グロリアス (GLAYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > グロリアス (GLAYの曲)
グロリアス
GLAYシングル
初出アルバム『BEAT out!
B面 Believe in fate
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル プラチナム・レコード
作詞・作曲 TAKURO
プロデュース 佐久間正英
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1996年度年間40位(オリコン)
GLAY シングル 年表
生きてく強さ
1995年
グロリアス
(1996年)
BELOVED
(1996年)
BEAT out! 収録曲
週末のBaby talk
(8)
グロリアス
(9)
軌跡の果て
(10)
ミュージックビデオ
「グロリアス」 - YouTube
テンプレートを表示

グロリアス」は、GLAYの8枚目のシングルである。1996年1月17日プラチナム・レコードから発売された。今作で、シングルとして初のオリコントップ10入りを果たした。

概要[編集]

  • 2ndアルバム『BEAT out!』の先行シングル。
  • 元々このアルバムは1995年11月リリースを予定していたが、担当者から「アルバムを出す前にもう1枚シングルを出してほしい」と「待った!」がかかり、急遽作られた曲である。[要出典]
  • 表題曲は、「ヴィクトリアCMソングに起用。元々同CMの曲だったのは「都忘れ」の予定だったが、出演する内田有紀が「グロリアス」のほうが良いということで変更になった。[要出典]
  • この曲の製作時に於ける裏話が、HISASHIの単行本『ありがとう』に掲載されている[1]

収録曲[編集]

  1. グロリアス [4:50]
    作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY、佐久間正英
    • 仮タイトルは「モーターバイク」であった。[要出典]
    • TAKUROは、この曲の歌詞は幼少時代から青春時代までを過ごした函館で見ていた景色そのものだと『NEWS ZERO』の特別番組内にて語っている。[要出典]
  2. Believe in fate [4:11]
    作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY、佐久間正英
    • メンバー曰く「やっても盛り上がらない」ということであまりライブでは演奏されない。[要出典]
  3. グロリアス (オリジナル・カラオケ

収録アルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HISASHI『ありがとう』62頁「蟻烈伝VOL.8 デスクトップ烈伝」