宅間久善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宅間久善(たくま ひさよし、1953年8月18日 - )はマリンバパーカッション奏者。

経歴[編集]

四歳の頃より工藤昭二に師事し、マリンバを習い始める。

僅か五歳でNHK「私の秘密」でデビューし『天才・宅間木琴兄弟』として、民放各局に多数出演していたこともある。

武蔵野音楽大学在学中は高橋美智子に師事。

大学卒業(首席)後、すぐにさだまさしのバックバンドグループに参加。さだまさしがソロになった第1回目のコンサート(1976年)以降、現在まで3000回以上、そのほとんどのステージを共にしている。 2011年、さだまさしのサポートミュージシャンとしての活動を一旦休業し、同じくさだのサポートミュージシャンである石川鷹彦とツアー活動を1年間限定で開始した。

2018年大阪フェスティバルホールのオープン記念興行のさだまさしコンサートにゲスト参加し、7年ぶりにバックミュージシャンとして2曲を演奏した。

さだまさしとのエピソード[編集]

  • 武蔵野音楽大学の学園祭にグレープ(さだまさしと吉田政美のフォークデュオ)を呼んだ際の実行委員長だった。
  • さだまさしとは仲が良く、よくさだまさしのコンサートツアーで、ネタにされることが多い。特に漢字ネタは多い。
    • 「乳母車(うばぐるま)をにゅうばしゃ」と読んだ
    • 「山形新聞(やまがた・しんぶん)をさんけい・しんぶん」と読んだ
    • 「最上牛(さいじょう・ぎゅう)をもがみ・ぎゅう」と読んだ
    • 『ハワイでオートロックのホテルに宿泊した際、鍵を部屋に入れたまま、ドアを閉めてしまい「ミー・アウト・キー・イン・ドアガッチャン・プリーズオープン」という新しい英語を作った』
    • 誕生日が8月18日について『「パー・イッパー」と覚えてください』等

さだまさしコンサートでずっとステージを共にしているので、さだまさしのコンサートでの人気はバックメンバーの中でも一番である。

ディスコグラフィ[編集]

  1. My Funny Memories(1996年
  2. Cosmic Rain(1998年
  3. ディア・フレンズ(2005年
  4. 宅間久善 ライブDVD「マリンバ絶驚」

著書[編集]

  • 「俺のマリンバ聴いてみろ」(蒼洋社、1987年
  • CD BOOK「俺のマリンバ聴いてみてくれない?」 (ANY、2006年10月27日

外部リンク[編集]