DAITA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DAITA
出生名 伊藤大太
生誕 (1971-06-19) 1971年6月19日(47歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
学歴 高等学校卒業
ジャンル ロック
J-POP
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間

1993年 - 2002年
2013年 -
(SIAM SHADE)
2002年 -
(ソロ活動)

2013年 -
(BREAKING ARROWS)
公式サイト www.daita-ism.com

DAITA(ダイタ、伊藤大太、Daita Itoh, 1971年6月19日 - )は、日本のロックミュージシャン東京都世田谷区出身。ロックバンドSIAM SHADEギタリスト。血液型はA型。


経歴[編集]

  • 世田谷区立烏山中学校時代に当時聞いていたハードロックの影響などでギターを弾き始める。また当時から栄喜NATCINと知り合いであった。
  • 高校時代はコンテストなどに多数出場し、卒業後はモデル化石発掘などの様々なバイトをしながら多数のバンドに参加し、一時期は「武者修行」と称して行方不明になっていた時期もあったらしい。
  • 1993年7月SIAM SHADEに参加。その後のバンドとしての活動は該当の項目を参照のこと。
  • 2002年3月10日にSIAM SHADEが解散した後、ソロ活動に入る。
  • 2002年韓国映画、『火山高』のサウンドトラックを手がける。サントラ発売の12月4日にはその曲をライブで披露する。
  • 2003年9月19日に本人の公式サイトからの通信販売限定でプロジェクトアルバム「DIRECT CHORD」を発表。
  • 2003年11月19日に初のソロアルバム「EUPHONY」を発売する。本人の演奏映像などが納められたDVDとの二枚組。テレビ朝日系列で放送された「スカイハイ」(原作・髙橋ツトム、主演・釈由美子)のBGMだった「Suna no Shiro」など全7曲を収録。
  • 2003年以降、氷室京介のツアーギタリストを務めている。「めちゃくちゃ上手くてカッコいいよね」と氷室からも絶賛されている。
  • 2004年6月28日Shibuya O-East(旧ON-AIR EAST)にてライブを行う。その模様はDVDに収録され、同年9月より本人のサイトからの通信販売で発売された。
  • 2005年5月5日Zepp Tokyoにてジョー・サトリアーニ率いる、ロックギタリストの饗宴と言われる「G3」の日本初公演にゲストながらも参加し、日本人で最初に「G3」の舞台を踏んだギタリストとなる。なお、このときのメインギタリストはメインのジョー以下、ジョン・ペトルーシスティーヴ・ヴァイの計3人でツアーを回っていた。
  • 2005年7月現在、オリジナルのインストのライブやアルバム発表のほか、他アーティストへの楽曲提供などを中心に音楽活動を行っている。
  • 2008年2月20日発売のAcid Black Cherryのアルバム『BLACK LIST』に1曲目の「sins」と2曲目の「少女の祈り」にギターで参加。
尚、2曲目の「少女の祈り」ではドラムに淳士も参加している為、元SIAM SHADE同士で共演している。

音楽性[編集]

  • 洋楽のハードロックを好んで聴いていたことを度々公言している。好きなアーティストはドリーム・シアタージョン・ペトルーシラッシュアレックス・ライフソンエリック・ジョンソンスティーヴ・ヴァイジョー・サトリアーニザック・ワイルド山本恭司など、テクニカルなギタリストやバンドが多い。ドリーム・シアタージョン・ペトルーシとは来日公演のときによく雑誌での対談をしている。また、カナダのトリオバンド、ラッシュの熱狂的なファンであり、彼らが日本公演を行わない事から、わざわざアメリカまで彼らのライブを見に行った事がある。
  • ギターテクニックについては、変拍子速弾きタッピングフィンガーピッキングアーミングまで幅広い。栄喜曰く番組内で「スーパーギタリストの中のスーパーギタリスト」。
  • SIAM SHADE時代はトム・アンダーソン(逆襲のシャムのパンフレットでも楽器解説をしている)、シェクターESPPRSPVのLOVEにて赤い10topのPRS Custom 24で登場、緑のPRS CE 22でもライブハウスツアーで使われた製のギターを使用していた。ちなみにG3参加時に使用していたのは赤のPRS。タバコサンバーストのCustom 24も所有。)。最近はディーンゼマティスなども使用している。本人のサイトにて所有するギターを多数見ることが出来る。
  • TOM ANDERSONに直接オーダーしたClassic(Bora Bora to Trans Blue Burst)は、KYOSUKE HIMURO TOUR 2007 IN THE MOODの「Claudia」「Say something」で初披露され、その後ソロライブTGE3(o-east)にてオープニング曲「ファンタジア」で使用した。
  • 今までのキャリアで培ってきたノウハウを凝縮させたギターブランド、「G-Life Guitars」をプロデュース。「BlueLife」というモデルを2007年11月18日SIAM SHADE LIVE IN 武道館で初公開。
  • 2009年はソロ活動5周年となり「TGE FORUM 2009-5Anniversary-」(2009.6.13atShibuyaO-East)と称した記念公演を行った。巨大なスクリーンやレーザービームなどの演出の中、ミュージシャンをバックに全18曲を演奏した。この模様は2009年11月19日発売のオンライン限定発売DVD(品番 SMDL-091119 )で見る事ができる。使用したギターは全てG-LifeでDSG Alder、DSG Ash、BlackLife、BlueLifeと曲ごとに合わせてギターを使い分けている。
  • ドラムの淳士は、DAITAの事を「努力の天才」と評している。また、淳士はDAITA宅を訪れた際に「レコードショップが開店できそうだ」と驚嘆したくらい、様々なレコードが揃っていたらしい。
  • アルバム『SIAM SHADE II』の中で、「痙攣アームビブラート」や「逆チョップ」なる独特のプレイを考案している。
  • 「ギターの練習は毎日12時間くらいしていた」と音楽雑誌のインタビューで言っていた。「リズムマシンと友達になろう」というコンセプトで練習をしていたようで、様々なテンポに合わせてギターの練習を繰り返していたらしい。

人物・エピソード[編集]

  • 出身中学校は世田谷区立烏山中学校。高校は専修大学附属高等学校。
  • 格闘技バスケ野球をはじめ、様々なスポーツが好きであるために、熱い性格をしており、SIAM SHADE時代から「まだまだいけるよなー!!」といった観客をあおるようなMCが多かった。また中学、高校とバスケをやっていた名残で、ライブの時には腕にリストバンドをしている。ちなみに野球は大の巨人党。
  • 自他共に認める大のアニメファン。SIAM SHADEの6thシングル「1/3の純情な感情」(フジテレビ系列放送アニメ、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』オープニングテーマ)が発売されてバンドがブレイクした時にはそのマニアックぶりが当時の『岩男潤子と荘口彰久のスーパーアニメガヒットTOP10』でその事実がアニメラジオなどを通じて世間のアニメファンに知られる事になった。そのすごさにはリスナーも舌を巻くほどであった。
  • 大のラムちゃん推し派で、娘にもラムと名付けようとして強く反対された。
  • 椎名へきるが無名だったころからのSIAM SHADEのファンだったこともあり、1998年のアルバム等に楽曲提供やギター演奏などで参加していた。しかし、DAITAの演奏能力に椎名のヴォーカルがついていけず、椎名は「自分の無力さに涙した」と語っている。
  • GLAYのギタリストHISASHIからは、「歳も同じく、デビュー時期も近い、アニメの趣味も合う」盟友と称されている[1]
  • 2009年に HISASHIが出演する音楽番組『RX-72』にDAITAが出演した際、当時立ち上げたばかりだったギターブランドG-Lifeの宣伝をし、HISASHIが「今度の日産(ライブに)貸してこれ」というほどG-Lifeの弾きやすさを気に入ったことからG-LifeのHISASHIモデルが作られ、2010年6月12日に渋谷C.C.レモンホール(現渋谷公会堂)で行われたDAITAの15周年記念LIVE THE GUITAR EMISSION - D-ISM - 15th AnniversaryにHISASHIがゲスト出演、ギターが初披露された。
  • 頻繁にラーメンの写真をTwitterにupしている。ラジオでラーメンが食べられなきゃ生きている意味がなくなっちゃうと発言するほどのラーメンヲタク。その他蕎麦寿司和食も好きである。
  • 無類の酒好きで、行きつけのバーで潰れてしまい床に転がっていたこともある。
  • 2011年に助骨を骨折した状態で氷室京介のツアーサポートを務め、過酷なスケジュールの中「助骨ちゃんガンバー☆☆☆」と軽いノリのツイートをpostしつつ無事ツアーを終えている。
  • 最近ハマっているマンガを頻繁にツイートしている。好きなマンガゴルゴ13進撃の巨人ONE PIECEなどで、近年は特に弱虫ペダルを男のバイブルとして紹介している。[2]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • ユーフォニー - EUPHONY (2003年11月19日)
  • ファンタジア - FANTASIA (2008年6月7日)

プロジェクトアルバム [編集]

  • ダイレクト・コード - DIRECT CHORD (2003年9月19日)
  • ダイレクト・モード - DIRECT MODE (2006年11月19日)
  • ダイレクト・サード - DIRECT THIRD (2012年6月9日)

ライブアルバム[編集]

  • THE GUITAR EMISSION:DAITA SECOND IMPACT (2005年10月11日)
  • THE GUITAR EMISSION:D-ISM-15th Anniversary (2010年11月19日)

DVD[編集]

  • THE GUITAR EMISSION 2004:DAITA FIRST IMPACT (2004年9月)
  • THE GUITAR EMISSION 2005:DAITA SECOND IMPACT (2006年1月11日)
  • THE GUITAR EMISSION 2008:DAITA THIRD IMPACT (2009年1月11日)
  • TGE FORUM 2009:THE GUITAR EMISSION 5th Annversary (2009年11月19日)
  • THE GUITAR EMISSION 2010:D-ISM-15th Annversary (2010年11月19日)
  • THE GUITAR EMISSION 2011:START OF NEW LEGEND (2011年11月11日)
  • THE GUITAR EMISSION 2012:TGE DIRECT THIRD (2013年1月11日)
  • THE GUITAR EMISSION 2013:Universal Tone (2013年11月11日)
  • THE GUITAR EMISSION 2014:Force Ten (2014年11月11日)
  • THE GUITAR EMISSION 2015:OMEGA Ω (2015年10月10日)

サウンドトラック[編集]

  • ヴォルケーノ・ハイ(『火山高』日本公開版BGM集) - VOLCANO HIGH (2002年12月4日)

オムニバスアルバム[編集]

M-11「ストリートファイターII 〜オープニング」
M-14「The Distorted World 〜Lead to spin off L〜」
  • GUNDAM UNPLUGGED 〜アコギ de ガンダム A.C.2009〜 (2009年12月9日)
M-13「風にひとりで(劇場版『機動戦士ガンダムII 哀 戦士編』挿入歌)」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ GLAY公式携帯サイト『GLAY MOBILE』内「MEMBER'S MESSAGE」/2010年7月4日「Message from HISASHI」より。
  2. ^ @De_sus_Rock 2015年1月8日 21:39

外部リンク[編集]