キズナアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キズナ アイ
作者 森倉円(キャラクターデザイン)[1]
トミタケ(3Dモデル)[1]
Tda(モデリング監修)[1][2]
声優 キズナアイ
プロフィール
愛称 アイちゃん[3]
親分[4]
別名 Kizuna AI
テンプレートを表示
キズナ アイ
人物
生誕 2016年6月30日[5]
職業 バーチャルYouTuber
音楽アーティスト
身長 156 cm (5 ft 1 in)
公式サイト Kizuna AI Official Website
YouTube
チャンネル
活動期間 2016年11月29日 -
ジャンル コメディ、ゲーム実況
登録者数 A.I.Channel 250万8015人
A.I.Games 132万7633人
総再生回数 A.I.Channel 2億183万2120回
A.I.Games 1億96万2037回
事務所(MCN Activ8株式会社(upd8
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年4月7日時点。
テンプレートを表示

キズナアイ(Kizuna AI)は、Activ8株式会社が制作[6]した日本のバーチャルYouTuber、音楽アーティスト[7]人工知能(AI)を自称している[8][9]

概要[編集]

3DCGによるキャラクターアニメーションをYouTubeに投稿する「バーチャルYouTuber」の草分け的存在として知られている[4][10]。キズナアイ自身は「世界初のバーチャルYouTuber」と称している[11]2017年2月頃から韓国など日本国外で先にブームとなった後、日本国内にも人気が広まった[4]

YouTubeチャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用しており、両チャンネル合わせた登録者数は2019年4月現在のべ380万人を超え、総視聴回数は3億回を超えている。最も注目されている(most-watched)バーチャルYouTuberと評されることもある[12]輝夜月ミライアカリ電脳少女シロバーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんらと並んで「バーチャルYoutuber四天王」とされる[13]。自分のことを表現する際に「バーチャルYouTuber」という言葉を用いており、自分からはその短縮形と目される「VTuber」とは名乗らないようにしている[14]

製作委員会が「Project A.I.」であること[15]や、キャラクターデザイナー・CGモデル制作者は公開されているが[1]、CG映像製作に関する具体的な技術や声優に関する情報は公開されていない[11]

投稿内容はゲーム実況など一般的なYouTuberと同様のものだけではなく、バーチャルであることを活かしたものまで多岐にわたる[11]。音楽のアーティスト活動を行っており、DE DE MOUSE☆Taku TakahashiTeddyLoidYunomi中田ヤスタカW&Wなどから曲の提供を受け、いくつかは自身が作詞している[16]。2018年には9週連続で楽曲をリリースし、その全てでiTunes Storeのエレクトロニック・チャートで1位を獲得した[17]。2018年12月29日、30日には東京と大阪で初の単独ライブ「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」を開催した。2019年5月9日、本年度のサマーソニック東京公演に出演することが発表された[18]

来歴[編集]

2016年11月29日に最初の動画がYouTubeに投稿された[19][10]。翌年1月にチャンネルが停止された[20]が、同月25日にチャンネルが復活した[21]。2016年12月20日に初めてインサイド英語版のゲーム実況を行い、2017年3月13日にゲーム実況をメインに配信する「A.I.Games」を開設[22]。2016年12月終わりに、自身のウィキペディア掲載を呼びかける動画を投稿[3]、動画に呼応した利用者により「キズナアイ」の項目が作成されたが、間も無く削除されている[22]

2018年3月日本政府観光局の訪日促進アンバサダー(大使)に就任した[23]

2018年4月からBS日テレで、初の冠番組である『キズナアイのBEATスクランブル』の放送が開始された[24]。同年7月からタイトルを『キズナアイのばん組』へ変更、60分番組となり[25]、10月からはタイトルをさらに『のばん組』へ変更。12月1日には5時間の特別番組『のとく番〜アイは世界を繋ぐ〜』を放送。2019年3月、『のばん組』の放送が終了した。翌4月、新たな冠番組『月イチのてぇてぇTV』がBS日テレで放送開始。

また、2018年4月放送開始のテレビアニメ『魔法少女サイト』で声優に初挑戦し[26][27]、同年12月12日、「YouTube FanFest」に参加した[28]

2019年4月29日から5月5日にかけて、日本テレビのキャンペーン「ゴールデンまなびウィーク」にネット塾生として参加[29]

4人のキズナアイ[編集]

2019年5月25日より「キズナアイが4人いるって言ったら信じますか?[30]」から始まる『キズナアイな日々』と題した動画シリーズが配信された。そして新たなチャレンジとして3人のキズナアイがインストールを開始、同年6月8日に2人目のインストールが完了[31]、6月15日に3人目のインストールが完了した[32]。そして中国語をインストールした4人目が6月30日午前0時にインストールが終了し、6月30日の3周年誕生日イベント『AI Party! 2019 〜 hello, how ru? 〜[33]』で初披露された。

日本国外での人気[編集]

キズナアイのファン層は全体の約30%が国内のファンであり、それ以外は海外のファンという構成になっている[34]。「バーチャルYoutuber名鑑 2018」では、各国の視聴者が自主的に自国語の字幕を動画に追加していったことで、世界中にも存在が認知されやすくなったのではないかと分析されている[35]。また、Twitter上でのファンとの交流や、日本国外の話題を動画でも取り入れたことなどが成功の背景にあったとされる[35]

2019年2月15日にアメリカ合衆国の映画『アリータ: バトル・エンジェル』のクリエイターズセッションでアカデミー助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツローサ・サラザールロバート・ロドリゲスジョン・ランドーなどと共演した際は意気投合し、クリストフ・ヴァルツとモニター越しに握手した[36][37][38][39]

キズナアイはPewDiePieの動画内で複数回言及されており、2019年3月22日の動画ではPewDiePieは自身が企画するミームレビューにキズナアイを誘っている[40][41]。4月6日に投稿された動画内で、キズナアイはPewDiePie対T-Seriesの最中にあるPewDiePieに応援を贈った[42]

キズナアイは活動を始めて1年未満の2017年からBBCTubefilterThe Vergeなどで特集されていた[43][44][45]。2019年には、Newsweek4月30日・5月7日合併号にて「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた[46]。また、Varietyの「バーチャルキャラクタートップ5」でリル・ミケーラと共に第3位に選ばれている[47]

受賞[編集]

  • 第17回日本イノベーター大賞 - 日経クロストレンド賞[48]
  • デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’18/第24回AMDアワード - 優秀賞[49][50]
  • 日本キャラクター大賞2019 - 選定委員特別賞[51]

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビ番組[編集]

ゲーム[編集]

イベント[編集]

タイアップ[編集]

東京秋葉原のキュアメイドカフェで提供された「キズナアイパンケーキ」。

コラボカフェ[編集]

書籍[編集]

写真集
キズナアイ 1st写真集 AI(2018年3月16日発売、ISBN 978-4-04-069841-0KADOKAWA
公式コミックアンソロジー
バーチャルYouTuber キズナアイ公式コミックアンソロジー 〜トモダチをつくろう編〜(2018年6月30日発売、ISBN 978-4-04-072735-6、KADOKAWA)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

音楽配信
発売日 タイトル 規格
2018年7月15日 Hello, Morning デジタル・ダウンロード
2018年10月26日 future base
2018年11月2日 new world
2018年11月9日 over the reality
2018年11月16日 miracle step
2018年11月23日 Hello, Morning(Pa's Lam System Remix)
2018年11月30日 melty world
2018年12月7日 hello,alone
2018年12月14日 meet you
2018年12月21日 mirai
2019年3月22日 AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)
2019年5月29日 Say チーズおかき
2019年6月30日 Sky High
CD シングル / レコード盤
発売日 タイトル 規格品番 販売元 オリコン最高位 備考
1st 2019年4月3日 Precious Piece VTCL-35298 初回限定盤
VTCL-35299 通常盤
FlyingDog 98位 LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-主題歌
- 2019年4月13日 Hello, Morning EP TYO12S1005 12inchピクチャー盤 TOYOKASEI - RECORD STORE DAY 限定

コラボレーション[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 販売元 オリコン最高位
1st 2019年5月15日 hello, world XNAC-00001 通常盤
XNAC-00002 CD+DVD
XNAC-00003 初回限定生産盤/豪華版
エイベックス・トラックス 19位

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d download-page - Kizuna AI Official Website”. 2018年1月1日閲覧。
  2. ^ 鈴木 直人、デザイナー陣が超豪華!バーチャルYouTuber・キズナアイが可愛い!”. dora Online Video Trend Media. 2017年8月18日閲覧。
  3. ^ a b キズナアイ(出演者) (2016年12月29日). みんなwikipediaって知ってるよね? (YouTube). A.I.Channel.. 該当時間: 0:51 - 1:11. https://www.youtube.com/watch?v=W7Du_Yw7hZU 2017年8月18日閲覧。 
  4. ^ a b c “ユーチューブのCGアイドル「Vtuber」が人気爆発”. 日経トレンディ (日本経済新聞社). (2018年7月9日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32234030W8A620C1000000 2018年7月9日閲覧。 
  5. ^ 2018年12月1日放送『のとく番〜アイは世界を繋ぐ〜』の「バカリズムにMCの極意を学ぶ!」にて「自我が芽生えた日」として発言。
  6. ^ 株式会社gumi 2018年4月期 第2四半期決算説明資料”. 2018年4月5日閲覧。
  7. ^ 劇場オリジナルアニメ『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』第2弾キービジュアル&本予告第1弾公開!主題歌アーティストはバーチャルYouTuber・キズナアイに決定”. アニメイトタイムズ (2019年1月4日). 2019年1月7日閲覧。
  8. ^ バーチャルYouTuber「キズナ アイ」から、VR対応!3Dモデルをクリスマスプレゼント”. VR Inside (2016年12月25日). 2017年8月12日閲覧。
  9. ^ バーチャルYoutuber名鑑 2018, p. 7.
  10. ^ a b バーチャルYoutuber名鑑 2018, p. 6.
  11. ^ a b c バーチャルYouTuberの草分け「キズナアイ」のチャンネル登録数が100万突破” (2017年12月18日). 2018年1月1日閲覧。
  12. ^ The virtual vloggers taking over YouTube”. BBC (2018年10月3日). 2018年10月3日閲覧。
  13. ^ バーチャルYoutuber名鑑 2018, p. 10.
  14. ^ ユリイカ 2018年7月号 特集 バーチャルYouTuber』(青土社、2018年)29ページ ISBN 978-4791703517
  15. ^ terms - Kizuna AI Official Website”. 2018年1月1日閲覧。
  16. ^ キズナアイ、9週連続配信ラストはm-flo☆Taku Takahashiプロデュース曲「mirai」”. 音楽ナタリー (2018年12月21日). 2019年1月7日閲覧。
  17. ^ キズナアイ、東京・大阪での初ワンマンで☆Taku Takahashi、DÉ DÉ MOUSEら豪華プロデューサー陣と競演!W&Wや中田ヤスタカとのコラボ楽曲披露や重大発表も!”. PR TIMES (2018年12月31日). 2019年1月7日閲覧。
  18. ^ バーチャルYouTuber・キズナアイが『サマソニ2019』東京公演出演決定!”. リアルサウンド (2019年5月9日). 2019年5月14日閲覧。
  19. ^ Twitterアカウントを作るよ!”. Youtube (2016年11月29日). 2018年4月23日閲覧。
  20. ^ aichan_nelのツイート(820933492263428096)
  21. ^ aichan_nelのツイート(824366933667573762)
  22. ^ a b KADOKAWA コミック&キャラクター局 (2017). コンプティーク2018年1月号. KADOKAWA. p. 150-155頁. 
  23. ^ バーチャルYouTuberキズナアイ、訪日促進大使に就任 日本文化を世界に紹介”. Mogura VR (2018年3月5日). 2018年10月15日閲覧。
  24. ^ a b “キズナアイ 人気バーチャルYouTuberの初の冠番組が4月スタート”. 毎日新聞. (2018年2月27日). https://mainichi.jp/articles/20180227/dyo/00m/200/011000c 2018年3月3日閲覧。 
  25. ^ バーチャル YouTuber 「キズナアイ」の番組がパワーアップ!”. 超!アニメディア (2018年7月12日). 2019年3月10日閲覧。
  26. ^ a b STAFF & CAST” (日本語). TVアニメ「魔法少女サイト」公式サイト. 2019年6月11日閲覧。
  27. ^ @MGSanime (2018年3月18日). "魔法少女サイト公式から追加キャストの発表" (ツイート) (in Japanese). Retrieved 2019年6月11日 – via Twitter.
  28. ^ 『YouTube FanFest』日本で初の2日間開催 豪華YouTuber集結で幕閉じる”. ORICON NEWS (2018年12月13日). 2019年1月14日閲覧。
  29. ^ 中村倫也とのかわいいトークに注目!キズナアイと初対面の模様を配信中『ゴールデンまなびウィーク』”. マイナビニュース (2019年4月9日). 2019年4月27日閲覧。
  30. ^ キズナアイが4人いるって言ったら信じますか? #1YouTube 2019年5月25日
  31. ^ セクシーボイス対決!キズナアイ VS キズナアイ!? #9YouTube 2019年5月25日
  32. ^ もしもアイちゃんが幼馴染だったら? #10YouTube 2019年5月25日
  33. ^ キズナアイ誕生日イベント『A.I. Party! 2019 ~ hello, how r u ~』チケット一般販売が5月11日(土)10時よりスタート!新ビジュアルも公開!v-tuber ZERO 2019年5月11日
  34. ^ VTuber界の重要人物4人が登壇! 受講者多数で座席が埋め尽くされたビジネス向けセミナーをレポート【コンテンツ東京2019】”. PANORA (2019年4月6日). 2019年4月7日閲覧。
  35. ^ a b バーチャルYoutuber名鑑 2018, p. 8.
  36. ^ R・ロドリゲスがアリータとキズナアイのコラボ妄想、C・ヴァルツはノリノリで求婚”. 映画ナタリー (2019年2月15日). 2019年2月16日閲覧。
  37. ^ キズナアイ「いつか人を好きになるかも」=イベントを進行、アカデミー賞俳優も興味津々”. 時事通信 (2019年2月15日). 2019年2月16日閲覧。
  38. ^ 名優クリストフ・ヴァルツ、バーチャルYouTuberにメロメロ”. シネマトゥデイ (2019年2月15日). 2019年2月16日閲覧。
  39. ^ アカデミー俳優クリストフ・ヴァルツ、初来日でキズナアイに“デレデレ” 婚約アプローチで会場沸かす”. ORICON NEWS (2019年2月15日). 2019年2月16日閲覧。
  40. ^ PewDiePie (2018年8月6日). “TRY NOT TO HAHA CHALLENGE - Season 2! - YLYL #0035”. 2019年3月30日閲覧。
  41. ^ PewDiePie (2019年3月22日). “Reacting to Tseries Passing Live”. 2019年3月30日閲覧。
  42. ^ A.I.Channel (2019年4月6日). “ピューディーパイさんコラボしましょう!【キズナアイ流LWIAY】”. 2019年4月7日閲覧。
  43. ^ Los vlogueros y cantantes virtuales que se han convertido en toda una sensación en Japón”. BBC (2017年3月24日). 2019年4月28日閲覧。
  44. ^ A.I. Kizuna Is A Virtual YouTube Star And She Has Nearly 200,000 Subscribers”. Tubefilter (2017年3月21日). 2019年4月28日閲覧。
  45. ^ Animated vloggers could be the future of YouTube”. The Verge (2017年3月21日). 2019年4月28日閲覧。
  46. ^ 特集:世界が尊敬する日本人100 2019年4月30日号”. Newsweek. 2019年4月25日閲覧。
  47. ^ The Top 5 Virtual/Simulated Characters and How They Foretold the Future”. Variety (2019年3月31日). 2019年4月27日閲覧。
  48. ^ キズナアイ、日経BP主催「日本イノベーター大賞」で入賞”. MoguLive (2019年2月6日). 2019年2月5日閲覧。
  49. ^ 第24回 AMD Award '18”. 一般社団法人デジタルメディア協会. 2019年3月10日閲覧。
  50. ^ キズナアイ、「AMD Award’18」優秀賞を受賞!VTuberへの影響や訪日観光大使の実績を受けて”. MoguLive (2019年2月21日). 2019年3月10日閲覧。
  51. ^ 日本キャラクター大賞2019、激戦制したGPは「すみっコぐらし」 特別賞に「キズナアイ」 授賞式レポート”. アニメ!アニメ! (2019年4月3日). 2019年4月7日閲覧。
  52. ^ ADA改造計画!?バーチャルYouTuberキズナアイと奇跡のAIコラボ決定!”. TVアニメ『イングレス』公式サイト (2018年10月17日). 2018年10月17日閲覧。
  53. ^ キー局や芸能プロも参戦…VTuber「生き残り戦争」が本格化か?”. AERA (2019年1月14日). 2019年1月14日閲覧。
  54. ^ バーチャルYouTuber・キズナアイ、“世界中の人と繋がる”冠番組がパワーアップ!”. ザ・テレビジョン (2018年7月16日). 2018年8月13日閲覧。
  55. ^ アニメ「NHKバーチャルのど自慢」放送決定!”. NHKアニメワールド (2018年11月21日). 2018年11月21日閲覧。
  56. ^ キズナアイ、有働アナと“バーチャルYouTuber”の可能性を語る 「生きる選択肢を増やしてもらえたら」”. リアルサウンド (2019年1月12日). 2019年1月14日閲覧。
  57. ^ バーチャルYouTuberキズナアイ&カミナリアイ『バズリズム02』に登場”. マイナビニュース (2019年4月19日). 2019年4月25日閲覧。
  58. ^ a b c aichan_nelの2019年4月25日のツイート2019年4月27日閲覧。
  59. ^ けいおん!、進撃の巨人、キズナアイ、ポプテピピックが 『白猫テニス』と初コラボ! 2周年を記念したキャンペーンも実施中”. コロプラ (2018年7月30日). 2018年8月27日閲覧。
  60. ^ みんなの愛に囲まれたキズナアイ生誕祭「A.I. Party! 〜Birthday with U〜」レポート”. PANORA (2018年7月2日). 2018年11月8日閲覧。
  61. ^ 「アヴァベルオンライン」がバーチャルYouTuber「キズナアイ」とコラボ”. 4Gamer.net (2017年4月7日). 2017年8月12日閲覧。
  62. ^ バーチャル美少女YouTuber「キズナアイ」360度動画配信開始”. エキサイトニュース (2017年5月14日). 2017年8月12日閲覧。
  63. ^ キズナアイ氏をイメージキャラとした施設設置型のVRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE」が営業スタート” (2017年5月29日). 2017年10月1日閲覧。
  64. ^ 「ミトラスフィア」、キズナアイとのコラボキャンペーンを開催。目覚ましボイスが当たる” (2017年8月28日). 2017年10月1日閲覧。
  65. ^ 「ゲーマーズ!」×「キズナアイ」コラボTVCMを公開!” (2017年9月21日). 2017年10月1日閲覧。
  66. ^ キズナアイ キャンペーン”. ローソン. 2019年1月19日閲覧。
  67. ^ ブルボン×キズナアイのオリジナルクリアファイルがもらえる!?イオン限定キャンペーン!詳細はこちらをチェックしてみてね!”. ブルボン. 2019年1月19日閲覧。
  68. ^ カップヌードルの2019年3月27日のツイート2019年3月30日閲覧。
  69. ^ 高橋佑司 (2018年5月23日). “キズナアイちゃん「アニメイトカフェ」コラボ オリジナルグッズを公開”. PANORA. 2019年3月10日閲覧。
  70. ^ JR秋葉原駅の高架下に期間限定出張店をオープン!第3弾コラボは「キズナアイ」”. アニメイトカフェ (2018年7月12日). 2018年10月28日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]