JIRO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JIRO
出生名 和山 義仁
生誕 (1972-10-17) 1972年10月17日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道函館市
学歴 函館大谷高等学校
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
作曲家
作詞家
ベーシスト
担当楽器 ベース
コーラス
ギター
活動期間 1990年 -
レーベル loversoul music & associates
共同作業者 GLAY
THE PREDATORS

JIRO(ジロウ、1972年10月17日 - )は、日本ミュージシャンで、GLAYTHE PREDATORSベーシストとして知られる。本名、和山 義仁(わやま よしひと)。

北海道函館市出身。函館大谷高等学校卒業。身長170.3cm。

人物[ソースを編集]

  • 血液型はA型。
  • 最年少メンバーにして[1]GLAYの副リーダー的存在。また、the pillowsのトリビュート・アルバムにも参加経験あり。
  • メンバーの芸名では唯一本名に由来していない(TAKUROHISASHIは下の名前をそのまま、TERUは本名の照彦の略称である)。由来は、GLAY加入前に所属していたバンド「ピエロ[2]」のボーカリストに名前を聞かれ、とっさに「JIRO」と答えたため[3]。本人も、何故自分が「JIRO」と言ったのかまったく分からないらしい。
  • GLAYのメンバーを呼ぶ際は、TAKUROは「TAKUROくん」、HISASHIなら「トノくん」、TERUなら「テッコくん」と呼んでいる。また元メンバーのAKIRA(上島明)のことは「ウエシマくん」、NOBUMASA(大庭伸公)のことは「オバちゃん」と呼んでいた。
  • ギターのように大きく腕を振って弾く、独特な奏法でベースを弾いている。ベースはギターと違い、和音ではなく単音を的確に弾く必要があるため、弾かない弦をミュートしている。また、影響を受けたベーシストに、元ガンズ・アンド・ローゼズダフ・マッケイガンZIGGY戸城憲夫を挙げている[4]
  • その端正な顔立ちから、女性に非常に人気があり、芸能人でも武井咲佐々木希がJIROのファンを公言している。メンバー曰く、実際にGLAYの中で一番モテるのはJIROで、TAKUROは女の子からJIROのことについての相談も多々あったという。
  • 優れたファッションセンスの持ち主で、衣服にあまりこだわらないTAKUROから相談されるほど。代官山でJIROとは気付かれずに「雑誌のオシャレ選手権に出ないか」とスカウトされたこともある。
  • デビュー当初はローラーブレードを履いてスタジオ入りした事があり、事務所側から叱責された。
  • 趣味カメラスノーボード。特にカメラは、風景などを撮るのが好きで、GLAYの会報内でコーナーも設けられている。このコーナーでは、ファンからの投稿も採用しその時々の季節感やテーマにそっている。また、シングル「Precious」では、JIROが撮影した写真がCDのジャケットに用いられている。
  • GLAYでもTHE PREDATORSでも、稀に作曲をする。自身が作曲したGLAYの楽曲「SHUTTER SPEEDSのテーマ」は、特にライブでも盛り上がる楽曲となっている。
  • GLAYではTERUに次いでメインボーカルを担当することがあり、「SHUTTER SPEEDSのテーマ」「ストロベリーシェイク」「THE BIRTHDAY GIRL」などで自ら歌っている。なお、2005年からは、THE PREDATORSのベーシストとしても活躍。
  • HISASHIとは、なぜか2人きりになると気まずいムードになってしまう事が多いとのこと。ただ、決して仲が悪いわけではない。メジャーデビューから10年経ってようやく2人きりで飲みに行った、とのこと。
  • インディーズ時代は「ハツリ屋」などのバイトをしていた。
  • TAKUROから新曲を聴かせられた際、TAKUROに対し「古いよ」と意見した事がある。TAKUROはこれまでにない自信作としてメンバーに新曲を聴かせたが、JIROだけが頭を抱えており、TAKUROが歩み寄り「この歌は俺自身なんだよね」と言いかける寸前に「TAKUROくん、こういうのって古いんだよね」と言われ、TAKUROは「俺は古いのか〜」とJIROに気付かされたとのこと。このエピソードは、TAKURO自身が「音楽活動をしていて一番辛かったこと」として語っている。
  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズレディオヘッドニルヴァーナチャットモンチーのファン。
  • TAKUROと同じ幼稚園に通っており、小学校もTAKUROが転校するまでは一緒だった。
  • セカンドシングルである真夏の扉では、プロデューサーであった土屋昌巳から、「ピックで(ベース)弾いてるの?駄目だよ、それじゃあ。」と言われたところ、JIROはその場でピックを外したと言う。土屋は「ピックと指とで弾けるようにしろ、という意味でのアドバイスだった」と語っている。
  • 揚げ物が苦手な模様で、1994年のツアーで回った名古屋で味噌カツを食べた所、のちに蕁麻疹や高熱が出たためそれ以降、揚げ物は一切口にしなくなったという。

経歴[ソースを編集]

出生〜小学校時代[ソースを編集]

  • 頑固な職人の父を持ち、母、そして姉が1人、妹が2人いる。
  • 子供の頃、JIROの家では父親の言う事は絶対に従わなければならず、口答えをすれば殴られ、テレビのチャンネル優先権も父親が握っており、まさに"亭主関白"であった。
  • JIROは小さいながらも力があり、父親が仕事に出て行くのに付いて行こうとしたのを、とめようとした母親に抑えられ、肩を脱臼したこともある。

中学時代[ソースを編集]

  • バスケットボール部に入部するが1年程で退部する。時間的に余裕があったJIROは音楽に興味を持ち、エレキギターをもっている友人にギターを借りる。しかし、母親に「そんな高価なものはすぐに返しなさい」と叱られ、渋々ギターは返したがこのことがJIROに「何が何でもギターを買う」という決心をもち、新聞配達アルバイトで貯めたお金でギターを買った。その後、友人と「ネクストビート」というバンドを結成。

高校時代[ソースを編集]

  • 高校入学後に「セラヴィ」というバンドにギターとして加入。高3の頃にベースに転向、「ピエロ」に加入した。理由は「ピエロに入れるならベースでもいい。」ということから。友人の持っているベースと自分の持っているギターを交換した。
  • 1年早く上京していたGLAYが帰郷した際に対バンする。その打ち上げでTAKURO東京へ行くことを薦められ、高校卒業後はピエロのメンバーと上京することになった。

上京〜インディーズ時代[ソースを編集]

  • 上京したものの、「ピエロ」は解散。その後はいくつかのバンドを渡り歩く。
  • 1992年
    • 8月 - TAKUROに誘われ、GLAYに加入。当初は「社交辞令程度の軽い気持ち」だったようだ。しかし、持ち前の積極的な行動力によりGLAYの人気は次第に上がっていた。

メジャーデビュー以降[ソースを編集]

  • 1994年
    • 5月 - GLAYのベーシストとしてシングル「RAIN」でメジャーデビュー。デビュー時にはバンド内で唯一短髪で髪も逆立てない普通の格好をしていたが、90年代後半は奇抜なヘアメイクと派手な衣装を着るようになる。特に1998年辺りの「アロエヘア」(当時出されたアルバム『pure soul』と掛けて“pure soulヘア”とも呼ばれる)はとても特徴的なものとなった。
  • 1999年
    • 2月 - 音楽雑誌『WHAT's IN?』で連載していたものをまとめた、初の単行本『キャラメルブックス』を発売。
  • 2000年
    • GLAY ARENA TOUR 2000 “HEAVY GAUGE”の頃、精神的に参っていた時期があった。ライブ中もずっと下を向くなどの行為が目立ち、ファンからも心配の声が上がった。TAKUROも「解散してもいいからJIROを休ませてあげたい」と発言するほどであったが、その時期を乗り越え現在に至る。その時期を支えてくれた、JIROが毎月連載していた音楽雑誌『WHAT's IN?』の編集者と同年12月に結婚。
  • 2001年
    • 7月 - 『キャラメルブックス』の続編、『キャラメルパビリオン』を発売。
  • 2004年
  • 2005年
  • 2006年
  • 2008年
    • THE PREDATORSの活動を再開。
    • 10月15日-セカンドミニアルバム『牙をみせろ』を発売。
    • SHOOT THE MOON TOURを開催。
  • 2009年
    • 2月4日『LIVE DVD-SHOOT THE MOON TOUR 2008.11.4 Zepp Zokyo』を発売。

参加作品[ソースを編集]

発売日 タイトル アーティスト名 備考 規格
1996年3月15日 SPEED BALL D.I.E. 「CLOCKWORK LOVE #1」「CLOCKWORK LOVE #2」にベースで参加。 CD
1996年11月30日 Mind Drum TOSHI NAGAI 「Inguz」にTERUがドラム、HISASHIがギター、JIROがベースで参加している。 CD
1998年4月1日 FRAGILE D.I.E. 「ANGEL'S BACK」にベースで参加。 CD
1999年7月21日 D.O.S.Drum TOSHI NAGAI 「Laissez-moi Tranquille!」にTAKURO、HISASHIがギターで、JIROがベースで参加。 CD
1999年7月31日 明日に架ける橋 JUNKO 「明日に架ける橋」にTAKUROがギター、オルガンで、HISASHIがギター、サウンドプロデュース、ミックス、JIROがベース、TOSHI NAGAIがドラム、D.I.Eがピアノ、キーボードで参加。 VHS
2004年9月16日 SYNCHRONIZED ROCKERS V.A. 「Sad Sad Kiddie」にYUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO'S SESSION名義で参加。ベースを担当。 CD
2006年10月20日 IN THE MOOD 氷室京介 「SAY SOMETHING」にTAKURO、JIRO、Toshi Nagaiと共に演奏で参加。TERUもコーラスで参加している。 CD
2016年4月6日 STROLL AND ROLL the pillows 「カッコーの巣の下で」「STROLL AND ROLL」にベースで参加。 CD

使用ベース[ソースを編集]

GLAYのプロデューサー佐久間正英が立ち上げたブランドTopDogより提供されたものをメインとして使用。

  • TopDog JRO-01 JB Type
JIROのメインベース。'95年(アルバム「BEAT out!」の頃)に入手して以降愛用し続けており、JIRO自身「初号機の代わりになるベースは絶対にありえない」と語るほど。
佐久間が自身の所有する1972製のフェンダー・ジャズベースを手本として製作したもの。シリアルナンバー#008。
ボディはアルダー製で、カラーはシースルー・ロイヤル・ブルー・フィニッシュ(佐久間の手塗りによる)。ピックガードはパーロイド板。
ネックメイプル製で、指版もメイプルの21F 864mm ロングスケール。ピックアップはフロントがセイモア・ダンカン SJB-1n(From SGCraft BBS 1781)、リアはセイモア・ダンカン SJB-1b。ペグはゴトー(Gotoh) GB-2、ナットはGraph Tech TASQ #1000-00。ブリッジはゴトー GEB201。
  • TopDog JRO-02 PB Type
  • TopDog JRO-03 JB Type
3種類所有しており、シリアルナンバー#000003のもの、#000068のもの、フレットレスのものがある。
#000003は、元々青色だった物をシルバーフレークに再塗装した。その際、ピックアップをリンディー・フレーリン製からセイモア・ダンカン製に変更している。ライブ中に投げて落とした事によりボディを破損。修理したものの音が変わってしまったため、内部サーキット等はそのままでボディのみを新しくした。新しいボディは、ラメが大粒に変更されている。
1960年代に作られたヴィンテージのベース。アルバム「THE FRUSTRATED」ではこのベースを使用し、今までは自分が嫌いだった、バックでサポートするような目立たない音でレコーディングを行ったという。X-ratedツアーで主に使用。
メジャーデビューシングル「RAIN」のレコーディングで初めてロサンゼルスを訪れた際に購入したベース。'72年製。TopDogよりも初期から使用している。
コントロール部の大きなツマミはバリトーン・スイッチで、音色を4つのモードに切り替えが可能。また、低音弦(4・3弦)の音が大きいということで、全弦のバランスを取るべく各ピックアップの高さは2・1弦側を高めに設定されている。
  • Stud-B Electric Woodbass Excel
エレクトリック・アップライト・ベースだが、ウッドベースのフィーリングで使用できる。ピエゾ・ピックアップとマグネット・ピックアップを搭載している。

連載[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

  • キャラメルブックス1999年ソニー・マガジンズ
    音楽雑誌『WHAT's IN?』での連載の初の書籍化。
  • キャラメルパビリオン2001年、ソニー・マガジンズ)
    音楽雑誌『ワッツイン』での連載の書籍化第2弾。
  • ビンゾー&ジロゾーのウォーカー・ブラザーズ東京2003年角川書店
    MAYA MAXXとの共著。「友だちが来たら、連れていってあげたい、見せてあげたい東京」をテーマに、MAYA MAXXとJIROがビンゾー&ジロゾーに扮し、東京の各所を紹介するガイドブック。
  • JIRO/GLAY2008年、ベース・マガジン編集部)
    音楽雑誌『ベース・マガジン』の増刊号。

出演[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ HISASHIも生まれた年は1972年と同じだが、2月2日生まれの早生まれであり、学年はJIROより1学年上(TAKURO・TERUと同学年)になる。
  2. ^ (当時、函館で人気のあったバンドであり、JIROの友人がメンバーにいた。PIERROTとは全く関係がない)
  3. ^ JIRO『キャラメルブックス』ソニーマガジンズ、1999年、158頁
  4. ^ 2005年に刊行された「別冊カドカワ 総力特集GLAY」内のインタビューにおいて