ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND
ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND
GLAYシングル
初出アルバム『SPEED POP
B面 ACID HEAD
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール
プロデュース 佐久間正英
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
Freeze My Love
1995年
ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND
(1995年)
Yes, Summerdays
(1995年)
テンプレートを表示

ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND』(ずっとふたりで/ゴーン・ウィズ・ザ・ウインド)は、GLAYの5枚目シングルである。

概要[編集]

  • 現在は「ずっと2人で…」のみがA面扱いされることが多いが、本来は両A面シングルであり、ジャケットや背表紙にはタイトルが両A面として表記されている(後述)。

収録曲[編集]

  1. ずっと2人で…
    同年3月1日に発売された1stアルバム『SPEED POP』からのリカット。
    結婚するTERUの姉の為にTAKUROが書き下ろした曲で、GLAYの中では「RAIN」に次ぐ2番目に古いバラード曲である。上京後、1990年11月に浦和のライブハウスでもこの曲は披露しているが、TAKUROが雑誌で「あの頃は東京の空気にも慣れた頃で、歌詞なんかすべて忘れちゃっていたからね」と語っている。そして、リリースに至る頃までに何度か歌詞は書き直されている。
    1stアルバム『SPEED POP』に収録されたバージョンでは最後がフェードアウトで終わっているが、シングルでは最後まで完奏している。後に発売されたベストアルバムには全てこのシングルバージョンで収録されている。なお、この曲は『SPEED POP』、『REVIEW-BEST OF GLAY』、『DRIVE-GLAY complete BEST』、『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD』、『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』の5枚のアルバムに収録されている。
  2. GONE WITH THE WIND
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY、佐久間正英
    まだGLAYがインディーズ時代だった頃からあり、1993年夏頃にはライブで演奏。インディーズ時代にはアレンジの異なるバージョンが収録されたオムニバスCD「an Optic」もリリースされている。「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008」ではこのバージョンが演奏され、そのライブ音源はシングル「SAY YOUR DREAM」の隠しトラックの1つとして収録されている。NHK-BS2で放送されたアニメ『バイカーマイス』のオープニングテーマに起用された事もあり当初は両A面でリリースされていたが、現在のディスコグラフィーにおいてはA面表記が無い事が多く、カップリング扱いされていることもある。カップリング曲を集めたアルバム『rare collectives vol.1』でアルバム初収録され、『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』では両A面として収録された。
  3. ACID HEAD
    • 作詞:TAKURO、TERU / 作曲:TAKURO / 編曲:GLAY、佐久間正英
    ライブのクライマックスによく演奏される曲。ライブ音源かのような編集がされているがスタジオ音源であり、曲の始めと終わりに収録されているのはライブをイメージしたSE(効果音)である。曲の終盤では「彼女の“Modern…”」のサビの一節を歌っている。『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』では再録された。

収録アルバム[編集]

ずっと2人で…

GONE WITH THE WIND

ACID HEAD

  • rare collectives vol.1
  • THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (再録)
  • SPEED POP Anthology