AKINA (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AKINA
出生名 宮里 明那[1]
生誕 (1985-06-19) 1985年6月19日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 沖縄県
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 1997年 -
事務所 Gオフィス
共同作業者 Folder5
公式サイト AKINA OFFICIAL SITE
アキナ
AKINA
プロフィール
別名義 大木 明那 (本名、旧姓・宮里)[要出典]
血液型 AB型[1]
公称サイズ(2008年[要出典]時点)
身長 / 体重 152 cm / 39 kg
BMI 16.9
スリーサイズ 78 - 64 - 80 cm
カップサイズ A
靴のサイズ 22.5 cm
活動
デビュー 1997年
ジャンル グラビア
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント女優振付師
その他の記録
姉が2人いる。
モデル: テンプレート - カテゴリ

AKINA(アキナ、1985年6月19日[1] - )は、日本タレント女優振付師、元アイドル歌手。本名、大木 明那(おおき あきな)、旧姓:宮里(みやざと)[要出典]

沖縄県出身。所属事務所はGオフィス。元FolderFolder5メンバー。夫はお笑いタレントビビる大木血液型はAB型。

来歴[編集]

小学校時代は、沖縄アクターズスクールのメンバーで結成したグループのFolder、後に女性メンバーのみで結成したFolder5のフロントメンバーとしてアイドル的な人気を博した。しかし、セールス上で伸び悩み、Folder5が事実上の活動休止状態となった2002年後半からはソロで音楽活動を行い、テレビドラマラジオ番組バラエティ番組などにも顔を出している。2008年には水着グラビアにも進出[2]。近年は舞台女優としての活動が多くなっていたが、2011年3月3日、渋谷CLUB CRAWLにて、ソロ転向後初めての単独ライブを行った。

デビューからヴィジョンファクトリーに所属していたが(レーベルSONIC GROOVE)、2008年にK-pointと業務提携を締結した。2010年にヴィジョンファクトリーからK-pointへ移籍した。

2012年には、3ピースバンド「Shiny Lips」のギターボーカルとして約8年ぶりに音楽活動を再開[3]

2015年よりGオフィスに所属。1月11日、iDOL Streetの新プロジェクト『Girls Street 2020』の中でクリエイターの一員として振付けを担当することを発表した。なお、振付師としてはこれが自身初の仕事となる。[4]

デビュー20周年となる2017年の12月に、久々の本格的な歌手活動となるミニアルバム『Flash』を花とポップスよりリリース[5]

私生活では、天野ひろゆきキャイ〜ン)主催の食事会「天野会」で意気投合して2011年秋より交際を開始し[6]2012年7月に交際が報じられていたお笑いタレントビビる大木と、旅行先のニューヨーク図書館にてAKINAからプロポーズし、翌2013年4月30日に結婚[7][8]。2013年5月14日、かねてから交際していたお笑いタレントのビビる大木と同年4月30日に結婚したことが報じられ[9]、同日放送の日本テレビPON!』内にて夫のビビる大木が生報告した[7]。同年11月23日に故郷の沖縄にて挙式した[10]。2015年4月5日に第1子懐妊をブログで報告し[11]、8月27日に女児を帝王切開にて出産した[12][13]

エピソード[編集]

  • 本名の「明那(アキナ)」は、中森明菜にちなんだものである。
  • 満島ひかりは「月刊 満島ひかり」のインタビューで「アクターズスクールで一番仲良かったのは宮里明那ですね。とても、ひょうきん者で演歌好きな女の子だった」「自分の個性、ここは譲れないというのが一番あった子で、話が合いました」と語っている。なお、第83回キネマ旬報賞にて満島は助演女優賞受賞、AKINAは新人女優賞にノミネートされており、AKINAが受賞していれば、授賞式でFolder5の活動休止後、初めてメンバーが共演する可能性があった。
  • 2011年、沖縄に帰郷したAKINAが石原萌と再会し、その際の写真をブログに掲載した。これにより、Folder5の活動休止後、初めてメンバーが共演した。
  • ビビる大木が2013年5月14日に放送された自身が司会を務める情報番組「PON!」の中で、前月30日にAKINAと結婚したことを公表した際に、当日の同番組には、満島ひかりが自身の主演舞台のPRのために生出演していた。

ディスコグラフィ[編集]

CDシングル[編集]

AKINA名義
  1. Touch me (2002年11月7日)オリコン19位
    1. Touch me[3:56]
      作詞:AKINA/作曲・編曲:Marco Marinangeli and Marlon L.McClain
    2. Any time[4:43]
      作詞・作曲:AKINA
    3. Touch me (Instrumental)[3:56]
    4. Any time (Instrumental)[4:38]
  2. One wish (2003年7月9日)オリコン26位
    1. One wish[4:26]
      作詞・作曲:AKINA/編曲:長田直之
      TBS系王様のブランチ」6・7月度エンディングテーマ
    2. Without you[3:50]
      作詞・作曲:AKINA/編曲:鈴木“Daichi”秀行
    3. One wish (instrumental)[4:25]
    4. Without you (instrumental)[3:49]
  3. BEST OF LOVE (2004年5月12日)オリコン44位
    1. BEST OF LOVE[2:40]
      訳詞:Natsumi Watanabe/作詞:Stefan Bo Andersson/作曲:Peter Kent・Johan Thelenius/編曲:garamonngaramonn
    2. ジェット・ガール[3:49]
      作詞・作曲・編曲::Miki Watanabe
    3. BEST OF LOVE (Instrumental)[2:41]
    4. ジェット・ガール (Instrumental)[3:48]
ShinyLips名義
  1. 全部あげるから[4:08] (2012年8月1日)
    作詞・作曲:AKINA/編曲:ShinyLips

ミニアルバム[編集]

AKINA名義
  1. Flash(2017年12月20日、花とポップス[注 1]
    1. Start again
    2. Planet
    3. human after all
    4. 246
    5. go on
    6. City Of Stars

アルバム[編集]

ShinyLips名義
  1. 全部あげるから(2012年8月7日、SPACE SHOWER MUSIC
    1. 全部あげるから
    2. 寂寥
    3. SORA
    4. Rainbow
    5. マーライオンと月
    6. アイタイ

楽曲[編集]

  1. SANTA CLAUS LIVES IN TOKYO (2007年11月21日、Vision Factory V.A.『CHRISTMAS HARMONY』に収録)
  2. 絹の靴下 (2008年12月3日、V.A.『VISION FACTORY COMPILATION 〜阿久悠、作家生活40周年記念〜』に収録)

作品[編集]

写真集[編集]

  1. AKINA (2001年8月25日) ISBN 978-4-8470-2674-4
  2. AKINA STYLE (2002年8月24日) ISBN 978-4-8470-2728-4
  3. AKINA TRIP (2005年2月27日) ISBN 978-4-8470-2847-2
  4. reBirth (2008年9月11日) ISBN 978-4-05-403832-5

DVD[編集]

  1. Trip Hop (2008年9月26日)
  2. Love Mission (2009年2月20日)オリコン239位
  3. Love Mission2 (2010年7月23日)

その他[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

  • くろもの(2007年9月18日、VISION CAST 携帯ドラマ) - 主役:ミホ

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

WEB[編集]

雑誌[編集]

  • 2009年
    • 1月13日 週刊プレイボーイ 1/26特大号
    • 1月19日 週刊ヤングマガジン No.8
    • 2月6日 モトチャンプ 3月号 - 表紙。
    • 2月27日 雑誌フライデー 3/13号
    • 3月9日 BOMB 4月号

ライブ・イベント[編集]

  • 2008年
    • 9月14日 写真集「reBirth」リリースイベント(福家書店銀座店) - 客として平愛梨が来ていた。
    • 10月12日 DVD「Trip Hop」リリースイベント(ソフマップアミューズメント館)
    • 12月27日 トレーディングカード「AKINA」リリースイベント(福家書店銀座店)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 花とポップス online shop"花ポshop"限定販売。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、19頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ “元folderのAKINA、本格的水着グラビアデビューで“しなやか”ボディ披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年7月18日). https://www.oricon.co.jp/news/56267/full/ 2018年1月14日閲覧。 
  3. ^ “元Folder5のAKINAが音楽再開、3ピースバンドとして約8年ぶり。”. Narinari.com. (2012年7月30日). http://www.narinari.com/Nd/20120718583.html 2018年1月14日閲覧。 
  4. ^ dwango.jp (2015年1月15日). “元Folder5 AKINAがiDOL Streetビッグプロジェクトに参加”. 2015年1月15日閲覧。
  5. ^ “【エンタがビタミン♪】元FolderのAKINA「6曲とも全部お気に入り」 ミニアルバム『Flash』トレーラー公開”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2017年12月4日). http://japan.techinsight.jp/2017/12/maki12041743.html 2018年1月14日閲覧。 
  6. ^ “1年半の交際実らせ ビビる大木とAKINA、4月に結婚していた”. 産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2013年5月14日). http://www.sankei.com/entertainments/news/130514/ent1305140005-n2.html 2018年1月14日閲覧。 
  7. ^ a b “ビビる大木が結婚生報告 AKINAから「逆プロポーズ」だった”. eltha (oricon ME). (2013年5月14日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2024551/full/ 2018年1月14日閲覧。 
  8. ^ “ビビる大木、逆プロポーズはNYの図書館で!”. シネマトゥデイ. (2013年5月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0052995 2018年1月14日閲覧。 
  9. ^ SANSPO.COM (2013年5月14日). “ビビる大木&AKINA、4月に結婚していた!”. 2013年5月14日閲覧。
  10. ^ “ビビる大木、AKINAとの沖縄挙式を生報告「ワイフに幸せにしてもらう」”. eltha (oricon ME). (2013年11月25日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/love/news/2031243/full/ 2018年1月14日閲覧。 
  11. ^ ORICONSTYLE (2015年4月5日). “ビビる大木の妻・AKINA、第1子妊娠5ヶ月を発表”. 2015年4月5日閲覧。
  12. ^ AKINAが第1子女児出産 ビビる大木が喜び生報告”. ORICON STYLE (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  13. ^ AKINA、出産の苦労明かす 胎盤位置低く帝王切開”. ORICON STYLE (2015年8月29日). 2015年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]