レイン・ステイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイン・ステイリー
Layne Staley
Staley01.jpg
基本情報
出生名 Layne Rutherford Staley
生誕 (1967-08-22) 1967年8月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州カークランド
死没 2002年4月5日(2002-04-05)(34歳)
ワシントン州シアトル
ジャンル オルタナティブ・メタル
グランジ
ハードロック
グラム・メタル(初期)
職業 ミュージシャン歌手作詞家
担当楽器 ボーカルギタードラム
活動期間 1984年 - 1998年
レーベル コロムビア・レコード
共同作業者 アリス・イン・チェインズ
マッドシーズン
Class of '99
Alice N' Chains
Sleze

レイン・トーマス・ステイリー (Layne Thomas Staley, 1967年8月22日 - 2002年4月5日)、出生名レイン・ラザフォード・ステイリー (Layne Rutherford Staley)はアメリカ合衆国シアトル出身のアリス・イン・チェインズのリードボーカル。レインの歌声は「麻薬」と形容されるほどクセのある歌声で、当時のグランジ勢の中でも特別に異彩を放っていた。スピードボールによるオーバードースにて死去。

経歴[編集]

ワシントン州カークランドで生まれ、両親がコレクションしていた音楽を聞いて育つ。影響を受けた音楽はハード・ロック/ヘヴィ・メタルであり、ブラック・サバスディープ・パープルジューダス・プリーストヴァン・ヘイレンマーシフル・フェイトなど多数を好んで聞いていた。また、ミニストリースキニー・パピーなどインダストリアル・ロックローズ・オブ・ザ・ニュー・チャーチのようなポスト・パンクも好んでいた。

1984年にグラム・メタルバンド「Sleze」を結成し、1986年の前身バンド「Alice N' Chains」を経て、1987年にアリス・イン・チェインを結成する。

ドラッグ問題[編集]

深刻なドラッグによるトラブルを抱えており、93年の日本ツアーでは六本木にてブルドーザーで辺りの看板をなぎ倒したこともある。「Dirt」発表後のツアー以降ドラッグ中毒が悪化したと言われている。ドラッグによる衰弱は、年を経つに連れ目立つようになり、マッドシーズン参加時の映像とアリス・イン・チェインズの「Again」のプロモーションビデオを比較しても、レインの衰弱が激しくなっている事が窺い知れる。なお、「We die young」、「Man in the box」のプロモーションビデオではパワフルに動くレインを見ることができ、5年という間の変貌振りに驚かされるものがある。

ドラッグによる影響で手の指が壊死したと一部報道がされたがレイン側からそのような事実は無いと発表された。ちなみにMad SeasonのメンバーであるBakerも、1999年にドラッグのオーバードースで亡くなっている。

生前最後となった2002年2月のインタビューで、「もう死にかけている」と自ら死期が近いことを語っており、「ハイになるためにドラッグをやったのではない」、「こんな形で最期を迎えるつもりなどなかった」などとドラッグの使用について後悔していた事を伝えている。この頃のレインは以前よりも更に体重が落ち、顔色は蒼白さを増して数本の歯が抜け落ちるなど外見上の変化も大きくなっていた。同じインタビューのなかで「体中が痛む、これまで味わったことのない耐え難い痛みだ」「肝臓は機能していない」「もうずっと下痢と嘔吐が続いている」と語り、既に薬物使用が精神・肉体的にコントロールできないレベルにあることを明かしていた。

2002年4月15日、レインの会計士から「2週間以上口座から金が引き出されていない」と連絡を受けた母親が警察を伴って訪れた自宅でのレインは遺体となって発見された。発見時の体重は39kg(身長185cm)であった。

アリス・イン・チェインズ以外の作品[編集]

マッドシーズン[編集]

1995年 - 生還(ABOVE)を発表。この他、ジョン・レノンのトリビュートアルバム Working Class Hero: A Tribute to John Lennon で『兵隊にはなりたくない』 - I don't want to be a soldierをカバー。

2015年 - 1月30日にシアトルで一夜限りの再結成ライブを行った。Vo.のレインは死去していたために代役にクリス・コーネル

CLASS OF '99[編集]

1998年 - パラサイト(原題:The Faculty)のサウンドトラックでピンク・フロイドの『ANOTHER BRICK IN THE WALL(PART2)』、『ANOTHER BRICK IN THE WALL』をカバー。

リンク[編集]