FRENZY (ゴスペラーズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FRENZY
ゴスペラーズスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップス
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2002年度年間37位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • ゴスペラーズ アルバム 年表
    Love Notes
    2001年
    FRENZY
    (2002年)
    アカペラ
    2002年
    『FRENZY』収録のシングル
    1. 告白
      リリース: 2000年12月6日
    2. ひとり
      リリース: 2001年3月7日
    3. 約束の季節
      リリース: 2001年8月1日
    4. 誓い
      リリース: 2001年11月14日
    5. Get me on
      リリース: 2002年2月20日
    テンプレートを表示

    FRENZY』(フレンジー)は、2002年2月20日に発売されたゴスペラーズのメジャーデビュー後7枚目のオリジナルアルバム。

    概要[編集]

    • シングル曲としてはLove Notesに収録されなかった「告白」、大ヒットした「ひとり」「約束の季節」「誓い」、限定発売で同時発売の「Get me on」を収録。
    • 後日アナログ盤を発売。収録曲は同じである。

    収録曲[編集]

    1. FRENZY [3:20]
      • 作詞:ゴスペラーズ/作曲:酒井雄二、村上てつや/編曲:K-Muto(Groovediggerz)、酒井雄二
        • ワールドカップイヤーであったこの年、サッカーをイメージした歌詞になっている。酒井がヒューマンビートボックス、トークボックスなど、多くの役割を果たしている。
    2. Get me on [3:45]
      • 作詞:山田ひろし/作曲:酒井雄二/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
        • 同日発売となった19thシングル曲。シングルCDの方は10万枚限定で発売された。
    3. ポーカーフェイス featuring RHYMESTER [5:31]
      • 作詩:安岡優、S.Sasaki、D.Sakama/作曲:黒沢薫、宇佐美秀文/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
        • 先輩であり、盟友であるRHYMESTERをフィーチャーした曲。この曲にはアカペラバージョンも存在し、そちらは「Get me on」のアナログ盤に収録されている。
    4. 残照 [4:52]
      • 作詞:山田ひろし/作曲:村上てつや、妹尾武/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
    5. 誓い [5:28]
      • 作詩:安岡優/作曲:黒沢薫/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
        • 18thシングル曲。安岡曰く、テーマは「ハモリ風呂」。
    6. 告白 [4:55]
      • 作詞:村上てつや、山田ひろし/作曲:村上てつや/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
        • 15thシングル曲。「Love Notes」にも収録されなかったが、ここでようやくアルバムに収録された。メンバーはこの曲の事をよく、「ヒット曲2曲に挟まれて不遇の子供みたいでかわいそう」と言う。後に、24thシングル「街角 -on the corner-」のc/w曲に新録(soul tempo)で収録された。
    7. Body Calling [4:20]
    8. It should've been me (that loved you) [4:50]
      • 作詞・作曲:Peter Lord Moreland/編曲:村上てつや、吉弘千鶴子
      ファミリースタンドのカバー曲。
    9. ひとり [3:34]
      • 作詞・作曲:村上てつや/編曲:村上てつや、北山陽一
        • 16thシングル曲。「Love Notes」にも収録されたが、今回がオリジナルアルバム初収録。
    10. 真夜中のコーラス [3:24]
      • 作詞・作曲:村上てつや/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
    11. 約束の季節 [5:17]
      • 作詩:安岡優/作曲:北山陽一、橘哲夫/編曲:K-Muto(Groovediggerz)
        • 17thシングル曲。この曲が発売された夏は冷夏で、「暑かったらもっと売れただろうね」とメンバーはよく言う。
        • この曲の作曲には早稲田大学のサークル「Street Conner Symphony」の後輩グループ、AJIのリーダー・橘 哲夫が参加している。
    12. DAWN~夜明け~ [5:23]
      • 作詩:安岡優/作曲:Bryan-michael Cox、ゴスペラーズ、J.Que
        • 「永遠に」に参加したJ.QueとBryan-michael Coxとの競作。

    カバー[編集]

    ポーカーフェイス