翔べイカロスの翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

翔べイカロスの翼』(とべイカロスのつばさ)は、1978年に発刊された草鹿宏著作のノンフィクション作品。

概要[編集]

はじめは写真家志望でありながら、キグレサーカスに「ピエロのクリちゃん」として活躍した青年、栗原徹をとりあげた作品。ノンフィクション書籍の正式な名称は『翔べイカロスの翼 - 青春のロマンをピエロに賭けた若者の愛と死』である。

1979年テレビドラマ化、1980年映画化された。同じく1980年には、西友ファミリー劇場でミュージカル化(主演:子門真人)された。劇団東演によって舞台化もされており、1986年 - 1995年に上演(脚本:小松幹生)された後、2009年5月に新しい演出・脚本で上演された。

テレビドラマ[編集]

1979年10月7日TBS系列『東芝日曜劇場』で放送[1]。TBS制作。主演は西城秀樹。演出は鴨下信一、脚本は石井君子。

『東芝日曜劇場』の通常放送は21:00 - 21:54であるが、当日は第35回衆議院議員総選挙の特別番組が編成されたため、20:45 - 21:40に放送された[1]

キャスト[編集]

映画[編集]

翔べ イカロスの翼
監督 森川時久
脚本 松山善三
製作 相澤徹
出演者 さだまさし
奈良岡朋子
ハナ肇
宮口精二
倍賞美津子
曾我廼家五郎八
音楽 さだまさし
撮影 中尾駿一郎
編集 黒岩義民
製作会社 翼プロダクション
配給 映画センター
公開 日本の旗 1980年1月26日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1980年1月26日に劇場公開された。独立系での公開となったため、ヒットにはつながっていない。また、全国各地の有志による、ホールでの上映会が近年でも行われており、あわせてビデオソフト化を要望する動きもあったが、2012年10月にDVD化され、ユーキャンより発売された。

TV放映については専門チャンネルではあるが、2014年9月14日日本映画専門チャンネルにて放映予定となっている。

主演はさだまさし。また、作中の音楽監督も兼任している。さだにとって映画初主演である(映画出演は、前年に『関白宣言』における端役で経験している)。さだの楽曲「道化師のソネット」は、この映画の主題歌として制作されたものであり、本作の内容から着想して作曲している。なお、劇中使用の音源はシングルリリースのテイクとは異なり、一部の歌詞が省略されていた。

スタッフ[編集]

  • 監督:森川時久
  • プロデューサー:相澤徹
  • 脚本:松山善三
  • 撮影:中尾駿一郎
  • 音楽:さだまさし
  • 美術:村木忍
  • 編集:黒岩義民
  • 録音:本田孜
  • スクリプター:山口逸郎、山本耕二、フリーフライト、キグレサーカス
  • 助監督:渡辺範雄
  • 照明:中谷敏清

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『毎日新聞』1979年10月7日付朝刊、24面、ラジオ・テレビ欄。

外部リンク[編集]