贄姫と獣の王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
贄姫と獣の王
ジャンル ハイ・ファンタジー
漫画
作者 友藤結
出版社 白泉社
その他の出版社
エン・プレス
カールセン出版社
掲載誌 花とゆめ
レーベル 花とゆめコミックス
発表号 2015年23号[1] - 2020年22号
発表期間 2015年11月5日 - 2020年10月20日
巻数 全15巻
話数 全89話
漫画:〜贄姫と獣の王 スピンオフ〜白兎と獣の王
作者 友藤結
出版社 白泉社
掲載誌 花とゆめ
発表号 2022年18号[2] -
発表期間 2022年8月20日[2] -
アニメ
原作 友藤結
監督 今千秋
シリーズ構成 水上清資
キャラクターデザイン 長谷川眞也
音楽 KOHTA YAMAMOTO
アニメーション制作 J.C.STAFF
放送局
放送期間 2023年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

贄姫と獣の王』(にえひめとけもののおう、英文表記: Sacrificial Princess and the King of Beasts)は、友藤結による日本少女漫画作品。

少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)2015年17号に読切作品が掲載され[3]、それが好評だったことより同誌2015年23号から2020年22号まで連載された[1]コミックスに関しては、花とゆめコミックスレーベルに加えて、英語訳版がニューヨークエン・プレスドイツ語訳版がハンブルクカールセン出版社よりそれぞれ出版されており、2022年4月時点で累計発行部数は210万部を突破している[4]。『花とゆめ』2022年18号より、テレビアニメ化を記念して、サリフィたちの子であるリチャードを主人公としたスピンオフ『〜贄姫と獣の王 スピンオフ〜白兎と獣の王』が連載されている[5][6]

あらすじ[編集]

99番目の生贄として魔族の王に捧げられた少女・サリフィ。しかし彼女は自分の運命を受け入れ、王を恐れず歩み寄ることを決めていた。新月の夜、サリフィは生贄の儀式へと向かうが、そこにいたのは魔族ではなく、人間の姿をした王であった。 サリフィを妃にすると決めた魔族の王は、彼女からレオンハートという名を与えられ、人間と魔族の共生を目指し共に歩み始める。

用語[編集]

地理[編集]

オズマルゴ
魔族による国家。魔王が支配する王国として描かれるが、支配形態としては大領域・多民族を統べるため帝国に近い。
ヨアナ
人間界がこう呼ばれる。国家形態は不明。中世ヨーロッパに近い様子で描かれる。

登場人物[編集]

サリフィ(Sariphi)
声 - 花澤香菜[2] / 悠木碧(ドラマCD)
主人公。魔族の王の生贄にされた少女。愛称は「サリー」で、魔族の王妃となる。
レオンハート(Leonhart)
声 - 日野聡[2] / 津田健次郎(ドラマCD)
魔王。普段はサリフィからは「王様」と呼ばれる。
キュク&ロプス(Cy & Clops)
声:貫井柚佳[2](キュク)、藤原夏海[2](ロプス)/ 小倉唯(キュク、ドラマCD)、高橋李依(ロプス、ドラマCD)
魔族。サリフィの付き人。2人でワンセット。
アヌビス(Anubis)
声 - 寺島拓篤[7] / 櫻井孝宏(ドラマCD)
レオンハートの最も信頼できるアドバイザー。本名はシリウス。
アミト(Princess Amit)
声 - 潘めぐみ[7]
ヨルムンガンドに恋した爬虫類一族の王女。
イリヤ(Ilya)
サリフィの幼なじみで、彼女に恋をしている。
ヨルムンガンド(Jormungand)
声 - 小林親弘[7]
魔王の親衛隊隊長。軍人として名を馳せている。
ベンヌ(Ben'nu)
声 - 吉野裕行[7]
サリフィ自身の聖獣[注 1]。フェニックス。
ラントヴェルト(Lanteveldt)
サリフィの護衛。ハイエナ族。

書誌情報[編集]

  • 友藤結『贄姫と獣の王』白泉社花とゆめコミックス〉、全15巻
    1. 2016年5月20日発売、ISBN 978-4-592-21541-7
    2. 2016年9月20日発売、ISBN 978-4-592-21542-4
    3. 2017年1月20日発売、ISBN 978-4-592-21543-1
    4. 2017年5月19日発売、ISBN 978-4-592-21544-8
    5. 2017年9月20日発売、ISBN 978-4-592-21545-5
    6. 2018年1月19日発売、ISBN 978-4-592-21546-2 / ISBN 978-4-592-10587-9(ドラマCD付き限定版)
    7. 2018年4月20日発売、ISBN 978-4-592-21547-9
    8. 2018年7月20日発売、ISBN 978-4-592-21548-6
    9. 2018年11月20日発売、ISBN 978-4-592-21549-3
    10. 2019年3月20日発売、ISBN 978-4-592-21550-9
    11. 2019年8月20日発売、ISBN 978-4-592-22301-6
    12. 2019年12月20日発売、ISBN 978-4-592-22302-3 / ISBN 978-4-592-22722-9(小冊子付き特装版)
    13. 2020年4月20日発売、ISBN 978-4-592-22303-0
    14. 2020年8月20日発売、ISBN 978-4-592-22304-7
    15. 2021年1月20日発売、ISBN 978-4-592-22305-4 / ISBN 978-4-592-22757-1(描きおろし後日談&未収録番外編付き特装版)

テレビアニメ[編集]

『花とゆめ』2021年4号にて製作が発表された[8]。2023年4月より放送予定[7]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 作中において、王族は1人1体の「聖獣」を呼び出し、使役することができる。使役者がいない場合、聖獣は眠っている。サリフィが王妃となるための試練のひとつとして、聖獣を呼び出す儀式が行われ、その際に呼び出されたのがベンヌだった。

出典[編集]

  1. ^ a b 獣の王と生贄の姫のファンタジー花ゆめで始動、次号「俺ティー」ドラマCD”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “「贄姫と獣の王」花澤香菜と日野聡がサリフィとレオンハート役に、制作はJ.C.STAFF”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年8月20日). https://natalie.mu/comic/news/490320 2022年8月20日閲覧。 
  3. ^ 友藤結Twitter
  4. ^ “贄姫と獣の王:テレビアニメが2023年放送 ティザービジュアル公開 新作スピンオフも”. まんたんウェブ. (2022年4月20日). https://mantan-web.jp/article/20220420dog00m200004000c.html 2022年4月20日閲覧。 
  5. ^ 『花とゆめ』2022年18号、白泉社、2022年8月20日、 ASIN B0B72Q3V4W表紙より。
  6. ^ “「贄姫と獣の王」スピンオフ新連載が花ゆめで開幕、主人公はサリフィたちの子供”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年8月20日). https://natalie.mu/comic/news/490327 2022年8月20日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r “贄姫と獣の王:テレビアニメが2023年4月スタート 追加キャストに寺島拓篤、小林親弘、潘めぐみ、吉野裕行”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年11月18日). https://mantan-web.jp/article/20221117dog00m200093000c.html 2022年11月18日閲覧。 
  8. ^ 贄姫と獣の王:「花とゆめ」の人気マンガがテレビアニメ化 少女と人外のラブストーリー”. まんたんウェブ (2021年1月20日). 2021年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]