ヴォルフガング・シュナイダーハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴォルフガング・シュナイダーハン

ヴォルフガング・エドゥアルト・シュナイダーハンWolfgang Eduard Schneiderhan[1], 1915年5月28日 - 2002年5月18日[2]は、オーストリアヴァイオリニストウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターであった。

1915年、ウィーンで生まれ、最初はウィーン音楽院ヴァイオリン科の主任教授であったオタカール・シェフチークに、ついで Julius Winklerに学んだ。10歳の時に公開演奏会でバッハのシャコンヌを弾いた。翌年の1926年にコペンハーゲンメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を演奏してデビューした。

1933年から1937年までウィーン交響楽団のコンサートマスターを務めたが、1937年からは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にコンサートマスターとして移った。ナチスによって、第1コンサートマスターであったアルノルト・ロゼがロンドンへ亡命せざるを得なくなったため、1938年に第1コンサートマスターに就任した。

1938年3月、ウィーン・フィルの首席奏者らと弦楽四重奏団を結成し(シュナイダーハン四重奏団)、1951年8月2日まで活動を続けた。

1949年にソリストとして独立するためにウィーン・フィルを退団した。

また、ザルツブルク、ウィーン、ルツェルンでヴァイオリンの教職にもあった。1956年、ルドルフ・バウムガルトナーとともにルツェルン音楽祭弦楽合奏団を創設した。

室内楽の分野でも、前述のシュナイダーハン四重奏団での活動の他、カール・ゼーマンとデュオを組んだりした。当時から「クーレンカンプの後継者といえたのはウィーン出身のヴォルフガング・シュナイダーハンだけだろう」(ハンス・ハインリッヒ エッゲブレヒト)と言われており、エドウィン・フィッシャーゲオルク・クーレンカンプエンリコ・マイナルディとのトリオは、ゲオルク・クーレンカンプ没後にシュナイダーハンに交代した。

2002年、ウィーンで没。

兄はウィーン交響楽団のコンサートマスターを務めたヴァルター・シュナイダーハン。妻のソプラノ歌手、イルムガルト・ゼーフリート(en)とは1988年に死別。妻との間に3人の娘がおり、うち一人は女優のモナ・ゼーフリート(de)。甥にドイツ連邦軍総監を務めた同名のヴォルフガング・シュナイダーハンがいる。

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]