[DEATHTOPIA]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > [DEATHTOPIA]
本来の表記は「[DEATHTOPIA]」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
[DEATHTOPIA]
GLAYシングル
初出アルバム『SUMMERDELICS
リリース
規格 CD+DVD、CD
ジャンル ロック
時間
レーベル LSG
作詞・作曲 HISASHI
プロデュース GLAY & SEIJI KAMEDA
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • デイリー2位(オリコン)
  • 週間21位(レコチョク)
  • デイリー1位(レコチョク)
  • デイリー1位(iTunes総合)
  • デイリー1位(mora)
  • 2016年度年間19位(mora・ハイレゾ部門)
GLAY シングル 年表
G4・IV
2016年
[DEATHTOPIA]
(2016年)
テンプレートを表示

[DEATHTOPIA]」(デストピア)は、2016年8月3日にLSG[1]から発売のGLAYの通算54作目のシングル。

概要[編集]

前作より約半年ぶりとなるシングル。2016年6月9日に自主レーベル「loversoul music & associates」を「LSG」に改名。改名後第1弾シングルとしてリリースされた[1]

「デストピア」「超音速デスティニー」共々、HISASHIが楽曲を手掛けている。2曲ともテレビアニメ「クロムクロ」のオープニングテーマとして起用され、HISASHIにとっては初のアニメタイアップソングとなった[2]。本アニメ起用のきっかけは、監督の岡村天斎がHISASHI作詞・作曲の「黒く塗れ!」を気に入って声をかけてくれたと語っている[3]。本2曲について、オフィシャルでは、「アニメに登場する重量感あるロボットを彷彿とさせる力強さとHISASHI独特の言葉選びが特徴的。一方で、GLAYらしいメロディを際立たせるビート感をも併せ持つ至極の楽曲となっている。」と紹介されている[2]。また2曲の新曲に加え、HISASHI作曲のライブ音源を6曲収録[2]

CD+DVD盤の特典DVDには、HISASHI、茂木淳一がパーソナリティを務めるMUSIC ON! TVにて放送中の「RX-72 〜HISASHI (GLAY) VS 茂木淳一〜」のスペシャルバージョンや、「デストピア/超音速デスティニー」のMUSIC VIDEO&Makingのほか、4月に日本武道館で開催された「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova”」のライブ映像を収録[2]

「デストピア/超音速デスティニー」のMUSIC VIDEOは、曲で1つのストーリーが描かれており、“黒の狂気”が街に伝染していく様を全編モノクロの映像で表現したスリリングな内容に仕上がっている[4]

本シングルリリース一週間前の2016年7月26日には、Zepp Tokyoにて、「祝!超音速デスティニー発売記念ライブ "ゼプトピア" TOKYO」が開催された[2]

オリコン週間シングルチャートでは6位と前作より順位、売上ともに成績を落としたが、配信サイト・iTunes、レコチョク、moraではデイリーチャート1位(5月9日付)を獲得した。

収録曲[編集]

CD(全タイプ共通)[編集]

全作曲:HISASHI

  1. デストピア
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・亀田誠治
    テレビアニメ「クロムクロ」第1クールオープニングテーマ[2]
  2. 超音速デスティニー
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・亀田誠治
    テレビアニメ「クロムクロ」第2クールオープニングテーマ[2]AbemaTVAbemaPrime」エンディングテーマ[5]
  3. JUSTICE [from] GUILTY (GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1)
    作詞:TAKURO / 編曲:GLAY
    46thシングル。
  4. 微熱Ⓐgirlサマー (GLAY Special Live at HAKODATE ARENA GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2)
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・亀田誠治
    52ndシングル「HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」の2曲目。
  5. 黒く塗れ! (GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt)
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・亀田誠治
    50thシングル「BLEEZE 〜G4・III〜」の3曲目。
  6. everKrack (GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova”)
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・佐久間正英
    43rdシングル「G4・II -THE RED MOON-」の1曲目。
  7. coyote,colored darkness (ROCK'N' ROLL SWINDLE at NIPPONBUDOUKAN)
    作詞:HISASHI / 編曲:GLAY・佐久間正英
    8thアルバム『THE FRUSTRATED』収録曲。
  8. WORLD'S END (GLAY ARENA TOUR 2007 “LOVE IS BEAUTIFUL”)
    作詞:HISASHI 編曲:GLAY・佐久間正英
    9thアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』収録曲。

DVD[編集]

  • RX-72 -54th SINGLE EDITION- HISASHI×茂木淳一の対談や解説を元に本作を徹底解剖!
  1. デストピア/超音速デスティニー MUSIC VIDEO
  2. デストピア/超音速デスティニー MUSIC VIDEO Making
  3. 彼女はゾンビ(GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova”)
  4. デストピア(GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova”)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b GLAY自主レーベルを「LSG」に改名、新シングル8月発表”. [ナタリー (ニュースサイト) (2016年6月9日). 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「[DEATHTOPIA]」特設サイト”. GLAY公式サイト (2016年6月9日). 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ 「クロムクロ」スタッフインタビュー(HISASHI)”. 「クロムクロ」公式サイト. 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ “黒の狂気”が街を襲う!GLAYニューシングル「[DEATHTOPIA]」MV”. 音楽ナタリー (2016年7月15日). 2016年9月9日閲覧。
  5. ^ GLAYの新曲「超音速デスティニー」が、AbemaTV報道番組のEDテーマに決定”. AbemaTIMES (2016年7月18日). 2016年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]