みんなのたあ坊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのたあ坊
Minna No Tabo
名称 みんなのたあ坊
英語名称 Minna No Tabo
モチーフ ひと
発売年 1984年
デザイナー 島末彰子[1]
キャラクター大賞順位 1位(第3回・第4回)[2]
愛称 たあ坊
関連キャラクター まあくん
出演 「たあ坊の竜宮星大探険」
誕生日 5月5日[3]
公式サイト みんなのたあ坊プロフィール
テンプレートを表示

みんなのたあ坊(みんなのたあぼう、ラテン文字表記:Minna No Tabo)は、サンリオが著作権を保有するキャラクターグッズ用キャラクター群。 1983年にキャラクター開発[4]。サンリオにおける脱力系キャラクターのひとつである[1]

概要[編集]

1984年にグリーティングカードのキャラクターとして登場した[1]

サンリオでグリーティングカードの企画を担当していた島末彰子が暑中見舞いはがき用にキャラクターを考案し、時間がなかったため自分で描いた下絵をそのまま印刷屋に提出したことが発端である[5]。当初は名前・性別ともに決まっていなかった[5]。その後「あ段の音で、のんびりした感じの名前」として島末が「たあ坊」と命名した[5]。島末によれば、たあ坊には特定のモデルはいないという[5]

高校生や大学生のヤング層をターゲットとして開発され、その後幅広い世代に人気が拡大した。

1987年よりキャラクターグッズの販売を開始[6]、商品には、イラストレーションとともに、たあ坊の発する短い言葉が書かれている。

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で、1988年度(第3回)と1989年度(第4回)の2年連続で1位を受賞した[2][4]

たあ坊の誕生日は当初は謎とされてきたが、5月5日であることがいちご新聞340号(1996年6月号)で赤ちゃんの頃のたあ坊と共に公表された[7]

サンリオピューロランドのライブショーや舞台作品にも出演していた時期があり、2020年現在もMiracle Gift Paradeでたあ坊のライブキャラクター(着ぐるみ)が出演している[注釈 1]。当園のキャラクターグリーティングにも不定期に登場する。

サンリオは海外展開もしていて、たあ坊は、香港では広東語で大きな口の男の子を意味する「大口仔 ダーイハウチャイ」と呼ばれている。

設定[編集]

登場人物はたあ坊のほかに、両親や[4]両方の祖父母、たくさんの動物のお友だちが登場する[3][8]。 1991年には弟のまあくんが『いちご新聞』1991年9月号(283号)の紙面上で初登場した[6]。 2018年にはガールフレンドの「なこちゃん」が登場した[9][10][注釈 2]

たあ坊の誕生日は5月5日[12][7][注釈 3]。血液型はなぞ[8]

たあ坊の趣味は遠足[14]。特技はスポーツ全般および水泳で[12]アーティスティックスイミングもできる[14]

たあ坊の苦手な物は早口言葉とピーマン[12][3]

たあ坊の一番の仲良しは、わんくん(アニメと歌「たあ坊のがんばる宣言」ではわんくん、まんがではイヌくん)。

その他の友だち[編集]

  • イヌくん[3] - 後述のイメージソング「たあ坊の一年生になったら」の歌詞にも歌われる。
  • ニワトリさん - 同上
  • カエルさん - 同上
  • ヒヨコさん
  • アオイトリさん
  • カモメさん
  • ワニさん
  • アシカさん
  • キツネさん
  • ウサギさん
  • ネコさん
  • ネズミさん
  • ブタさん
  • ひつじさん
  • パンダさん
  • タヌキさん
  • おさるさん
  • クマさん
  • ライオンさん
  • ゾウさん
  • カニさん
  • カメさん
  • ペンギンさん
  • イルカさん
  • アリさん - 1988年8月追加[16]

声優[編集]

商品[編集]

  • グリーティングカード[4]
  • 文房具
  • カレンダー
  • レクリエーション用品
  • 日用品
  • 食器
  • 衣料品
  • 食品
  • 書籍(後述)
  • 映像作品(後述)
  • CD(後述)
  • ゲーム(ゲームソフト、ボードゲーム等、後述)

書籍[編集]

  • 「みんなのたあ坊 こんにちは」1989年12月
  • 「たあ坊の竜宮星大探険」サンリオ世界名作館 1991年6月
  • 「たあ坊の竜宮星大探険」ルーレット・ゲームえほん 1991年8月
  • 「みんなのたあ坊 きょうのはっけん」1992年6月
  • 「みんなのたあ坊 心理ゲーム」1992年8月
  • みんなのたあ坊シリーズ
    • 「みんなのたあ坊の菜根譚―今も昔も大切な100のことば」2004年1月 - 20万部以上発行[17]
    • 「みんなのたあ坊の賢人訓―今も新鮮な70のことば」2004年9月
    • 「こどもに伝えたい今も昔も大切な100のことば―みんなのたあ坊の菜根譚 」2005年1月
    • 「Minna no Tabo's Sai kon tan―100 all-time precious proverbs」2005年5月
    • 「みんなのたあ坊の哲人訓―今こそ必要な100のことば」2005年9月
    • 「みんなのたあ坊の握れば拳 開けば掌―人生が変わる日本の言葉100」2006年11月
    • 「みんなのたあ坊の菜根譚 厳選保存版―今も昔も大切な30のことば」2007年7月
    • みんなのたあ坊シリーズは2006年11月までに50万部以上発行[17][1]

映像作品[編集]

  • 『たあ坊のガンバル宣言』サンリオ 1989年 VHS(SAVV-5006) - 『ぽこぽんの里帰り』、『エディ&エミィのイニシャルリングは2人で』とのカップリング。
  • 『みんなのたあ坊 こんにちは』サンリオ 1989年 VHS(SAVV-5007) - 『けろけろけろっぴの大冒険』、『ウメ屋雑貨店ぼくたちのひみつ』とのカップリング。
  • 「宇宙防衛隊 たあ坊」シリーズ
    • 『たあ坊の竜宮星大冒険』1991年 劇場公開映画(第3回サンリオアニメフェスティバル)サンリオ VHS(SAVV-140 ISBN 438792358X )、DVD
    • 『宇宙防衛隊たあ坊のしんきろう星を救え!』サンリオ 1993年 VHS(SAVV-163 ISBN 4387931019 )、DVD
    • 『宇宙防衛隊たあ坊の時の止まった星』サンリオ 1994年 VHS(SAVV-167 ISBN 4387931981 )、DVD
    • 本シリーズでは、たあ坊は宇宙防衛隊の隊員としていろいろな星の事件を解決していく。

CD[編集]

  • 「『いちご新聞』増刊号いちごのうた - たあ坊のがんばる宣言」 東芝EMI、CG20-5059 1989年[18]
  • 「ヤムチャRAP」みんなのたあ坊 feat. ヤムチャラッパーズ 2005年

ゲーム[編集]

  • みんなのたあ坊のなかよし大作戦 - ファミリーコンピュータ用ゲームソフト。キャラクターソフトより発売。
  • サンリオカーニバル - 同上。たあ坊も登場する。ゲームボーイ版もあり。
  • サンリオカーニバル2 - 同上。たあ坊も登場する。ゲームボーイ版もあり。
  • サンリオカップ ポンポンバレー - 同上。たあ坊も登場する。
  • サンリオワールド スマッシュボール - スーパーファミコン用ゲームソフト。キャラクターソフトより発売。たあ坊も登場する。
  • けろけろけろっぴの冒険日記 - 同上。主役はけろっぴだが、たあ坊も登場する。
  • サンリオタイニーパークシリーズ - Windows/Macintosh用エデュテインメントソフト(後述)
  • みんなのたあ坊 お花だいすき - LCDゲーム。エポック社より発売。
  • みんなのたあ坊 まいごのまいごのヒヨコさん - 同上。
  • みんなのたあ坊 うひゃ〜ランドゲーム - ボードゲーム、エポック社より発売。
  • ゲームであそぼうよロイヤル11+4 みんなのたあ坊 - 同上。所謂ポンジャン

イメージソング[編集]

「たあぼうのがんばるせんげん」
作詞:あけずみじゅんこ 作曲/編曲:赤坂東児 歌:JUNPEI[19]
1992年8月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」(SACV-2030)の10曲目に収録されている[19]。3分0秒。
みんなのたあ坊の映像作品『たあ坊のガンバル宣言』の挿入歌としても使用されている。
「たあ坊の一年生になったら」
作詞:宮崎ナツミ 作曲/編曲:白川義久 歌:竹田えり[20]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「学校いこう スクールソング」(SACV-2032)の1曲目に収録されている[21]。2分54秒。
「みんなでいってきます」
作詞:岡本雅子 作曲:大森俊之 編曲:淡海悟郎 歌:JUNPEI[21]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング」(SACV-2033)の1曲目に収録されている[21]。1分47秒。
「たあ坊Ondo」
作詞:あけずみじゅんこ 作曲/編曲:牧野三朗 歌:JUNPEI
1990年6月21日にビクターエンタテイメントより発売されたCDシングル「サンリオ キャラクター ONDO」(VICG-13016)の4曲目に収録されている。

イメージキャラクター[編集]

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第3回(1988年)、第4回(1989年)の1位[2]が歴代最高である。 昭和平成、両方の元号で1位を達成した唯一のキャラクターであり[11]、連覇を達成した初のキャラクターでもある[1]。2013年サンリオキャラクター大賞26位[24]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「10位以内ならまじめな顔で証明写真を撮る」と宣言していたが[25]、ランクインを逃し実現とはならなかった。なお、真顔なたあ坊は映像作品「宇宙防衛隊 たあ坊」シリーズで目にすることができる。

また、いちご新聞オリジナル企画で2016年より「サブキャラコンテスト」が開催されている。第1回(2016年)の「サブキャラコンテスト」では「イヌくん」がノミネートされ25位にランクインされ[26]、第2回(2017年)の「サブキャラコンテスト」では「まぁくん」と「ニワトリさん」がノミネートされ、「まぁくん」が30位、「ニワトリさん」が37位にランクインされ[27]、第3回(2018年)は「なこちゃん」がノミネートされ、30位にランクインされた。第4回(2019年)は第1回(2016年)〜第3回(2018年)までの上位20キャラクター同士の決戦コンテストで、「みんなのたあ坊」のサブキャラはいずれも上位20位圏外のためノミネートなしであった[28]。仕切り直しとなる第5回(2020年)の「サブキャラコンテスト」では「まぁくん」がノミネートされ、40位にランクインされた[29]

  • 2020年サンリオキャラクター大賞29位(いちご新聞ランキング43位[30])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞31位(いちご新聞ランキング40位[31])。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞32位(いちご新聞ランキング44位[32])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞27位(いちご新聞ランキング47位[33])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞27位(いちご新聞ランキング32位[34]) / なでる投票26位[35]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞29位[36](いちご新聞ランキング31位[37])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位[38][39][注釈 4](いちご新聞ランキング26位[41])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞26位。
  • 2012年サンリオキャラクター大賞28位[42]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞19位[43]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞19位[44]
  • 2006年〜2009年サンリオキャラクター大賞10位圏外[2]
  • 2005年サンリオキャラクター大賞10位。
  • 1992年〜2004年サンリオキャラクター大賞10位圏外。
  • 1991年サンリオキャラクター大賞4位。
  • 1990年サンリオキャラクター大賞2位。
  • 1989年サンリオキャラクター大賞1位。
  • 1988年サンリオキャラクター大賞1位。
  • 1987年サンリオキャラクター大賞3位[2]

その他[編集]

  • いちご新聞』でみんなのたあ坊が初めて表紙を飾ったのは、1988年3月号(241号)である[1]
  • 1994年サンリオより発売のシングルCD『サンリオキャラクター目覚ましCD ハローキティのおはよう!みんな』(V-2615 ISBN 4-387-94070-0[1][2] )の4曲目に「みんなのたあ坊」のタイトルで収録、曲ではなく長さ1分56秒のドラマCDのような内容である。たあ坊が動物さんたちや友だちを起こしに行き、そしてみんなで遠足へ出かけるという内容。BGMは「たあぼうのがんばるせんげん」のオフボーカルで、声の演出は高木早苗である。
  • サンリオが1996年2月16日に発売した「サンリオタイニーパーク」というWindows/Macintosh用エデュテインメントソフトに、みんなのたあ坊のコンテンツである「みんなのたあ坊のどうくつたんけん」と称するゲーム感覚で数の勉強ができるモジュールが収録されている[45]。また後日発売された「サンリオ タイニーパークvol.2」に「みんなのたあぼうのおともだちあつまれ」が、「サンリオ タイニーパークvol.3」に「みんなのたあ坊のたのしいおかいもの」が収録されている。また、その後継商品である「サンリオスーパータイニーパーク」のVOL.3に「みんなのたあ坊のうちゅうたんけん」と称するゲームが収録されている[46]
  • エクサムが発売するキッズ向けトレーディングカードアーケードゲームであるハローキティとまほうのエプロン 〜サンリオキャラクター大集合!〜の第3弾〜レッツ!ハンバーガークッキング〜』や[47]、第4弾『〜みんな集まれ!お料理パーティー!〜』に登場するキャラクターのひとつとしてたあ坊が起用された[48]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 詳細はサンリオピューロランドの過去のショーおよび外部リンク節を参照。
  2. ^ 実際には1993年には既にグリーティングカードに登場していた[11]
  3. ^ 過去の資料には生まれは「町の病院」で、誕生日は「なぞ」と記されているものがある[13][14][15]
  4. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため、21位以下の順位が存在しない。たあ坊はAグループ(1stステージ4位通過)にノミネートしていた[40]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 竹村真奈 (2013, pp. 98-103)
  2. ^ a b c d e 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  3. ^ a b c d 森彩子 (2010, pp. 60-63)
  4. ^ a b c d SANRIO MEMORIES106-109頁。
  5. ^ a b c d 「ヒーロー誕生楽屋裏 みんなのたあ坊♡島末彰子さん」『ジュニア朝日年鑑 1990 社会編』166-167頁。
  6. ^ a b みんなのたあ坊 / ヒストリー”. サンリオ (2013年). 2013年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  7. ^ a b たあ坊”. サンリオ (1997年). 1998年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月18日閲覧。
  8. ^ a b みんなのたあ坊(1984年)”. サンリオ (2000年). 2000年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  9. ^ 月刊サンリオ通信「サンリオちょこっとコラム」 Vol.2 キャラクター★恋バナ たあ坊編”. サンリオ. 2019年8月9日閲覧。
  10. ^ サンリオ公式Twitter
  11. ^ a b みんなのたあ坊はなんと実は彼女持ち!?デザイナーが語るたあ坊秘話って?【誰かに話したくなるサンリオの魅力】”. Donami(小学館) (2019年5月9日). 2020年10月9日閲覧。
  12. ^ a b c 「巻頭大特集/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社、2016年3月3日、 25頁。
  13. ^ サンリオキャラクター ミニ図鑑36-39頁。
  14. ^ a b c 『サンリオピューロランドポケット版ガイド』サンリオ、1991年12月20日、127頁。ISBN 4-387-91222-7
  15. ^ 『ハーモニーランドポケット版ガイド改訂版』サンリオ、1993年9月20日、124頁。ISBN 4-387-93183-3
  16. ^ 『いちご新聞』1988年9月号(247号)8-9頁。
  17. ^ a b サンリオ 書籍・ムック 人生が変わる日本の言葉100 みんなのたあ坊の握れば拳 開けば掌 Archived 2009年4月23日, at the Wayback Machine.
  18. ^ 「いちご新聞」増刊号/いちごのうた - たあ坊のがんばる宣言 - 国会図書館サーチ、2017年8月31日閲覧。
  19. ^ a b (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, pp. 16-17 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  20. ^ (1992年7月21日) 『学校いこう スクールソング』のアルバム・ノーツ, pp. 2-3 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2032).
  21. ^ a b c (1992年7月21日) 『楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング』のアルバム・ノーツ, pp. 2-3 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2033).
  22. ^ 読売新聞』1989年1月25日付東京朝刊、11頁。
  23. ^ a b SANRIO MEMORIES192頁。
  24. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月16日閲覧。
  25. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  26. ^ 『いちご新聞』2016年8月号(582号)16-19頁。
  27. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号)34-35頁。
  28. ^ 『いちご新聞』2019年9月号(619号)6-7頁。
  29. ^ 『いちご新聞』2020年9月号(631号)24-25頁。
  30. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) pp.8-25。
  31. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) pp.8-19。
  32. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) pp.8-19。
  33. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) pp.8-19。
  34. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) p.10。
  35. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月26日閲覧。
  36. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) pp.4-5。
  37. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) p.24。
  38. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月8日閲覧。
  39. ^ 今回エントリーした全てのキャラクター 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月8日閲覧。
  40. ^ 各グループ組み合わせ決定! 投票は5月10日(土)から”. サンリオ. 2014年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧。
  41. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) pp.26-34。
  42. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表 サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月8日閲覧。
  43. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月8日閲覧。
  44. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月26日閲覧。
  45. ^ サンリオ タイニーパーク”. サンリオ (1997年). 2000年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月16日閲覧。
  46. ^ サンリオ スーパータイニーパーク”. サンリオ (2002年). 2002年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月16日閲覧。
  47. ^ ハローキティと魔法のエプロン - レッツ!ハンバーガークッキング - 遊び方とカード紹介 (PDF)”. エクサム (2011年). 2016年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  48. ^ ハローキティと魔法のエプロン - みんな集まれ!お料理パーティー - 遊び方とカード紹介 (PDF)”. エクサム (2011年). 2011年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』サンリオ、1992年8月31日、36-39頁。ISBN 4-387-92157-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]