灰とダイヤモンド (GLAYのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > 灰とダイヤモンド (GLAYのアルバム)
灰とダイヤモンド
GLAYスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年10月 - 1994年1月
(STUDIO 450)
(BAZOOKA STUDIO)
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル エクスタシーレコード
プロデュース GLAY
チャート最高順位
GLAY 年表
灰とダイヤモンド
(1994年)
SPEED POP
1995年
テンプレートを表示

灰とダイヤモンド』(はいとダイヤモンド)は、日本ロックバンドであるGLAYの、インディーズ1枚目のアルバムである。

1994年5月25日エクスタシーレコードよりリリースされ、2000年9月13日にも再リリースされている。

2014年5月25日には、GLAYデビュー20周年を記念して、本作の復刻盤『灰とダイヤモンド Anthology』をリリース(後述)。

解説[編集]

1993年10月、東京近郊のライブハウスで行われたGLAYのライブにYOSHIKIが訪れ、スカウトされ、同日にエクスタシーレコードと契約[2]。その後、インディーズ時代唯一のアルバムとして制作されたのが本作であり、メジャーデビューシングルRAIN」と同時にリリースされた。

当時は、ドラマーにAKIRAが在籍していたが、レコーディングが終了した1994年1月に脱退したため、AKIRA在籍時の唯一のアルバムでもある[3]

この後にメジャーシングルとしてリリースされることになる「RAIN」、「真夏の扉」、「彼女の“Modern…”」はインディーズ当時のアレンジ・バージョンで収録されており、また、「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」、「KISSIN' NOISE」も後にベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』に、「TWO BELL SILENCE」、「BURST」もベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』に再録バージョンで収録された。

帯には「-限りなく漆黒に近い純白-」と書かれている。

2015年5月20日より、iTunesにて、本作を含む『MUSIC LIFE』までのオリジナルアルバム全作品をリマスタリングし、世界116ヶ国に向けて再配信された[4][5]

評価[編集]

音楽ライターの佐伯明は、本作を「音の厚みやエコー感などを含め、まさに初々しいGLAYが封入されている。しかし、楽曲のまとまりには光るものがあり、当時からポップなものに向かって精進していたバンドであったことがわかる。」と評価している[6]

収録曲[編集]

  1. 真夏の扉 (GLAY VERSION)
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    後に2ndシングルとしてリリースされるものとはアレンジ・テイクが異なっており、歌詞も一部異なる。
  2. 彼女の“Modern…”
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    後に3rdシングルとしてリリースされるものとはアレンジ・テイクが異なっており、最後のサビの歌詞も若干長くなっている。
  3. KISSIN' NOISE
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    1993年に発売されたデモテープ「GREATEST SHADOW」、1994年に発売されたオムニバスアルバム『Cry Max Pleasure』にもそれぞれ違うバージョンにて収録されている。
    後にリリースされるベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』に再録バージョンが収録された。
  4. ひどくありふれたホワイトノイズをくれ
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    ゆっくりとしたテンポで、6分を超える曲。1993年に発売されたデモテープ「GREATEST SHADOW」には、「TEARS SONG」というタイトルで収録されている。
  5. RAIN (GLAY VERSION)
    • 作詞:YOSHIKI 作曲:YOSHIKI、TAKURO 編曲:GLAY
    同時発売されたメジャーデビューシングル。シングルバージョンとはアレンジが大きく異なっており、ピアノを基調にしたアレンジがされている。また、曲中の英語の語りもカットされている。
  6. LADY CLOSE
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    1993年に発表されたオムニバスデモテープ「魔女狩りNIGHT VI」に別バージョンが収録されている。『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』を最後に演奏はされていない。
  7. TWO BELL SILENCE
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    1992年に発表されたデモテープ「DANCE VISION」に別バージョンが、41stシングル「I am xxx」の通常盤に隠しトラックとしてライブバージョンが収録されており、ベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』には再録バージョンが収録された。
  8. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    ギターのザクザクとしたリフがこれでもかと刻まれるハイ・スピード・ナンバー[7]。1993年に発売されたオムニバスアルバム『SEDUCTION』に別バージョンが収録されている。
    「KISSIN'NOISE」と同じく、ベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』に再録バージョンが収録された。
  9. BURST
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    初期GLAYの混沌としたパンク・チューン[7]。CDジャーナルは、「メロディで聴かせるのではなく、コール&レスポンスを誘うようなライヴ感あふれる一曲。」と評価している[7]
    ベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』には再録バージョンが収録された。
  10. if〜灰とダイヤモンド〜
    • 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY
    アコースティック・バラード[7]。CDジャーナルは、「壮大かつ切ない楽曲にあって、TAKUROのギター・テクニックとアレンジが特に光るナンバー」と評価している[7]
    1999年のTAKUROプロデュースのファンクラブライブにてTERU弾き語りで演奏した。

灰とダイヤモンド Anthology[編集]

灰とダイヤモンド Anthology
GLAYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル loversoul music & associates
プロデュース GLAY
GLAY & MASAHIDE SAKUMA(Disc 1 #11-13)
チャート最高順位
  • 10位(オリコン)[8]
  • 登場回数5回(オリコン)[8]
GLAY 年表
JUSTICE
GUILTY
2013年
灰とダイヤモンド Anthology
(2014年)
MUSIC LIFE
(2014年)
テンプレートを表示

灰とダイヤモンド Anthology』(はいとダイヤモンド・アンソロジー)は、日本のロックバンドであるGLAYのインディーズ・アルバム『灰とダイヤモンド』の復刻盤。

2014年5月25日に、loversoul music & associatesから発売。

概要[編集]

20th Anniversary Yearの3ヶ月連続リリース第1弾としてリリース[9]。3枚組仕様でリリースされ、Disc-1にインディーズ・アルバム『灰とダイヤモンド』のリミックス&リマスタリングやボーナストラックを収録。Disc-2にインディーズ時代のDEMO音源とデビュー当時のラジオ出演番組を収録。Disc-3が、『Document of 灰とダイヤモンドDays』を収録したDVDとなっている。

スペシャルパッケージ仕様で、当時のメンバーのオフショットやレコーディング風景、ライブ写真のほか、雑誌、新聞などの資料を掲載した全64Pのプレミアフォトブックを付属[9]

本作の発売に当たり、GLAY MOBILEサイトにはTAKUROのコメントがアップされている[10]

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. 真夏の扉 (GLAY VERSION)
  2. 彼女の“Modern…”
  3. KISSIN' NOISE
  4. ひどくありふれたホワイトノイズをくれ
  5. RAIN (GLAY VERSION)
  6. LADY CLOSE
  7. TWO BELL SILENCE
  8. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  9. BURST
  10. if〜灰とダイヤモンド〜
  11. 彼女の“Modern…” (Rerecording 2011)
  12. TWO BELL SILENCE (Rerecording 2009)
  13. BURST (Rerecording 2009)
  14. 灰とダイヤモンドメドレー
    • 真夏の扉/LADY CLOSE/ひどくありふれたホワイトノイズをくれ/TWO BELL SILENCE (GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Ver.)

※#1 - 4・6 - 9、リミックス #5・10、リマスタリング

※#1・2は、DEMO歌詞VER.で収録[11]

※#11 - 13、編曲:GLAY & MASAHIDE SAKUMA

Disc 2[編集]

  1. bayfmBay Factory Special YOSHIKI All Works” 1994.6.22
  2. KISSIN' NOISE
    オムニバスアルバム『Cry-Max Pleasure』に収録されている音源。
  3. TEARS SONG
    デモテープ「GREATEST SHADOW」に収録されている音源。
  4. AIR-GFM ROCK KIDS”1994.10.1
  5. GONE WITH THE WIND
    スプリットシングル「an Optic」に収録されている音源。
  6. 魔女狩り
    デモテープ「SPEED POP」に収録されている音源。
  7. FMいるか“ランチBOXリクエスト”1994.5.28
  8. ANSWER
    デモテープ「SPEED POP」に収録されている音源。
  9. TWO BELL SILENCE
    デモテープ「DANCE VISION」に収録されている音源。
  10. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
    オムニバスアルバム『SEDUCTION』に収録されている音源。
  11. HBCラジオ“ぐるっと道南お昼です”1994.5.28
  12. JULIA
    デモテープ「SPEED POP」に収録されている音源。

DVD[編集]

  • Document of 灰とダイヤモンドDays
20年前のライブ映像やMUSIC VIDEO、元Kill=slaydおよび現C4TOKIを始めとした当時の関係者達のインタビューをメンバー全員で解説するアーカイブドキュメント作品(全46分)を収録。

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

CD[編集]

レコーディング・エンジニア
YOSHINORI SHIMIZU(#1-10)
アシスタント・エンジニア
JET KITAGUCHI(『灰とダイヤモンド』)
マスタリング
KEIKO UEDA(『灰とダイヤモンド』)
KAZUSHIGE YAMAZAKI (FLAIR MASTERING WORKS)(『灰とダイヤモンド Anthology』Disc 1・2)
リミックス & リマスタリング
Koniyoung (KURID INTERNATIONAL)(#1-10:『灰とダイヤモンド Anthology』Disc 1)
ライブ音源レコーディング・ミキシング
NORIYUKI KISOU (v.f.v studio inc.)(#11-14:『灰とダイヤモンド Anthology』Disc 1)
ディレクター
TAICHIRO KITAMURA (OFFICE KITAMURA)(#1・4・7・11:『灰とダイヤモンド Anthology』Disc 2)

DVD[編集]

監督
JUN SAITO (TETRAPOT FILMS)
ラインプロデューサー
IPPEI WATANABE (COCOON)
ビデオエンジニア
AKIFUMI WATANABE
オーサリング
SAWAKO RYUKO (BERNIE GRUNDMAN MASTERING)

記録[編集]

オリコンアルバムチャートでは、発売から約3年8か月後の1998年1月19日付で100位圏内に初登場し、翌週の26日付で最高位の57位を記録した[1]

『灰とダイヤモンド Anthology』では、発売日の関係で2日間のみの集計だったが[12]、オリコンアルバムチャートの2014年6月2日付にて、初登場10位を記録。原盤『灰とダイヤモンド』を含めると、初のトップ10入りを記録し、これまでの最高位を57位から大幅に更新した[1]

脚注・注釈[編集]

  1. ^ a b c d オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ GLAY BIOGRAPHY 1993”. GLAY公式サイト. 2013年7月9日閲覧。
  3. ^ ただし、メジャーデビュー後に発表された「真夏の扉」、「Life 〜遠い空の下で〜」では、AKIRAがドラムを担当している。
  4. ^ “iTunesでニューシングル&全タイトルの高音質配信スタート”. GLAY公式サイト. http://www.glay.co.jp/news/3rd.php?id=1432033029 2015年5月22日閲覧。 
  5. ^ なお、iTunesにて再配信された音源は、『灰とダイヤモンド Anthology』のようにリミックスはされておらず、リマスタリングのみが施されている。
  6. ^ WHAT's IN? GLAY ISSUE DX.』「GLAY, DISCOGRAPHICAL DISC REVIEW -インディーズ(エクスタシーレコード)『灰とダイヤモンド』-」(P163)より
  7. ^ a b c d e GLAY / 灰とダイヤモンド”. CDジャーナルweb. 2013年7月9日閲覧。
  8. ^ a b 「灰とダイヤモンド」Anthologyオリコン芸能人事典)2014年12月20閲覧。
  9. ^ a b GLAY NEWS & INFO『「灰とダイヤモンドAnthology」予約受付スタート!』”. GLAY公式サイト. 2014年4月4日閲覧。
  10. ^ TAKURO「灰とダイヤモンドAnthology」を語る”. GLAY MOBILE. 2014年4月20日閲覧。
  11. ^ DISC1 灰とダイヤモンド Remix & Remastering 2014”. 「灰とダイヤモンド Anthology」特設サイト. 2014年5月2日閲覧。
  12. ^ オリコンアルバムデイリーチャート 2014年5月24日・5月25日付

外部リンク[編集]