さだまさし ヒット・コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さだまさし > さだまさしのディスコグラフィ > さだまさし ヒット・コレクション
さだまさし ヒット・コレクション
さだまさしベスト・アルバム
リリース
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル フリーフライト
チャート最高順位
さだまさし アルバム 年表
印象派
(1980年)
さだまさし ヒット・コレクション
(1980年)
うつろひ
(1981年)
『さだまさし ヒット・コレクション』収録のシングル
テンプレートを表示

さだまさし ヒット・コレクション』は、1980年12月10日にリリースされたシンガーソングライターさだまさしがカセット・テープのみで企画されたベスト・アルバムである。

カセット・テープの概要[編集]

  • さだまさしベスト16』以来1年半ぶりのカセット・テープのベスト・アルバムである。フリー・フライトの企画であり、ワーナー・パイオニアからリリースされた音源は収録されていない。『さだまさしベスト16』は「天までとどけ」「惜春」「雨やどり」の3曲のみアルバム未収録であったが、本作はアルバム未収録曲のみで構成されている。さだはアルバム『夢供養』の解説において、「天までとどけ」「惜春」をアルバム収録せず、今後はシングルとアルバムを別の楽曲でリリースすると言明していた。なお、本カセット・テープにはさだまさしオリジナルの名前入りギターのピックが添えられていた。
  • 本作以降、カセット・テープのみのコンピレーション・アルバムは制作されておらず、最後のカセット・テープ・ベスト・アルバムとなった。

収録曲[編集]

Side-1

  1. 関白宣言
    シングル曲。
  2. 惜春
    シングル曲。シングル盤では「天までとどけ」とは両方A面の規格であった。
  3. 天までとどけ
    シングル曲。
  4. なつかしい海 -My little shore -
    シングル曲。「関白宣言」のB面。
  5. 親父の一番長い日
    シングル曲。この曲のみライヴ録音。

Side-2

  1. 防人の詩
    シングル曲。当カセット・テープのリリース時では最新ヒット曲であった。
  2. HAPPY BIRTHDAY
    シングル曲。シングル盤では「道化師のソネット」とは両方A面の規格であった。
  3. とてもちいさなまち
    シングル曲。「防人の詩」のB面。
  4. 椎の実のママへ
    シングル曲。「親父の一番長い日」のB面。
  5. 道化師のソネット
    シングル曲。

すべて作詩[1]・作曲:さだまさし。

脚注[編集]

  1. ^ さだまさしの作品はすべて「作詞」ではなく「作詩」とクレジットされているので、誤記ではない。