精霊流し (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
精霊流し
グレープシングル
初出アルバム『わすれもの
B面 哀しみの白い影
リリース
ジャンル フォーク
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 さだまさし
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[要出典]
  • 1974年度年間13位(オリコン)[要出典]
  • グレープ シングル 年表
    雪の朝
    1973年
    精霊流し
    (1974年)
    追伸
    (1974年)
    テンプレートを表示

    精霊流し」(しょうろうながし[1])とは、1974年4月25日グレープがリリースしたシングル曲である。後にヴォーカル担当のさだまさし自伝的小説として書き下ろし、テレビドラマおよび映画化された。

    楽曲[編集]

    解説[編集]

    • さだのソロデビュー後は、自身のアルバム『帰郷』などにてセルフカバーした。
    • タイトルにある通り、毎年8月15日にさだの故郷である長崎県長崎市で行われる精霊流しを題材とした作品である。直接的には、さだの母方の従兄が水難事故で亡くなってしまったときの精霊流しの思い出がモチーフになっている(このエピソードについては、「親父の一番長い日」のB面である「椎の実のママへ」で歌われている)。
    • さだはこの作品で、第16回日本レコード大賞作詩賞を受賞している。この受賞に対して「幼いころから音楽教育を受けていたので作曲賞を受けるのはわかる気がするが、我流で始めた作詞で賞を受けるのは意外であり、その分うれしさも大きい」という主旨の発言をしている[要出典]
    • 発売当初は売れ行きが伸びなかったが、東海ラジオアナウンサー蟹江篤子が自分の担当する『ミッドナイト東海』で毎週のように流し続けたところ、徐々に人気が上がり始め、中京地区からヒットする形で全国へ広がっていった[要出典]。このため、さだは今でも蟹江を恩人として敬意を払っている[要出典]
    • 上記のような事情から、リリースされて4ヶ月あまり経ってオリコンの10位以内に初登場した[要出典]。「ふれあい」(中村雅俊)に次いで2位まで上昇した。グレープは1976年のアルバム『グレープ・ライブ 三年坂』も2位まで上昇しているがオリコンでの1位獲得はならなかった。なお、さだがオリコンで1位を初めて獲得したのはソロ・デビュー後の「雨やどり」である。
    • 初回プレスは4500枚だったが、累計では130万枚を売り上げた[2]。シングル売上は95万枚とする記事もある[3]
    • グレープ時代のシングル・ヴァージョンとアルバム・ヴァージョン(『わすれもの』収録)とは別テイクであり、アルバムには曲名にもなった「精霊流し」の喧騒の雰囲気が伝わる爆竹の破裂音、鉦鼓の音などのSEがイントロ前及びアウトロに挿入されている。
    • オリジナルの調性は第1コーラスが嬰ハ短調、第2コーラスは長2度上の嬰ニ短調である(シングル盤[4]、『わすれもの[5]、『グレープ・ライブ 三年坂[6])。グレープ時代からあることはあったが、グレープ解散後はオリジナル調性から短2度上(第2コーラスでは短2度下になる)のニ短調に変えて[7]フルコーラスで歌われている(『夢ライヴ』、『書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ』、『さだまさし白書〜リサイタル'92〜』、『LIVE二千一夜』など)。また、ギターの前奏・間奏・後奏のアレンジも変わった。
    • 2003年2月19日には、下記のNHK総合で放送されたさだの同名の自伝的小説が原作のドラマの主題歌に使われたため、マキシシングル「精霊流し special maxi single」をソロ・ヴァージョンなど「精霊流し」5テイクに「空蝉」「療養所(サナトリウム)」「まほろば」(いずれもアルバム『夢供養』収録)のライヴ・ヴァージョンを加えて発表した。
    • 2009年には中森明菜によってカヴァーされた(『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』収録)。
    • 2010年、故郷長崎県にてさだ自身が喪主となり、さだの実父の精霊流しを執り行った。
    • 実際の精霊流しを知らない人から、精霊流しが「灯籠流し」であると誤解されていることもある[8]

    収録曲[編集]

    グレープのシングル[編集]

    SIDE 1
    #タイトル作詞・作曲編曲時間
    1.「精霊流し」さだまさしグレープ
    SIDE 2
    #タイトル作詞・作曲編曲時間
    2.「哀しみの白い影」さだまさしグレープ

    さだまさしのマキシシングル[編集]

    「精霊流し special maxi single」

    全作詞・作曲: さだまさし。
    #タイトル作詞作曲・編曲備考時間
    1.「精霊流し」さだまさしさだまさしNHK連続ドラマ『精霊流し〜あなたを忘れない』主題歌
    2.「精霊流し」(オーケストラ・インストゥルメンタル)さだまさしさだまさし演奏:ジ・エイミー・カルテット(監修:さだまさし)
    3.「精霊流し」(NHK紅白歌合戦ライヴ・ヴァージョン)さだまさしさだまさし2002年12月31日〜『第53回NHK紅白歌合戦』より
    4.「精霊流し」(ピアノ・インストゥルメンタル)さだまさしさだまさし演奏:スティーブ・キューン(with ヴァイオリン:さだまさし)
    5.「精霊流し」(ライヴ・ヴァージョンwithトーク)さだまさしさだまさしソロコンサート通算3000回達成記念集會「燦然會」より
    6.「空蝉」(ライヴ・ヴァージョン)さだまさしさだまさしLive at 大阪フェスティバルホール〜逢ひみてのツアーより
    7.「療養所」(ライヴ・ヴァージョン)さだまさしさだまさしLive at 大阪フェスティバルホール〜逢ひみてのツアーより
    8.「まほろば」(ライヴ・ヴァージョン)さだまさしさだまさしLive at 大阪フェスティバルホール〜逢ひみてのツアーより
    合計時間:

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ ただし、一般的な日本語の読みは「しょうりょうながし」。伝統離れの「乳離れ」,伝統継承の「初産」~語形のゆれに関する調査(平成 22年 2月)から2~ (PDF)”. NHK放送文化研究所. 2018年2月16日閲覧。
    2. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、269頁。ISBN 978-4-636-82548-0
    3. ^ インタビュー<日曜のヒーロー> ■第368回 さだまさし日刊スポーツ、2003年6月29日付。
    4. ^ インナー・スリーヴには嬰ハ短調で記譜されている。
    5. ^ インナー・スリーヴにはニ短調で記譜されている。
    6. ^ インナー・スリーヴにはニ短調で記譜されている。
    7. ^ ただし例外は『帰郷』のテイクで、第1コーラスはニ短調、第2コーラスは長2度上のホ短調で歌っている。
    8. ^ さだ (1978, p. 29)などを参照。

    小説[編集]

    2001年幻冬舎より刊行された、さだまさしによる同名の自伝的小説で、テレビ朝日ほんパラ!関口堂書店』の1コーナー「ベストセラーへの道」で執筆から発売までを取り上げた。

    さだまさしが本格的に書き下ろした初の小説で、後述の通りテレビドラマおよび映画化されたほか、小説の各場面をイメージしたさだまさしの楽曲を集めたコンピレーションアルバム『小説「精霊流し」の世界』も発売された。


    テレビドラマ[編集]

    2002年NHK夜の連続ドラマ枠で放送された、市川森一脚本・坂口憲二主演によるテレビドラマシリーズ。詳細は『精霊流し〜あなたを忘れない〜』を参照。

    映画[編集]

    2003年に公開された同名の映画。さだ自身も出演した。内田朝陽の初主演映画。

    キャスト[編集]

    スタッフ[編集]

    関連文献[編集]

    イラスト詩集[編集]

    楽譜[編集]

    CD[編集]

    • 時の流れに さだまさし, v.5, パイオニアLDC, (1986) 
    • さだまさし 二番街の詩〜ヒット・メロディー集(インストゥルメンタル), ワーナーミュージック, (1992-11)  - 収録時間:51分50秒。
    • ソング・フォー・ヴァイオリン〜ベスト・セレクション/幸田聡子, コロムビアミュージックエンタテインメント, (2000-9)  - 収録方式:DDD、収録時間:67分58秒、収録年月:1998年12月-2000年3月。
    • さだまさし 話のアルバムステージ・トーク・ライブ, 新潮CD, 第1巻, さだまさし 語り, 新潮社, (2001-6), ISBN 4-10-830060-2  - 収録:今津文化会館1998年7月27日ほか。
    • 歌うヘッドライト コックピットのあなたへ 翼の折れたエンジェル, ワーナーミュージック, (2003-1) 
    • パック イン ミュージック, ワーナーミュージック・ジャパン, (2003-2) 
    • さだまさしベスト&ベスト, ワーナーミュージック・ジャパン(出版) ケイエスクリエイト(発売), (2003-6) 
    • 帰郷, フォアレコード(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2005-5) 
    • 青春フォークベスト&ベスト さだまさし、河島英五, ワーナーミュージック・ジャパン(出版) ケイエスクリエイト(発売), (2005-8)  - 一部:ライヴ収録。
    • フォークの楽聖名選集, ピュアハーツ, (2005-10) 
    • さだまさし3333 in日本武道館第1部 愛, Foa Records, (2005-12)  - ライブ収録。
    • フォーク&ニューミュージックヒット・ソングス青春の詩, ユニバーサルミュージック(出版) ユニバーサル ミュージック, (2005-12) 
    • 母を讃えるコンサートまさしんぐworld30周年記念特別公演, フォアレコード(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2006-11)  - カラーステレオビスタ音声:PCM。
    • さだまさしライブベスト, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2007-3)  - ライブ収録。
    • さだまさしベスト・セレクション デビュー20周年記念コンサート「のちのおもひに」, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2008-6)  - カラーステレオスタンダード音声:PCM。
    • こころのうた, Sony Music Direct (Japan), (2009-6) 
    • プレミアム・ベストさだまさし/グレープ1973-1978, グレープ, ワーナーミュージック・ジャパン, (2009-6) 
    • あの素晴しい曲をもう一度 富澤一誠・名曲ガイド。時代が生んだ名曲39曲, 富澤一誠 監修, ユニバーサルミュージック, (2010-1)  - 一部:モノラル収録、一部:ライブ収録。
    • 主人公〜さだまさしクラシックス, 花井悠希 ヴァイオリン, コロムビアミュージックエンタテインメント, (2010-4) 
    • さだまさし東大寺コンサート2010, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2011-10) 
    • 青春のフォークソングス名曲集, ザ・プレミアムベスト, ポニーキャニオン, (2012-10) 
    • さだまさしプレゼンツカフェ・ド・マサシプレイズ・ヴァイオリンMasashi Sada presents caf de Masashi plays violin, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2012-11) 
    • さだまつり さだまさしデビュー40周年記念コンサート, 後夜祭-うたうday-, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2013-4) 
    • 天-オールタイム・ベスト-デビュー40周年&ソロコンサート4000回記念, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2013-6)  - 初回限定盤。
    • さだまさしソロコンサート4000回記念公演in日本武道館Performance Masashi Sada in Nippon Budokan since 1976, さだまさし4000&4001 in日本武道館, 4000-2013.7.17-, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2014-1) 
    • さだまさしソロコンサート4000回記念公演in日本武道館Performance Masashi Sada in Nippon Budokan since 1976, さだまさし4000&4001 in日本武道館, 4001-2013.7.18-, ユーキャン(出版) ユニバーサルミュージック(発売), (2014-1) 

    関連項目[編集]

    映画で登場した国鉄急行色のキハ66系第1編成