭正[1]
音響制作 マジックカプセル[1]
音楽制作 NBCUniversal Entertainment[1]
音楽プロデューサー 藤平直孝
プロデューサー 松田晃佑、黒須礼央、大原幸蔵
万木壮、三上公也、畠山拓郎
鈴木薫(アニメーション制作)
プロデュース EGG FIRM[1]
アニメーション制作 J.C.STAFF[1]
製作 LAST PERIOD
ANIMATION PROJECT[注 2][1]

2018年4月よりTOKYO MXABCテレビBS11にて放送中[1]

あらすじ[編集]

ハルが赴任したアーク・エンドの第8支部は謎の盗難によって財政破綻に陥った。本部からも見放され、残されたハルたち3人のピリオドは、支部を再建すべく闇営業に奔走する。

制作[編集]

ゲーム版(以降、「原作」)のオープニングアニメーションと同様に、EGG FIRMがプロデュース、J.C.STAFFがアニメーション制作を担当した。

テレビアニメ版のスタッフは、EGG FIRMとJ.C.STAFFが松田に提案する形で決められた[6]。 男性主人公の描写がうまく、キャラクターと真摯に向き合うという理由から、監督には『ゼロの使い魔』などで知られる岩崎良明が起用された[6]。松田は、岩崎が原作をやりこんでいたためにキャラクターの魅力を確保してくれて助かったと、アニメ!アニメ!とのインタビューで述べている[6]。キャラクターデザインの高橋みかは、J.C.STAFFの推薦で起用された[6]。シリーズ構成には『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の白根秀樹が起用されたほか、いくつかの話の脚本は原作のシナリオライターが執筆した[6]

「原作とアニメのそれぞれでファンを生み出すことが重要である」という方針から、原作とは異なり、ハルたち主人公チームとワイズマンの対立を軸にした1話完結のエピソードが展開する[6]。松田は、原作のストーリーをそのままアニメ化するつもりはないとアニメ!アニメ!のインタビューで述べており、EGG FIRMの代表取締役である大澤信博とJ.C.STAFFのプロデューサーである松倉友二と価値観を共有していたとも述べている[7]。コンセプトについては原作と同様に「攻める」としており、メタフィクション要素やパロディなどが多く含まれているほか、「コール」も演出として登場する[7]

ハル役の花江夏樹は、テレビアニメ版について「ファンタジーながらも日常系の雰囲気が強い作品」と超!アニメディアとのインタビューの中で述べている[8]。また、第3話は2017年に原作でコラボレーションした『ひぐらしのなく頃に』の登場人物に酷似した人物が登場する内容であり[9]、第3話の放送に合わせて原作でも復刻イベントが開催された[10]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「欲張り Dreamer」[1]
作詞・作曲 - no_my / 編曲 - 平田祥一郎 / 歌 - ハル(花江夏樹)×ちょこ(田村ゆかり
エンディングテーマ「ワイズマンのテーマ」[1][11]
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 大久保薫 / 歌 - ワイズマン(原田彩楓、鬼頭明里、真野あゆみ)
挿入歌「Shining!」(第6話)
作詞・作曲 - 谷口尚久 / 歌 - 十輝石[ルビー(赤﨑千夏)、サファイア(諏訪彩花)、アクアマリン(洲崎綾)] featuring ダイヤ(久野美咲) / コーラス - Cloe、笠原芽衣、姫乃たま

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
第1話 終了のお知らせ 白根秀樹 岩崎良明
  • 冷水由紀絵
  • 上田みねこ
  • 佐野はるか
  • 松元美季
第2話 温泉改 小林孝志 森義博
第3話 その日暮らし 谷畑ユキ 岩崎良明
小林孝志
藏本穂高
  • 木本茂樹
  • 坂本哲也
  • 熊谷勝弘
第4話 おゼル持ち 杉原研二 倉川英揚 野上良之
  • 伊東葉子
  • 佐野はるか
  • 藤部生馬
  • 坂本哲也
第5話 沼の名は。 白根秀樹 檜川信夫 工藤利春
  • 木本茂樹
  • 冷水由紀絵
  • 中西愛
第6話 仮面の告白 杉原研二 橋本敏一
  • 坂本哲也
  • 伊東葉子
  • 熊谷勝弘
  • 上田みねこ
  • 藤部生馬
  • 佐野はるか
第7話 あにまるトモダチ
  • 谷畑ユキ
  • 白根秀樹
檜川信夫 森義博
  • 山内則康
  • 梶浦紳一郎
  • 茂木眞一
  • 猿渡聖加
第8話 水着貝 水上清資 広尾進 野上良之
  • 伊東葉子
  • 森七奈
  • 佐野はるか
第9話 膨張する銀河 白根秀樹 檜川信夫 藏本穂高
  • 冷水由紀絵
  • 坂本哲也
  • 上田みねこ
  • 中西愛
第10話 はぴえれ怪 Happy Elements 橋本敏一
  • 伊東葉子
  • 佐野はるか
  • 森七奈
  • 古木舞
  • 藤部生馬
  • 玩拓
第11話 架空の話 白根秀樹 小林孝志
二瓶勇一
野上良之
  • 冷水由紀絵
  • 佐野はるか
  • 坂本哲也
  • 上田みねこ
  • 中西愛
  • 中田久美子
  • 玩拓

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[12]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [13] 備考
2018年4月12日 - 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
木曜 2:15 - 2:45(水曜深夜) ABCテレビ 近畿広域圏 水曜アニメ〈水もん〉』第1部
2018年4月13日 - 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年4月15日 - 日曜 0:00 - 0:30(土曜深夜) AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[14]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[12]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年4月 - 不明
2018年4月12日 - 金曜 0:00更新 GYAO

BD[編集]

発売日[15] 収録話 規格品番
1 2018年6月27日予定 第1話 - 第4話 GNXA-2141
2 2018年7月27日予定 第5話 - 第8話 GNXA-2142
3 2018年8月29日予定 第9話 - 第12話 GNXA-2143

Webラジオ[編集]

ラジオピリオド ―ワイズマンの秘密基地―』は、2018年4月10日より音泉にて毎週火曜に配信されている番組[16]。パーソナリティはミザル役の原田彩楓、キカザル役の鬼頭明里、イワザル役の真野あゆみ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 永田太郎蒲池愛山口優
  2. ^ Happy Elements、NBCUniversal Entertainment、アスミック・エースKADOKAWA博報堂DYメディアパートナーズ、EGG FIRM

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『ラストピリオド』TVアニメ化!2018年4月放送開始予定”. アニメイトタイムズ. 2018年2月9日閲覧。
  2. ^ ストーリー - ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語”. 2018年5月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【2016 注目クリエイターに訊く】『メルスト』に続くファンタジーRPG『ラストピリオド』”. ファミ通App. エンターブレイン (2015年12月20日). 2018年2月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 【インタビュー】「キャラクターの魅力を引き出すことを一番に」…快進撃中の『ラストピリオド』プロデューサー松田氏に訊くヒットの秘訣”. Gamebiz (2016年5月27日). 2018年2月17日閲覧。
  5. ^ a b c d 小松良介 (2018年3月2日). ““面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談(1ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年3月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 小松良介 (2018年3月2日). ““面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談(3ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年3月2日閲覧。
  7. ^ a b 小松良介 (2018年3月2日). ““面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談(2ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年3月2日閲覧。
  8. ^ 【インタビュー】TVアニメ『ラストピリオド』のOP曲は花江夏樹&田村ゆかりにとって「歌いやすい曲ではない(笑)」”. 超!アニメディア (2018年5月9日). 2018年5月26日閲覧。
  9. ^ 「ラストピリオド」第3話に「ひぐらしのなく頃に」キャラ登場 ゲーム版に続いてコラボ実現”. アニメハック (2018年4月23日). 2018年5月26日閲覧。
  10. ^ 「ラストピリオド」,アニメ「ひぐらしのなく頃に」とのコラボイベントが復刻開催”. 4Gamer.net (2018年4月20日). 2018年5月26日閲覧。
  11. ^ Music”. 2018年4月10日閲覧。
  12. ^ a b On Air”. TVアニメ「ラストピリオド」公式サイト. 2018年3月22日閲覧。
  13. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  14. ^ ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2018年3月16日閲覧。
  15. ^ Blu-ray”. TVアニメ「ラストピリオド」公式サイト. 2018年4月19日閲覧。
  16. ^ ラストピリオド ワイズマンのWEBラジオ(仮)”. 音泉. 2018年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]