彼女の“Modern…”

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > 彼女の“Modern…”
彼女の“Modern…”
GLAYシングル
初出アルバム『SPEED POP
B面 INNOCENCE
リリース
ジャンル ロック
J-POP
レーベル ポリドール
作詞・作曲 TAKURO
プロデュース 佐久間正英
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
真夏の扉
1994年
彼女の“Modern…”
(1994年)
Freeze My Love
1995年
SPEED POP 収録曲
HAPPY SWING
(2)
彼女の"Modern..."
(3)
ずっと2人で...
(4)
テンプレートを表示

彼女の“Modern…”」(かのじょのモダン)は、GLAYの3枚目のシングルである。

概要[編集]

佐久間正英をプロデューサーに迎えた3作目のシングル。このシングル以降佐久間は亡くなる直前の2013年まで専属プロデューサーを務める。GLAYのインディーズ時代後期の頃の曲で、1993年夏~秋頃に集中して作った曲である。同時期には「真夏の扉」、「Freeze My Love」などがある。

GLAY初のノンタイアップシングル。この曲をリリースする前、TAKUROは、「俺の好きなバンドは、みんな3枚目のシングルでブレイクしているんだ。これが勝負曲だよ。」と意気込んでいたが、最高順位が45位と、MEN'S 5の「“ヘーコキ”ましたね」よりもオリコンの順位が低かったため、メンバー会議が行われた。その後TAKUROは「いつかこの曲を100万人に聞かせてやる」という野望を抱き、ベストアルバムREVIEW-BEST OF GLAY』では真っ先にこの曲を選曲したと語る。2013年現在、GLAYのシングルでは順位・累計売上共に最も低い(ただし、「天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく」の地方盤を除く)[1]。なお、2曲共、このシングルに収録されているドラマーはJIROが学生時代に大好きだったバンド“DEAD END”の元ドラマー湊雅史が担当している。

収録曲[編集]

  1. 彼女の“Modern…”
    このシングル自体の売り上げは低かったものの、計3枚のベストアルバムに収録され、ライブでも頻繁に演奏されている。2010年に発売された42枚目のシングル「Precious」に再録バージョンが収録された。
    MVVIDEO GLAYに収録)には、元ドラムスのNOBUMASA(当時サポートメンバー)が出演している。
  2. INNOCENCE
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY、佐久間正英
    当初はシングルの表題を争った。
  3. 彼女の“Modern…”(オリジナル・カラオケ)
  4. INNOCENCE (オリジナル・カラオケ)
    カップリング曲としては唯一この曲のみにカラオケバージョンが存在する。

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]