GLAY EXPO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GLAY EXPO』(グレイ エキスポ)は、日本のロックバンド・GLAYが開催する大規模ライブイベントである。

概要[ソースを編集]

タイトルである「EXPO」とは、メンバーのHISASHIが子供の頃に見た宇宙科学博覧会をモチーフにして命名したもの[1]。当初、1999年に幕張メッセのオープン10周年記念イベントとGLAYの結成10周年記念イベントを兼ねるものとして行われたが、2001年・2004年の開催以降、GLAYの代表的なライブイベントとなった。

EXPOのコンサート自体は大規模な駐車場やスタジアム等に特設ステージを設けて行う。付近に「EXPO館」というGLAYにまつわる様々なもの(歌詞のメモやメンバー使用の楽器・衣装等)を展示した施設や、GLAYと関わりの深いメディアや団体が出展したブースを設ける。

GLAYのメンバーは夏期に開催するこのEXPOを「独自のフェス」と考えており、同じく夏期に催される様々なロック・フェス等イベントに出演しないのは、このためである。

GLAY EXPO '99 SURVIVAL[ソースを編集]

1999年7月31日、幕張メッセのオープン10周年・GLAY結成10周年を記念して開催。期間前後には、日本航空とのタイアップで、「GLAYジャンボ」が就航された。新聞・テレビ・ラジオを問わず多くのメディアが当日の模様を報じ、芸能関係を扱うスポーツ紙のみならず、一般紙の一面にも記事が掲載されるなど、社会現象になった。

パラボラアンテナを模した特設ステージは“音楽の発信基地”というコンセプトのもとに作られた。単独アーティストによる有料コンサートとしては世界最大級であり、その観客総動員数から“20万人ライヴ”と言う別称が付き、今ではこちらの呼び方が一般的になっている(ファンやメディアだけでなく、GLAYのメンバー自身もそう呼んでいる)。ライヴは最初の5曲(「HAPPY SWING」から「More than Love」まで)を会場中央に作られた小さな円形ステージで行い、「サバイバル」以降の曲はメインの前方ステージで演奏した。チケットが取れずに、会場近くの歩道橋から見る人も多く見受けられた。ライブ終了後、20万人全ての観客が退場したのは、日付が変わった深夜0:30だったという。

TAKUROは「『ウッドストックのようなイベントをやりたい』という夢が叶ったと言う感じ。ステージに立っている時は間違いなく歓喜だった。その一方、この後何をどうしたらいいんだろうと言う虚脱感が襲ってきて、一時GLAYをどうするかと言う迷いが出たのも事実。結果的にそれ以降のGLAYを作っていくきっかけになったイベント」と後に語っている。

データ[ソースを編集]

  • 会場:千葉県千葉市美浜区幕張メッセ駐車場特設ステージ
  • 日時:1999年7月31日
    • 開場:10時30分 開演:16時30分 終演:19時30分
  • 入場者数:20万人(日本音楽史上最大動員)
  • 総制作費:30億円
  • 会場総面積:18.5ha(東京ドーム約4個分に相当)
  • 会場規模:縦700m、横264m
  • ステージ規模:全長145m、高さ40m
  • 照明:15,000台
  • 音響:30t
  • 大型ビジョン:700インチ1台(ステージ上に配置)、400インチ2台、11面の大型モニター
  • 終演後花火本数:1,500本
  • 機材総重量:4,650t(11t車350台、20t車40台)
  • 総スタッフ数:7,500人(アルバイトを含む)
  • 警備員:3,000人
  • 警察官:320人
  • 消防士:80人
  • 救護施設:7カ所(医師:6人、看護師:104人)
  • 仮設トイレ:1,500個
  • ツアーバス:500台
  • 臨時シャトルバス:600本
  • JR臨時便:39本
  • 海浜幕張駅駅員:150人(通常10人)
  • 取材メディア:TV・35番組、新聞・15紙、雑誌・50誌
    • 海外取材者数:100人
  • 臨時宿泊所:6,000人収容
  • 当日の気温:33℃

演奏曲[ソースを編集]

  1. HAPPY SWING
  2. 口唇
  3. グロリアス
  4. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  5. More than Love
  6. サバイバル
  7. 生きてく強さ
  8. Yes, Summerdays
  9. summer FM
  10. INNOCENCE
  11. Freeze My Love
  12. HOWEVER
  13. ここではない、どこかへ
  14. LADY CLOSE
  15. TWO BELL SILENCE
  16. MISERYhideのカバー)
  17. 誘惑
  18. COME ON!!
  19. ACID HEAD
アンコール
  1. I'm yours
  2. BE WITH YOU
  3. I'm in Love
  4. 彼女の“Modern…”
  5. ビリビリクラッシュメン
  6. BURST(曲の間にRAINを挟んでいる)

GLAY EXPO 2001 “GLOBAL COMMUNICATION”[ソースを編集]

北海道東京都福岡県の3会場にて、異なったステージセット・コンセプトにより、日本を縦断する形で行われた、2回目のEXPO。それぞれ会場の規模は、EXPO '99より劣るが、3会場トータルで28万人を動員。

開演前のオープニングムービーや、EXPO館をはじめ各方面によるブースの充実など、前回よりフェスティバルの要素が強いイベントとなった。

東京会場[ソースを編集]

2001年7月28日29日に、東京スタジアムで開催された。また、この公演で初めてライブ会場として、東京スタジアムが使用された。

オープニングでは石原慎太郎ジャッキー・チェンダウンタウン等、80名以上に及ぶ各方面の著名人や市井の人々らによるコメント映像を上映(下記で詳述)。TERUによる、エルビス・プレスリーをモチーフにしたシンガー“TELVIS(テルビス)”も登場した。

データ[ソースを編集]

  • 会場:東京スタジアム
  • 日時:2001年7月28日、29日
    • 開場:14時00分 開演:16時30分 終演:20時30分
  • 入場者数:10万人(5万人×2公演)
  • 総制作費:15億円
  • ステージ規模:全長80m、高さ25m
  • 照明:1,200台
  • 音響:15t
  • 大型ビジョン:700インチ1台(ステージ上に配置)、350インチ2台
  • 機材総重量:1,100t(11t車100台)
  • 総スタッフ数:2,000人(警備・アルバイトを含む)
  • 救護施設:2カ所(医師:1人、看護師:5人)
  • ツアーバス:60台

演奏曲[ソースを編集]

7月28日
  1. GLOBAL COMMUNICATION
  2. Super Ball 425
  3. MERMAID
  4. FATSOUNDS
  5. 口唇
  6. ひとひらの自由
  7. summer FM
  8. VIVA VIVA VIVA
  9. BACK-UP
  10. HIT THE WORLD CHART!
  11. とまどい
  12. BE WITH YOU
  13. STAY TUNED
  14. サバイバル
  15. COME ON!!
  16. ACID HEAD
    テルビスによるショー
  17. テルビスのテーマ
  18. GOOD MORNING N.Y.C
アンコール
  1. More than Love
  2. 生きてく強さ
  3. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  4. 誘惑
  5. I'm in Love
7月29日
  • テルビスによるショー
  1. テルビスのテーマ
  2. GOOD MORNING N.Y.C
  3. テルビスのバラッド
  1. STAY TUNED
  2. グロリアス
  3. More than Love
  4. Super Ball 425
  5. MERMAID
  6. ひとひらの自由
  7. pure soul
  8. BACK-UP
  9. VIVA VIVA VIVA
  10. ROCK ICON
  11. May Fair
  12. SPECIAL THANKS
  13. ビリビリクラッシュメン
  14. COME ON!!
  15. GLOBAL COMMUNICATION
  16. サバイバル
  17. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  18. 誘惑
アンコール
  1. Good bye bye Sunday
  2. HOWEVER
  3. WET DREAM
  4. 生きてく強さ
  5. ACID HEAD
  6. I'm in Love
  7. HOWEVER

応援メッセージ[ソースを編集]

EXPO 2001のオープニングによせて、各方面の著名人やGLAYのメンバーゆかりの人々、市井の人々らによる応援メッセージが約1時間上映された。

  • コメント出演者(上映順)

北海道会場[ソースを編集]

2001年8月4日に開催。GLAYの出身地である北海道で開催されたこの公演は、「EXPO 2001の本祭」と位置づけられた。この会場のみ、7月31日8月5日の期間にわたりEXPO館が設けられた。

また、EXPO '99の開催日である7月31日に、EXPO館に隣接する野球場にて『GLAY EXPO 2001 in 石狩シンポジウム 幕張を思い出します…』と題したトークとアコースティック演奏を交えたライブを開催した。

データ[ソースを編集]

  • 会場:北海道石狩市青葉公園特設ステージ
  • 日時:2001年8月4日
    • 開場:11時00分 開演:16時00分 終演:19時30分
  • 入場者数:10万人
  • 総制作費:22億円
  • 会場総面積:20ha
  • ステージ規模:全長123m、高さ31m
  • 照明:10,000台
  • 音響:30t
  • 大型ビジョン:600インチ1台(ステージ上に配置)、400インチ4台、200インチ4台
  • 機材総重量:330t(11t車30台)
  • 総スタッフ数:5,000人(警備・アルバイト含む)
  • 救護施設:4カ所(医師:4人、看護師:4人)
  • ツアーバス:1,100台

演奏曲[ソースを編集]

  1. 生きてく強さ
  2. Super Ball 425
  3. SOUL LOVE
  4. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  5. サバイバル
  6. GLOBAL COMMUNICATION
  7. 口唇
  8. ビリビリクラッシュメン
  9. ひとひらの自由
  10. summer FM
  11. HAPPY SWING
  12. 真夏の扉
  13. VIVA VIVA VIVA
  14. BACK-UP
  15. とまどい
  16. pure soul
  17. STAY TUNED
  18. MERMAID
  19. 誘惑
  20. ACID HEAD
アンコール1
  1. TAKUROブルース
  2. WET DREAM
  3. MISERY
  4. BURST
  5. HOWEVER
アンコール2
  1. グロリアス
  2. I'm in Love

九州会場[ソースを編集]

2001年8月11日に開催。EXPO 2001の3会場中、この公演は唯一オールナイトで開催された。当初、福岡県の条例により未成年者の入場に関して警察からの許可が得られなかったが、入場に際して保護者の承諾書を持参する形で、最終的に未成年者の入場も許可された。また、会場が海岸に面しており、観客が誤って海面に落下する事態に備え、海上保安庁門司海上保安部の巡視艇2隻が周辺の海上に配置された。

この公演ではアジア各国で活躍するアーティストを招き、パフォーマンスを披露。GLAYのメンバーが飛び入りしたり、GLAYの演奏にアジアのアーティストのひとりが飛び入りしたりと、共演を果たした。GLAYの初の観客と一体型のダンスナンバーとして南流石と流石組が参戦し披露した。

データ[ソースを編集]

  • 会場:福岡県北九州市マリナクロス新門司特設ステージ
  • 日時:2001年8月11日
    • 開場:15時00分 開演:21時00分 終演:8月12日 5時00分
  • 入場者数:8万人
  • 総制作費:15億円
  • ステージ規模:全長150m、高さ30m
  • 照明:2,000台
  • 音響:スピーカータワー14カ所、スピーカー200セット
  • 大型ビジョン:600インチ1台(ステージ上に配置)、400インチ2台
  • 機材総重量:1,320t(11t車120台)
  • 総スタッフ数:6,000人(警備、アルバイト含む)
  • 救護施設:6カ所(医師:6人、看護師30人)
  • ツアーバス:1,500台

出演したアジアのアーティスト[ソースを編集]

演奏曲[ソースを編集]

  1. GLOBAL COMMUNICATION
  2. Cynical
  3. MERMAID
  4. WET DREAM
  5. FATSOUNDS
  6. サバイバル
  7. pure soul
  8. summer FM
  9. Super Ball 425
  10. 口唇
  11. ひとひらの自由
  12. HOWEVER
  13. FRIEDCHICKEN & BEER
  14. ヤンバルクイナ(TERUとTAKUROによるダンス)
  15. とまどい
  16. BE WITH YOU
  17. BACK-UP
  18. VIVA VIVA VIVA
  19. ROCK ICON
  20. STAY TUNED
  21. More than Love
  22. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  23. 誘惑
アンコール1
  1. ずっと2人で...
  2. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  3. KISSIN' NOISE
  4. COME ON!!
  5. ACID HEAD
アンコール2
  1. I'm in Love(出演者全員による)

GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN™ “THE FRUSTRATED”[ソースを編集]

2004年7月31日に開催された3回目のEXPO。GLAYのメジャーデビュー10周年・UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(以下、USJ)のオープン3周年を記念して行われた。

初のテーマパークでの開催ということで、公演中には中野裕之によるオープニングムービーの上映や、海賊姿のスタントマンが繰り広げるワイヤーアクション、GLAYを模したウッディー・ウッドペッカーのグッズなど、USJや映画とのコラボレーションが顕著なイベントである。また、EXPOとUSJ入場券のパックチケットを購入した入場者は、USJのアトラクションとともにEXPOを楽しんだ。

ローラーコースターを模した特設ステージはU2The Rolling Stonesなどを手がけたステージデザイナーのトム・マクフィリップスがデザイン。

TAKUROが直前に出演したミュージックステーションで「もう米粒だったなんて言わせない!」と発言したにもかかわらず、ステージの低さもあり後部ボックスの観客からはメンバーが見えなかった。当日は午前中からあいにくの雨模様だったが、ライブ開始直前に雨はピタリと止んだ。約3時間半に及ぶライブ中に雨の影響はほぼなく、無事終了した。

データ[ソースを編集]

  • 会場:大阪府大阪市此花区ユニバーサル・スタジオ・ジャパン第1駐車場特設ステージ
  • 日時:2004年7月31日
    • 開場:11時00分 開演:17時00分 終演:20時30分
  • 入場者数:10万人
  • 総制作費:20億円(ステージ:15億円)
  • 会場総面積:13ha
  • ステージ規模:全長150m、高さ40m
  • 照明:4,000台
  • 大型ビジョン:800インチ1台(ステージ上に配置)
  • 総スタッフ数:7,500人
  • 警備・整理員:3,000人
  • 医師・看護師:60人
  • ツアーバス:1,200台

演奏曲[ソースを編集]

  1. 誘惑
  2. ビリビリクラッシュメン
  3. SOUL LOVE
  4. グロリアス
  5. 春を愛する人
  6. 生きてく強さ
  7. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  8. 週末のBaby talk
  9. BELOVED
  10. HOWEVER
  11. I'm in Love
  12. pure soul
  13. Blue Jean
  14. MISERY
  15. 彼女の“Modern…”
  16. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  17. EXPO 2004メドレー
    天使のわけまえ
    Billionaire Champagne Miles Away
    GLOBAL COMMUNICATION
    STAY TUNED
    サバイバル
    YOU MAY DREAM
    RHAPSODY
    ALL I WANT
    口唇
    月に祈る
    Yes, Summerdays
    千ノナイフガ胸ヲ刺ス
    BURST
  18. BEAUTIFUL DREAMER
  19. ACID HEAD
アンコール
  1. 南東風
  2. つづれ織り〜so far and yet so close〜 (SE)

GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary[ソースを編集]

2014年(平成26年)9月20日(土)に、ひとめぼれスタジアム宮城にて開催された4回目のEXPO。2012年(平成24年)7月に行われた『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM Supported by glico』にて発表された「GLAY 7 BIG SURPRISES」の第6弾であり、GLAYのメジャーデビュー20周年企画の一環として開催された[2]。EXPO開催は2004年以来10年ぶり[2][3]

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)からの復興も目的としており、東北各県の代表的な6つのお祭りが集合して開催される東北六魂祭(震災の年から毎年開催)とのコラボレーションもなされた[2][3]2014年(平成26年)5月24日25日山形市で開催された同年の東北六魂祭に合わせ、GLAYのデビュー20周年記念日にあたる5月25日に、霞城公園内の山形市野球場[4]にて『六魂Fes!×GLAY Special Live powered by Benefit one』を開催[5]。会場には山形を中心に東北在住の約6000人を無料招待し、ニコニコ生放送でもオンエアした[5]

同年7月9日発売の通算50枚目のシングル「BLEEZE 〜G4・III〜」に収録された、TERU作詞・作曲の「BLEEZE」が本公演のテーマソングとなった。

同年8月18日から8月29日にかけて、東北6県の地を巡るホールツアー『GLAY LIVE TOUR 2014 TOHOKU』を開催[6]

同年9月16日には、51stシングル『百花繚乱/疾走れ!ミライ』(同年10月15日リリース)の予約者限定で、東京都Zepp Tokyoにて本公演の前夜祭『GLAY EXPO 2014 前夜祭〜胸がざわめくZepp Tokyo〜』を開催した[7]

同年9月19日20日、宮城県総合運動公園(グランディ・21)のセキスイハイムスーパーアリーナにて、EXPO館を開館し[8]、9月20日に宮城県総合運動公園(グランディ・21)のひとめぼれスタジアム宮城にて本公演を開催。本公演の模様は、WOWOWプライム[9]、ライブ・ビューイング[10]でもオンエアされた。

本公演終了後の同年9月21日、TAKUROによるWEBラジオ「TAKURO MOBILE MEETING」の公開収録イベントを実施し、3000人のファンが集まった[11]

2015年2月14日、本公演の模様を収録したDVD・Blu-ray『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』をリリース。

データ[ソースを編集]

演奏曲[ソースを編集]

  1. BLEEZE
  2. GLOBAL COMMUNICATION
  3. グロリアス
  4. 誘惑
  5. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  6. サバイバル
  7. 口唇
  8. MISERY
  9. HIGHCOMMUNICATIONS
  10. I'm in Love
  11. 疾走れ!ミライ
  12. BLACK MONEY
    「JIRO vs HISASHI」の映像が流された後に披露されたJIRO、HISASHIのツインボーカルによる曲。
  13. FAME IS DEAD
  14. 彼女の“Modern…”
  15. VERB
  16. BEAUTIFUL DREAMER
  17. BE WITH YOU
  18. SAY YOUR DREAM
  19. Bible
  20. 生きてく強さ
アンコール
  1. 君にあえたら
  2. HOWEVER
  3. BELOVED
  4. 疾走れ!ミライ (SE)

映像作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Vol.38 HISASHI WEBインタビュー”. GLAY公式サイト. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c [2014.3.25 プレスカンファレンス]”. GLAY EXPO 2014 TOHOKU. 2014年3月26日閲覧。
  3. ^ a b 東北に元気を!10年ぶり「GLAY EXPO」9月に宮城で”. ナタリー. 2014年3月26日閲覧。
  4. ^ 山形市野球場(山形市)
  5. ^ a b GLAY、20周年デビュー日にフリーライブを決行。東北六魂祭熱狂”. barks. 2014年6月8日閲覧。
  6. ^ 2014年8月東北ツアー開催決定!”. GLAY EXPO 特設サイト. 2014年8月31日閲覧。
  7. ^ 「百花繚乱/疾走れ!ミライ」特設サイト”. GLAY公式サイト. 2014年8月31日閲覧。
  8. ^ GLAY、<GLAY EXPO 2014>にて「EXPO館」の開催を発表”. barks. 2014年6月8日閲覧。
  9. ^ 生中継!GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary”. WOWOWオンライン. 2014年8月31日閲覧。
  10. ^ ライブ・ビューイング「GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary」”. ライブ・ビューイング・ジャパン. 2014年8月31日閲覧。
  11. ^ GLAY・TAKURO、“最高のEXPO”を大反省”. ナタリー. 2014年9月26日閲覧。
  12. ^ a b GLAY・TERU、10年ぶり『EXPO』で男泣き 5万5000人と“復興”願い灯火”. ORICON STYLE. 2014年9月26日閲覧。 ※東北の音楽ライブ公演では、過去最多となる動員数(2014年9月現在)

外部リンク[ソースを編集]