プラチナム・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プラチナム・レコード (Platinum Records) は、1992年4月にYOSHIKIX JAPAN)が設立したレコードレーベル。会社名はジャパンミュージックエージェンシー(Japan Music Agency)。制作・発売元はポリドール株式会社(現:ユニバーサルJ)、流通・販売業務は親会社のポリグラムユニバーサルミュージック)株式会社が担当していた。

概要[編集]

エクスタシーレコードでリリースしたアーティストが次々とメジャーに移籍してしまうため、YOSHIKIが自ら設立したメジャーレーベルである[1]。レーベル名はアメリカで100万枚を売り上げたレコードを意味する「プラチナム」に由来する[1]。所属第1号アーティストはGLAYで、ほかにDear、Breath、RAMARが所属した。1998年にGLAYが、翌1999年にRAMARがそれぞれプラチナム・レコードからアンリミテット・レコード(ポリドールが販売権を持っていたが、RAMARの移籍と前後してポニーキャニオンに販売権が移行)に移籍したことで、プラチナム・レコード名義での活動は見られなくなった。

後に発足した芸能事務所プラチナムプロダクションとは何の関係もない。

在籍していたアーティスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日経エンタテインメント!』1998年3月号(No.12)、日経BP社、25頁。