佐田繁理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐田 繁理(さだ しげり、1954年12月13日 - )は、長崎県長崎市出身の芸能プロモーター、元サッカー選手。現さだ企画代表取締役社長。兄はシンガーソングライターさだまさし。妹は歌手の佐田玲子。血液型はB型。

人物[編集]

高校卒業後には台湾大学へ留学し、サッカー部で活躍。1975年に香港サッカーリーグ東方足球隊でプレーした経験を持つ[1][2][3]

1年間でサッカー選手のキャリアを閉じ引退。その後は英語の勉強のためニュージーランドへ留学し[4]、「グレープ」解散後にソロとなった兄のまさしから声をかけられ、さだの個人事務所「さだ企画」を手伝うため、1977年に帰国した。

その後は兄の人脈で映画出演等を行うが、本格的に芸能界の道へは進む事はなかった。1991年春には「さだ企画」の社長となり、以降、兄・妹そしてチキンガーリックステーキを支えている。

芸能活動[編集]

芸能活動はしていないものの、兄さだまさしのヒット曲と同タイトルの映画『関白宣言』(1980年公開)に主演したことがある(当時のクレジットはさだ繁理)。これは、当初さだまさしに出演依頼が来ていたのだが、まさしは当時『翔べイカロスの翼』という映画を制作中であり、スケジュールが合わないという理由から弟を紹介したところ佐田兄弟は見た目が似ていることから、監督が気に入ったため出演となった[5]。また1983年には『ふしぎな國・日本』にも出演した。兄のまさしによれば映画『連合艦隊』でも出演オファーが来ていたらしい。

さだ企画事務所スタッフも出演するような公演(いわゆるファンクラブ対象のまさしんぐWORLDコンサートなど)に出演した事はあり、その時は兄妹の名にあわせ「さだ繁理」と表記することもある。

サッカー選手として[編集]

佐田 繁理 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サダ シゲリ
ラテン文字 SADA Shigeri
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-12-13) 1954年12月13日(63歳)
出身地 長崎県長崎市
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975 - 1976 香港の旗 東方
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ポジションはフォワード(左ウイング)[2]長崎南山高等学校時代に長崎県選抜に選出され九州大会に出場[6]。卒業後の1973年に台湾大学へ留学し、サッカー部に入部。台湾大在籍中の1974年に関係者から日本名を名乗る華僑の子と勘違いされ、サッカー台湾代表に招集されたという逸話も残されている[2]

翌1975年、台湾大のチームメイトの父親がスカウトを務めていた縁で香港のサッカークラブ「東方足球隊」に入団。台湾大への復学も考えていた為、1年間の期限付きの入団であった[2]

当時はこの移籍に関し、地元紙に小さな記事が出た程度であった。まず2軍戦でテストを受け初戦で2得点を記録、5試合程プレーした後に公式戦デビューをした[2]。その後は2軍戦を含め20試合前後に出場した[2]。なお、2006年の雑誌『Sports Graphic Number』のインタビューでは7試合出場2得点と紹介されたが[7]、2014年のフットボールチャンネルのインタビューでは3得点以上はとっていたとしている[8]

以上の点から「日本人初のプロサッカー選手」として紹介されることがある[2][7][9][3]。しかし当時はまだ在学中で、復学も考えていたことから、佐田は給与を断り、代わりに小遣い代の名目で月に約10〜15万円を受け取っていた[8]

兄との約束もあったことから、8か月後に退団し台湾大へ復学した。2008年3月から栃木県に「FCエルマーノ那須」という中学生年代のサッカークラブの代表を務めている[10]

佐田繁理をモデルとする作品[編集]

兄であるさだまさしの楽曲にはしばしば「弟」が登場する。

このほか、「案山子」は留学中の繁理を題材に歌ったものといわれる。また、まさしの児童文学作品『ふうせんのはか』は、少年時代の繁理が縁日で買った風船(妹の玲子が最初は飛ばしてしまい、泣いてるところをもう1個買ってもらって、玲子の指に結びつけてやったが、水素ガスが抜けてがしぼんでしまったためショックを受け、墓を作ったエピソードが元になっている。さらに、まさしのステージトークのネタには「弟と犬」という、小学生の頃に妹の玲子を咬んだ近所の犬に繁理が腹を立て、犬に真剣勝負を挑んだ時の話があり、『さだまさしトーク・ベスト』に収録されている。

一方、妹の佐田玲子も「兄貴をよろしく」という楽曲を作っている(アルバム『CINQ』に収録)。直接のモデルではないものの、白鳥座の楽曲に「タイムアップ」というサッカーをモチーフにしたものがあり(アルバム『DENEB』に収録)、当時白鳥座のマネージャーであった繁理の影響がうかがえる。

脚注[編集]

  1. ^ 『さだまさし全一冊』 TOKYO FM出版、1999年ISBN 4-88745-033-8
  2. ^ a b c d e f g 福永稔彦 『好奇心』 スポーツニッポン、2004年12月7日付け24面。
  3. ^ a b SPORTS★LEGEND. “番組公式サイト内に書かれている「海外サッカープロ第1号は、奥寺康彦ではなく、?の弟。」という問題に対する回答” (日本語). 日本テレビ放送網. 2009年10月10日閲覧。
  4. ^ この時に現地で世話になった夫妻が来日した際、兄まさしが当時開園すぐの東京ディズニーランドへ連れて行き、夕食に銀座アスターへ出向いた。この顛末をステージトークにしたのが、「ジョーズII」である。
  5. ^ まさし自身は「ひやかし出演」という形で、チョイ役(ゴンドラに乗ったビルの窓ふき作業員と結婚式での神主(これはさだが國學院高校出身ということもある地芸。なお映画中は神主のシーンでこっちが本職というセリフもある)による出演をしている。
  6. ^ 兄まさしはステージ・トークにおいて「高校時代に国体にも出場しているほか、高校卒業時にはヤンマーディーゼルサッカー部三菱重工業サッカー部などからスカウトされた」と発言しているが真偽は不明である。
  7. ^ a b 吉崎英治 「突撃!エイジーニョ20、海外組対談「誰を呼ぶべきか」」『Sports Graphic Number』665号、文藝春秋、2006年11月2日
  8. ^ a b サッカー海外組第1号はなんとあの有名歌手の弟” (2014年1月2日). 2014年1月2日閲覧。
  9. ^ 月刊浦和レッズマガジン 『レッズとアーティストの蜜月関係/さだまさし』 フロムワン、2006年4月
  10. ^ 産経ニュース. “さだまさしさんの弟が情熱注ぐ少年サッカー 栃木・那須町”. 2009年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]