報道30時間テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
年末長時間特別番組 > 報道30時間テレビ

報道30時間テレビ』(ほうどうさんじゅうじかんテレビ)は、1993年から1995年までの3年間、毎年12月30日から12月31日までTBS系列局で放送されたTBS製作の長時間報道特別番組である。正式タイトルは『関口宏の報道30時間テレビ』で、その名の通り関口宏が司会を務めていた。

概要[編集]

1992年放送の『39時間テレビ』での反省点を踏まえ、この特番ではジャンルを報道一本に絞った。報道中心の内容のほか、12月30日深夜には「全国高校ラグビー大会」のハイライトを、12月31日夜には「輝く!日本レコード大賞」を内包していた。

その後の2011年12月25日に、この特番の内容を踏襲した長時間報道特別番組『報道の日 2011 記憶と記録そして願い』が同じくTBS系列局で放送。司会も同様に関口が務めた(第1部・第2部のみ)[1][2]。翌2012年以後も12月に「報道の日」が開催されており、関口が全編司会を担当した。

3年間の正式タイトル[編集]

  • 1993年:メディアが伝えた決定的瞬間!関口宏の報道30時間テレビ
  • 1994年:関口宏の報道30時間テレビ
  • 1995年:関口宏の報道30時間テレビ「メディアが伝えた決定的瞬間!」

脚注[編集]

関連項目[編集]