Reborn〜生まれたてのさだまさし〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さだまさし > さだまさしのディスコグラフィ > Reborn〜生まれたてのさだまさし〜
Reborn〜生まれたてのさだまさし〜
さだまさしスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル フリーフライト
プロデュース 渡辺俊幸
さだまさし
チャート最高順位
さだまさし アルバム 年表
惠百福(たくさんのしあわせ)
(2017年)
Reborn〜生まれたてのさだまさし〜
(2018年)
テンプレートを表示

Reborn〜生まれたてのさだまさし〜』(リボーン うまれたてのさだまさし)は、シンガーソングライターさだまさしによる2018年7月4日発表のソロ41枚目のオリジナル・アルバム。さだが自身の所属レコード会社をJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントに移籍してから発表した初のアルバムである。

概要[編集]

さだまさしがデビュー45周年を迎えるにあたり発表した(グレープから通算して)45枚目のアルバムである。

NHK総合『今夜も生でさだまさし』の番組中、「小学生の間でファミリーマートの入店音に歌詞をつける遊びが流行っており、その中で一番人気なのが“生まれたてのさだまさし”というフレーズらしい」という内容のハガキが紹介されたことをきっかけにタイトル及びサブ・タイトルがつけられた。

収録曲[編集]

特記のないもの以外、作詞・作曲:さだまさし、プロデュース&編曲:渡辺俊幸

  1. 大盛況〜生まれたてのさだまさし〜
    作曲:稲田康、Co-Produce:ナオト・インティライミ
    • 「パスワード シンドローム」でコラボレーションしたナオト・インティライミの“こだわり”により、ファミリーマートの入店音で始まっている。
  2. パスワード シンドローム
    作詞・作曲:ナオト=マサシ・インティライミ、編曲:大久保薫ナオト・インティライミ、プロデュース:ナオト・インティライミ
    • ナオト・インティライミとのコラボレーションによる楽曲。忘れてしまったパスワードを思い出すことができず苦しむ心情を綴った歌詞。
    • 「クラブでかけられるさだまさしの曲を作る」というナオトの目標に基づいて編曲されており、さだの楽曲で初めてオートチューンが使用されている。さだはファンの反応について「『パスワード シンドローム』はめちゃくちゃウケてるし、受け入れられてるみたいですね。もうちょっと驚いてくれてもいいんじゃないかと思うけど。」と語っている。
  3. Reborn 〜嘘つき〜
  4. まぼろし
  5. きみのとなりに
    作詞・作曲:ナオト=マサシ・インティライミ、編曲:大久保薫、ナオト・インティライミ、プロデュース:ナオト・インティライミ
  6. 黄金律
    プロデュース&編曲:池田貴史(レキシ) 
    • レキシこと池田貴史のプロデュースによる楽曲。
  7. 茅蜩(かなかな)
  8. 桜ひとり
    • さだはデビューしてからの45年間で炎上を経験したことも多く、アルバム発売に際するインタビュー中で"「言ったほうはすぐに忘れるだろうけど、こっちはすごく傷付くんですよ、実は。でも「勝手なことを言いやがって」という思いをそのまま歌ったら「そんなにトゲのある曲を書かないでください」と言われてしまう。だから「桜ひとり」のような曲になるんです。「あの桜は僕に“頑張れ”と言ってくれたんだろうか」という歌なんだけど、それもすり替えのマジックですよね。そういう技を使って、さだまさし的な歌にしているというか。」と語っている。"
  9. へたっぴ
  10. おんまつり
  11. 都会暮らしの小さな恋に与える狂詩曲(ラプソディー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜”. ORICON NEWS. オリコン (2018年7月16日). 2018年7月23日閲覧。