ロボピッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロボピッチャー(robopitcher)は京都府出身のポップバンドである。

概要[編集]

加藤隆生を中心に、京都で音楽活動をしていたメンバーが集って2002年1月結成。2004年3月にワーナーインディーズネットワークより1stミニアルバム「消えた3ページ」をリリース。2006年ユニバーサルミュージックよりデビュー。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

ミニアルバム[編集]

  • 消えた3ページ(2004年3月25日)-2005年6月1日再発
    1. わたしの形の溶けたチョコレート
    2. ロボピッチャー
    3. 夕暮れ時を待ちながら
    4. キノコ
    5. パンチドランカー
    6. フラワー
  • 透明ランナー(2004年11月21日)
    1. ループ
    2. 恋でも恋じゃなくても
    3. キャンディー
    4. チンパンジー
    5. 井戸を掘って
    6. 世界最速のワルツ
  • まぼろしコントロール(2005年10月5日)
    1. サイケデリック・ハロー
    2. キャンディービート
    3. ヘブン
    4. 今日じゃない明日
    5. 泣きべそをかきましょう
    6. ミクロ

アルバム[編集]

  • アリバイと40人の盗賊(2006年9月13日)
    1. 紺碧の歌
    2. 卓球 makes me high!
    3. モーニング・モーニング
    4. ビッグバンデイ
    5. ライムライト
    6. たった2つの冴えたやり方
    7. かさぶたロックンロール
    8. ファンファーレ
    9. 幸せの意味
    10. Velvet a Go! Go!
    11. ギリギリロッテンマイヤー
    12. だいじょうぶ、たぶん

参加オムニバス[編集]

  • STYLUS#6(2003年2月)
    • 10. つぎ見る雲が一番きれい
  • WORDS+WORTH(2003年11月)
    • 1. フラワー
    • 12. 夕暮れ時を待ちながら
  • みやこ音楽(2006年11月)
    • 5. たった2つの冴えたやり方

外部リンク[編集]