ゲーマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ゲーマーズ
GAMERS Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 173-0021
東京都板橋区弥生町77-3
設立 2008年(平成20年)1月25日
業種 小売業
法人番号 1011401013159
事業内容 ゲームソフト・CD・DVD・コミック・トレーディングカード・フィギュア・グッズ等の小売事業、「ゲーマーズ」各店の店舗運営事業、「ゲーマーズ」各店の商品仕入管理事業
代表者 若林茂樹(代表取締役社長)
資本金 5000万円
売上高 65億円(2011年実績)
従業員数 60名
主要株主 株式会社アニメイト
外部リンク http://www.gamers.co.jp/
テンプレートを表示
ゲーマーズ本店(2008年9月16日)

ゲーマーズ(Gamers) は、株式会社アニメイトの子会社である株式会社ゲーマーズが運営する、キャラクターグッズを中心としたアニメコミックゲームおよびそれら関連商品の販売店

概要[編集]

1996年に株式会社ブロッコリーの小売店舗として東京・池袋に第1号店を開店。現在は秋葉原の本店をはじめ、東京都区部政令指定都市を中心に16店舗を展開している。

元々はブロッコリーの中核事業として位置づけられていたが、急激な店舗網の拡大による費用負担、度重なる人気の読み違いによる不良在庫の増加などで年々赤字がかさむようになり、数度に渡り外部による資本参加が行われた(詳細はブロッコリーの記事を参照)。

最終的には2008年1月にブロッコリーがライバル関係にあった株式会社アニメイトと資本・業務提携を締結し、新店舗の共同出店や既存店運営の相互協力、新商品の共同開発、物流システムの効率化を進めていくこととなった。

この業務提携の背景には、両社が旗艦店を置く秋葉原や池袋などにアニメ・コミック関連商品を扱う他社店が続々進出して競争が激化したこと、また男性向け商品に強みを持つブロッコリーと女性向け商品に強みを持つアニメイトが提携することで、顧客層の相互補完ができるという狙いがあった。

2008年、合弁会社として、株式会社アニブロを設立し、ゲーマーズの店舗はアニブロが運営(経営はブロッコリーのまま)することとなり、順次店舗のブランド名を「アニブロゲーマーズ」に転換していった(一部店舗を除く)。

その後ブロッコリーの経営はコンテンツビジネスが主軸となり、一方で小売事業が経営の足かせとなっていた。また、将来の成長性も見込めないことから、2011年3月に小売事業からの撤退を発表し、2011年6月に「ゲーマーズ」全店舗及びアニブロの全保有株式をアニメイトに譲渡した。その後、ブロッコリーはアニメイトとの提携を活かし、女性向けの企画も行うようになり、それらグッズをアニブロを通じて全国のアニメイトにて販売を始めている。

2014年にアニブロが株式会社ゲーマーズに商号変更、店舗ブランド名も「ゲーマーズ」に戻された。

沿革[編集]

  • 1994年3月 - 株式会社ブロッコリー設立。
  • 1996年7月 - ゲーマーズ1号店を東京池袋に開店。
  • 1999年11月 - 東京・秋葉原中央通り沿いにゲーマーズ本店を開店。
  • 2003年4月 - ゲーマーズ本店を秋葉原中央通りから 秋葉原駅前に移転。
  • 2008年1月 - ブロッコリー、株式会社アニメイトと業務・資本提携を締結、アニメイトが主要株主になると共に、合弁会社「株式会社アニブロ」を設立、新ブランドでの店舗の共同展開や商品開発・システムの効率化を行うと発表。
  • 2008年3月 - アニブロゲーマーズ一号店を池袋に開店。
  • 2008年4月 - 秋葉原本店を「AKIHABARAゲーマーズ」として改名。(本店としての位置付けは変わらず)
  • 2008年4月 - アニブロゲーマーズ二号店を名古屋に開店。(旧ゲーマーズ名古屋店)
  • 2008年5月 - アニブロゲーマーズ三号店を町田に開店。(旧ゲーマーズ町田店)
  • 2008年5月 - アニブロゲーマーズ四号店をなんばに開店。(旧ゲーマーズなんば店)
  • 2008年7月 - AKIHABARAゲーマーズが店舗拡張し、アニブロゲーマーズとしてリニューアルオープン。
  • 2008年8月 - ゲーマーズの大半の店舗をアニブロゲーマーズに業態変更すると発表。
  • 2011年3月 - ブロッコリー、小売り事業をアニメイトに売却すると発表。
  • 2011年6月 - アニメイトがアニブロの株式を全取得するとともに、ゲーマーズ全店舗及び通販サイトを始めとするブロッコリーの小売事業を取得。
  • 2014年 - 商号を株式会社ゲーマーズに変更

直営店[編集]

北海道
札幌市 札幌店
2002年2月16日札幌エスタ9階、ナムコワンダーパーク札幌内に開店(店舗面積:514.80m2[1]。その後、2007年10月18日狸小路近隣のパラカパーキング101ビル1階に移転する(店舗面積:509.09m2[2]も、翌2008年9月20日には丸井今井一条館向かいの第5藤井ビル2階に再移転し(店舗面積:279.66m2[3]、アニブロゲーマーズに業態を変更。さらに、2015年6月27日には、アニメイトやメロンブックスなどのアニメ専門店が数多く入居する、丸大ビルの5Fに移転した[4]
宮城県
仙台市 仙台店
2001年11月29日クリスロード内のガレリアビル5階に開店[5]。その後、2007年9月15日に同じくクリスロード内の三経60ビル5階に移転するも、翌2008年7月19日青葉通りらしんばん仙台店が入居する中央古久根ビル3階に再移転し[6]、アニブロゲーマーズに業態変更。2015年1月24日仙台駅西口に位置するEBeanSにアニメイト仙台店やらしんばん仙台店とともに移転[7]
埼玉県
さいたま市大宮) 大宮店
2011年10月にアニメイト大宮店コミック館が入居するビルの3階に移転。同ビルの2階にはらしんばんが入居しているほか、隣接するビルにはアニメイト大宮店本館とメロンブックスが入居している。
千葉県
習志野市 津田沼店
モリシア津田沼5階に2009年8月21日オープン。千葉県では3度目の進出となる。
東京都
千代田区秋葉原) AKIHABARAゲーマーズ
本店、本店2号館を名称変更・末広町駅前から事実上移転。
2008年7月にこれまでの本店(アニメ館)の隣接地に建設されたビルに入居(ゲーム館)、店舗リニューアルとともにアニブロゲーマーズに業態変更した。アニメ館・ゲーム館をあわせた延床面積の合計は2,388m2となり、両館の間は複数階で連結されている。ゲーム館は中央通り沿いに面しており、2003年4月に現在地に移転してから5年ぶりに中央通り沿いに店舗を構えることとなった。しかし、売上が伸び悩んだため2009年9月30日にゲーム館を閉鎖、結局元の規模に縮小している。
2008年4月から本店としての位置づけはそのまま維持しつつ現在の名称に変更。2007年12月から1階のみ22時まで営業している。
ゲーム館が入っていたビルの塔屋には、ゲーマーズ撤退後も長らく「でじこ」をあしらった看板があったが、2015年5月にビルの所有者である宝田無線の看板に差し替えられた。
渋谷区 新宿店
2009年3月に新宿南口新宿サンセイビル(渋谷区代々木)4階へ店舗を移転した。
豊島区 池袋店
2008年3月にアニブロゲーマーズとして再出店。2006年1月に当時の池袋本店が閉店して2年2ヶ月ぶりの池袋再進出となる。
立川市 立川店
立川駅前より移転。
町田市 町田店
2008年5月に旧アニメイト町田店があった場所に移転、アニブロゲーマーズに業態変更。
神奈川県
横浜市 横浜店
静岡県
沼津市 沼津店
2016年2月27日にオープン。静岡県では2度目の出店となる。
開店時より当地を舞台とした『ラブライブ!サンシャイン!!』とのオフィシャルタイアップを行っており、看板娘総選挙にて選ばれた津島善子が看板娘となっている。通称「ヌーマーズ リトルデーモン店」。同作のグッズには当店にて限定発売・先行発売されるものもあるほか、“看板娘 津島善子”のグッズも製作されている。
愛知県
名古屋市大須)名古屋店
にて開業後、2005年4月に大須に移転。2008年4月18日に万松寺ビル1Fに移転し、アニブロゲーマーズに業態変更。
京都府
京都市 京都店
ナムコワンダータワーより移転。
大阪府
大阪市難波) なんば店
2008年5月にアニブロゲーマーズに業態変更。
大阪市梅田) 梅田店
兵庫県
神戸市 神戸三宮店
2010年12月11日にセンタープラザ西館3F(移転当時、アニメイト三宮店の向かい側だった)に移転。
福岡県
福岡市博多)博多店
博多バスターミナル7F。
北九州市小倉)小倉店
2012年4月27日開店。

このほか、和歌山のアニメ・ゲーム関連商品の専門店であるO-TRAPとも提携関係にある。また、アニメイトのフランチャイズ店舗である徳島店(井上書房グループ)ではゲーマーズ商品の取り扱いがある。

閉鎖店舗[編集]

東京都
千代田区秋葉原地区
  • ブラックゲーマーズ(「初代」秋葉原店から「スクエア店」を経て) - ゲーマーズ秋葉原進出第1号店、ディスクマップのテナントとして1階奥のエレベーター前にて開店。ディスクマップの倒産により他フロアへ増床。その後、併設されたコスパは現在も営業中。秋葉原で初の常設コスプレ喫茶Piaキャロレストラン→カフェ・ド・コスパは後、コスパに営業が移管・譲渡されメイド喫茶「キュアメイドカフェ」として運営。現在は入居していたビルにてタブリエ&コスパグループによって「ジーストア秋葉原店」として運営されている。
  • セガゲーマーズ - ハイテクランドセガ秋葉原(後のセガ秋葉原1号店)の5階にあった店舗で、ゲーマーズ秋葉原進出2号店だった。秋葉原での1号店という誤った記事が見られるが、正確には「SEGAゲーマーズ」の「1号店」である。
  • 本店別館 - 「2代目」秋葉原店から3号館、アウトレット店、ガチャ美少女館。現本店の斜向かいの旧ミツウロコビル2階にあった。
  • 本店1号館 - 「初代」秋葉原本店。末広町駅近くの新東ビルに入居していた。塔屋には「でじこ」をあしらった看板が掲げられ、「でじこビル」の愛称で知られた。駅前の本店2号館開店により秋葉原地区における旗艦店としての役目を終え、後に2号館へ吸収される。現在はリバティー
  • ぷちげま - 2012年2月11日、中央通り沿い(メッセサンオー同人ソフト館跡)に開店。メーカーや作品、作家とのコラボレーションによるグッズ類の販売とカプセルトイコーナーで構成されていた。2013年2月に閉店し、跡地はメロンブックス秋葉原2号店となっている。
千代田区水道橋地区
豊島区池袋
  • 池袋本店(池袋店を名称変更) - 出店していたビルの工事・閉鎖のため閉店を余儀なくされた。建物自体は、一部のテナントが立ち退かなかったため、2011年初頭まで存在していた。
渋谷区渋谷
千葉県
松戸市
船橋市
神奈川県
藤沢市
長野県
長野市
  • 長野店
石川県
金沢市
  • 金沢店 - 初のフランチャイズ店だった。2008年8月31日閉店。
静岡県
浜松市
  • 浜松店 - フランチャイズ契約終了に伴い、2008年11月30日閉店。
京都府
京都市
  • ブラックゲーマーズ京都店 ‐ 2012年2月4日オープン。土産専門店として京都店から徒歩でアクセス出来る距離にあった。正確な閉店時期は不明だが、開店から半年も経っていなかった。閉店後しばらくは京都店においてブラックゲーマーズコーナーが設置されていた。
大阪府
東大阪市布施
  • セガゲーマーズ布施店 - セガゲーマーズの2店目だった。
岡山県
岡山市 岡山店 - 2009年1月18日閉店。
香川県
高松市
  • 高松店 - 四国唯一の店舗で、宮脇書店によるフランチャイズ店だった。2008年8月31日に閉店。
福岡県
福岡市天神
  • でじこや

ギャラリー[編集]

内装[編集]

ほぼ全ての店舗で声優の顔やアニメキャラクターの顔のある踏み絵(床広告)を設置してある。踏み絵は親会社であるアニメイトの店舗にも設置されることも多く、人の顔の床広告を行っている会社は稀である。

ゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズ[編集]

ブロッコリーの企画の一環として、ゲーマーズの各店舗にはそれを守護するための妖精としてゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズ (G.G.F) が割り当てられている。ただし、配置された後に店舗の新設や統廃合が相次いだため、配置されていない店舗や、守護対象の店舗が現在はなくなっている妖精も存在する。

カードキングダム[編集]

ゲーマーズ本店8階は「カードキングダム」となってトレーディングカードゲーム販売、及びデュエルスペースが設置されている。店舗でのカードゲームのイベント等は徳島店から始まっているおり、今後さらに全国的に展開を予定している。

通信販売[編集]

Webサイトにて実施。過去には「ゲーマーズweb店」という名称でゲーマーズのオンラインショッピング版として存在していたが、店頭での料金、サービスと乖離していたため、2005年10月に実情に合わせ「ゲーマーズ通信販売」へとリニューアルされた。また2012年4月16日に「ゲーマーズ オンラインショップ」に名前をリニューアルした。

自社製品の販売に力を入れているほか、主催するイベントのチケットは店頭ないしは通信販売のみにて販売されることが多いため、付近にゲーマーズ及びブロッコリー商品を取り扱う店舗が無い地域の居住者には便利である。また、1,000円ごとに1ポイントが貯まり、様々な景品と交換可能なポイントシステムもある。ただし、ゲーマーズ通信販売のポイント販売はゲーマーズ店頭で利用できるゲーマーズポイントカードとはリンクしておらず、ポイントの合算は行えない。

通信販売リニューアル時に「送料無料」のキャンペーンを行ったにもかかわらず、一部で送料を徴収するシステムミスを起こしたことがある。その際、Webサイト上での「お詫び」文章に謝罪は一切なく、事の説明と一律な対応をとる旨を記載するのみであり、購入者の同意を得ない強硬な対応だとして顧客に対する姿勢が問われた。

フロゲー(フロムゲーマーズ)[編集]

無料配布情報誌、公式な略称は「フロゲ」。2006年11月10日発行分をもって100号を迎えた。2008年1月20日配布号からは「フロムゲーマーズホット」「フロムゲーマーズクール」に変更され、交互に刊行される月2回刊行となった。前者が他社製品・コンテンツを中心に紹介するのに対し、後者は専ら自社、すなわちブロッコリー関連コンテンツを扱っている。2009年1月からは月1回、毎月20日の刊行となっている。

「フロムゲーマーズ」にはブロッコリー関連商品のほか、ゲーマーズで取り扱う商品の情報などが掲載されている。最新号は店頭で無料で手に入れられるほか、場合によっては商品購入時に同時に添付される。

2016年9月から名称が「フロゲー」に変更された。

ポイントカード制度[編集]

ゲーマーズ独自のポイントシステムとして、店頭での購入時に発行できる「ゲーマーズカード」がある。これは全店で999円(開始当初は1,000円)購入ごとに1ポイントが発行され、その累積したポイントを消費する形で限定商品・イベントチケット等と交換することができるものである。限定商品との交換については、ゲーマーズでは定期的に「ポイント交換祭」が行われており、テレフォンカードや時計、グッズなど、数十種類の対象商品から選択できるようになっている。ただし、このカードおよびポイントはゲーマーズ通信販売では利用することができない。年会費は無料。2008年6月2日よりカードが変更され、999円未満の購入金額は次回にプールされる。旧電磁式カードからの移行は2009年6月2日にて終了している。実装当初は、1枚30ポイントの紙製スタンプカードだった。

クレジットカード[編集]

Web上およびゲーマーズ店頭から申し込みが可能なクレジットカードとして「ブロッコリーマスターカード」がある。有効期限はなく、発行手数料が無料であるほか、年1回以上の利用で年会費も無料となる。クレジット審査を通過するか否かにかかわらず、申し込み時に特典グッズが1点送られてくるほか、5・15日にゲーマーズ店頭で提示するとポイントが倍付けとなるなどの特典が用意されていた。ただし後者については2006年6月18日頃に行われたゲーマーズ・メールマガジン購読によるポイント倍付けサービスの終了とともに休止されている。

このカードはサラ金カードの1つであり、ブロッコリーではなく消費者金融アイフルを契約先となっている。

店舗での決済では、VISAMasterCardJCBアメリカン・エキスプレスセゾンカードオリコカードの利用が可能。また一部の店舗では「非接触型決済サービス」として、iDによる支払いも可能だったが、ムービック(アニメイト)が非接触型決済サービスによる支払い契約をしていないために「アニブロケーマーズ」や「アニメイト」に業態変更された店舗では全て利用停止となった。

電子マネー[編集]

関東地区の一部店舗でSuicaショッピングサービスが、関西地区の全店舗でICOCA電子マネーが導入されている。

Xbox 360版 THE IDOLM@STER 限定版キャンセル騒動[編集]

2007年1月18日、ゲーマーズ各店や通信販売で予約を受け付けたXbox 360版『THE IDOLM@STER』限定版のうち、2006年10月14日以降受付分のほぼ全てがキャンセルになるという事態が発生した。既に各店舗での受付が締め切られている限定商品の予約を内金込みで取っていたにもかかわらず、発売日の約1週間前になって一方的に取り消したため、問題となった。

詳細
Xbox 360版『THE IDOLM@STER』限定版は開発元の「ナムコ」にちなんで7650セットの限定生産であったため、各地で予約が殺到して供給が需要に全く追いつかず、多くの店で品切れが続出。ゲーマーズの各店舗や通信販売では予約受付人数分の入荷数を確保できなかったため、発売1週間前に2006年10月14日以降のほぼ全ての予約者を一方的にキャンセルせざるを得なくなる事態となった。
人気商品ゆえに既にほとんどの店舗で予約を締め切っており、他店での予約も今更不可能な時点での店側の都合による一方的な予約のキャンセルであり、正式な予約手続きをしたにもかかわらず商品を手に入れられない客が続出したため、大きな騒動となった。
ゲーマーズはこの件に関して「こちらの商品手当が充分にできなかったことが原因」と釈明している。ただし、品薄は一部の転売屋による大手小売店での買い占めが原因の大半であると言われており[誰によって?]、地方店ではその後も店頭に在庫が確認できた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]