林沙織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はやし さおり
林 沙織
プロフィール
愛称 うんぴー
性別 女性
出生地 日本の旗 日本神奈川県
生年月日 (1985-11-10) 1985年11月10日(31歳)
血液型 B型
身長 148cm
職業 声優女優
事務所 アクセルワン(最終所属)
活動
活動期間 2010年 - 2014年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

林 沙織(はやし さおり、1985年11月10日[1] - )は、日本の元声優女優神奈川県出身。アトミックモンキー声優・演技研究所第3期生[2]を経て、アトミックモンキー所属で活動した後、アクセルワンに所属していた。

来歴[編集]

高校卒業時に准看護師免許を取得し、進学先の文教大学臨床心理学科[3]にて心理学を学んだ[4]後、演劇を志して、アトミックモンキー声優・演技研究所へ入学し、同養成所の第3期生となった[2]。養成所在籍中の2009年より、『智一・美樹のラジオビッグバン』に第9期BGPメンバーとして出演し、2010年より声優として本格的に活動を始めた。

ラジオ番組ではリスナーから「癒される」「声や動きが癒し系」などの評価を得、『超!A&Gミュージック+TV2011年2月23日にゲスト出演した関智一により『うんぴー』と命名され、それ以降ラジオでは『うんぴー(うんP)』と呼ばれていた[5][6]

2013年12月31日付けで、所属していたアトミックモンキーを離れ、フリー転向し[7]2014年4月14日からアクセルワンに移籍[8]

人物[編集]

特技は幼少期より続けているというピアノ[2]

趣味は大学在学時に在籍したサークルで始めた自転車旅行[2]で、ロードバイクに乗って走りまわっている。

飼っているペットを溺愛しており、ブログやかつてのTwitterアカウントに写真をよく載せていた。2013年11月には保健所から子犬を引き取り里親になるなど、動物愛護に関心が強い。

自殺未遂騒動とそれに伴う引退[編集]

アクセルワンに移籍して間もない2014年6月3日、自身のブログ記事において自殺を示唆する発言をしたが[9][10]、当日中に無事が確認され[11]、該当の記事は削除された。騒動を受けて、アクセルワンより謝罪文が発表されたが、その後の動向に関しては、「林本人がまだ説明できる状態にない」として明確な言及を避けた[12]

その後、林当人から、6月23日付けで先述の騒動に関する謝罪のコメントが公式ブログに投稿され、自身が鬱病を患っていることや実際に自殺を図ったことなどを明かした上で、自殺未遂によるケガや後遺症などを理由に声優を引退し、アクセルワンから退社したことも公表した[13]。しかし、この時点ではまだアクセルワンの公式サイトにプロフィールが記載されており、おたくま経済新聞による騒動に関する取材があった時点では、電話の相手の回答から少なくとも彼女の発言内容の真偽について確証が得られず[14]、正式な扱いも明言されなかった[15]

その後も、自身のブログに自殺願望を仄めかす文章を何度も掲載しては削除していた[15]が、2014年6月26日付で公式ブログが突如閉鎖された。ブログの閉鎖によって林の現状や今後が不明となり、過去に担当していた一部の持ち役のキャスト交代や、出演予定だったメディア作品の公式ページよりキャスト変更に関するアナウンスが相次いで発表され、ほぼ全ての出演作を事実上降板[16][17][18]。その後も事務所・スタッフ側からの説明がないまま、同年12月26日、公式サイトより林のプロフィールが削除された[注 1]

後任[編集]

林の持ち役、あるいは担当予定だった役柄を受け継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

2011年
2012年
2013年
2014年

劇場アニメ[編集]

2013年

テレビ番組[編集]

ゲーム[編集]

2010年
2011年
2012年
  • 喋る!海賊ファンタジア[2]
2013年
2014年
  • 戦場のウエディング(ナビゲーター・モニカ[25]

吹き替え[編集]

  • スパイダーシティ(2013年、ペトラ 役)
  • マクダルのカンフーようちえん(2014年、チェン先生 役)

ドラマCD[編集]

年度不明
2011年
2014年

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

デジタルコミック[編集]

特撮[編集]

  • テレビマガジン「テレマガ40周年記念DVD オールヒーローなんでもBEST5ゴールドディスク」(2011年、ナレーション)

舞台[編集]

  • 劇団ヘロヘロQカムパニー第22回公演 カラクリ雪之JOE変化(2009年、前進座劇場)スミレ(幼少期) 役
  • Lunatic Syndrome(2013年、横浜市開港記念会館)ラフィー 役

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2011年
7月20日 はんどめいど☆そうるめいと リサ&サオリ(林沙織 「Dreaming-Line」 テレビアニメ『セイクリッドセブン』関連曲
2013年
7月21日 SHOW BY ROCK!! - すたっどばんぎゃっしゅ[注 3] すたっどばんぎゃっしゅ[メンバー 1] 「Proof of my soul」
「OVER"D"LIVE!」
「告白≧Revolution」
ゲーム『SHOW BY ROCK!!』関連曲
2016年
8月31日 SHOW BY ROCK!! BEST Vol.1 すたっどばんぎゃっしゅ[メンバー 1] 「Proof of my soul」
「OVER"D"LIVE!」
「告白≧Revolution」
ゲーム『SHOW BY ROCK!!』関連曲

その他参加楽曲[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2011年
12月29日 めちゃきみ☆ 林沙織田中真奈美 「めちゃきみ☆」 ラジオ『めちゃこみ☆』オープニングテーマ
  • Thank You My Heroes!!(デュエット歌唱・楽曲コーラス歌唱で参加[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 林 沙織|タレント|アクセルワン - ウェイバックマシン(2015年2月4日アーカイブ分)
  2. ^ 小林はアニメ第1期で演じていたため復帰とも呼べる。
  3. ^ 配信限定シングル。

ユニットメンバー

  1. ^ a b チッティ(林沙織

出典[編集]

  1. ^ 11月12日放送分 収録後記 - めちゃこみ☆”. 文化放送 (2012年11月12日). 2014年2月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 林沙織 公式プロフィール”. アトミックモンキー (2013年11月10日). 2013年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月24日閲覧。
  3. ^ 林沙織 (2014年6月7日). “林沙織 プロフィール”. ♪ひよっこ日和♪. 2014年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月25日閲覧。
  4. ^ 林沙織 (2011年5月22日). “大好きな後輩達へ☆★”. ひよっこ日和. 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  5. ^ 林沙織 (2011年2月23日). “ラジオのお弁当♪♪”. ひよっこ日和. 2012年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  6. ^ 林沙織 (2011年8月15日). “まなみんぐー♪♪♪”. ひよっこ日和. 2012年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  7. ^ 林沙織 (2014年1月5日). “☆★大切なご報告★☆”. ♪ひよっこ日和♪. 2014年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月6日閲覧。
  8. ^ 林沙織 (2014年4月13日). “★☆アクセルワン☆★”. ♪ひよっこ日和♪. 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月15日閲覧。
  9. ^ 林沙織 (2014年6月3日). “たくさんのありがとう”. ♪ひよっこ日和♪. 2014年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月24日閲覧。
  10. ^ “声優・林沙織が自殺ほのめかすブログ「天国から、皆の幸せを願って、祈っています”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年6月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/anime/273393/ 2014年6月24日閲覧。 
  11. ^ “自殺ほのめかした声優・林沙織の所属事務所「無事が確認できた」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年6月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/273444/ 2014年6月24日閲覧。 
  12. ^ ファンの皆様ならびに関係者の皆様へ”. アクセルワン (2015年6月3日). 2015年5月25日閲覧。
  13. ^ 林沙織 (2014年6月23日). “最後に”. ♪ひよっこ日和♪. 2014年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。
  14. ^ “声優・林沙織、ブログで自殺未遂告白と引退発表 事務所は沈黙のまま”. おたくま経済新聞 (シー・エス・ティー・エンターテインメント). (2014年6月24日). http://otakei.otakuma.net/archives/2014062401.html 2014年6月28日閲覧。 
  15. ^ a b “「首を吊ったせいでこのような顔に」自殺未遂騒動の声優・林沙織、ブログで引退発表も即削除にファンの動揺広がる”. メンズサイゾー (サイゾー). (2014年6月24日). http://www.menscyzo.com/2014/06/post_7935.html 2014年6月27日閲覧。 
  16. ^ a b 立花理香(@RiccaTachibana) (2014年9月6日). “『戦場のウエディング』にて、ナビゲイター役のモニカちゃんのお声を担当することになりました”. Twitter. 2015年5月25日閲覧。
  17. ^ a b 『南鎌倉高校女子自転車部 第6巻初回限定版 特設ページ キャラクター/声優”. コミックブレイド. マッグガーデン (2014年10月15日). 2014年11月7日閲覧。
  18. ^ a b 2014年9月のニュース 「メガCD2」キャスト変更のお知らせ”. セガ★ハードガールズ公式サイト. SEGA (2014年9月3日). 2014年1月27日閲覧。
  19. ^ 最新情報”. さんかれあ 公式ホームページ. TBSテレビ. 2012年1月10日閲覧。
  20. ^ キャラクター”. はじめの一歩 Rising. 2013年9月21日閲覧。
  21. ^ コザキユースケ「どーにゃつ」、約2分間の劇場アニメに”. コミックナタリー. ナターシャ. 2013年5月16日閲覧。
  22. ^ 人物”. 剣が君. 2013年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月20日閲覧。
  23. ^ キャラクター”. デーモントライヴ. 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月18日閲覧。
  24. ^ Character”. 願いの欠片と白銀の契約者. 2016年9月15日閲覧。
  25. ^ 新作RPG『戦場のウエディング』が始動――キャラ同士のカップリングと“子ども”が攻略のカギに。杉田智和さん、沢城みゆきさんらも出演!”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2013年11月7日閲覧。
  26. ^ 「南鎌倉高校~」5巻限定版にドラマCD、工藤晴香ら出演”. コミックナタリー. ナターシャ. 2014年9月28日閲覧。
  27. ^ 「食戟のソーマ」早くもVOMIC化、創真役は小野友樹”. コミックナタリー. ナターシャ. 2013年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]