FIVE KEYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FIVE KEYS
ゴスペラーズスタジオ・アルバム
リリース
録音 本山清治
斉藤敬興
広兼輝彦
内門幸司
石神崇敬
ジャンル ポップス
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
ゴスペラーズ 年表
Vol.4
1998年
FIVE KEYS
(1999年)
Soul Serenade
2000年
『FIVE KEYS』収録のシングル
  1. あたらしい世界
    リリース: 1998年12月12日
  2. 熱帯夜
    リリース: 1999年6月18日
テンプレートを表示

FIVE KEYS』(ファイヴ・キーズ)は、1999年7月23日に発売されたゴスペラーズのメジャーデビュー後5枚目のアルバム。

概要[編集]

  • ア・カペラ作品「夜をぶっとばせ」や「讃歌」はいずれも生音源を収録。
  • 10曲目「あたらしい世界」のボリュームがシングルバージョンよりやや小さい。
  • 売上は前作よりもダウンした。だが後のインタビューで、黒沢薫酒井雄二村上てつや安岡優の4人は、このアルバムを「重要なターニングポイントになった」と述べている[1]
  • シングル「熱帯夜」との連動企画で、スペシャルアナログ盤(全て未CD化)のプレゼントがあった。

収録曲[編集]

  1. FIVE KEYS (4:39)
    • 作詞: 酒井雄二、村上てつや/作曲: 村上てつや、黒沢カオル、酒井雄二、K-Muto/編曲: K-Muto、村上てつや
  2. 熱帯夜 (4:04)
    • 作詩: 安岡優/作曲: 黒沢カオル、北山陽一、妹尾武/編曲: 田辺恵二
    12thシングル曲。このアルバムの先行シングル。
  3. 逃飛行 (4:46)
    • 作詩: 安岡優/作曲: 黒沢カオル/編曲: 田辺恵二
  4. LOSER (5:13)
    • 作詩: 安岡優/作曲: 村上てつや、酒井雄二、安岡優/編曲: 田辺恵二
    Love Notesに収録されたものとは違いがあり、イントロ部分に波の音が入っている。
  5. I LOVE YOU, BABY (5:07)
  6. 夜をぶっとばせ (Live) (3:21)
    • 作詞: 村上てつや、安岡優/作曲: 北山陽一、村上てつや/編曲: 北山陽一
    業界関係者50人を招いてレコーディングを行った。
  7. 讃歌 (Live) (2:52)
    • 作詞・作曲・編曲: 酒井雄二
    上の「夜をぶっとばせ」と同じレコーディング。
  8. まちがいさがし (3:40)
    • 作詞: 村上てつや、安岡優/作曲: 村上てつや/編曲: K-Muto
  9. THAT'S WHAT I WANT (4:38)
    • WORDS&MUSIC: MARK MUELLER&JEFF PESCETTO /日本語詞: 安岡優/編曲: 田辺恵二
  10. あたらしい世界/Rocking and Crying Blues (8:23)
    作詞: 康珍化/作曲: 北山陽一/編曲: 藤井丈司
    11thシングル曲。一青窈の詞に触発されて北山が書いた曲。作詞は康珍化による。
    2008年11月18日放送の『誰も知らない泣ける歌』において、この曲が採用されゴスペラーズ本人達が出演して歌った。
    • 「Rocking and Crying Blues」(5:55 - 8:23)
    「あたらしい世界」の後に隠しトラックとして収録されている。アルバム名にも使われたドゥーワップグループのTHE FIVE KYESのカバーである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北山陽一はそのインタビューで、Al「The Gospellers」とSg「街角-on the corner-」をターニングポイントとしてあげている