安岡優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安岡 優
出生名 安岡 優
生誕 (1974-08-05) 1974年8月5日(43歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市東区
学歴 早稲田大学教育学部英語英文学科
ジャンル J-POP
アカペラ
職業 歌手
作詞家
作曲家
担当楽器 歌 
活動期間 1994年 -
レーベル キューンミュージック
事務所 グラシアス
共同作業者 ゴスペラーズ
ビートルズ

安岡 優(やすおか ゆたか、1974年8月5日 - )は、日本ミュージシャンで、男性ヴォーカルグループゴスペラーズのメンバーである。

福岡県福岡市東区出身。愛称:ヤス、ヤング。身長165cm。血液型はB型。

略歴[編集]

福岡県東区香椎出身。早稲田大学本庄高等学院を卒業後、1993年早稲田大学教育学部英語英文学科入学。

同大学アカペラサークル「Street Corner Symphony」に、黒沢薫酒井雄二の誘いで加入。

1994年のメンバー入れ替わり期にゴスペラーズの一員となり、同年12月、在学中にメジャーデビューを果たす。

メンバーの中で最も多く詞を書き、他アーティストへ提供している作品も多い。また、作品を一つの詩として仕上げているため「作詩」と表記される。

2005年に結婚。相手は一般女性で、黒沢に続いてメンバー2人目の既婚者となった。

エピソード[編集]

  • 小学生〜高校生時代はサッカー部に所属。ポジションはDFだった。現在も村上と並んで大のサッカーフリークである。早大在学時はテニスサークルに所属していた。
  • 男ばかり3人兄弟の末っ子。ゴスペラーズでも最年少であるため、転じて「ヤング」というニックネームで呼ばれている。
  • 2009年のSOUL POWER SUMMITに、安岡にどこか似たドリー・D(ダイヤ☆モンド)・ファンク・ジュニアが所属する兄弟ユニット“THE☆FUNKS”が出演した。弟はテリー・D(ダンス☆マン)・ファンクである。
  • 実家は転勤族で、名古屋市緑区中京競馬場前駅の近く)、埼玉県久喜市埼玉県大宮市と引っ越し・転校を繰り返し、次第に「またか」というくらいにしか思えなくなったという。
  • 高校時代は「シガバンド」というバンドを組んで活動していた。
  • ウニが大好物。過去には「浴槽いっぱい入ったウニ風呂に入りたい」「リットル単位で食べたい」「ツアー先でウニの名産地が一箇所でも入っていないと暴れる」と発言している。シャンパンも好物であり、高じて海外のワイナリーを見学した。嫌いな食べ物は納豆
  • メンバー唯一の喫煙者
  • 料理好きで、家庭菜園も行っており、自宅で採れた枇杷でジャムを作ることもある。

ディスコグラフィー[編集]

※ ソロ活動の作品のみを記載。

アルバム[編集]

  1. バラードが聴こえる(2015年10月21日)[1]
    1. Luz
    2. Border line
    3. もっと君と話したい
    4. あなたのせいさ
    5. Door
    6. 坂道のうた
    7. Welcome to the brand new world
    8. チャネリング☆ファンク
    9. The Birthday Song

提供作品[編集]

ほか

書籍[編集]

  • magazinYG(マガジンヤング)Vol.1(1999年12月18日)
    1999年に行われたツアー公演にて各会場50冊=全300冊限定で発行された。
  • 架空の主題歌(2010年12月3日)
    初の著書&ソロアルバム。約2年にわたった『ぴあ』誌での連載をまとめたもの。

脚注[編集]

  1. ^ ゴスペラーズ安岡優ソロアルバム詳細発表、ほぼ全曲で作詞”. 音楽ナタリー (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  2. ^ 2008年、宝塚歌劇団雪組大劇場公演『ミロワール』の主題歌にもなっている