Bible (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > Bible (曲)
Bible
GLAYシングル
初出アルバム『GUILTY
B面 あの日の少年
Thank you for your love
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル loversoul music & associates
作詞・作曲 TAKURO
プロデュース GLAY & MASAHIDE SAKUMA
チャート最高順位
年表
My Private "Jealousy"
2011年
Bible
2012年
JUSTICE [from] GUILTY
運命論
(2012年)
『Bible』収録のシングル
GUILTY 収録曲
初恋を唄え
(7)
Bible
(8)
Ruby's Blanket
(9)
テンプレートを表示

Bible」(バイブル)は、2012年5月23日に発売された、GLAYの通算45枚目のシングル[1]

解説[編集]

  • 2012年の第1弾シングルで、前作「My Private "Jealousy"」以来、約6ヶ月ぶりのリリース。本作は、“GLAY Official Store G-DIRECT”と通常のレコード店の両方で販売された。
  • CDジャケットの曲タイトルとバンド名の字体は、「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM」の公式スポンサーである江崎グリコ企業ロゴを模した物であり、ジャケットのイラストはKIMSNAKEが手掛けている。
  • Music Videoには、ドラマーの田中廉が出演している。ミュージックステーションでもGLAYと共演し、ドラマーを務めた[2][3]

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. Bible(4分31秒)
    「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico」テーマソング。永井誠一郎のピアノで始まるスピードナンバー。ライブではミュージックビデオ同様に、曲の最後を全員で合唱する。
    TAKUROは、「歌詞の世界観、メロディー、バンドグルーヴと、自分が思う音楽の完成度は、この曲で頂点を極めた。」と語っているが、「この曲の完成後、なだらかな下り坂になるだろうなと言う予感があった。」とも語っている[4]
    TERUは本曲に関して、「TAKUROから2ビートの提案を聞いたとき、最初は合わないのでは?メロディーラインもキレイだし、普通のビートでやった方がいいのでは?アレンジに関しては、もう少し大人なGLAYの方がいいのでは?」と最初はアレンジに関して否定的だったが[5]、「実際やって見ると、だんだん馴染んできて、これはこれでアリだと思い、ライブでも実際やって見たら気持ち良かった。」と語っていた[5]
    RED RIBBON LIVE 2012では、アコースティック・バージョンが披露された[6]
  2. あの日の少年(5分8秒)
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY & MASAHIDE SAKUMA
    TAKUROが少年時代の頃の母親を伺わせるミディアムナンバー。永井誠一郎がレコーディングで初めてサックスを担当した。
  3. Thank you for your love(6分21秒)
    • 作詞・作曲:TERU / 編曲:GLAY & MASAHIDE SAKUMA
    日本ではCD媒体には初収録となる。

DVD (CD+DVD盤のみ)[編集]

"Bible" Special DVD -Road to NAGAI STADIUM-

  1. Bible (Music Video)
  2. ライブ映像
    GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 "RED MOON & SILVER SUN"
    (2012年4月1日福島・會津風雅堂公演より4曲)
    everKrack
    春を愛する人
    つづれ織り 〜so far and yet so close〜
    生きてく強さ
  3. メンバーソロインタビュー
  4. ジャケット撮影メイキング
  5. ミュージックビデオ撮影メイキング

収録アルバム[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

レコーディング・ミキシング
MASAHIDE SAKUMA & FUMIE NAKAZAKI (VITAMIN PUBLISHING INC.)
マスタリング
MITSUKAZU"Quincy"TANAKA with HDC system (BERNIE GRUNDMAN MASTERING)
ミュージックビデオ監督
HIROYUKI NAKANO (Peasedelic)
メイキングビデオ監督
TETSUYA IWAGUCHI
ライブ映像監督
JUN SAITO (TETRAPOT FILMS)
イラスト
KIMSNAKE

脚注[編集]

  1. ^ GLAY Discography”. 2012年11月6日閲覧。
  2. ^ ミュージックステーション 2012年5月25日放送分
  3. ^ ミュージックステーション(2012年5月25日) - 「夢見るドラマー レン坊」より
  4. ^ 『別冊カドカワ × GLAY』 「『JUSTICE』『GUILTY』アルバム全曲セルフライナーノーツ」(P97~103)より
  5. ^ a b 『WHAT's IN?』2013年2月号「GUILTY Self Liner Notes -全曲解説-」(P30~31)より
  6. ^ 2012年11月25日に、SHIBUYA-AXにて開催(TERU、TAKUROのみ出演)。

外部リンク[編集]