鈴木共子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 共子
生誕 (1914-10-22) 1914年10月22日
出身地 日本の旗 日本 東京府
死没 (2002-08-01) 2002年8月1日(87歳没)
学歴 東京音楽学校本科器楽部卒業
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

鈴木 共子すずき きょうこ1914年10月22日 - 2002年8月11日)は、東京生まれのヴァイオリニストである[1]

経歴[編集]

1935年東京音楽学校本科器楽部ヴァイオリン専攻を卒業[2]1936年時事新報社主催の第5回音楽コンクール(現在の日本音楽コンクール)で第2位となる[3]1938年1940年、フランスに留学、ボリス・カメンスキー英語版に師事した。1949年、第1回毎日音楽特別賞を受賞。1961年桐朋学園大学創立以来教授を務めた[1]2002年5月、「米寿を祝うコンサート」が開かれ、教え子である古澤巌渡辺玲子荒井英治植村理葉植村菜穂西野優子などが出演した。同年8月、脳梗塞のため87歳で亡くなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b コトバンク. 鈴木 共子.
  2. ^ 東京音楽学校一覧 1936.
  3. ^ 第1~10回”. 日本音楽コンクール. 入賞者一覧. 2022年1月17日閲覧。

参考文献[編集]