北山陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北山 陽一
出生名 北山 陽一
生誕 (1974-02-24) 1974年2月24日(43歳)
出身地 日本の旗 日本青森県八戸市(出生地は東京都江戸川区
学歴 慶應義塾大学環境情報学部(SFC)
ジャンル J-POP
アカペラ
職業 歌手
作詞家
作曲家
担当楽器 歌 
活動期間 1994年 -
レーベル キューンミュージック
事務所 グラシアス
共同作業者 ゴスペラーズ
公式サイト 北山陽一 (@yohk) - Twitter
坂本龍一

北山 陽一(きたやま よういち、1974年2月24日 - )は、日本ミュージシャンで、男性ヴォーカルグループゴスペラーズのメンバーである。

青森県八戸市出身。愛称:北山さん、北山くん、陽ちゃん、先生。身長173cm。血液型はA型

略歴[編集]

青森県立八戸高等学校を卒業後、1992年、慶應義塾大学環境情報学部に入学。

大学在学中に偶然見かけたアカペラのライヴ映像を所有していた友人より早稲田大学のアカペラサークル「Street Coner Synphony」の存在を知り、他大学の学生でありながらそのサークルの門を叩く。

1994年、既にインディーズで活躍していたゴスペラーズベース担当が脱退し、村上てつやの指導を受けベース担当としてゴスペラーズに加入。同年12月在学中にメジャーデビューを果たす。

2008年、出身地である青森県八戸市より八戸大使に任命され、八戸市立白山台中学校の校歌を作曲。作詞は同じメンバーの安岡優。 この校歌は青森放送テレビ「@なまてれ」でも紹介された。

同年7月31日gooの「環境goo」のコンテンツにて「北山陽一(ゴスペラーズ) ぼんやり学会」の連載を開始。

2009年よりソロライブを開始。2011年の東日本大震災の支援活動を現在も精力的に行っている。[1]

2012年、慶應義塾大学環境情報学部にて歌をテーマとする特別招聘非常勤講師として兼業。[2]

2015年、ピアニストの佐田詠夢さだまさしの長女)と結婚[3]。 黒沢、安岡、村上に続き4人目の既婚者となる。

同年、脳腫瘍の手術を行い、術後の療養のために、活動休止を発表[4]

2016年3月13日、音楽イベント『音市音座』で復帰を果たす[5]

エピソード[編集]

  • 幼少の頃からピアノを習い、クラシック音楽を好んで聴いていたが、高校生の頃にラジオから流れたTake6の歌声に感動し、クラシック以外の音楽(特にアカペラ)にも興味を持ち始める。
  • 基本的に歌中では主にベースボーカルを担当するが、99年以降はテナー音域でしばしばリードをとっている。
  • シングル「待ちきれない」のc/w曲であり、アルバム『Love Notes』に収録された「AIR MAIL」ではピアノを演奏している。
  • デビュー当時は大きな眼鏡が特徴であったが、コンサート等でターンをするときに眼鏡がずり落ちたりドラムにまで飛んでいくことが度々あったため、2000年以降はコンタクトレンズに替えた。
  • 囲碁に興味があり、2009年にアマチュア初段を取得したらどうかとの勧めもあり同年中に取得した。『碁ワールド』誌2009年2月号から、エッセイ「一目おかれたい!」を連載。
  • アカペラを始める前には、大学でアルティメットというスポーツをしていた。
  • 喉のために、酒・タバコ・カフェイン・乳製品を摂らず、鶏、魚以外の肉を口にしないという食事制限をしている。
  • コンピューターに造詣が深く、大学2年時プログラマーのアルバイトをしていた。
  • 歌手の一青窈は大学の後輩。在学中同大学アカペラサークルにて、一青の詩を見た北山は、「お前の詩、おもしろいよ。何個でもいいからファクスしてくれたら、曲つけてやるから歌え」と提案し、以降一青は自作の詞で歌うようになった[6]

ユニット活動[編集]

2005年、ボーカルグループのTRY-TONEの多胡淳と「kitago-yama」というユニットを結成。現在公式に発表されている楽曲は「Rebirth」のみで、同年10月スタートの深夜アニメエンジェル・ハート』(よみうりテレビ)の挿入歌となった。この楽曲に関しては現在、DVDの限定プレミアムボックスの特典CDの他、主題歌&挿入歌集アルバム『エンジェル・ハート ボーカルコレクションVol.1』、ゴスペラーズのアルバム『The Gospellers Works』に収録されている。
また、『ハモ騒動〜The Gospellers Covers〜』(2013年)に収録されたスターダスト☆レビューの「夢伝説」の編曲は、kitago-yama名義で行われている。

脚注[編集]

  1. ^ http://alternas.jp/uncategorized/17656 「アカペラを通して、支援「する側」「される側」の壁を取りたい」 ――ゴスペラーズ・北山陽一
  2. ^ ゴスペラーズ北山 慶大講師日刊スポーツ、2012年4月13日閲覧
  3. ^ ゴスペラーズ北山陽一と佐田詠夢が結婚へ”. ORICON (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  4. ^ ゴスペラーズ北山陽一、脳腫瘍の術後療養のため活動休止”. 音楽ナタリー (2015年11月30日). 2015年11月30日閲覧。
  5. ^ ゴスペラーズ北山「ただいま!」音楽祭「音市音座」で復帰” (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  6. ^ http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030216.html 日刊スポーツインタビュー<日曜のヒロイン>一青窈 2003年2月16日

外部リンク[編集]