エンタ!959

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンタ!371から転送)
移動先: 案内検索
エンタ!371
エンタ!959
世界で唯一の
「女の子エンタテインメントチャンネル」!
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社つくばテレビ
本社(本部) 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-4-9 ミヤギ日本橋ビル8F
旧チャンネル名 kitまんぞくクラブ( - 2003年9月30日)
放送(配信)開始 1998年7月25日
HD放送(配信)開始 2012年9月29日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台(エンタ!371)
アダルト(エンタ!959)
放送内容 プロモーションビデオ、バラエティー、芸能ニュース
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.959(HD)
視聴料金 月額1,500(税別)円
放送開始 2012年9月29日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社つくばテレビ
チャンネル番号 Ch.371
視聴料金 月額1,200(税別)円
放送開始 1998年7月25日
放送終了 2013年9月30日
公式サイト
特記事項:
※ 1997年10月1日 - 1998年4月20日の間、ほっと茨城テレビ(HITチャンネル)として放送。
深夜帯はR-20指定

エンタ!959(エンタ!きゅうごーきゅう)は、つくばテレビが運営するエンターテイメント専門チャンネル

主にはアダルトビデオを放送している。ガールズエンタテインメント総合チャンネルとして、映像総合男性誌をコンセプトにオリジナルのバラエティ番組も放送している。

なお、つくばテレビが運営する姉妹チャンネルの「アイドル専門チャンネルPigoo」に関してはアイドル専門チャンネルPigooを参照の事。

概要[編集]

「エンタ!959」としてスカパー!プレミアムサービス・Ch.959でハイビジョン放送(衛星一般放送事業者スカパー・エンターテイメント)を行っているほか、インターネット経由で番組オンデマンド配信を行っている。

一部番組はスカチャンHDでPPS(ペイ・パー・シリーズ)「エンタ!371 presents アイドルバラエティ番組」で視聴可能であった。なお、2003年7月1日より2008年3月31日までスカパー!e2(現・スカパー!)パンチクラブにも配給を行っていたが、委託放送事業者(現・衛星基幹放送事業者)であるシーエス日本の方針転換によりfashiontvへ変更(さらに現在は、FOXムービー プレミアムを放送中)したことに伴い配給を終了した。

つくばテレビは、県域民放テレビ局がなかった茨城県(UHF34chが割り当てられ、独立UHF放送局として開局するはずだったが実現に至らず)の地域情報チャンネル「ほっと茨城テレビ(HITチャンネル)」をパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)で1997年10月から提供していた。しかし経営悪化のため、わずか半年後の1998年4月には衛星トランスポンダ料金の未払いで番組送出を打ち切られ、一旦放送を停止せざるを得なくなった。

このためつくばテレビは、アダルトチャンネル「まんぞくチャンネル」を運営する総合行政出版と協力し、3か月後の1998年7月に「kitまんぞくクラブ」(きっとまんぞくクラブ)と題して、主に午前中は茨城のローカル情報番組や地元大学制作映像コンテンツ等の番組、午後はレースクイーンやアイドル系、深夜はAV女優等のセクシー系女性タレントの専門チャンネルとして放送を再開。2003年10月にはアダルト色の強い「kitまんぞくクラブ」から局名を変更し、エンターテイメント色を強調した「エンタ!371」(エンタさんなないち)となり、アイドル番組を中心に放送するようになった。

前身の「ほっと茨城テレビ」の名残りもあり、毎日1-2回「発見!いばらき大陸」と題した茨城県のタウン情報番組が放送されていたが、アイドル専門局に特化するため2007年3月に終了、それ以降はタウン情報を得ることができなくなってしまった[1][2]

2008年4月から2009年3月まで、放送再開以来初めての生放送番組「AKiBAッテキ!!」が放送されていた[3]。また、2008年9月27日〜28日にかけて、「女の子だらけの27時間テレビ」を放送。

2010年6月1日、つくばテレビは姉妹チャンネルとして「Pigoo HD」(現・アイドル専門チャンネルPigoo)を放送開始。放送開始当初はR指定番組以外はエンタ!371・Pigoo HDの両チャンネルで放送されていたが、エンタ!371がAV女優・着エロ番組中心、Pigoo HDがアイドル・声優中心に特化する方針をとったため、2012年4月以降、両チャンネルで放送される番組は「GirlsNews」など一部の番組に限られている。

2012年9月29日よりスカパー!プレミアムサービスにてハイビジョンチャンネル「エンタ!959」(衛星一般放送事業者はスカパー・ブロードキャスティング)を開始した。深夜のアダルト番組においてPPV(210円〜/番組)の設定がなされたため、アダルトチャンネルのジャンルとなっている。

2013年9月30日、スカパー!プレミアムサービス(標準画質)での「エンタ!371」の放送を終了し、ハイビジョンチャンネルの「エンタ!959」に完全移行した。

2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更された。

主なコンテンツ(番組)[編集]

レギュラー番組のほとんどは月1回のもので、月2回放送の番組も含めて初回放送から1ヶ月間リピート。30分番組、1時間番組、2時間番組がある。

○印はアイドル専門チャンネルPigooでも放送されている番組
△印はかつてアイドル専門チャンネルPigooでも放送されていたが、現在は放送されていない番組。

無料番組[編集]

  • ○無料!メドレー(番組ダイジェスト)
  • ○あさだち♂テレビ!!(2012年3月までエンタ!371のみ放送。ハーレムナイト番組案内)

グラビア[編集]

  • △新・美少女図鑑(会田我路プロデュースによる番組。) 2001年 -
  • ZAK THE QUEEN夕刊フジのインターネットサイト『ZAKZAK』のアイドル企画番組) 2007年1月 -
  • 水着DEしちゃお(以前の「水着でピンポンパン」と「すぽーつ☆しちゃお」が合体して新たにスタートした番組。) 2008年10月 -
  • プレミアムグラビアSabraと合同で制作[4]) 2010年4月 -
  • ○ビジュアルウェブS〜乙女学院〜 2010年11月 -
  • 萌え着エロ愛好会 2012年11月 -
  • まるごとTEEN GIRLS

バラエティ・ドラマ[編集]

ハーレムナイト番組[編集]

アダルトビデオに出演するAV女優による深夜放送番組。R-20指定番組は視聴の際別途スカパー!への年齢認証登録が必要。R-15指定番組の視聴はチューナーの年齢制限設定による。アダルト番組であるが録画は可能(コピー・ワンス)。

R-20指定
  • ヴィーナス・フューチャー(AV女優を1か月間密着取材)
  • 月刊○○(1人のAV女優を1か月間特集。○○には女優名が入る)
  • 映天フェチファイル 2010年2月 -
  • SOD女子社員のお仕事ですよ 2011年7月 -
  • おっぱい×おっぱい 2012年1月 -
  • 裸美人 2012年1月 -
  • 温泉美女図鑑 2012年11月 -
  • 自称アイドルプロデューサーのセクハラ面接 2013年1月 -
  • 胸尻フェチ図鑑 2013年1月 -
  • 悩殺☆ガールズEX 2013年1月 -
  • 怒涛のフェチアワー 2013年4月 -
  • かわいい子だけの下着マニア館 2013年4月 -

放送を終了した番組[編集]

○印はアイドル専門チャンネルPigooでも放送されている番組
△印はかつてアイドル専門チャンネルPigooでも放送されていた番組。

備考[編集]

  • 「ほっと茨城テレビ」から「kitまんぞくクラブ」に変更するに当たって、同局は放送免許の放送内容を変更し、成人向け番組の事項を盛り込んだ。だが、他の業績不振な放送局にも同様の変更が横行する懸念や、安易に成人向け放送局を開局する'隠れ蓑'として悪用される恐れが問題視され、総務省は「つくばテレビは特例として変更を認めるが、以後は一般放送局として開局した局が成人向け放送局へ変更することは一切認めない」という方針を打ち出した。[5]

脚注[編集]

  1. ^ それ以降はフジテレビの『おはよう茨城』(2011年3月終了)やNHK水戸デジタル総合テレビのローカル番組など、他社の番組で代用する形になる
  2. ^ その後、2012年10月にインターネットテレビいばキラTV」が開局している。
  3. ^ 「ほっと茨城テレビ」として開局した当初、茨城県に関する情報を中心とした生番組『グッドモーニングいばらき』を放送していたことがあるため、「開局以来初の生放送」ではない。
  4. ^ 2011年3月をもって合同での制作から撤退。
  5. ^ 参考文献:総務省11/16付・衛星放送における委託放送業務認定申請書の様式の変更等

関連項目[編集]

外部リンク[編集]