Wishing On The Same Star

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安室奈美恵 > 安室奈美恵の作品 > Wishing On The Same Star
Wishing On The Same Star
安室奈美恵シングル
初出アルバム『STYLE
B面 Did U
リリース
規格 CDシングル
録音 2002年
ジャンル J-POPR&B
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 kenko-p, Diane Warren
安室奈美恵, A.Mazza-Sundafu, K-A.Ramen
プロデュース 家原正樹、Cobra Endo
チャート最高順位
安室奈美恵 シングル 年表
I WILL
2002年
Wishing On The Same Star
(2002年)
shine more
2003年
STYLE 収録曲
  1. Namie's Style
  2. Indy Lady feat. ZEEBRA
  3. Put 'Em Up
  4. SO CRAZY
  5. Don't Lie To Me
  6. LOVEBITE
  7. Four Seasons
  8. Fish feat. VERBAL & Arkitec (MICBANDITZ)
  9. gimme more
  10. As Good As
  11. shine more
  12. Come
  13. Wishing On The Same Star

- exclusive bonus track -

  1. SO CRAZY (MAD BEAR MIX)
  2. Wishing On The Same Star (Movie Version)
テンプレートを表示

Wishing On The Same Star」(ウィッシング・オン・ザ・セイム・スター)は、日本の女性歌手、安室奈美恵の単独名義では22枚目のシングルで、2002年9月11日avex traxより、CCCDで発売された。

解説[編集]

  • 前作『I WILL』から7か月ぶりのシングル。ベストアルバム『LOVE ENHANCED single collection』に続く2002年第二弾シングル。
  • Wishing On The Same Star』は、江角マキコ豊川悦司主演の東映配給映画「」主題歌。同映画は柳美里の「命」4部作のうち「命」、「魂」、「生」の3作品を原作としている。
    • 作詞・作曲は「セリーヌ・ディオン」や「ホイットニー・ヒューストン」等の楽曲で世界的に知られているアメリカのヒットメーカー、ダイアン・ウォーレンによるもの。アメリカのフリースタイルシンガー、キーディ1991年に発売したアルバム『Chase The Clouds』に収録された楽曲の日本語カバーである(キーディの同曲は同アルバムから2ndシングルとしてカットされ、ビルボード誌シングル・チャート86位を記録)。同曲は世界中で多くの歌手によりカバーされており、例を挙げると、オーストラリアの女性アイドルグループ、ガールフレンド1994年、オーストラリアシングルチャート44位)、アメリカのR&Bシンガー、ジュディ・チークス1995年)、ヨーロッパのダンスグループ、DJ・コンパニー1997年)、そして当時、ディズニー・レコードに所属していたアメリカの歌手マイラなど。マイラは同曲が収録されたデビュー・アルバム『Myra』でスペイン語バージョン「Milagros」というタイトルで同曲をスペイン語でレコーディングしている。 他にもアメリカのラテンポップ歌手シャヤーンが1991年にスペイン語で(マイラのスペイン語バージョンとは歌詞が異なる)「Mi Primer Amor」というタイトルでカバーし、同曲はビルボード誌ラテンチャートで8位を記録。他にもブラジルの兄妹デュオサンディ&ジュニアによるポルトガル語カバー「A Estrela Que Mais Brilhar」(2001年)がある。上記の曲は全て安室の作品より先に製作されているが、後にベトナム出身のカナダ人歌手クリスティーン・サが安室のバージョンをそのまま日本語でカバーしている。
    • 歌詞カードに作詞者のダイアン・ウォーレンの名前が「Dian Warren」と間違ってクレジットされている。正しくは「Diane Warren」である。なお、2003年12月10日に発売された6thアルバム『STYLE』には「Diane Eve Warren」とクレジットされている。
    • ビデオ・クリップは2種類あり、ラストが若干異なる。ファンクラブ限定で販売されたライブDVDnamie amuro tour 2001 break the rules』のファンクラブ限定盤はラストに安室と安室がキスするようなシーンで終わる「Wishing On The Same Star (First Edit)」が収録されている。
    • 「Wishing On The Same Star」の映画バージョンはシングル・バージョンと違い、伴奏がピアノのみで、長さもシングル・バージョンより短い3分10秒ほどであり、2コーラス目が省略されすぐブリッジに向かう構成になっている。このバージョンは「Wishing On The Same Star (Movie Version)」として映画「」のサントラや6thアルバム『STYLE』の初回限定盤に収録されている。因みにどちらもCCCDでの発売である。また、2014年に発売されたバラード・ベストアルバムBallada』にはシングルとは若干異なり、最後のコーラス部分が省かれている。
    • 2002年末、「FNS歌謡祭」と「NHK紅白歌合戦」で披露された。しかし、FNSでは歌詞が飛んでしまうと言うハプニングがあった。
    • プロモーション用に制作された非売品のアナログ盤に「Wishing On The Same Star (GROOVE THAT SOUL MIX)」が収録されている。
  • Did U』は、前作「I WILL」に引き続き、安室本人が作詞。
    • ビデオ・クリップは韓国釜山で撮影されており、同ビデオ・クリップはライブDVD『namie amuro tour 2001 break the rules』のファンクラブ限定盤のみに収録されている。このDVDは後に一般発売されたものの、「Did U」のビデオ・クリップは収録されていない。
    • こちらは、2017年現在アルバム未収録となっている。

収録曲[編集]

  1. Wishing On The Same Star - 4:55
    (日本語詞:kenko-p / 作詞作曲Diane Warren / 編曲:家原正樹)
  2. Did U - 3:57
    (作詞:安室奈美恵 / 作曲:A.Mazza-Sundafu, K-A.Ramen / 編曲:Cobra Endo)
  3. Wishing On The Same Star (Instrumental) - 4:56
  4. Did U (Instrumental) - 3:56

収録アルバム[編集]

  • Wishing On The Same Star
    • オリジナル『STYLE
      • (Movie Version)と、両方を収録。
    • ベスト『BEST FICTION
    • ベスト『Ballada
      • 最後のコーラス部分を短くカットして収録。
  • Did U
    • 未収録。

脚注[編集]