Nao'ymt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Nao'ymt
出生名 矢的 直明(やまと なおあき)
生誕 (1976-11-03) 1976年11月3日(41歳)
出身地 日本の旗 東京都神田
ジャンル R&Bポップ
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
歌手
活動期間 1998年 -
レーベル UNIVERSAL SIGMA/YMT Productions
事務所 YMT Productions
Ruff Due Entertainment
共同作業者 Jine
公式サイト オフィシャルサイト

Nao'ymt(ナオ'ワイエムティー、1976年11月3日 - )は、日本歌手作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサー。本名は矢的 直明(やまと なおあき)、東京都御茶ノ水生まれ[1]。R&Bコーラスグループ「Jine(ジャイン)」のメンバー。

人物[編集]

歌手としては、「Jine」のメンバーとしての他、ソロとしても活動する。また、MEGUMIの歌手活動時のアルバム『LOVE ALL PLAY』に"DOUBLE BLADES"、"Nao Frost"名義で参加している。

制作者としては、作詞作曲トラックメイキング、コーラス・アレンジメントなどもすべて手掛け、要望があれば自らも歌い手として参加する[1]CHEMISTRYCrystal Kayなど、仕事の受注先やコラボレーションの相手は、R&B系アーティストがほとんどを占める。

来歴[編集]

3歳からピアノを習い始めるが、高校生の頃に聴いたJodeciの影響でR&Bに傾倒する。1998年にR&Bコーラスグループ“Jine(ジャイン)”結成、2000年に「Make U Move」でデビューを果たす[1]。Jineでの活動の一方で、SILVA、MEGUMI、LUNAなどのプロデュース、楽曲提供を経て2004年から本格的に音楽プロデューサーとして本格的に活動を始める[1]

2005年夏、安室奈美恵のアルバム『Queen of Hip-Pop』にて最多となる6曲のプロデュースを任される大抜擢を受け、さらに安室の要望から[注 1]、「Ups & Downs」ではデュエット相手にも選ばれる[1]。この成功により、以降はプロデューサーとしての活動が中心となり、安室奈美恵はもちろんのこと、三浦大知BoAJ Soul Brothersなど、数々のアーティストの楽曲をプロデュースするようになる。

2006年、「WIT’」という企画で数々の新進アーティストとのコラボレーションをスタートさせる。Jineの新曲なども含めて配信し、2008年には『Nao’ymt wit’-1st Season-』としてアルバム・リリースされる。

2013年、ソロ・シンガーとしての活動を本格的にスタートさせる。

作品[編集]

 配信限定 [編集]

  1. 『矢的直明 2013 大晦日』
  2. 『矢的直明 2014 彼岸』
  3. 『矢的直明 2014 短夜』
  4. 『矢的直明 2014 秋暁』

 CD [編集]

  1. 『Nao’ymt wit’-1st Season-』
  2. 『矢的直明 2014』
    • 配信限定の『2013 大晦日』、『2014 彼岸』、『2014 短夜』、『2014 秋暁』と未発表の『2014 大晦日』が収録されている。

プロデュース作品[編集]

  • BoA - 『Possibility duet with 三浦大知』
  • BUGSY(CHEMISTRY・川畑要ソロ名義) - 『BUGSY NIGHT feat. DABO』『still in my heart
  • BRIGHT - 『I Like That』
  • CHEMISTRY - 『Why』『Change The World
  • Crystal Kay - 『Tears』『&Brand-New』
  • Foxxi misQ - 『Tha F.Q's Style
  • HI-D - 『雨・風鈴』
  • Johhn - 『How Can I say To You』
  • J Soul Brothers - 『J.S.B. is Back』『Make It Real』
  • lecca - 『Dear』『Vallya』『朝のまえ』『おたくgirlsの宴』『Goddess in the Mountain』『City Caravan』
  • LISA - 『Special Love』『do yo thing』
  • LITTLE - 『KARMA』『Very Special』
  • LUNA - 『Lunatik Skillz』『Tease Me』『Tha Freak Show』『In My Soul』
  • May J. - 『Million Wayz』『Why Why Why...』
  • MEGUMI
    • LOVE ALL PLAY』(アルバム)
      「CRY NO MORE」「SCREAM」「intro -LOVE ALL PLAY Pt.1-」「interlude -LOVE ALL PLAY Pt.2- feat.CORN HEAD」「outro -LOVE ALL PLAY Pt.3-」
  • Meyou - 『EGO』『Make Love』
  • RingVo Vo Tau) - 『Perpetual Snow』
  • RSP - 『Serious Love』
  • SARINA - 『Incognito』
  • SEAMO - 『海の家
  • SILVA - 『Babydoll』『Twilight Moon』『Happyend (remix)』
  • Sowelu - 『AINOTE』
  • Sweep - 『Disconnect』
  • S. N. A. - 『White Day』
  • Tiara - 『Lifestyle』
  • Tyler - 『Games Wit Tha Playa』
  • YA-KYIM - 『Clap'n Clap』『Woo, Woo, Wow』

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Nao'ymtから送られてきた曲に入っていた彼の仮歌を聴いた安室は「声がとても綺麗でまずそこに聴き入ってしまう」と語っている。

出典[編集]

外部リンク[編集]