中島康晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島康晴
Yasuharu Nakajima
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 中島 康晴
なかじま やすはる
生年月日 (1984-12-27) 1984年12月27日(33歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 172cm
体重 64kg
チーム情報
所属 キナンサイクリングチーム
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 ダウンヒラー
アマ所属チーム
2000-2002
2003-2006
福井県立科学技術高等学校
鹿屋体育大学
プロ所属チーム
2007-2009
2010
2011-2016
2017-
梅丹本舗
チームNIPPO
愛三工業レーシングチーム
キナンサイクリングチーム
グランツール最高成績
主要レース勝利
熊本国際ロード 2009
ツール・ド・シンカラ 2011 st4
ツアー・オブ・ハイナン 2011 st2
ツール・ド・シンカラ 2012 st6
ツアー・オブ・タイランド2014 個人総合
ツアー・オブ・タイランド2014 ポイント賞
ツール・ド・イーストジャワ2014 st1
ツール・ド・イーストジャワ2014 ポイント賞
ツアーオブ・タイランド2015 個人総合2連覇
最終更新日
2017年9月1日

中島 康晴(なかじま やすはる、1984年12月27日 - )は福井県越前市生まれの自転車競技選手(キナンサイクリングチーム所属)である。

人物[編集]

  • 脚質はダウンヒラー。
  • 国民体育大会ロードレースを2連覇[1]、アジアツアー最高クラス・HCクラスでのステージ優勝経験を持つ。2015年にはアジアツアーのステージレース個人総合2連覇の偉業を達成。
  • 眼鏡好きで「チャリとメガネで日本の素晴らしさを世界に伝えます」がモットー。
  • 福井県越前市の「市民奨励賞」を受賞。越前市ふるさと大使である。
  • 道徳の教本である〝こころのノート小学1.2年生用 福井県版〟の「夢を持つって楽しいよ」のページで紹介されている。

経歴[編集]

福井県立科学技術高校時代[編集]

国立鹿屋体育大学時代[編集]

梅丹本舗・GDR(エキップアサダ)時代[編集]

チームNIPPO時代[編集]

  • 2010年千葉国体ロードレース (自転車競技)福井県代表で2連覇を達成。
  • 2005~2007年・2009~2012年大会を井上和郎 (自転車選手)と福井県代表チームで出場。この2人でチームを組んだ7回のうち6回優勝し最強タッグと言われた。(井上選手4回(2005~2007及び2012年)の4回優勝。中島2回(2009~2010年))

愛三工業レーシングチーム時代[編集]

  • 2011年
    • ツール・ド・シンカラ第4ステージで優勝(6月・インドネシア)
    • ツアー・オブ・ハイナン第2ステージで優勝(10月・中国)アジアツアー最高クラスのステージレース 
  • 2012年
    • ジャラジャ・マレーシアで個人総合3位(5月・マレーシア)
    • ツール・ド・シンカラ第6ステージで優勝(6月・インドネシア)同大会2回目のステージ優勝を果たす。
  • 2013年
    • ツアーオブ タイランド個人総合3位(4月・タイ)
    • ツアーオブ コリア個人総合4位(6月・韓国)
  • 2014年
    • ツアーオブタイランド個人総合優勝&総合ポイント賞獲得(4月・タイ)
    • ツール・ド・イーストジャワ第1ステージで優勝&総合ポイント賞獲得(9月・インドネシア)
  • 2015年
    • アジア選手権に日本代表として出場(2月・タイ)
    • ツアーオブタイランド個人総合優勝(4月・タイ)2連覇という偉業を達成した。
  • 2017年*
    • キナンサイクリングチームへ移籍
    • 第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day1(4月・群馬県)でJPROツアー初優勝。
    • 第52回全国都道府県対抗大会(2018年 福井しあわせ元気国体プレ大会・福井県大野市)に福井県代表としてロード競技に出場し地元優勝を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 中島康晴が圧勝で国体ロード2連覇 少年は奈良・中井俊亮

外部リンク[編集]